学校であったエロい話 最新更新情報

ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

二度目の、本当の処女喪失【友達と】

中学2年の時、部活でバレー部はいつも一番遅くまで練習をやっていた。そ

の日は、私と美紀が後片付けの当番で、ネットを体育用具室にしまったりし

てから、体育館の脇にある女子更衣室へ入った。下着だけになった時、バス

ケ部の、大翔と龍太が入ってきた。大翔と美紀は噂の二人だった。でも、龍

太は?と思っていたら、龍太に抱きすくめられた。「何すんのよ! いやぁ

っ!」って叫んでも、体育館には誰も残っていない。

美紀は大翔に裸にされても抵抗せずに、そのうち椅子に座った大翔の上に美

紀がまたがった。大翔の大きなチンチンが美紀の黒い股毛の中に納まってゆ

くのがショックだった。龍太は「気持ちいいぞぉーっ」とか言いながら、私

のお股を撫でている。私も美紀が身体を上下させながら、気持ちよさそうな

声を出しているのを見ていると、オシッコが漏れそうな感じがして力が抜け

た。「濡れた!濡れた!」って言う龍太の声で諦めた。パンティーを脱がさ

れると、龍太は「すげえ、いい匂い」とか言って、私を更衣棚に手をかけさ

せて、お尻を突き出す格好にさせた。お股の激痛で処女をなくしたんだ、っ

てことがわかって泣けた。出血はなかったけど太股を精液が伝って気持ち悪


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||

2014年9月2日 | カテゴリー:友達と

17歳の妹【友達と】

俺のはちょっと萌えるかどうかわからないが・・・・

今年大学受験に失敗して浪人生活、我が家は予備校行く余裕もなく、自宅で浪人・・・

有り余るほど時間はあって勉強できるけど、自宅だと出会いもなければ、家ではストレスも溜まるし、あっちも溜まる。

彼女も居ないので、仕方なく、裏ビデオでオナニー三昧・・・ほとんど毎日・・・

勉強の合間の唯一の息抜き、たまに妹が帰ってきても気にせず、オナニー・・・・

妹とは特別仲が良いとか悪いとかなく、ごくごく普通の関係だが、俺に気を使わせないようにしているところが、なんとなくいやだったので、あまり口をきかなくなっていた。

しかし、いつものように日課のオナニーしていたら、妹が部屋に入ってきて、唖然と言う俺に、寄ってきて「見るだけなら見てもいいよ。」

とワンピースのスカートを俺の手に導きました。スカートを捲くると、ノーパンの妹の黒々としたヘアーとあそこが見えました。

さらにワンピースを脱がすと、ノーブラノーパンの妹は全裸に、意外に胸も大きくDカップあるらしい。

妹の裸ではオナニーできなかったが、妹も女なんだなあと思ったのと、俺が勉強に集中できるようにと思ったらしい。

「お前処女か?」聞くと「うん。」と妹は顔を赤らめながら言いました。

「お兄ちゃんは?」「俺も童貞だよ。」とお互いにやっと笑顔に・・・・

近親相姦なんて考えていなかったから、どちらからともなく、一緒にお風呂に入ろうということになりました。両親も居なかったので、湯船の中でいろいろな話をしました。

お互いにいろいろな話をしてから、すっかり妹とは仲良しになり、一緒に勉強するようになりました。

楽しみは両親が居ないときの混浴ですね。せいぜい洗いっこするだけで、お互いに見て満足する程度です。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||

2014年9月1日 | カテゴリー:友達と

親戚の子に・・【友達と】

23 親戚の子に・・ 削除依頼

投稿者:変態な私 2009/10/26 15:19:08(AwIOw.kq)

投稿削除



親戚の子の智香SJ6に悪戯をしてしまいました。

きっかけは私の父親の葬儀の時に智香が私のエロ本を読んだ事が

始まりです。エロ本を読んだ形跡があったので先週の日曜日の四十九日

法要の時に数冊のエロ本に智香宛の手紙を挟んでおいたのです。

内容は 秘密にしてあげるからもっと色々見たいなら来週の日曜日に

遊びにおいででした。来るか来ないかは賭けでしたが昨日本当に来たので

投稿します。

自転車で隣街の自宅から友達と遊びに行くと嘘をついて来たそうです。

智香は短パンと長袖Tシャツに何か羽織っていました。口数も少なく

恥ずかしそうにしている智香をリビングにつれていきました。

リビングには既に色々なエロ本やDVDも用意していました、智香は


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||

2014年9月1日 | カテゴリー:友達と

陽子のおもいで  第11章 すべての穴を愛せよ・・・【友達と】

五月晴れの季節が終わって梅雨に入ると、陽子と僕は外での愛し合いが出来なくなり、ホテルに入り浸る回数が断然増えてきた。ホテルへは殆ど陽子の車で出かけた。

陽子はいつもノーパンの状態で、僕はチノパンの中は何もはいていない状態が常だった。

そして周りの人の目を盗んではお互いを触り続けていた。それが最近では結構大胆になってきて陽子は運転しながら左手でぼくを逝かせてしまい、お陰で車内は飛び散った精液の跡だらけになっていた。

特にこの日は陽子のたっての願いで一週間風呂に入らずに過ごした状態だったので、いつもより体臭がしているはずでした。

カリの裏の部分にチン糟をいっぱい着けたままのチンポが欲しいというリクエストだったので、そのとうりにして合うことにしたのだ。

ホテルの部屋に入ると、相変わらずお互いお風呂にも入らず、汗臭いままの体で陽子の舌による愛撫を全身に受けてた。

陽子は僕のパンツを降ろして、すでに天井に向いている亀頭部分を見るやいなや「一週間ぶりなんだからたっぷり楽しみましょうね・・・う~ん・・・最高・・・良いニオイねえ・・・たのしみ・・・」とチンポに話しかけて歓喜の声を上げた。そしてチンポを握ったまま、2人でベッドの上に素っ裸で横たわり、僕の股の間に顔を持ってきて鼻先でクンクン臭いをかいてその噎せ返るような男の臭いを楽しみながらチンポに顔を近づけてきます。

「わ~あっ・・・いっぱいチン糟を着けてくれてるんだ・・・ありがとう・・・じゃあ・・・むかせていただきま~す!」両手で大事そうにチンポを包み込みそっと握りながら亀頭を包んだ皮をむいてゆきます。

「わあ・・・ちょっと指で触っただけでポロポロとチン糟が剥がれてくるわ・・・もったいない・・・」と指に着いたチン糟を舐め取りながら、まずは睾丸に吸い付きます。

玉を2つとも殆ど同時に口に含み、口の中で袋の外から睾丸を探って自分の方に引き寄せる。

そうして両方の玉を歯の裏側に置いて舌で突っつきながら転がすのだ。

時々クリッとなりながら気持ちいいやら痛こそばいやらで変な気持ちになる。

睾丸と遊びながら袋全体も舐め回すのでベタベタになってしまって、陽子の息が掛かると涼しい。

袋の上を流れていった自分の唾液を肛門にまで舌を這わせてから舐め吸い取ってゆく。

僕の臭いが移った唾液だからそのままにしておくのがもったいないのだそうだ。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||||||||||||

2014年9月1日 | カテゴリー:友達と

フェミニストの真実【友達と】

社X党の福X○穂さん。人権派の女闘士ですが、結構脆いところもある。

 私は、ボランティアである活動を手伝っていた当時司法浪人生。

 彼女は、本業以上に本当に忙しい人だった。連れ合いの海X氏も同様に忙しい方

だった。こうなると、男は男・女は女・・・。悲しい性(さが)といえる。

 あまり、男性が出入りしていない彼女の周辺でも珍しかった。私の存在は、彼女

の欲望の標的は、私だった。ところが、密かに狙っていたのは、私の方だった。

 人権派の弁護士は、私の目標でもあったので、彼女の色々質問をした。議論もし

た。そんな訳で、彼女の私に対する覚えも良かった。彼女は、法廷以外では、議論

下手だった。溢れる思いを饒舌に伝えられないときが多い。TV番組でも良くそん

な場面に遭遇して、私も悔しい思いをしばしばした。彼女自身も、そんな時落ち込

みも激しい。私が手伝いをしている時と落ち込んだ時が重なって・・・チャンスが

訪れた。彼女からの電話が・・・手伝っている活動の打ち合わせについてだった。

 元気がないようなので、聞いてみると落ち込んでいるとのこと。例の件だ。TV

である司会者に完全に負けていた・・・。思い切って「飲みに来ませんか?」と誘

った。そして、本当に我がマンションに来た!彼女は、結構飲む。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||

2014年9月1日 | カテゴリー:友達と

美人巨乳女医とのその後 【学校で】

以前に美人女医さんとの体験談をかかせてもらいました。その後進展があったので追加して書きたいと思います。まずは前回のものから順番に。



自分は某大学の医学部に通っている学生です。いわゆる医者の卵というやつです。もちろん医者とは違い何かすごいことができるわけではないのですが(笑)

自分たちは医師国家試験に合格するまでに実習ですべての科をローテートし経験をつまなければなりません。そんな実習の中で体験したうれしい出来事について書かせてもらいます。

医学部生はみなさんが思っているほどまじめな人はほとんどいません。医者になればみんなまじめになるようですが、学生の頃は遊んでいるやつがほとんどです。実習では病棟のきれいな看護師さんをチェックしたり…といった感じです。患者さんは大体おじいちゃんおばあちゃんですし、女医さんはだいたい想像通りのブサイクなお方が多いですので、必然的に看護師に目が言っちゃうわけです。

しかし、たまにはきれいな女医さんという方もいらっしゃります。

自分が実習していたときにちょうど内科に入ったばかりのO先生はとってもきれいで女医とは思えませんでした。自分の学年の男友達もかわいいかわいいといってご飯に誘ったバカもいましたが、学生など相手にされるわけもなく断られていました。顔は貫地谷しほりを少しふっくらさせた感じで、色気もたっぷりでした。自分たちの学年では巨乳と噂にもなってました。なんせ、医者のユニホーム(スクラブというやつです)から少し前かがみになると胸の谷間がぱっくり。何人の友達がおかずにさせてもらったかわかりません汗。

そんな先生の話です。



その時自分は整形外科の実習中でした。午前は火木は手術。月水は外来見学とのことで、整形外科に興味のない自分には大変苦痛な時間でした。そんなある日、某O先生が外来を受診したのです。

僕たちは外来見学の一環として患者の問診をとることをしていました。今回も自分が問診をし、どうやら突然腰痛で立てなくなったこと、足のしびれがあること、仕事があるので痛みだけでもとってほしく業務中に受診したことなどを問診しました。問診中終止O先生は笑顔でお話をしてくださり、自分はみとれてしまっていました。

問診が終わり、整形外科の先生の診察(このとき自分はほかの患者さんの問診をしていて立ち会えませんでした)腰のMRIをとる事になったようで、1時間くらいして再度O先生がもどってきました。この時は診察に自分も立ち会いました。整形外科のA先生は、「学生もいますが、いいですか?」とO先生に聞きましたが、O先生は笑顔でいいですよといっていました。



診断はどうやら腰部椎間板ヘルニアであることが告げられ、まずは痛み止めの内服で経過をみることとなりました。しかし、O先生は痛みが大変強く歩くのもままならない状態でした。そこで、仕事もあるため腰椎麻酔をすることとなったのです。O先生が退室した後、A先生より腰椎麻酔の仕方について2分くらい僕に説明をし、その後O先生と看護師が再びはいってきました。




エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||

2014年8月31日 | カテゴリー:学校で

陽子のおもいで  第10章 愛のローション・・・【友達と】

本当にセックスすることが楽しくて仕方がない年頃なんでしょうか?・・・陽子のチンポとの楽しみ方に対する探求心は尽きることを知りませんでした。

特に、湯郷へのドライブでの経験をきっかけに、陽子の精液そのものへの執着心がさらに大胆になりました。

と言うのは、あの湯郷へのドライブの日、僕と別れて自宅(両親と同居の実家である)へ戻った陽子はお母さんが奨める夕食も取らないで(まあ・・・あれだけ僕の精液を飲んでいたら、あまり普通の食事を採る気にならなかったのかもしれませんが)、自分の部屋に入り鍵をかけて、真っ裸になって全身が写る鏡の前に立ち、車の中で飲み残した精茶(精液の入ったお茶)の入ったペットボトルの口を開け溢れない程度の量を手のひらに取って自分の体に塗り込んでいったのだそうです。

まずは何度も僕のチンポをくわえ込んだオマンコのあたりに念入りに塗り込みます。その次は自分の口を中心に顔中に塗り込みます。

体温で少しお茶が蒸発して乾いてくると少し肌が突っ張ったようになって、ちょうど日焼けして皮が剥け始めたようになったそうです。

そして僕の精液の香りが部屋中に漂い始めて、妙ななアロマ効果に頭がぼ〜っとしたそうです。

その後はバストと言わずおへそといわず、全身に何度も塗り込んだそうです。

なぜ、そんなことが判るかというと、その翌日、朝いちばんに陽子と顔を合わせたとき、いつも薄化粧な陽子の顔が一段と薄化粧で・・・と言うより何もしていない感じで額の前髪の生え際に沿って薄い皮の様なものが付着していたのが気になって、お昼の木陰のランチンポの時間にチンポの上で口を窄めて美味しそうにピストン運動を繰り返す陽子にその薄皮の正体を尋ねたからです。

そして陽子はこの時とばかりに更なるおねだりをしてきました。その日のお弁当のデザートは真っ赤なイチゴが5つで、陽子の大好物でしたが、そのイチゴに「あなたの練乳をかけて・・・」と言うのだ。つまりそのイチゴに僕の精液を練乳代わりにかけてから食べたいというのである。

僕はツツジの壁を背に膝立ちして陽子の手から開放されたチンポを自分で扱き始めた。

そういえば、自分で自慰をするのは陽子に出合ってから久しぶりだとその時気付いた。

精液放出のタイミングは直ぐにやって来た。「陽子出るよ!・・・イチゴ持ってきて」陽子がイチゴの入った容器をチンポの下に持ってきた。

「そこじゃあ、入らない。もっと正面に持ってきてイチゴが下に落ちない程度傾けて・・・」と言い終わるやいなや陽子の目の前でチンポの幹がムクムクと震え、直ぐに亀頭が充血しながら膨れあがり、先にある尿道口が捲れ上がってそこから勢いよくイチゴに向かって精液が飛び出していった。

特製の練乳は容器を持った陽子の親指にかかりながらその殆どがイチゴを捉えていた。

最後の一滴を尿道口から口で吸い取った陽子は「ありがとう・・・美味しそうになったわ・・・本当に練乳みたいだね・・・うれしい・・・」と精液がたっぷりとかかったイチゴを早速口に運んだ。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||||

2014年8月31日 | カテゴリー:友達と

最高のオナニー【友達と】

<>441名無しさん@ピンキーNew!2013/07/29(月)07:22:13.21ID:m/Y/wYFc<>

自分をフった女の子と会うことほど気まずいものは、世の中に中々ありません。

僕はその日おびえていました。1年前に勇気を出して告白したものの見事に玉砕した香奈枝ちゃんが、家に遊びに来るというからです。



そもそも決して可愛くもなく、ましてタイプでもない彼女に告白したのは、何度か二人で遊んでいるうちにこっちに気があるのではないかと勘違いしてしまうという非常に恥ずかしい理由でした。

不思議なもので、一度そういうことを意識してしまうと止まらないものです。

僕は気がつくと毎晩彼女でオナニーをしていました。

童貞の僕は、彼女が見せる白い生脚や、ストローを吸う時の唇のすぼみなどを思い出してはそれを白く汚す妄想に取りつかれていました。

繰り返しますが、香奈枝ちゃんは決して可愛くありません。

芸能人で言うとPerfumeのかしゆかにかなり似ていますが、あれをほんの少し崩すと結構微妙な顔立ちになるのは想像していただけるかと思います。

ただ身体つきはいやらしいものでした。170cm程度の高い身長とほのかに肉のついた稜線はその抱き心地の良さを感じさせましたし、

何より肌が凄い白くてそこが僕の欲情を非常に掻き立てたのです。

オナニーで満足できなくなった僕は、その身体にどうしても自らをゆだねてみたいという欲望に逆らえず、また流石に失敗は無いだろうという慢心から軽い気持ちで告白してしまいました。

結果は玉砕。

普通にあっさり断られ、その後の交流は殆どなくなってしまったのです。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||||||

2014年8月31日 | カテゴリー:友達と

14歳の少年の患者と【友達と】

個人病院に勤める看護婦です。

私の大切な患者さんについてお話します。

彼は14歳、生まれつき右足が不自由なうえに、交通事故でその足を

骨折して、うちの病院に運ばれてきました。

外来で時々きていたので、全く知らない訳ではありませんでした。

入院してからしばらくして、傷口の治療のため1階の診察室へ運ぶこと

になりました。

個人病院ですから看護婦も3人しかいないので、彼を運ぶのに2人で

とはいかなく、おんぶして連れて行こうと思い立ちました。

障害があるせいか身長も普通の14歳よりは小さく145cmほどしかない

ので大丈夫だと思ったのです。

治療が終わり病室へ戻るときも当然おんぶでした。

病室へもどる廊下の途中で突然、私の胸をにぎりしめてきました。

あまりに突然のことで、びっくりしましたが、そのまま病室へ戻りました。

そのことがあった日から、なんとなく彼のことが気になってしまうようになりました。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||||||

2014年8月31日 | カテゴリー:友達と

体育館裏で女子が性的なイジメに遭ってたのを目撃【女子のオナニー】

名無しさんからの投稿

—-

簡潔に書く。

体育館の裏で女子が5人くらい居たのを見た。

俺は「何してんだろ?」と思ってコッソリ見たら、1学年下の子が裸になってマンコを触ってた。

当時俺が5年生だったから、4年生の子だ。

その子は泣きながらマ○コを弄ってたが、濡れてたみたいだった。

周りの女子は

「もっと早く動かせ!」

と言って笑ってたけど、その内に裸の子からは喘ぎ声が漏れてきた。

喘ぎ声と言っても

「んんんっ」

みたいな感じだったけど、明らかに気持ち良くなってるのが判った。

それから10分もしない内に、その女の子は

「もう来ます、もう来ます」


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||||

2014年8月31日 | カテゴリー:女子のオナニー
1 / 83812345...102030...最後 »

このページの先頭へ