学校であったエロい話 最新更新情報

ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

義理の兄との秘密23【お姉ちゃんと】

カテゴリー:


家に帰ると姉に

二人で出掛けたのがバレて

怪しまれたけど

何とか言い訳して

ごまかすことが出来たの

それからしばらく

二人で出掛ける事を

控えていたから

もやもやが限界で

そんなとき

姉が友人と旅行に行く事になり

やっと兄と私は

二人きりになれたの

早速二人でシャワーを浴び

少し伸び始めていた




あそこの毛を兄に

ツルツルに剃られて

タオルを巻いて部屋に戻ると

今日はボディーペイントして

河川敷に行こうと言い出し

私のお尻と割れ目あたりを

黄色で塗り

赤の縁取りを付けて

ランパンを穿いてる

みたいされて

胸も塗ったんだけど

胸はすぐにバレそうだから

Tシャツを着ていいよと言われ

タオルを巻いて出掛けたの

到着すると落ちてしまった部分を

塗り直してその間にすでに

私のあそこは濡れて来ていて

外に出ると犬の散歩や

ウォーキングをしている

老夫婦や中年の男性や女性が

いました

私達は並んで歩き始め

徐々に老夫婦が近づいて来ると

私はドキドキしながら

兄に隠れるようにすれ違うと

老夫婦は気づかない様子でした

次にすれ違った中年女性は

私の下半身に気づいたみたいで

一瞬目を丸くして

私を見ていました

少し進むと

犬を散歩させていた

中年男性がいました

また兄に隠れるようにすると

兄は犬に近づき

かわいいですねと

頭を撫で始めたので

私は隠れられなくなり

仕方なく犬に近づくと

男性は私の下半身に

すぐに気づいたみたいで

じーっと見て来たので

隠そうとしてしゃがみこむと

男性はさり気なく

私の前に回り込み

太ももの間を見てきました

おそらく割れ目がはっきり

見えてるんだと思うと

私はそれだけで

感じてきてしまい

ますます割れ目が濡れてきて

地面に雫を落としてしまうと

今度は犬が私の股関を

クンクンして来たので

また立ち上がると

割れ目をペロペロと舐められ

割れ目の部分の

色が落ちて丸見えになっていました

気がつくと兄は歩き始めていて

私は取り残されてしまい

追い掛ける事も出来たはずなのに

だって本当は何も穿いて

ないんだもんと思うと

男性に間近で見られて興奮し

私はその場で動けなくなり

すると男性は兄が居なくなると

急にコラッやめなさいと

犬の鼻先を抑えようと

私の割れ目に顔を近づけ

じっくりと見ながら

犬が言うことを聞かないように

見せかけコラッコラッと

いいながら犬の鼻先を

私の割れ目に押し付け

さらにどさくさ紛れに

自分の指先まで

割れ目に触れてきて

分かっているくせに

ニヤニヤしながら

お姉ちゃん変わった

半ズボンだね

よく見せてくれるかな

と言いだし

割れ目やお尻を

じっくりと見て

また犬を使い

コラッやめなさいといいながら

お尻や割れ目を触り

だんだん兄の姿が見えなくなると

さっきの男性は連れかいと言うので

はいと答えると

おいてったって事は

そういうことかなと言い

もろに私の割れ目を

なぞって来たので

私はもう我慢出来なくなり

あっあんと声を漏らすと

男性は指を下に滑らせ

ひだを捲りおまんこの中に入れ

クチュクチュと音を立てながら

グリグリとかき回して抜いた指を

私に見せつけて

お姉ちゃんもうこんなに

ヌルヌルになってるよ

と言われ私はもう立っていられず

男性にもたれかかり

お願いしますイカせて下さいと

自分でも信じられない

言葉を発してしまうと

男性はまた割れ目をなぞって

おまんこに太い指を奥まで入れて

クチュクチュと音を立て

中をかき回すと私の蜜が

溢れ出し男性の手を

びしょびしょにし

あっというまに

あっあっあっあっ

イクーイッちゃうーと

声に出してしまいながら

イカされてしまいました

男性は次はひとりでおいでよ

俺のも頼むよといい

行ってしまいました

私が呆然と立っていると

兄が戻ってきて

さっきの人に何かされたのと

聞いてきた来たので

何もされてないよ

ただじろじろ見られて

エッチなことを言われてたの

と言うと

そっか見られて感じちゃった

というので

もぉお兄ちゃんのいじわるぅ

と言って家に帰って

シャワーを浴びて

ベッドでお兄ちゃんの

ペニスを口いっぱいにほうばり

固く反り返ると

私はお兄ちゃんの上に跨がり

自分でおまんこにペニスを

挿入しおもいっきり腰を振って

あっあっイッちゃうと

言うとお兄ちゃんに腰を掴まれ

腰振りを止められまだダメと言われ

もぉいじわるぅというと

今度はバックから激しく

ピストンされてまたすぐに

あっあっイッちゃうというと

またピストンを止められ

私はもうおかしくなってしまい

お願いしますイカせて下さい

というとさっきのおじさんにも

そういっておねだりしたのか

と言われごめんなさい

もうしませんから許して下さい

早くイカせて下さいと言うと

また激しくピストンされ

イキそうになると何度も

止められもう私のおまんこは

壊れてしまいオシッコが

吹き出してしまいしばらく

止まらなくなり

ヒクヒクと痙攣し

失神してしまいました。


学校であったエロい話関連タグ

|||||||||

義理の兄との秘密23【お姉ちゃんと】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


オススメのエロい話

学校であったエロい話 前後のページナビ!

2017年12月25日 | カテゴリー:お姉ちゃんと
1 / 11

このページの先頭へ