学校であったエロい話 最新更新情報

ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

強姦魔と妻【友達と】

私、優太は36歳のごくありきたりな会社員で営業をしています。妻、愛美は今年で30歳です。友人の紹介で出会い、結婚してまだ半年の新婚です。先月、出張の日程が短縮になり、一日早く帰れることになりました。たった一日ですし急な変更だったので、特に妻に連絡せずに帰宅しました。家に着いたのは夜の7時くらいでした。

家は真っ暗で人気がありませんでしたので、もしかしたら妻は出掛けているのかな?と思ったのですが、玄関の鍵は開いていました。

「ただいま」と呼び掛けても返事は無し、おかしいなと思った時、二階から物音がしたので上がっていったのです。ですが様子が変なのです。ドタバタする音が響き、一段一段上がって行くにつれ、妻の声が喘ぎ声だと分かったのです。状況が飲み込めず頭が真っ白になりながら寝室のドアを開けると、妻が知らない男に後ろから犯されていたのです。見たことも無い男でした。年は私と同じくらいで30半ば~40歳くらい、格闘家の秋山成勲氏似の大男。日に焼けて浅黒く、筋肉の塊で野獣の様でした。金のチェーンのネックレスをしていたのが、妙に鮮明に頭に残っています。二人は私に気付き、妻は悲鳴を上げてうずくまり、男も私の方に振り返りました。思わず、「誰だお前は!」と私は叫びましたが、その大男の威圧感と迫力に声が裏返った何とも情けない声でした。「テメーか、旦那は、あん?」と、ドスの効いた低い声で威嚇しながらこっちに来て、私は怖じ気づいて後退りしてしまいました。「止めて!あなた、ごめんなさい!聞いて、違うの!」と妻は取り乱しながら叫んでいました。「おい、せっかくやで、ここで見とけや!」と男は私の胸ぐらを掴むと、物凄い力で引きずり込み、部屋の隅に突飛ばしました。私は身長170cmに満たなくやせ形、圧倒的な体格差でいとも簡単に投げ飛ばされ、壁に強打されてしまいました。「止めて!乱暴はしないで!お願いします!佐久間さん、お願いですから!」という妻の叫び声が朦朧とする耳に聞こえ、どうやら男の名前が『佐久間』という事は分かりました。佐久間は私の前にしゃがみ込むと、私の顎を掴み、「この女よお、すっかり淫乱になっちまってよお、俺のちんぽぶち込まれてよがりまくっとんだわ。

つうか、情けねえ男やな、テメー。女房がハメられまくっとんの気付かんでなあ!これからたっぷり見せてやっからよお、おとなしい見とけや。」とニヤニヤと悪どい笑みを浮かべてきたのです。私は、「やめてくれ!」と抵抗しましたが、みぞおちに一撃をくらい呆気なく勝敗はついてしまったのです。佐久間は再びベッドに上がると、後ろから妻に肉棒をねじ込みました。部屋中に「いやーっ!」という妻の悲鳴が轟きました。「おい、旦那、ちゃんと見てっか?お前の女房が犯されとんで!」

「嫌っ!あなた、見ないで!見ないで!」私たちの寝室で、私たちのベッドの上で、妻が得体の知れない野獣に強姦されている。控え目で大人しく、清楚な雰囲気に惹かれて結婚した妻・愛美。

スレンダーながらも豊満なバスト、男性経験は私だけの箱入り娘なお嬢様だった愛美が、屈強な佐久間に無理矢理組み敷かれている。助けなければ、と思いましたが、あまりの恐怖に足がすくみ動けませんでした。本当に私は情けない男、夫失格です。佐久間はバックから激しく打ち付け、パンパンと物凄い音が響いていました。愛美はうわごとの様に「嫌ぁぁぁっ!!!止めてっ!!!嫌…あなた見ないで…止めて…お願いします…」と呟きながら涙を流していました。しかし佐久間は更に激しく犯し始め、「おい、この野郎、目反らすやねえ。」とこれ見よがしに突き続けます。愛美の揺れるバストを鷲掴みしながら、耳たぶなどを舐め回します。しかし佐久間は更に激しく犯し始め、「おい、この野郎、目反らすやねえ。」とこれ見よがしに突き続けます。愛美の揺れるバストをゴツゴツとした肉厚な手で鷲掴みしながら、耳たぶなどを舐め回します。「奥さんよお、感じとんのやろ?素直になれや~」

「そっ、そんな事ありません、もう止めて…お願いします、止めて下さい!」

「旦那、この女よ、ちんぽ気持ちイイ~!っちって、いっつもヒーヒー泣いとんのやぞ。」

「嘘っ、そんなことありません、違います!」

「こんなええ女、テメーには勿体ねぇよな!締まり良し、感度良し、体良し、最高やねえか!」そういうと、佐久間は物凄い勢いでピストンし始め、愛美の悲鳴が一層大きくなりました。愛美の括れを掴みながら肉棒をねじ込み、「お~し、そろそろやぞ。たっぷり中に出してやっからな~。旦那の前で中出し、くっくっくっ、たまんねぇなあ!おいテメー、しっかり見とけよ!」何と佐久間は妻の中で果てると言うのです。私と妻は、そろそろ赤ちゃん欲しいね、と子作りをしようとしていた矢先の事でしたから、目の前が真っ暗になりました。。「止めて!それだけは止めて下さい!お願いします!中は許して下さい!お願いします!」愛美は必死に懇願します。「頼む、それだけは勘弁してくれ!勘弁して下さい!お願いです!」と私も叫びました。しかし、「あ゛ーあかん!イクでえ!中に出したるぞ!おらっ!!!!!!」

「嫌ぁぁぁぁぁっ!!!!駄目ぇぇぇぇぇっ!!!!」

本当に佐久間は容赦なく妻の中に精液を放ったのです。

私は頭が真っ白になり、悪夢なのか現実なのか分かりませんでした。佐久間は目一杯腰を打ち付け、愛美の子宮に注ぎ込んでいます。悲鳴を上げた妻は、そのままぐったりと動かなくなりました。最愛の妻が…。知らない内に、私の目から涙が溢れていました。妻は、「優太さん…ごめんなさい…許して…見ないで…。」と言いましたが、あまりのショックに顔を見ることが出来ませんでした。暫くすると佐久間は愛美の体をヒョイっと抱えるとベッドの上に仰向けになりました。「おし、奥さんよお、今度は自分で動いてみいや。おいテメー、わざわざ見やすい体位にしてやったぞ、ちゃんと見とけよこの野郎。」背面騎乗位の体位にて、佐久間は愛美に自ら動けと指示しました。それ以前に、一度射精したにも関わらず、一向に萎まない肉棒、それも抜かずに二回目に突入する佐久間に驚きました。「イヤです、そんな事出来ません…。」愛美は泣きながらそう訴えると、「奥さんよお、口答えすんのか、え?いっつも自分から腰振りまくっとんのやでよお、いつも通りでええんや、あいつに見せてやれや。」しかし妻は拒んでいました。すると佐久間は「しゃーねーなぁ!」と呟くと、下から激しく突き上げたのです。小柄な妻の体は激しく揺さぶられ、豊満なバストが上下に弾みました。露になってしまった結合部に、私は唖然としました。今まではよく見えなかったのですが、佐久間の肉棒のサイズにです。太さ、長さ、反り具合、どれをとっても私のぺニスとは比べ物にならないのは一目瞭然でした。

青筋を浮かべた竿は、妻の愛液と先ほど放出した自分の精液が絡み付き、ぐちゃぐちゃになっていました。そんな桁違いな肉棒が、妻のワレメにズップ…ズップと突き刺さっている、そんな光景を無理矢理見せつけられたのです。そしてもう一つ驚いた事が。妻の陰毛が綺麗サッパリ消え去っていたのです。毛根すら見当たらないのです。

思い返せば、その一週間ほど前から妻は私とのセックスを拒んでいました。陰毛が無いのを隠そうとしていたに違いありません。やはり以前から妻は犯され続けていたのです…。ピンクに艶めく無垢な性器が剥き出しになり、佐久間のどす黒い肉棒を咥え込んでいる。私は気を失いかけました。そんな私の事などお構い無しに、佐久間の突き上げは一段と激しくなります。すると「いやっ…ぁんっ…もう止めて…ぁんっ…ぁんっ…」と、妻の言葉の節々に喘ぎ声が混ざり始めたのです。顔は苦痛と快感に悶え歪んでいます。「おっ、奥さん、どうしたんや、あん?そない声出して」


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2015年1月31日 | カテゴリー:友達と

出張先での想い出【友達と】

あれは九州のとある市に長期出張していたときの事。

その頃は多忙を極め、連日深夜帰宅の毎日だった。ついに手詰まりの状況となり、工場の現場サイドとの直談判が最後の手段となった。

進捗状況をチェックする為、現場に張り付く事に。片道切符で・・・帰りは一週間後か?10日か?

実際には12日間だった。同じBHに11泊したのだった。

工場の終業は17:00なのだが、いつも21:00過ぎ迄いた。それから隣接した社員倶楽部で工場の関係者や、連日出先から来る出張者と入れ替わり立ち代わり一杯やってホテルに帰る毎日だった。

ホテルでは2日に一度はマッサージを呼んで疲れを癒すのが一番の楽しみだった。このホテルにはマッサージ師が常駐してなく外からの派遣だった。そのせいかおばさんはいなかった。みんな結構若かった。しかしエロい展開は一切無し。その話題になると・・・そう言う事は街にいくらでもあるからそこでと軽くいなされるのだ。行為そのものはないが下ネタ話は結構盛り上がった。木曜からスタートして金、土(会社は休みだが休出してた)日曜は流石に休み。

自宅でもそうしていたように、日曜日の午前中は布団の中だ。しかしホテルではそうはいかなかった。部屋の掃除係が9時頃から入るのだ。

一度目はもう少し眠らせてと隣に行ってもらったが、2度目は布団をはがされる迄気づかなかった。しかもその時の状況が・・・・・・・

夏場だった為、下着一枚(その時は黒のスーパービキニだった)で、しかも朝立ちでギンギンに勃起してビキニが少し下にずれてて竿が半分出ていたのだ。

「まあー!!・・・元気な坊や!・・・ほら!ほら!坊やは元気に起きているから・・・・あなたも起きなさい!!」

完全に近くで見られたのだ「はい!しっかり見させて頂きました。久しぶりの殿方の元気なところを。ご立派でしたよ」シャワーを・・・

と進められたのでビキニを脱ぎそれを紙袋に入れシャワーへ。

すっきりしてバスタオルを巻いて出ると部屋の片付けは終わりそうだった。「洗濯物が溜まっているんじゃない?」既に3日分が溜まっていた。洗濯は苦手なのだ。

どこかで着替えを買いに出ようと思っていたのだ。するとおばさんはこの屋上に寝泊まりしているから、ついでに洗濯をしてやるから後で持って

おいでと言い残し次の部屋にいった。10時迄の朝食に何とか間に合い、その後紙袋を持って屋上に出ると・・・・屋上の上にちゃんとした家?があった。面白い!


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||||

2015年1月31日 | カテゴリー:友達と

インストラクターの彼【友達と】

私は43歳の熟女。暇を持て余すあまり、週に3日車で40分ほどのプールに通っています。そこのインストラクターのKさんに会う為に。彼はきっと30代半ば位だと思います。主人と違い身長もきっと180cm近くあると思います。それに胸の筋肉はすごくかっこいいし、ビキニのパンツは隠しているものがはみ出しそうなくらい小さく、すごくもっこりしています。あれで、興奮するとどうなるんだろうとあらぬことを考えてしまいます。

生地のせいか、よく見るとペニスの形も浮き出ていて、先っぽの太くなった部分さえもよくわかります。

それを知ってから、私もアンダーパンツを穿かないで直に黒の水着を着ています。光線の具合によっては私の陰毛もはっきり水着越とは云え、分かるはずです。時にはわざと割れ目に水着を食い込ませています。彼なんて思って見ているかしら。もし、モーションをかけて来たら、喜んで身体を開いてあげようと思います。でもこの歳ではお尻の張りも悪医師、相手にしてくれないのかなあ?


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||||

2015年1月31日 | カテゴリー:友達と

ホテルの割引券もらったので【友達と】

私の初体験も是非聞いて下さい。

付き合って約一ヶ月経った頃、偶然ホテル●ークラの割引券を先輩からもらったので

泊まりでランドに行く事になった。

お互い同居人が居る者同士なのでその時が初めてのお泊り。

不思議と構えとかなくて「きっとしちゃうだろうな~」程度で当日がきた。

前日は無駄毛処理を滞りなく頑張ったなあw

チェックインの時、受付けの人に

「予約して戴いた部屋より広い部屋を準備させて戴きましたので^^」と言われ

案内してもらうと最上階の唯一広いバルコニーの付いた2部屋のうちの1部屋でした。

案内人さんに2人して有難う御座いますのオンパレードww

そんな最高のシチュエーションの中、いよいよそんな雰囲気になってドキドキしてきた私。

深いキスになってきて押し倒されて彼は慣れた様に私のカーディガンを脱がした。

彼に処女だとは伝えておらず、けどそのまま流れに身を任せてドキドキキュンキュンしていると

彼がピタっと静止し、「・・・あのさ、俺・・・した事ないんだよね・・」と申し訳無さそうに言ってきた。

童貞に見えなさ過ぎる風貌な彼なので思わず「え!!?」っと大きい声を出してしまったw


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||

2015年1月31日 | カテゴリー:友達と

友人の母親【友達と】

日曜日の8時過ぎに駅の改札口を出ると、外は思いの外強い雨が降っていた。

どうしようか迷って居ると、後ろから声をかけられ振り向くと友人の母親が居た。

俺が降りた電車に入れ違いで友人が乗り、明日からの仕事の為に帰ったとの事。

友人の母親が送ってくれる事に成り、俺は助手席は乗り込む。

田舎街の国道を走り家路に向かう。

「ネェ、お腹空いてない?おばさん、ちょっとだけお腹空いたから何か食べて帰ろうか?」

俺は、せっかく送って貰うのだから食事ぐらいは、と思い。

「良いですよ」

と返事をする。

車はファミレスの駐車場は入り、おばさんの車の中に有った小さな傘をさし、くっつくように店の入り口に向かう。

傘を手にした腕に、おばさんの胸が当たり柔らかい感触に、ちょっとドキっとする。

店は空いていて、俺達は窓際に座り、食事をしながら色々と話をした。

仕事の話、毎日の生活の話、彼女の話、色々と話した。

おばさんは俺が中学生の頃に離婚をして今の家に越して来たはず。子供は友人である彼一人だけで、僅かな慰謝料と自分の稼ぎだけで子供を育てた、と最後は少し愚痴も入っていた。

俺は思い切って、おばさんの恋愛を聞いてみた、冗談めかしながら答える、おばさんの話の中に多少の本音も見え隠れしていた。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||

2015年1月30日 | カテゴリー:友達と

授乳事件 【教師】

小学校時代、同級生に「カズマ」という男子がいた。



軽度の知恵遅れだが、授業についていけないほどじゃない。

多動気味で、たまに大声を上げたり意味不明の行動をするが、

授業が成立しないとか、クラス運営に支障が出るとかってわけでもない。

普通学級にいて問題ないレベルの子だったと思う。



ただ、女子からはかなり露骨に嫌われてた。近づくな、こっち見んなって感じ。

太ってるし、あまり清潔じゃないし、目の焦点も少し変だったせいだろう。

そばに来られると、ちょっと怖かったのは事実だが、女子って冷酷だよな。



男子の間でも特に好かれてるわけじゃないが、そこまで酷くなかった。

3年生か4年生くらいの時、カズマがイジメの標的になって、

いじめっ子たち数人が教師に相当キツく絞られたことがあった。

それ以来、カズマを仲間はずれにするのはマズいという感覚だったんだな。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||

2015年1月30日 | カテゴリー:教師

友達の母【友達と】

以前から、気になっていた友達の母のパンツを偶然トイレに行ったとき洗濯

機からゲット。

早くこれでオナニーしようと適当に友達に言い訳して、早々に帰宅。

さぁ、やるぞとチ○ポを扱き出した途端、電話が・・

友達の母から。

パンツをポケットにしまいこむのを見られたらしい。

とにかく、すぐに返しにこいというので、あわてて戻ると、友達は塾へ出か

けた後で、母親だけ。

「何で、こんなおばさんのパンツ盗るの?」と問いだされ、正直に「おばさ

んが好きで好きでたまらなく、オカズにしようと思った」と正直に告白。

「しょうがないわね」といいながらおばさんはスカートをまくり、パンツを

脱いでマ○コを見せてくれました。

たまらず、舐めまくりました。

ビデオなんかで観ていたので、クリの場所なんかもわかっていたし思いっき

りしゃぶりました。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||

2015年1月30日 | カテゴリー:友達と

兄嫁【友達と】

 初体験は高校3年(18)の夏、7つ年上の兄嫁(25)と。 家では兄夫婦と俺と両親で暮らしていた。

 ある日、兄嫁と俺だけの夕方。「彼女いないの?」「うん」「興味あるでしょ?」という会話。

 なんかむずむずして、テーブルで編み物をしていた兄嫁の後ろに行き「触っていい?」と聞いた。 「えっ、どうしたの?」と兄嫁は言ったが拒否しなかった。そのまま後ろから胸を揉んだ。

 「大きい」とつぶやくと、「大きいよ。でも、下は駄目よ。大変なことになるから」と言われ、胸だけ揉んで終わった。

 「兄貴に言わないでね」と言うと、「言うわけないでしょ」と優しく笑ってくれた。 次の日、朝10時くらいに起きてくると、家族は出かけ、兄嫁しかいなかった。

 「また触っていい?」と聞くと、「障子閉めてね」と言われ、障子を閉めた。そして、また後ろにまわり、胸を揉んだ。

 前日とは反応が違い、「んん・・んん」と声が漏れていた。 「感じる?」と聞くと、「もう濡れているんだから」と答えた。それは触っていいという合図だとわかった。

 でも、今までオマンコには触れたことが無い。場所がわからずドギマギしたらカッコ悪いな・・・と心配しながら、キュロットスカートの隙間から、パンティに辿りつき、腿の付け根から指を差し込むと、ヌルッと簡単に穴に指が入った。

 無造作に入った。 その瞬間、「ああ~・・・!!」という叫び声。

 兄嫁のそんな声を初めて聞いた。

 女のマンコは別の生き物なんだと感じた。 のけぞりながら、姉は振り向き、俺の顔を押さえてキスした。

 恥ずかしながら、これも俺のファーストキス。舌が入ってきて、どうしていいかわからず、舌を合わせた。 「あっちに行こう」と寝室に誘われた。

 服を脱ぎ始めた兄嫁は、胸をずっと両手で隠していた。無理矢理、手をどけると、子供がいたせいか、乳輪が黒くて大きかった。それを隠していたのだろう。 90cmの胸はでかかった。

 吸い付いた。

 「ああ・・・うう・・」と頭を抱きしめられた。 下着を取った。今度は姉は隠さずに足を開いた。綺麗なスジマンだった。だから自信があって、隠さずに見せたのだろう。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||

2015年1月30日 | カテゴリー:友達と

に〜【友達と】

私には、いとこのお兄さんがいます。

小さい頃から「兄〜(に〜)」と呼んでいて、

心の中では、に〜の事を「ケロちゃん」と名付けていました。に〜は、銭湯のケロヨンの洗面器が好きなんですよ。

そもそも、ケロヨンが好きみたいです。

だから、「ケロちゃん」なんです。

お盆やお正月、田舎の親戚宅の近所の薬屋さんの前に、

普段ではあまり見掛けない、大きなケロヨンが置いてあるんですが、

買い物帰りにはその薬屋さん前を通るルートで帰り、

「…ケロヨン…。」

とつぶやいているくらい好きみたいなのです。そんなに〜は、ケロヨンラブには見えない、

落ち着いた雰囲気漂う、本(小説)を読んだりが似合いそうなお兄さんです。

もちろん、小説を読んでいる合間に、時にはエッチな本を見ているとは思いますが、

正常な男性なら、そういう本だって読みますよね。そんなに〜は、小さな頃から、親戚の子供の中で一番年が若くて大人しめな私を、よく構ってくれていました。

「みんなでトランプやろう。

アキ(私)もやろうな!」


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||

2015年1月30日 | カテゴリー:友達と

小さな彼女2【友達と】

今日も彼女から電話があり夕食でもと言うので喜びいさんでお呼ばれしてきました。

呼び鈴を鳴らすと中からミキちゃんの元気な声が聞こえてきて、さてどんな顔して

会えば良いのか、悩んでいた私の考えを吹き飛ばす笑顔。なんだかホッとしました。

食事も終わりウーロン茶を飲んでいると買い置きが無くなったから買ってくると

彼女がコンビニへ向かい家を出るやいなや、ミキちゃんが

「こないだのイチゴのビリビリまたやって」とせがんで来たのです。

コンビニは5分とかからない距離だし、ミキちゃんも今日はホットパンツ

だから無理だとなだめると、スクッと立ち上がりいきなり脱ぎ始めようと

したのです。

「脱いじゃえば大丈夫だよ」とか言われてこっちがビビッちゃいました。

結局彼女が帰宅するまでの10分あまりの時間、ホットパンツの脇から

手をいれ、パンツの上から指で軽く刺激をしてあげると、直接触って大丈夫だよ

と、ねだってくるのです。

直接触るのは気が引けて適当な事を言いながらごまかしているうちに、玄関が

開く音がし、ミキちゃんも広げていた足をスッと閉じ「塾の宿題が溜まってるぅー」


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||

2015年1月29日 | カテゴリー:友達と
1 / 1612345...10...最後 »

このページの先頭へ