学校であったエロい話 最新更新情報

ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

妹に実験【妹と】

Mission「最近かわいくなったな」対象:妹1

【日時】11/17 23時頃   【場所】俺の部屋

【状況】俺に勉強を教わる為に、俺の部屋に訪れた妹1。

     いつものように俺の机に向かい、教科書その他を広げつつある。



俺:んで、今日は何よ

妹:英語と地理お願いしたいな。地理は復習で、英語は予習も込みで

俺:ん。じゃあ地理からさくっと片付けていくか

妹:うん。あ、地図帳忘れた

俺:ないと話にならんだろ。取りに行ってこい

妹:ついでに飲み物持ってくる?

俺:ああ、出来れば何かつまむ物も欲しいな

妹:じゃ、持ってくるね〜

(約5分)

妹:コーヒー入れてきたよ。ポテチで良かった?


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||

2016年6月30日 | カテゴリー:妹と

別れて俺をとってくれた妹【妹と】

<>310:えっちな21禁さん:2005/07/21(木)03:27:26ID:/qGrMIb40<>

======

10名前:名無しさん投稿日:05/01/0215:37:02

去年の話だけど、俺の妹に彼氏が出来て

複雑な心境になったことがある。

いっぺんそのツラ拝んでやろうと「彼氏連れて来い」って言って家に連れて来させた。

正直な話今まで妹には性的な欲求も何も抱いたことなかったんだが、

いざその彼氏の顔見ると結構イケメンというか童顔で

「こんな女みたいな奴がウチの妹と…くそっ」

と思うと嫉妬心っぽいのがわいてきて、「あれ?俺なんで嫉妬してんだ」と思うようになった。

んで、その日からだんだんその嫉妬心が膨らんでいって

ある日ついに欲望が暴走して襲ってしまった。

その時は失敗して未遂に終わったんだけど、俺の気持ちが伝わったっぽくて

別れてくれたんだよ。俺のほうを選んでくれたってわけ。嬉しかったね。

今じゃ女装Hも好き好んでやってくれる自慢の恋人です。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||

2016年6月30日 | カテゴリー:妹と

無邪気な妹【妹と】

俺には6つ離れた妹がいます。

現在中学2年生です

俺はいち早く高校を卒業し、現在ある自動車会社につとめています

俺は寮には入らず家から通勤し、車は親に買ってもらったし

お金は無駄遣いするほうではないので、ほぼ使い道がなく

貯金はすぐたまってしまう。

金の使い道は妹に駄々をこねられ服を買ってあげるぐらいです

その日も妹に駄々をこねられ、「またかよ」っておもいつつ

今度は何が欲しいんだとたずねたら「下着」が欲しいというのです

「それはおかんにたのめよ」っていったら

「今月はだめだって」っていわれたそうです

「近くに売ってる店ないし、買いにいけんし、来月までまつんだな」というと

「どうしても欲しい」というんです

「なぜ?」ときくと「ブラのサイズがあわないんだもん」と。。。

「そんなに大きくもなのに」と言い返すと


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||||

2016年6月30日 | カテゴリー:妹と

妹の部屋に捨てられてたパンスト【妹と】

時々妹の部屋に侵入して制服のスカートの匂いを嗅いでオナっているんだが

今日も妹が留守だったのでいつものように制服でオナろうと妹の部屋に入った

その時目に入ったのがゴミ箱に捨ててある黒い物体、それがパンストであることはすぐに分かった

妹は高校生なので滅多にパンストなど穿かないのだが、昨日は朝から黒いパンストを穿いていた

午後から彼氏とデートと言っていたのでそれでおしゃれしてパンストを穿いていたのだろう、たぶん帰ってきたら

伝線してたので捨てたのかな、と思いながら何気なく捨ててあるパンストを手にしてみた

別にパンストフェチじゃないけど妹が昨日1日穿いていたパンストが目の前に捨ててあればやはり気になる

ちょっと匂い嗅いじゃおうかなという思いで手にした

ところがクシャクシャになったパンストに衝撃的なものが包まれていた、使用済のコンドームである

そしてパンストをよく見ると股の部分に大きな穴があった、どう見ても伝線してあいたものではなく

故意に破った跡だった、頭を鈍器で殴られた気分だった

外でデートしてるのかと思ったら家で会っていたんだ、そういえば昨日は家族は俺も含めて留守だった

そしてこの部屋で妹は彼氏とセックスをしたのである、彼氏とそういう関係ぐらいはあるとは思っていたけど

実際にその証拠物件を目にするとショックであった

妹はパンストのまま挿入されたのである、彼氏にそういう趣味があるのかたまたま成り行きでそうなったのかは


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||

2016年6月30日 | カテゴリー:妹と

実験:実の妹とキスしてみる【妹と】

ある夏の日のこと。俺は高2で妹は高1だった。

もちろん実の兄妹だが、そろってネジが緩めなのは読んだら分かると思う。







前の日、俺は独りで「バック・トゥ・ザ・フューチャー」第1作のビデオを観た。

簡単に言うと、昔にタイムスリップして両親の恋のキューピッドになる話なんだが、

その中で主人公が若き日の母親からモーションをかけられるシーンがある。



で、将来の息子とは知らず無理やりキスした母親が言うんだな。



「なんか変な感じ。弟とキスしてるみたい」



主人公は引きつった顔で「はは、そうだろうね…」なんて答えるわけだが、

それを観ながら思った。家族と家族以外でキスの味って変わるんか?


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||

2016年6月29日 | カテゴリー:妹と

後悔のセックス【妹と】

 仕事の都合で妹夫婦の家に数週間ほど居候することになった。 妹は29歳、子供はまだいなかった。

 私は35歳の独身で彼女もいなく毎日悶々とした日々が続いていた。

 ある日私が仕事休みで、昼間家に一人でいた時、ふと洗濯かごに妹の下着があるのに気がついた。 私はなんとなくそのショーツを手に取った。 黒とピンクのわりと派手なパンティだ。私は思わず舐めた。狂ったように舐めまわし同時にペニスをしごいた。 おそろいのブラジャーもあったのでそれも手に取り、匂いを嗅ぎ、舐めまわしそのまま射精した。

 それからというもの私は妹の下着でオナニーをするようになった。時には妹の使ったコップや箸など舐めてもオナニーした。

妹の下着、服、パンストすべて身に着けてオナニーもした。

 私は妹夫婦のセックスが見たくてたまらなかった。実際見るのは不可能なので声だけでもと妹夫婦が寝室に入ってからドアに張り付き物音を聞いた。

 そんなある夜、妹夫婦のセックスの声を聞くことが出来た。妹はハァハァアンアンと結構激しかった。私はその喘ぎ声でもうはち切れるぐらいにペニスが立ち激しくオナニーした。

 私はもう妹とセックスしたくてしたくてもう限界だった。そんなある日妹の夫が出張で二日ほどいない夜、妹は何処かで呑んできたらしく酔っ払って帰ってきた。ソファーにだらしなく座ってる妹を見て、やるならいましかないと思い私は妹をそのままソファーに押し倒した。

 心臓がもうバクバクと飛び出しそうになりながら私は妹にのしかかった。 妹はビックリしたのか何がなんだかわからないのか、なになにどうしたのお兄ちゃんと叫んでる。

 私は半分泣きそうな顔をして頼むやらしてくれと妹に哀願した。妹はそんな事許す訳がありません。いやだいやだ何考えてんのよ、お兄ちゃんという感じで抵抗します。 しかし私のしつこい押しと頼む頼むの思いが受け入れられ、とうとう妹はじゃぁ一回だけだよという事でセックスしてあげるという事になったのです。

 妹と私は寝室に入り、妹は着ている服を脱いで下着だけでベットにもぐりこんだ。私もすぐにパンツだけになりベットにもぐりこんだ。

 私はすぐにキスをした。妹は口を閉じたままだ。私はキスを続けた、同時にブラの上からオッパイも揉んだ。この日妹の下着は黄色い下着だった。

 ブラを外し、乳首をつまんだ私はキスを続けた。妹はまだ口は閉じていたが、乳首をコリコリとしてるうちに口が少しずつ開いてきた。 私はしつこくキスを続けた。私はパンティの中に手を入れた。ジットリとぬれていた。クリをなぞった。妹は感じていると思うのだが声を出さなかった。アソコに指を入れた。妹はさすがに少しずつハァハァ言い始めた。かき回した、ビチョビチョになってる。キスをすると口を開いた。舌を入れるとわずかだがチョロチョロと舌を出してきた。

 乳首を吸い、アソコを指でかき回した。妹の手が私のペニスを触り始めた。私がキスをするとむこうから舌を入れてきた、妹はハァハァ言いながら私のギンギンになったペニスをしごいてる。私はもうそれだけでいきそうになり、もう入れていいかと聞いた。

 妹は小さく頷き私はもういきそうなペニスを挿入した。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||||

2016年6月29日 | カテゴリー:妹と

妹、小6で【妹と】

私が高校2年生のときのことです。

9月下旬のあの日、平日で共働きの両親は当然仕事に出かけ、私も学校でしたが。

当時小学6年生だった妹の綾香は、運動会の振替休日ということで休みでした。

しかし、その日私は朝から調子が悪く、2時限が終わったところで早退しました。

あれは11時半ごろだったと思います。

自宅の近くまで来た時、わが家に見知らぬ男が入って行くのを見たのです。



20代後半から30代前半位、ジーンズと黒シャツ姿で

ガッチリした体型の男でした。

(もしかして泥棒か?!)

小走りで帰宅しようとした時、妹が自分の部屋の窓を開けました

私は「あ…」と妹の名を呼びかけましたが、妹は雨戸を閉め始めたのです。

(えっ?!)

私は急ぎ、玄関のドアを開けようとしたのですが、鍵が掛かっていました。

合い鍵でドアを開け、そっと中に入ると、玄関には男物のスニーカーが


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||

2016年6月29日 | カテゴリー:妹と

小さな従妹に・・・【妹と】

私は、親戚の家に下宿するロリコン大学生です。

私の下宿先には、舞ちゃんという小学校3年生の女の子がいて、

私は夜な夜な悪戯することが楽しみの一つになっています。

その悪戯と言うのは、寝る前に、従妹の舞ちゃんに睡眠薬を飲ませ、

熟睡した後、じっくりと悪戯するのです。



熟睡した舞ちゃんは、全く気づくことはありません。

布団をめくり、パジャマを脱がせ、裸にして、全くふくらみのない胸を舐め、

そして柔らかい割れ目に舌を這わせます。

小学校3年生のマ○コは、小さく、柔らかく、新鮮です。



意識のない舞ちゃんは感じているのかどうか解りませんが、次第に濡れてきます。

指を入れると、かなり狭く、私の指を締め付けます。

身長130の幼児体型の身体は、人形のように私の思うままです。

抱き上げ、キスをして、そして舐めまくります。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||

2016年6月29日 | カテゴリー:妹と

嫁と初めて会ったのは嫁が小3の時 親父の再婚相手の連れ子だった 【妹と】

758:名無しさん@お腹いっぱい。:2014/06/28(土)15:39:31.86.net

このスレ ROM専だった俺だけど 昨日嫁に愛してるといってみた







  759:名無しさん@お腹いっぱい。:2014/06/28(土)15:40:33.57.net

  >>758

  kwsk







760:名無しさん@お腹いっぱい。:2014/06/28(土)15:55:46.01.net

kwskされたので書いてみます。

スペック

俺48 会社員


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|

2016年6月28日 | カテゴリー:妹と

義姉との思わぬ展開が・・【妹と】

私達は共働き夫婦です。子供も社会人になりそれぞれ家を出てマンションを借りての生活をしています。

日曜日が仕事の妻が私に実家の義姉のあるものを持って行ってほしいと頼まれ、別段用事のない私は10時過ぎ妻の実家に行った。前もって連絡しをしていた義姉とは久しぶりの再会だった。その義姉は3年ほど前離婚して実家に帰り一人暮らしをしていた。行くと昼前であり、義姉は昼食の用意をしてくれており、私の大好きなビールも冷やしてくれていた。その晩には仕事を終えると妻が車で迎えに来てくれることになっていたので、それまではのんびり出来ることになっていた。

妻と違い義姉はお酒も結構いけることは妻から聞いていた。私はランニングシャツに替えズボンというラフな格好で行っていました。義姉も50歳前とは云え、ジーンズにノースリ—ブのシャツを来ていた。義姉は妻とは違って胸も大きく、お尻も張っていて、義姉を初めて見たころは相当のボリュームのある体型であったことははっきり覚えている。

しゃがんだり、腰を突き出す格好の姿勢を取っている時は股上が浅いジーンズを穿いているせいで、お尻の割れ目の半分近く丸見えであった。尻フェチの私はそれが気になってチラチラと見ていた。シャツから浮き出る両方の乳首もぽつんと飛び出て50歳前の義姉ではあるが興奮させられていた。3本ぐらいビールを飲んだ私はリラックスしていたこともあり、あおむけに寝て

休んでいた。飲んでいる時はテーブルの向こうに座っていた義姉が気が付くと私の横に座っていた。

「健二さん、妹とは仲良くやっているの?わたしなんかもう離婚して3年、一人寂しく暮らしているけど、なにか欲求不満なことでもあるの?」と。私は「えっ?なんでですか?」と聞き返すと「今日、健二さんが来てから、なんども私のお尻や胸ばかり

舐めるように見ているから・・・・。こんな50歳前の私など見る価値もないのに・・・」と、妻と違いいつもはっきりものをいう義姉が言った。「気がついていたんですか?でも義姉さんの身体はすごくむっちりしていて健康な男だったら誰でも見てしまいますよ。」と。義姉は「お上手ね。こんなおばさんを捕まえて。でももし健二さんがいうことが当たっていたらこうして一人いることはないでしょう?離婚してからずっと男気のない生活なのよ。」「えっ、本当ですか?そんなもったいない。私だったらほっておきませんよ」と。義姉は私のすぐ横に寄って来て「もし、今の言葉が本心なら、寂しい私を抱いてくれる?」というや、覆いかぶさるようにキスをして来た。少し口元からビールの匂いが感じられた。舌まで入れてきた義姉さんの行動に私は完全にスイッチが入ってしまった。一度身体を離れ、急いで服を脱いだ。そばで義姉さんも同じように服を脱ぎ始めた。

お互い全裸になると私の手を取り隣の部屋に導いてくれた。どうやら義姉さんが寝ている部屋らしくセミベットが置かれていた。胸を揉み、乳首を吸い始めると義理姉さんは「ああ・・ひさしぶり・・・・もっと・・・気持ちよくして・・」と信じられない言葉が飛び出した。私は69体位になり義姉さんの両足を広げ股間に顔をうずめ恥ずかしい部分を舐め始めた。義姉さんはぱくりと私の勃起しているペニスを舐めてくれている。久しぶりのセックスにもう根元まで精液が来ている感じだったので急いで正常位になり一気に根元まで挿入すると義姉さんは両脚を高く上げ、これ以上ないというくらい卑猥なかっこうになった。

2人の身体がピストン運動でばちばちと音がして一層卑猥な状況を醸し出していた。そして射精してしまった。

終わって2人とも仰向けになって息を整えている間も義姉さんの手は私にペニスを握ってしごいていた。

興奮のためか私のペニスをまもなく勃起してきた。それを合図のように義姉さんは「今度はバックでして・・・」と四つん場になって私の方に大きなお尻を突き出して来た。お●●こもアナルも丸見えの状態。私は急いで義姉さんのお尻を両手で掴み

おもわぬ行動に出て見た。・・・それは義姉さんのアナルに舌をはわしたんです。最初はお尻を左右に振って嫌がっていたみたいだったけど、それでも執拗に舐め続けると、抵抗をやめ、むしろなめやすいようにより尻を付きだして来た。気をよくした私は両手でお尻を広げ、舌の先をアナルに突き出すようにした。一度も経験したことのないアナルへのペニスを挿入したくなり、手でペニスを握りアナルに当てた。腰を前に突き出すと少し中に入った焦がした。カリの部分をいれようとすると義姉さんは「痛い。入らないよ。ちょと待って・・・とベットのそばの鏡台の中からビンを取り出し私に渡した。見るとそれは乳液だった。私はたくさん手に取りだし、義姉さんのアナルが真っ白になるくらい塗りつけ、再度の挿入を試みた。義姉さんは「あわてないでゆっくり入れて・・・とより両脚を広げた。ゆっくりゆっくりと挿入した。そして・・とうとう根元まで入ってしまった。ものすごい締め付けになんともいえない興奮を覚えた。そしてぴすとん運動を始めた。それから2時間ほどして妻が迎えに来た。ふたりはまったくなにもなかったようにふるまった。翌日会社で仕事をしていると私の携帯に義姉さんから電話が入った。「昨日のこと、あれっきりにするの?それとも・・・又・・・してくれる?」とまるで恋人に囁くような声が聞こえてきた。私は意地悪く「義姉さんはどうしたいんですか?」と聞くと「意地悪ねえ・・・すっかり火をつけてしまって・・・妹だけでなく、私にも半分わけて・・・・ち●ぽを・・・」と。「判った。じゃあ、今度、機会を作っていく時までに、義姉さんの

あそこの毛が舐める時口に入ってやりにくいから・・つるつるに剃っておいてよ」というと、以外にも「いいわよ。あんなものいらないから、こどものようにツルツルにしておくから、思いきり舐めたり吸ったりしてよ。約束よ」と言って電話を切った。

学校であったエロい話関連タグ

||||||||||

2016年6月28日 | カテゴリー:妹と
1 / 1612345...10...最後 »

このページの先頭へ