学校であったエロい話 最新更新情報

ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

小学校時代の恥ずかしい思い出②【友達と】

Y美はなかなか戻って来なかった。保健室の入り口の前で、パンツ一枚の裸で待っていると、先生が何人か通り過ぎ、僕に何をしているのか訊ねた。事情を説明すると、みんなすぐに納得して、もう僕が裸で廊下に立っていたことなど頭から払いのけたかのような顔つきになって教室へ向かう。

 恥かしかったのは音楽のK先生に見られたことだった。K先生はこの春、大学を卒業したばかりの女の先生で、先生というよりはお嬢様といった感じの明るい人柄が生徒の人気を集めていた。僕はピアノが弾けるので、K先生の代りにピアノ伴奏をしたこともあり、とくに目をかけてもらっていたように思う。

「どうしたの?なんでそんな格好でいるの?」僕が裸で震えているのを見て、K先生が素っ頓狂な声を上げながら近づいてきた。僕はこれで十回以上はしている同じ説明を、今初めてするように繰り返した。K先生は驚いたように大きく目を見開き、頭の先から爪先まで僕を見つめて、

「しかも裸足じゃない。すごいね、君。上履きぐらい履きなさいよ」

「上履きも脱ぐように言われたんです。パンツ一枚が規則だからって」

「ほんとに?教室からここまでその格好で来たの?」

 僕が小さく頷くと、K先生は手に持っていた教科書でぽんと膝を叩いて笑うのだった。

僕は、裸じゃ可哀想だからと、K先生が羽織っているカーディガンを貸してくれたらどんなにいいだろうと思っていたが、K先生は、「ま、ちょっと寒いかもしれないけど我慢しなよ。男の子の裸、こんな近くで見たの、初めてかもしれない。でも女の子みたいだね。今度はパンツを脱いで見せてね。ハハハ、嘘だよ、そんな悲し気な顔しないでよ。ほら、保健の先生が来たよ」と言って、スキップしながら去るのだった。

 保健室に着くなり、Y美が「先生、忘れていたんだって」と僕にささやいた。保健の先生は、五十歳くらいの気難しい性格で、陰ではみんなから「ババァ」と呼ばれていた。僕を待たせていたことに対してお詫びの一言もなく、じろりと僕を睨みつけてから、鍵穴に鍵を差し込んだ。戸をあけると、僕に中に入るように促した。僕はY美よりも先に入ると叱られると思って、Y美に先に入るように目配せしたが、Y美は気づいてくれない。「早く入りなさいよ」業を煮やした保健の先生が怒声を発して、後ろから僕の背中を強く叩くので、つまづいた僕は保健室の中央で四つんばいになってしまった。

 保健の先生がY美に教室に戻るように命じた。Y美はこれで保健委員の務めが終わることに不服そうだったが、「じゃ先生、あとはよろしくお願いします」と頭を下げて、教室に戻って行った。

 検査の間、保健の先生はずっと不機嫌だった。「受けるんならまとめて受けてくれないと、こっちの手間がかかって大変じゃない。なんで一人一人連れてくるのよ」と言うので、「他にも僕みたいに当日検査を受けられなかった子っているんですか」と聞いてみた。せめて、この恥かしくて寒い思いをしたのが僕一人でないことを聞いて安心したかったのだった。

「いるよ」保健の先生がぶっきらぼうに返事した。「でも、あんたみたいに教室から裸になってここまで来た子はいないけどね。何もパンツ一枚になる必要なんてなかったのよ。小学一年生じゃあるまいし。みんな体育着で測定するのよ」

 やられた。僕は保健委員であるY美の指示でこの格好になり、ここまで来たのだと話した。保健の先生は鼻で笑っただけだった。

 検査は10分くらいで終わった。保健の先生は記録簿に数値を書き込みながら顔を上げずに「ご苦労さん。教室に戻りなさい」と言った。その言い方が先ほどよりは不機嫌さを感じさせないものだったので、僕は思い切って相談することにした。

「先生、何か着るものはありますか」


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2018年1月12日 | カテゴリー:友達と

友達の妹を・・【友達と】

小6だった時の話です。当時隣に小3の男子とよく遊んでいました。その男子には妹がいて、まだ幼稚園に入園する前だったので完全な幼女です。名前はアイハラマイコ(本名です)と言う名前です!自分が遊びに行くとマイコちゃんはよくなついて来ました。あまりにも可愛いかったので、ちょっとイタズラをしました。内容はなにげにスカートを捲りパンツ(ショーツ)をガン見しました。ついでにパンツも捲ってマイコちゃんのワレメを観察しました。後は、お嬢様抱っこをしながらお尻を思い切り触り、わざと指を滑らせてマイコちゃんのオマンコを触りました。やがてマイコちゃんも幼稚園に入園しました(神田幼稚園)幼稚園児になってもなついていました。ある日、制服姿でしゃがんでいたので、前に回りスカートの中を覗いたらブルマを履いていたので、わざと軽く転ばしてブルマを観察しました。抱っこして上げようとしたらまたワレメを触られるのか、その部分に手を当てて、嫌がりました。しばらくしてマイコちゃんは引っ越して行きました。(伊勢原市へ)それから、会ってません!小6時代のいい思い出話です!


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||||

2017年12月23日 | カテゴリー:友達と

妹「兄さんのアナルを開発したい」【妹と】

<>1名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2010/09/27(月)23:22:56.36ID:n0QSNxkIO<>

いつものように自分を慰めていたら、兄さんのアナルが開発したくなった。



兄さんはどんな声で喘ぐのだろうか。



そもそもお尻で感じるのだろうか。



いや、感じさせてみせる。



しかし、わたしには経験も道具も足りない。



万が一にも失敗は許されない。



入念な準備が必要だ。




エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2016年8月16日 | カテゴリー:妹と

意気地のない男【妹と】

一.



これは一年前から現在まで続く私と妹の話です。

今まで誰にも言えず一人苦しんできました。

しかしもう耐えられません。

そこで誰かに聞いてもらいたくてここに書き込みます。

現在私は十九歳(販売店勤務)、妹は十三歳(中一)です。



私達には父親がいません。

父親はタクシーのドライバーとして日々私達家族のために必死になって働いていました。

しかし今から七年前のある日、日頃の無理がたたったのか仕事中に居眠り運転をしてしまい

対向車と激突し還らぬ人となってしまったのです。



それからの私達家族の生活は悲惨なものでした。

母は結婚前に勤めていた会社に無理を言って復職させてもらい、


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2016年7月18日 | カテゴリー:妹と

一日ペット - 4【妹と】

俺は女性のパンツは触ったことがなく、初めてはく。ハート柄で、はくとお尻がピチピチだった。明らかにもっこりしてるし。ブラもキツキツでオッパイボールをした自分をみると気持ち悪かった・・。メイド服はサイズがぴったりでエプロンをすると完璧だった。なんだかんだで着終わって葵の部屋に入ると、葵は大爆笑。「似合う似合う。スカートが短すぎてパンツ丸見えだし」もういっそ殺してくれ・・。「・・で何をすればいいんだ?」「その前に約束事。1つ。私が言うことには絶対服従。2つ。私をお嬢様と呼ぶこと。以上。破ったら写真とりまくって学校にばらまくから。」「わかったよ!今日一日だけだからな!」「よしよし。じゃ、まずはこれをつけて。」葵から渡されたのは首輪。しかも俺の名前が書いてある。「これつけて頑張って。ペットさん」もう完全に俺は葵の下になってしまった。「最初は私の部屋の掃除から。きれいにね。」とだけ言われ、俺は掃除を開始した。元々綺麗だったので少しで済んだ。廊下の雑巾がけをするため四つん這いになっていると、突然パンツの中に手を入れてきて、「かわいいお尻してるね」などとほざく。でも今日一日は手を出せないので笑って流した。その後も色々な仕打ちを受けた。よほど俺が嫌いなのか。そんなこんなで、やっと夜になった。2人で晩御飯を食べると、葵の部屋に呼ばれた。「今日一日ご苦労様。」と言うと、突然服を脱ぎ始めた。「お、おい、何を!」「何って、ご褒美に決まってるじゃない。今日一日頑張ったから、やらせてあげようと思って。」あっという間に下着姿になるとブラもはずして、「どお?私のオッパイは。大きいでしょ?」「さ、さあ・・」もう夢か現実かわからなくなってきた。「揉んでもいいか?」「いいですかでしょ?」「・・いいですか?」「いいよ。たくさん。」とてもプニプニしていた。「気持ちいい。もっと。」「もっと?」「じゃお兄ちゃんも気持ちよくしてあげる。」と言うと葵は俺の下着を勢い良く脱がした。すでにチンコはギンギンだった。「元気だね。お兄ちゃんのオチンチン。私もう我慢できないよ・・」葵は俺のちんこを舐め始めた。「気持ちいい?」「うん」メイド服はベトベトでとても臭ったが、それ以上にフェラが気持ちよかった。次の朝、葵は何事も無かったかのように俺に接してくれた。

学校であったエロい話関連タグ

||||||||||||

2016年7月11日 | カテゴリー:妹と

フェラチオ・ルシアン・ルーレット【お姉ちゃんと】

僕が中2で、姉が高校1年の時の夏休みのことです。

姉が、女友達3人と一緒に日帰りで、海水浴へ行くこととなりました。

女子だけで、出かけるのはイカンと、両親が言うので、

何故か、僕が同行することとなりました。

姉の女友達とは、初対面でしたが、駅で会ってビックリしました。

3人とも、みんなすっげえ美人なのです。

志織さんは、長身でスレンダー、ちょっと性格は強気かな。

芸能人で言うと、柴咲コウ似。

弥生さんは、小柄だけどグラマー。

ちょっと、天然が入っている性格。りりあん似。

エリさんは、ちょっとふっくらとした体型。

性格はおっとりとした、お嬢様風。森下悠里似。

そして、俺の姉貴、優美子姉ちゃん。

姉貴とはいえ、そのスタイルの良さ、そして風貌は、

弟の俺が見ても、ドキッとするものがある。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||||||||||||||||||||

2016年5月26日 | カテゴリー:お姉ちゃんと

従姉妹の みっちゃん(5)【妹と】

 高校2年のときに付き合っていた1年下の女の子とは、

それはそれはプラトニックな(古い?)関係でした。



僕ははっきりいって面くいだったので、かなりの自慢の彼女でした。



 みっちゃんと再び会う直前の夏休み、

僕らはお互いにとって初めての相手となりました。



 それはもちろん普通のSEXで、彼女の家に遊びに行ったとき、

彼女の家族がいないタイミングを見計らって事に及んだものです。



 彼女は本当に可愛らしいコで、完全に虜になっていましたから

今思い返しても、とても大事にしていたことに、間違いはありません。



 ただ、初めてのSEXはそんなにうまくいきませんでしたし、


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||

2016年5月16日 | カテゴリー:妹と

オナニーしてたら姉2人と妹1人の3人に襲われた【お姉ちゃんと】

姉1 社会人 26歳 巨乳彼氏あり未婚 

姉2 大学生 22歳 普通乳彼氏なし

妹1 中学生 15歳 乳なし彼氏なし



俺 19歳 浪人 童貞 ガリフツメン



うちの家庭は割と性に明るいっていうか、下ネタをバンバン親父もおふくろも言うタイプで

そんな家庭に育ったからか、糞姉どもや妹も下ネタ耐性が強いほうだと思う



浪人中の身であるにもかかわらずたいして勉強してるわけでもなく、毎日オナヌーネトゲ2ちゃんの繰り返し

これじゃあもちろん友人もいないし、女性経験なんて風俗くらいしかないのが情けなくもありたくましくもある



俺はオナヌー大好きだけど、実家暮らしということもあってやっぱ家族には見られたくない

オナヌーを実行する際は決まって家族が完全に寝静まった深夜3時がスタートラインだ




エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||||||||||||||||

2016年4月14日 | カテゴリー:お姉ちゃんと

姉と私1991から【お姉ちゃんと】

の続き



[5518]姉と私1991から 投稿者:彬投稿日:2008/10/21(Tue)20:53



1987年6月のある日、私は中学2年、ひょんな事から高校2年生の姉に初めて手で絶頂に導いてもらいました。

そして中学3年の時の姉との衝撃的な初体験。姉に溺れつつもその後同い年のさゆりとも関係を持ってしまった私。

1989年高一春、さゆりとの関係を持ったのを機に近親相姦を止めようと姉と約束しました。

しかしその年の夏休み、暑い日、シャワーを浴びる姉。誘われるように姉を襲ってしまい関係が復活してしまいます。

高2の夏、さゆりに振られた私。今まで言えなかった姉への心情を、好きだという気持を告白。

姉もそれに応えてくれました。



私は可愛いそして優しい綾子姉さんと離れられなくなっています。

1991年 高三の新年度から話が続きます。



なおこの話はレスがいっぱいになった 姉と私1987から No. 4388  


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2016年4月1日 | カテゴリー:お姉ちゃんと

姉ちゃんとセックス【お姉ちゃんと】

姉との関係は、小さいころから喧嘩もあまりしたことがなく、ものすごく仲がいい。

普通に一緒に買い物したり、デートしたりなどなどいろいろしていて、兄弟は仲が悪いというのは俺と姉にはあてはまらない。

普通に休みの日とか、部屋に遊びに行けそうになると、喜んで行くほどで今年に入ってから何度か遊びに行っている。



帰ったら、夜は必ずやっている。たまに生理のときがあり、必ずというわけではないけれども、できるときはやっている。

体をあわせるまでになったのは、姉が言うには、「○○(俺の名前)くんと一緒にいるのが一番楽しいし、話はとぎれないし

今までで付き合った彼氏なんかよりも、何倍もいい」という。俺も姉のことが大好きだ。

俺は「○○が姉でよかった。頭もいいし、優しいし、綺麗だし、本当に才色兼備で、お嬢様学校の生徒会長みたい」

といっったら、姉はものすごく嬉しそうな表情を浮かべた。



そのような言葉を軽く挨拶みたいに、いつも交わしていると、俺が中学生だったときもあり、Hな話をいつもするようになった。

俺は女性の体がどうなっているのかが気になってしょうがなかった。

そのうち、胸もさわったり、なめたり、いろいろとエスカレートしていった。

姉も、男の体に興味があり、俺も姉に体を捧げた。




エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||||||

2016年3月20日 | カテゴリー:お姉ちゃんと
1 / 1312345...10...最後 »

このページの先頭へ