学校であったエロい話 最新更新情報

ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

従姉妹のお姉さん【妹と】

小学校の高学年の頃、従姉妹のお姉さん(みかちゃん)が、うちに下宿していた。高校を卒業し、看護学校に通うため、地方から出て来ていたんだ。

家はさして広い方でもなく、みかちゃんに部屋を提供するため、僕の机を縁側の隅っこに置き、縁側全体を僕の部屋として使うことになった。みかちゃんは、僕に申し訳ないと、すごく恐縮してた。もっとも僕は、姉と共同の二人部屋よりも、その場所を結構気に入っていたんだが。

みかちゃんは、当時、真面目でおとなしい少年だった僕をかわいがってくれた。友達と出かける時なんかも「小さなボディガード」と言って、あちこち連れていってくれた。

今思えば、みかちゃんは幼児体型のロリ顔で、けっこう可愛かったと思う。けれど、田舎から出てきた引っ込み思案で、彼氏もいなかったようだ。

僕も姉もみかちゃんが大好きで、寝るときは、僕と姉が、みかちゃんを間にはさんで、川の字になってねていた。両親もみかちゃんも僕がまだちいさい子供で、全然気にして無かったみたいだ。

しかし、僕はその頃、少しずつ性に関心を持ち出した頃だった。父が不注意に放置した週刊誌のグラビアや、ごく他愛もないテレビのラブシーン等を見て、興奮していた。また、いっしょに暮らすうちに、ふとした拍子に、みかちゃんの着替えのシーンに出くわすこともあった。早熟な友達からは、ずいふん羨ましがられたものだ。

そんなある日、夜中にふと目がさめた。暑くて寝苦しかったのか、みかちゃんが布団からのりだし、パジャマがめくれておへそが見えていた。幼いながらもムラムラとした僕は、恐る恐るみかちゃんのお腹をなでた。しかしその夜は、それ以上先に進むことはできなかった。

次の夜、僕は、みかちゃんが眠るのを、じっと布団の中で待っていた。みかちゃんの頬を何度もつついて、眠っていることを確かめると、そっと布団をめくった。

大丈夫、起きる気配は無い。みかちゃんの胸元に顔を近づけ、パジャマの前のボタンのあたりの隙間から中を覗く。暗いし、隙間が狭くてよく見えない。思い切って、パジャマの前の隙間に指を入れ、少し引っ張ってみる。小さな胸の裾のあたりが見える。もう少し。体に触れないように注意しながらボタンを一個はずし、もう一度引っ張ってみる。

やった、見えた!みかちゃんの乳首。ほんの少しだけど、薄い褐色の蕾みが・・・。触りたいけど、気づかれたらたいへんだし、これ以上はムリ。

次の日の夜も、いけないとは思いながらも、もうやめることなんてできない。だんだんエスカレートするばかり。

パジャマの上から、小さなふくらみを掌で包んでみる。はじめての柔らかい感触。と、その時みかちゃんが軽くみじろぎする。あわてて手を離す。ん、大丈夫、起きてない。

昨日は一個だったボタンを、今日はもう一個・・・もう一個・・・パジャマの胸元を左右に開く。小さなふくらみ・・・左側だけ・・・と、その先端の蕾み・・・全部見えた。

だんだん、大胆になってくる、というより、がまんできない。

次の日の夜は、とうとう剥き出しにした乳房を手で押し包んで、静かに揉んでみた。柔らかい。乳首を指先で摘まんでみる。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||

2016年8月23日 | カテゴリー:妹と

妹とお風呂で【妹と】

<>628名前:えっちな18禁さん[sage]投稿日:2010/03/12(金)15:29:02ID:yhIi5ffr0<>

お前等



妹が逆に快楽を求めるようになったことはあるか?

俺が始め手を出したのは中学3年で妹は小学6年だった

 

 

寝ている妹の部屋に入り、指でマムコ周辺をゆっくり撫で続けていたら

始めは嫌がっていたが徐々に足を開いてきたので・・・

その後、いやいやをする妹に何度か迫っては関係は続けていたんだ。

でも、断っておくが挿入はしていない。だからこそ続いたんだろうと思う。



しかし妹が、高校になると俺は就職で九州に行くことになり

その関係は終わった・・・かに見えた。




エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||

2016年8月22日 | カテゴリー:妹と

ませた従姉妹とロリマンママとの一週間5 【妹と】

毎年恒例の、母の弟家族との別荘での夏休み。たった一年ですっかり大人になった愛花ちゃんと、予想もしていなかった初体験を経験できた。



それだけではなく、前から憧れていた叔母の千里さんとまで経験をすることが出来た。何もかも最高だった。





僕の目の前で、僕の精液を奪い合うようにキスをする二人。母娘とは思えない程、濃厚にキスをする二人。まだ6年生の愛花ちゃんは、背は低いが胸は母親に似て大きく育ち始めている。でも、少女特有の青い実の固さみたいなものを感じる胸だ。

そして、驚くほどピンク色の乳首をしている。もう数年も経てば、非の打ち所のない美少女に成長するだろうなと思う。



そして、千里さんは30歳を過ぎているようには見えないほど若々しくて美しい。パッと見は、女子大生とかに見える。そして、その大きな胸は多少垂れている感じはするが、それでもとても美しくて良い形をしていると思う。



二人は、僕の精液を奪い合うようにキスをしている。そして、二人ともそれを飲み込んだ。

『ママ! 愛花、お兄ちゃんと結婚するね!』

口の周りを僕の精液でドロドロにしたまま、愛花ちゃんが無邪気な口調で言う。

『もちろん、責任取ってもらわないとねw でも、たまにはママにも貸してね#9825;』

千里さんは、そんな事を言う。とても娘との会話とは思えない。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||||||

2016年8月19日 | カテゴリー:妹と

取立て屋【妹と】

俺は結構人相がわるく、よくそっち系の人に間違われます。

そんな人相もあるのかもしれないが、借金の取立て屋のバイトにさそわれました。

最初はいろいろ教えてもらいながら、取立てやってたんですけどそのうち一人で

回収いってきてとか、頼まれるようになったときです。

さすがに俺も寝たきりの老人から、お金を回収するのは心がひるむときもありますが、

働く気のないやつは、腹が立ってしまう。

その日は、42歳の女性で、またおばはんかと思いつつ、お金の回収にいったら、

娘二人の母子家庭でした。

「おかあさんいるか?」って聞くと、娘が「病院にいます」って答えた。

俺は看護婦かと思って「病院?」って聞きなおすと「入院してます」と。。。

そういうことかと、よくあるパターンだなって。

「お金返してもらわないとこまるんだけどな」っていうと「今ないです」と

「どこの病院かおしえてくれるかな」っていうと「教えられません」

「それじゃ困るんだよね俺も仕事なんだよ」っていうと「今お金もってないし払えません」

と、半べそ。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||||||

2016年8月17日 | カテゴリー:妹と

妹「兄さんのアナルを開発したい」【妹と】

<>1名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2010/09/27(月)23:22:56.36ID:n0QSNxkIO<>

いつものように自分を慰めていたら、兄さんのアナルが開発したくなった。



兄さんはどんな声で喘ぐのだろうか。



そもそもお尻で感じるのだろうか。



いや、感じさせてみせる。



しかし、わたしには経験も道具も足りない。



万が一にも失敗は許されない。



入念な準備が必要だ。




エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2016年8月16日 | カテゴリー:妹と

従姉と暮らした日々を淡々と語る【妹と】

<>1:名も無き被検体774号+:2011/10/21(金)22:40:00.10ID:TSFSWWVI0<>

初スレ立てだから拙い部分もあるけど許してな#160;

最近の自分語りスレのように#160;

虐待やら貧乏生活やら過酷な人生ではないし、山もないオチもないだらだらとした話になるから、暇つぶしに読んでくれ。#160;



<>2:いちじ◆.RK0SmlnEImq:2011/10/21(金)22:43:47.25ID:TSFSWWVI0<>

スペック#160;

都合上、仮のフルネームつけとく#160;



俺山下一次現在17才高2#160;

従姉山下みよ現在28歳事務員#160;



幼心がついた時から、俺は従姉と二人で暮らしてた#160;

とりあえず、俺の記憶を辿って書いていく#160;




エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||||||||||||||

2016年8月13日 | カテゴリー:妹と

蔵の中 (早苗義姉さんを見ながら・・・)【妹と】

江戸川乱歩が集めた蔵書の数々が納められている「幻影城」という蔵をご存じの人もいるかと思います。

僕の実家にも死んだ父が集めた歴史書や古書の類が納められた蔵があり、兄の結婚を契機に蔵を改築し、

僕が過ごす部屋をしつらえてもらいました。

食事と入浴以外はその蔵で寝起きし、たまには悪友たちのたまり場にもなっていました。

冷暖房も完備されていたので、快適でした。

翌日が休校日という日は、スケベなDVDを見てオナニーに興じてみたり、パソコンで人妻とチャット

しながらオナニーもしていました。

そんな高校卒業も間近な2月後半、兄嫁の早苗さんが僕の蔵に来ました。

早苗さんは大の歴史マニアで、父の残した蔵書を暇なときに読みにきていたので、この日もそんなノリ

かと思い、蔵に入れました。

普段なら1階の蔵書が収められた書棚から好きな本を選んで自室に戻るのですが、この日は珍しく2階

に上がってこようとしていました。

数分前まで僕はオナニーをしていたので、部屋にはDVDや精子を拭ったティッシュが散乱していたため

急ぎ部屋を片づけ、早苗さんをいれました。

「お〜、若い子の部屋って感じだなぁ。」と部屋を見回しながら言う早苗さん。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||||||||

2016年8月11日 | カテゴリー:妹と

計画停電の時、妹が…【妹と】

震災後の原発事故の影響で計画停電が実施された週末の事、仕事から帰って来た俺は直に停電となるのを考慮して自室のベッドで横たわっていた。

最終の停電だった為、辺りは暗く一切の光源が無い為、本当に真っ暗になり周辺は静まり返っていた。

そんな時だった、部屋のドアがノックされ「お兄ちゃん…」と心細い声と共に懐中電灯を片手に握りしめた今年高校2年になった妹が入って来た。

「どうした?」と聞くと「一緒に居てもイイ?」と言うではないか…

「なんだ怖いのか?」と、ちょっと意地悪っぽく聞くと「だって!…」と、何かを訴えようとしたようだが直ぐに沈んでしまったので俺はベッドの端に移動しスペースを作ると「ほら…」と空いた所を手でポンポンと叩くと妹は黙って俺の横に懐中電灯を消して寝転んで来た。

そこで俺はスッと腕を伸ばし腕枕をしてやり、軽く抱きしめる様に「そーか、そーか怖いか」と背中を擦ったり頭を撫でたりして気持ちを落ち着かせてやった。

妹とは仲は良く不思議と喧嘩らしい喧嘩もした事が無く、だからと言ってベタベタした仲ではない関係だった。

が、何故かこの時から急に妹が可愛くて仕方が無くなっていた。

俺は優しく抱きしめて、おでこにチュッとして頬を擦り寄せたりと、普通ならウザイ様な事をしたが、妹は恐怖心からかそんな行為も嫌がる事無く逆に嬉しいのかクスクスと笑い声が聞こえ始めていた。

調子に乗った俺はチュッチュッ、チュッチュッと顔中にキスをしまくり、とうとう口にもチュッとしてしまった。

流石に嫌がられると思ったが、意外にも無抵抗だったので、更に口にチュッチュッとしていたのをブチューっと完全に口付けをしてしまった。

すると今度は妹から舌を絡ませて来るではないかっ!驚いたが理性が壊れた俺は夢中になって舌を絡ませていた。

キスだけでは物足りなくなった俺は片手を妹の胸にやりパジャマの上から揉み始めた。

その感触からノーブラである事は直ぐに分かり、暫く揉んでいると妹がその手を掴み胸から引き離すと自らパジャマのボタンを外し前を肌蹴ると再び俺の手を掴み自分の胸に宛がい、直接触って欲しい事をキスで口が塞がれているので行動で伝えて来た。

俺は妹の上に覆い被さる様に体勢を変えると、両手でオッパイを揉みながらキスを続けた。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||||||||||||

2016年8月8日 | カテゴリー:妹と

入浴は何時も兄と一緒【妹と】

私の家は貧乏でした。とは言うものの食べるに困る程では無く、母親がバカが付く程の倹約家で、特に水道に関しては厳しく、手洗い歯磨き洗顔と、ことごとく注意されました。

そして極め付けが入浴は一人だけではさせないと言う、水道代が勿体無いからと、私は3歳上の兄と何時も一緒に入浴していました。と言うか20歳を過ぎた今でも一緒に入っています。

今はもう皆が働いていて、昔ほど貧乏な訳では無いのですが、今までそうやって一緒に入るのが当たり前になっていたので、今でも一緒に入ってしまうのです。それに今でも一緒に入るのには、私と兄との男女の関係もあるからです♪

兄と関係を持ったのは私が中学1年の夏でした。当時高校1年だった兄は、その前から性的な悪戯?ペッティングと言うのでしょうか?まあ、ただの兄妹以上の事はしていた訳です。

そしてその夏、とうとう私は兄と結ばれました。

兄が好きな私にとってそれは願ってもない事でしたので、痛さを堪えて兄を喜ばせていました。

最初こそ痛さがありましたが、一週間もすれば私も気持ち良くなって、一か月もすると私から兄に求める様になるほどでした。

そんな関係を母親が気付かない訳がありません…ですが、母親は一言「妊娠だけは勘弁してね」と言うだけで、私達の行為そのものを咎める事はしなかったのです。

その事を兄に言うと物凄く驚いて、もうこれ以上関係を続けるのは止めようと言いだしましたが、私はそんな事を素直に受け入れられる訳無く、相当兄を困らせましたが、今では兄も諦めた?のか私の説得に納得?したのか分かりませんが今でも毎日の様にセックスをしています。

ただ一つ母の『妊娠だけは勘弁してね』が引っ掛かるのか、兄は何時もゴムを着けようとするので、ゴムの感触が嫌な私は危険日以外は絶対に生じゃなきゃ嫌と言って、兄には「お母さんは何も避妊しろとは言ってないよっ妊娠さえしなければいいんだから」と兄を上手く説得…と言うより丸め込めて危険日以外は常に生挿入♪安全日は中出しもしてもらってます♪

こんな私ですが兄以外の男性経験もあるのですが…兄を超える存在は未だ見つからないままです…

なので未だ暫くは兄との関係は続きます♪

学校であったエロい話関連タグ

|||||

2016年8月5日 | カテゴリー:妹と

オナニー盗撮【妹と】

オレは27歳。7年前に母親が死んでオヤジと二人暮らしだった。5つ上に兄がいるが転勤で関西に住んでいる。2年前、急に11歳下の妹が出来ることになった。オヤジが再婚した。当時妹は14歳。(ちなみに新しい母は今年40、オヤジは49だ)

再婚当初、オレは「妹」というのがどうもピンとこなかった。次男坊で25年生きてたからね。

逆に妹は一人娘だったのにいきなり「兄」が出来て、オドオドしていた。初めて会ったときには「あ、かわいいな」と思った。正直、そう思う。ネコ顔でやわらかそうな淡い色の髪をポニーテールでまとめてて。背は小さいけれど太ってもいない。そして、中学生にしては豊満なバストをしていた。オレは「おっぱい星人」なので、目の前の「妹」に激しく反応しなかせらも、心のどこかで「ウソだろ、こんなのはエロ小説の中でしかない話だ」と思っていた。だが、話はまさにエロ小説のように進んでいく……



妹は厳しく育てられていたせいか、最近のバカ厨房や工房と違って品行方正だった。最初、オレのことを「あの……」とか呼んでいたが、「兄ちゃんでいいよ」と言ったら、ものすごく嬉しそうな顔をしたのをよく覚えている。

オレは仕事とは別に下手の横好きでバンド活動をやっていて、部屋にはキーボードやらギターやらMacが積まれていたのだが、ある日、妹が某バンドのファンだということがわかり、妹の好きだという曲を軽く弾いてやったことから一気にうち解けたように思う。

妹はCDやら歌本やら持ってきて弾いて弾いてとせがむようになった。

ああ、かわいいなと思った。キーボードに並んで座っていると、思春期特有の甘い女の子の香りが漂ってくる。

でも。

妹はオヤジの妻の連れ子だ。いくらなんでもヤバイ。しかも、11歳も年下で未成年だ。

一応、ちゃんとした彼女もいるので、妹のことは「鑑賞用」として取っておくことにした。

あの日までは。



妹がウチに来て半年ほどが経ったころ、貸していたCDが必要になって、妹の部屋をノックした。

返事がない。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2016年8月4日 | カテゴリー:妹と
1 / 9112345...102030...最後 »

このページの先頭へ