学校であったエロい話 最新更新情報

ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

幼なじみの彼女を寝取った【友達と】

幼なじみの彼女を寝取った。

21の頃だったと思うが、幼なじみ(男)に恐らく初めての彼女が出来た。



幼なじみはそれほど友人もいなく、大概彼女を連れて

俺と3人で遊んでいた。



次第に彼女とも仲良くなり、連絡先など交換し、紹介と称して

幼なじみ抜きで彼女の女友達とも遊ぶ仲になっていった。



そのうち、幼なじみの彼女(面倒なのでA子とする)が

俺に気があるのでは?と言動が多くなった。



ある日、A子から連絡があり、幼なじみ(こちらも面倒なのでB男としておく)

と3人で宅飲みしないかと連絡があった。




エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||

2016年9月22日 | カテゴリー:友達と

ロリだった妹と【妹と】

当時小4で10歳の自分と小2で8歳だった妹は小さなチーズ臭いツルマンを

広げてチンポの先をくっ付け抱き合いながらたまにキスし合う。と、いう遊び

を親に隠れてしていた。小4だともう勃起するのでグリグリ押し付けると妹が

痛がったり、オシッコしたいと言ってる妹をトイレに行かせずにワレメに擦り

付けてたら1度だけお漏らしされた事もあった。

あの頃はまだ妹のあんな小さな穴に入るなんて知りませんでした。

当時、女の子はオシッコ出る穴2つあるのかと思ってたw

学校であったエロい話関連タグ

|||||

2016年8月23日 | カテゴリー:妹と

唯はお兄ちゃんにしかおっぱい見せたりしないよ2【妹と】

<>666名前:えっちな18禁さん投稿日:2006/11/11(土)09:36:37ID:P1a2NTZ20<>

続きだけど、きのうの俺と妹の話。

これ以上はスレ違いだから、これで最後にするよ。



おとといで一気に距離が縮まった、俺と妹。

朝、洗面所で会った。妹はパジャマ姿で歯を磨いている。

オレを見ると妹はきのうのことを思い出したのか照れっくさそうに笑って、

「おはよう、お兄ちゃん」

「おはよう、唯」

パジャマ姿の妹は本当にかわいい。みんなにも見せてあげたいぐらい。ガラガラと口をゆすいで、口元をタオルで拭く。オレはとっさに、歯を磨き終わった妹のあごをつまんで、ちゅっとキスをした。

いきなりキスされた妹はびっくりしたような顔をして、

「もう」

と、言って恥ずかしそうにうつむいた。いままでガマンしてたけど、これから妹にこんないたずらがし放題。これから通りすがりにお尻触ったり、おっぱい触ったりするぞと、オレはひとりでにやけてしまう。

二人はそれから登校した。

一緒の電車に乗る。降りる駅はちがうけど。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||||||||||||||||||

2016年8月22日 | カテゴリー:妹と

母乳サービスつきの搾精  妹の懐妊【妹と】

搾精



妹でないと反応しないために困っています。悩み抜いた末にこの間意を決して病院に行きました。さすがにそのまま相談するわけにはいかないので”最近下半身に元気がない”とぼかした上ですが。

相手の医師は、機械的に”それでは精子を検査しますので”と仰られましたので自分で搾精することになりました。いつものようにエロい事を考えながらグラビア誌をみてしごいていました。

たまたまそこを通りかかった看護婦さんが。中学生の時の同級生に似ていたので”アチャー”と思って俯いていると”○○くん”と声をかけてくるではありませんか。”意地悪”と考えて他人のふりをしても”私知っているのよ、イメクラでいつもおっぱいをチュウチュウして手こきされるのが大好きなのを、同窓会で噂になっているのよ。”なんて言われてしまいました。さらに受付嬢の一人を呼んできました。(なんて意地悪なんでしょう、早く出して帰るべきでしょうが、かえって出ません。)びっくりしたことに彼女は僕の中学時代のあこがれの人だったんです。(”いつもあの乳首をペロペロしてから中出ししたらどんなに楽しいだろう、母乳も飲みたい”と毎晩のおかずにしていました。)”○○くん、いやらしいのね、でも大きいおチンチン?、○○ちゃんの好きなおっぱいを吸わせてあげる,本当のミルクも飲んだことあるんでしょ。”なんて言われびっくりしてしまいました。



○ちゃん(2○歳、産後3ヶ月、顔が丸い、かわいい(おにぎり顔)、おっぱいCカップ、授乳後はAAカップとの事、乳輪茶色3センチくらいか、乳首茶色径5ミリくらいか、長さ勃起させてやっと5ミリくらい)さっさと胸をはだけ、授乳ブラからおいしそうなミルクタンクを出してくれる。ツンと外に張った盛り上がりを見る。焦げ茶色の乳輪が軽く乳房から浮き上がっている。乳首は目立たない。(勃起前は陥没のも見える。やらしーなあ。乳首は伸びきっていない。本当においしそー。)



”僕の前に後ろ向きに座ってごらん。”つんと張ったおっぱいを後ろから早速セクハラもみもみ。周辺から、真中に向けて揉んでいくと、乳首の先からシュット白い1筋。白い純生ミルクが出始める。”飲みたい”という顔をしていると”舐めていい?”と言いながら、舐める、”おいしい。”ベッドに連れて行ってください。”ベッドに寝た彼女のうえに乗っかって、まずDキス。

首筋に舌を這わせてから、両方の乳首をモミモミ、手の指の間から白い滴がドンドン増えていく、”私のミルク、よく飲んでね。”滴を舐めているうちに、おっぱいを飲んでみることにする。

右の乳首を丸ごと咥え込んで硬口蓋と舌で挟むようにして吸引すると、口の中にドンドン甘い味が。手が暇なんで、反対の乳房を愛撫。手に暖かい滴が付いていくのが分かる。左のも飲んでみることにする。”いつも、患者さん、右が飲みやすいと右ばかり飲んではるから、左は飲みにくいかも。”と言われても出る・出る、濃いミルキー味の美味しいミルク。”騎乗位をお願いします。”○ちゃん、俺の趣味が分かったのか、乳首を含まそうとする。咥えなくても、彼女の手搾りを口で受ける。ビンビンのチンポの上でヌチャヌチャしている時と、彼女の母乳を飲ませてもらっている時とを繰り返す。”女の子の背中たたくのが好きなんよー。”パンパン彼女の背中をたたく。乳房がゆれると、滴が僕の胸のあちこちに飛ぶ。”あっ。(乳房の)中に硬い芯があってそれを砕くみたいにしたら母乳って出るんやー。”(感動物の発見!)”そう、吸うように飲めばよく出るし、気持ち良い。”でも、接触面積の問題か、素股は宜しくない。騎乗位で母乳をしばらくとばす。”また、寝てください。”上から乗っかって、Dキスをした後、彼女の耳、項、乳房を舐めまわす。同時に、彼女のあそこに男の子ミルクスティックを入れたりする。”あー。乳首触られたら感じる、アソコ舐められたりしたら感じるわ。”硬いおっぱいの感触を空いた方の手は楽しむ。温かい液体が手背を伝うのが分かる。手掌も濡れている。”ああーん、もっと。”オメコもヌルヌル。入れた指を彼女の口に持っていく。(ふと、悪戯心がもたげる)”口移しで母乳飲んでみるか?”(実は、昔、付き合ってた娘に発射したザーメン、口移ししてもろた事有る。)”でも、母乳って美味しいだ。自分の飲んだこと有る?””有るよ、甘いでしょ。人によって味が違うんですけど。私のは甘い。””シックスナイン?”いいですか?””いいよぉ。”シックスナインで彼女の肛門をいじったりしながら、あそこを舐める。シックスナイン搾乳で腹部にミルク飛ばしをしながら彼女のフェラを受ける。感じる。○ちゃん、”母乳をチンチンにかけていい?””いい。””じゃあ、母乳かけまーす。”シューと温かい感触が。たちまち僕の息子はミルクまみれになる。腹部や鼡径部にはミルクの湖ができる。シーツにもかなりかかる。

”たくさん出るなぁ。で、周りも、かかってるよ。””あったかくて気持ち良いでしょ。””うん。おっぱいローションだぁ。milkyローションだ。””パイずりします””お願いします。”パイずりで更にビショビショになる。ミルクを掬って舐めてみる。”あのさあ、発射した後も飲んでえーか?””いいですよぉー。””あの・・・、服着た状態でして欲しいです、ブラから出して。お願いできます?””それは先生に内容がばれてしまう。汚れてもいいシャツとか持参してくれたらするんやけど…””ブラだけやったら?””パットだけやから、ブラがないから、無理や。あ、そうや、膝枕してあげるから、それやったら良い?”(ブラから出したばかりのが良いんだけどなあ。仕方ない。)”そうしよう。”彼女の膝枕、乳首を含みやすい。”枕したらもっと良い。”ゴクゴク、乳首の中の芯を口で絞って飲む。手は反対の乳房をその胸板のほうに押したり、左右に振ったりして、その乳首からの滴に濡れていく。目で乳房、乳首を楽しむ。彼女の乳首からはミルクがドンドン飛んだり、滴になって垂れたりするのに、乳輪からはミルクは出てない。(導管の開口部はヤッパリ乳首中心なんや。飲みこぼし少なくてすむぞ。)ミルクが乳首からしか彼女の手は右手は僕の興奮した息子に、左手は僕のおでこに添えられている。”はあい、たくさん、飲むのよ。飲まないと大きくならないですよー。”(興奮)”オイチイでちゅ。”(声にならない)”おっぱい、絞りましゅよ。はい、あーん。はい、反対ね。…今度は両方でしゅよ。オイチイでちゅか?””オイチイ。オイチイ。””顔にもかけてあげる。”顔にもミルクが。”あっ。痛い。噛んだでしょ。”ふと、口から離すと、左乳の内下側の乳首に軽い噛み痕が。”すまん。赤ちゃんのせいに出来んなあ。注意する。許してな。”再び、グビグビ。”ああーん。もっと。”彼女は、息子をゆっくりさするより、乳首の感触に気をとられている。彼女の中に出す妄想。”あー、…出た。”男の子ミルクが僕の下腹部にかかる。彼女、僕の声にて初めて射精に気付く。”美味しかったよ。有難う。””搾精します。乳首吸われたら気持ち良かった。”終わって見回すと、母乳のシミがシーツのあちこちに。僕も、顔、胸はヌチャヌチャ。お腹、足の付け根、パリパリパック状態。



”母乳って、臭うよ。営業の途中にここによった方が、他の人からミルク臭いって言われたこと有るって言ってました。言った人もなんで知ってるんか知らんけど。石鹸で洗ってくださいね。”

次回の搾精検査は今回の反省を活かし汚れてもいいコスチュームを持参しよう。いや妹に、病院に同伴、搾精検査にも立ち会ってもらい、4つんばいになった看護婦の乳首に吸い付いているときにおしゃぶりしてもらおう。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||||||||||||||

2016年8月21日 | カテゴリー:妹と

弟みたいに思っていた、たっくんに【妹と】

1.いとこと…。 投稿者:女性投稿日:2012/05/17(Thu)12:51No.43

いとこのたっくん(そんなような感じの名)とのこと。

私より年下の男子。



たっくんというと小さい子供みたいだけど、

ただの昔からの愛称みたいなもの。

お互い、もう28、22歳。



オトコとして意識するようになったのは、手相の話題になったとき。

たっくんが、専門学校に通い始めて1年経つあたり。

昔、繋いだことがある小さかったたっくんの手が、私の手を余裕で越えてた。

私の手より、大きくてごつごつしてて。

ドキッとしてしまったのは、手の熱さも感じたから?

彼氏もいなかったせいかな。




エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||||

2016年8月19日 | カテゴリー:妹と

ませた従姉妹とロリマンママとの一週間5 【妹と】

毎年恒例の、母の弟家族との別荘での夏休み。たった一年ですっかり大人になった愛花ちゃんと、予想もしていなかった初体験を経験できた。



それだけではなく、前から憧れていた叔母の千里さんとまで経験をすることが出来た。何もかも最高だった。





僕の目の前で、僕の精液を奪い合うようにキスをする二人。母娘とは思えない程、濃厚にキスをする二人。まだ6年生の愛花ちゃんは、背は低いが胸は母親に似て大きく育ち始めている。でも、少女特有の青い実の固さみたいなものを感じる胸だ。

そして、驚くほどピンク色の乳首をしている。もう数年も経てば、非の打ち所のない美少女に成長するだろうなと思う。



そして、千里さんは30歳を過ぎているようには見えないほど若々しくて美しい。パッと見は、女子大生とかに見える。そして、その大きな胸は多少垂れている感じはするが、それでもとても美しくて良い形をしていると思う。



二人は、僕の精液を奪い合うようにキスをしている。そして、二人ともそれを飲み込んだ。

『ママ! 愛花、お兄ちゃんと結婚するね!』

口の周りを僕の精液でドロドロにしたまま、愛花ちゃんが無邪気な口調で言う。

『もちろん、責任取ってもらわないとねw でも、たまにはママにも貸してね#9825;』

千里さんは、そんな事を言う。とても娘との会話とは思えない。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||||||

2016年8月19日 | カテゴリー:妹と

ませた従姉妹とロリマンママとの一週間4 【妹と】

母の弟家族との、毎年恒例の別荘での1週間。すっかりとオトナになった愛花ちゃんと、衝撃的な初体験をしてしまった。それだけではなく、愛花ちゃんのママの千里さんとも関係を持ってしまった。



いつまでもおばさんにならない森高千里そっくりな愛花ちゃんママとのセックスは、愛花ちゃんとのセックスとはまったく違い、異様にエロかった。

千里さんとする直前に愛花ちゃんに二度も射精していたのに、立て続けにまた二回射精してしまうほど、千里さんはエロかった。



叔父さんがすぐ横で寝ているベッドの上で、たっぷりと千里さんの中に注いでしまい、罪悪感と焦りでドキドキしている僕のおちんちんを握ると、千里さんは、

『まだ出来そうね#9825; 次はバックでいいかしら?』

と言った。そして千里さんは四つん這いになる。背中をのけ反らせ、腰を突き出すようにするので、毛のないツルツルのロリマンが丸見えになっている。薄暗い中でも、そこからあふれ出る白いものがよくわかる。



僕は立て続けに何度もイッているのに、もう回復して勃起率120パーセントになっていた。

でも、僕の中の冷静な部分は、すぐ横でイビキをかきながら寝ている叔父さんにビビり倒していたので、

「でも、叔父さん本当に平気ですか?」

と聞いた。

『へーき、へーき!この人の眠りの深さはのび太君以上だからw』

と、千里さんは軽い感じで言うと、自分のアソコを指で押し広げた。毛のないツルツルのロリマンがクパァと開き、さらに白い僕の精液が流れ出てくる。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||||||||||||

2016年8月19日 | カテゴリー:妹と

妹と2人きりの生活【妹と】

今、妹と2人で生活していて同じ公立大学に通っています。

俺が大学3年、妹が大学1年で2歳違いです。

両親が妹の1人暮らしは不安だということで一緒に生活することになりました。

この不安というのは妹がスタイル抜群でかわいいので危ないということです。

妹は、女優の倉科カナを少し田舎風にした顔だちで、体のサイズも倉科カナ並です。

妹の胸は高校に入る前はBカップだったのですが、高校に入ってから発育し今ではFカップになりました。

妹と一緒に生活することになり家賃はちょっと高めですが、いいアパートに引越ししました。

大学まで徒歩10分くらいですが、車で一緒に通っています。

部屋は1LDKで大きいベッドが1つ置いてあり一緒に寝ています。

布団が夏用冬用それぞれ1つしかなく俺がこたつで寝ようとしたら、妹が隣で寝てもいいよと言ってきたので一緒に寝ることになりました。



妹がアパートに引っ越してきた日のことです。

ベッドは妹に譲って、こたつで寝ようとしたところ妹が隣で寝ていいよと言ってきたので、ベッドの布団の中に入りました。

妹と一緒に寝るのは小学生のとき以来で、少し雑談をしてから寝ました。

しかし、妹を意識してしまいすぐには寝付けませんでした。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||||

2016年8月18日 | カテゴリー:妹と

妹&妹の友達の処女をいただいた話【妹と】

657名前:懐かしい思い出[sage]投稿日:04/02/1004:27ID:???

もう数年前になるけど、妹が高一の頃あたりから学校帰りにしょっちゅうレズ友だちを

連れてきてて、結構あけっぴろげにキスしたり抱き合ったりしていた。

互いに共通することは、甘えんぼうなのと、ちょっと精神的にMっぽかったことかな。

二人とも中高女子高なせいかまるで男縁がなく、そのくせ耳年増で性に対する興味が

人一倍強かった。

レズプレイそのものは、けっして真性のそれじゃなくてソフトレズの延長のような

感じだったみたいだけど、二人ともすっごく根が明るくて、ちょっとしたことでも

「お兄ちゃん、聞いて聞いて!」と言って大騒ぎして報告に来ていた。たとえば

レズプレイでパンツが濡れてしまった時とか、また片方がクシャミしておしっこを

チビッた時など、「見て見て、この子ったらさぁ〜〜」と笑い転げながら相手のパンツを手に、

僕の部屋に駆け込んできたりしていた。



ともかく、底抜けに明るくて、可愛くて、仲の良い二人だった。




エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||||||||

2016年8月17日 | カテゴリー:妹と

妹夫婦のハメ撮りビデオ【妹と】

 私(34歳独身)はこの前の大型連休に妹夫婦(妹32歳、夫34歳子供2人)が家を建て引越しの手伝いに行った。寝室を片付けているとなにやら1本のデジタルビデオテープが・・ 勘のいい私はそれがハメ撮りと直感してすぐにポケットにいれた。

 やはりそのテープは妹夫婦のハメ撮りビデオだった。 テープは途中になっていて再生すると正上位で激しく突かれている場面だった。 私はテープを巻き戻し始めから観はじめた。

 妹はピンク色のスリップ姿でベットに寝ていた。顔を両手で必死に隠していた。

 「やだぁ・・やめてえ・・・撮るのはずかしいぃ・・・けしてぇ・・・」

 「いいじゃん。撮らしてよ。」

 「人に見られたらどうするのぉ・・」

 「大丈夫だよ。 絶対人に見られないようにちゃんと隠しておくから。」

 しかし兄の私に見つかりしっかり見られている。

 義弟は胸を揉み始めた。ブラはピンクと黒の可愛いブラだ。カメラを横に置きキスをし始めた。 長い長いキスだ。舌を絡めたり吸ったりしていた。私のペニスはギンギンに勃起していてシゴキながら見ている。 妹は感じてきたのかハァハァいいながらキスを続けている。

 やがてパンツを脱がしクリを触ったり、指を入れたりしていた。 クンニをし始めると妹は興奮して

 「あああんん・・あん・・いい・・きもちいい・・・すってぇ・・もっとすってぇ・・・」

 ジュルジュルと吸いまくる義弟。妹は顔を隠し仰け反りながらあんあん言ってる。私はもう行きそうなくらいになっていた。ここで行くのはもったいなく、手を休めビデオを見る。

 妹は32歳、肩までのショートカットのごくごく普通のママという感じで、兄から言わせればまあまあ可愛い感じの奥様と言う感じである。独身彼女無しの私は実の妹のハメ撮りとはいえ、もう最高のオナニーのネタだ。

 寝たままフェラをさせ左手でカメラを持ち右手でオ〇ンコをかき回している。 ハァハァ言いながらフェラをしている妹の表情はとても可愛くいやらしい。

 カメラはフェラの顔(顔は相変わらず隠していた)や指でいじっているオ〇ンコを交互に映していた。多少見にくいところもあるが、グチュグチュといやらしい音やヌラヌラした愛液などは映っており、フェラの舌使いやよだれが糸を引くシーンなど、十分過ぎるほどいやらしかった。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||

2016年8月16日 | カテゴリー:妹と
1 / 45712345...102030...最後 »

このページの先頭へ