学校であったエロい話 最新更新情報

ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

美帆の寝取られメモリー Part.3【友達と】

初めて、幼稚園の上司の「マツタケのような極太マラ」に寝取られ

そして、園児のパパの「とうもろこし級の長いマラ」に酔わされ・・・

それをオカズに燃える、美帆と俺とのセックスは興奮度を増した。春に園を退職すれば、結婚する秋まで、遠距離恋愛になる。

俺は父親の家業引き継ぎの修行、美帆も花嫁修業だ。Part.1での上司、久保との一件のあった後、秋のある日

隣の部屋に越してきたカップルが、挨拶に来た。

男の俺から見ても惚れ惚れしそうなイケメン君と

ギャルっぽいがスタイル抜群の美人の彼女だった。

美帆と会えない日は、ボイスレコーダーを再生して

久保に寝取られる美帆の声をオカズに、毎晩オナニーをしていた頃だ。エレベーターですれ違う隣の二人もさほど気にはしていなかった。近所の安価な珈琲チェーンの店で見かけた二人も美男美女ゆえに目立っていたが。

ある日、駅前の、食券を機械で購入するタイプの定食屋で、

その彼氏と偶然、相席になったのだ。「あっ、ども、ども、お隣さん」人懐っこい顔で話しかけてきた。

「今日は美人の彼女、一緒じゃないの?」と俺。

彼女とは半同棲で居たり居なかったりということらしい。

名前は聡(さとし)。俺より二歳下で大学中退後4年程飲食関係でバイト。

今は駅裏にあるビルの二階のプールバーで店長をしていると言った。俺も軽く自己紹介を兼ねた会話をしながら食事をしたが、そこで別れた。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2018年1月10日 | カテゴリー:友達と

超天然で無防備な叔母【高校生】

今年は最悪の夏だと思っていた。 でも思わず自分にとっては、最高の夏休になった。 一応そのいきさつを、ヘタな文章で書いてみようと思う。自分は○川県に住む現在高校2年生の17歳です。 チビでちょいデブ、引っ込み思案でおとなしく、顔もたいしたことのない、情けない若者です。 男子高に通っており、彼女いない歴17年、もちろん今どきキスすらさえしたことのない、チョイ悲惨な人間。

 

 

性欲だけは人一倍ある。 唯一の趣味は、部屋でエロビデオを見ながら、ひたすら右手を使うこと。 オナニーを覚えたのがけっこう遅かったせいか、毎日3~4回はしてしまうサルのような人間です。そんな自分でも夏は楽しみだった。 夏休みが楽しみ。 一日中ゴロゴロしながら大好きなオナニーを、好きな時間にできるから。 それに、チョット告白するのは恥ずかしいのだが、人混みが多いイベントやプールがあるので、痴漢もできる。

もちろん、エロビデオにでてくるような、犯罪的な痴漢ではありません。 そんな度胸はないです。 あくまでも、軽く女性のお尻に手の甲を触れさる程度の痴漢。

全く女性と触れ合う縁のなかった自分には、それでも充分に興奮できる楽しみだった。しかし、そんなささやかな楽しみさえ、今年は奪われてしまうことになったのです。父親が早くに他界したことがあり、現在自分は、母親と二人きりの生活。 母親が、看護婦の仕事をして家の生計をたてていた。

その母親が、8月1日から1ヶ月間、癌化学療法師?とかいう資格を取得するために、東京へ研修に行くことになったのである。自分は当初、心の中で物凄く喜んだ。 なぜなら、小言ばかり言う母親が、貴重な夏休みの間だけいないから。 もう17歳だから、お金さえあれば何の問題もない。 (やったー 自由だ!)と思った。しかし、それは非常に甘かったのである。 なんと母親が、研修の間だけ自分を、叔父の家に預けると言いだしたのです。自分はもちろん断固反対した。 貴重な夏休みの自由を奪われるなんて、信じられないことです。 人権の侵害?だとも思った。しかし、しょせんそこは養われの身。 そんなにも強くは抵抗し続けられなかった。 それに日頃のおこないも悪かった。 ほっとけば本当に一日中ゴロゴロしているだらしない性格。 しかも、最近ではたくさんのエロビデオを隠し持っていることがばれ、非常に呆れ果てられていた。自分は泣く泣く承諾したのだった。

8月1日 月曜日 叔母との初対面その日は叔父に車でむかえに来てもらい、とうとう行きたくもない叔父の家に向かった。

叔父は母よりけっこう年下で35才です。 ラフな格好に髭をはやしており、見た目の通りすごいアウトドア的な人。 自然がものすごーく好きで、わざわざ田舎の家を買いとって住んでいると前から聞いていた。 隣りの○山県の○○村っていうとこです。「 なんも無いけどなぁ 自然がきれいで空気がすっごいおいしいぞー のんちゃん ハハハッー 」

「・・・はぁ 」アホちゃうか?と思った。 ちなみに のんちゃんは自分の名前。叔父は5年前に結婚して、現在4才の男の子と奥さん(叔母さん)と、3人で暮らしているらしい。

叔父とは年に一回ぐらい会う機会があったが、叔母さんやその息子には今まで会った記憶がなかった。叔父の家は隣県とはいえ遠かった。 砺○市とかいうところをぬけて、更に道路を山側に向って進んだ。 最初はまだ道沿いにショッピングセンターがあったが、そのうち辺りが田んぼばかりの景色になり、非常に不安になった。道はそのうち完全に山道になった。

( 大丈夫! あの山を越えたらたぶん町があるんだ )

修学旅行のことを思い出し、ひたすら車の中で自分を励ましていたと思う。「 おっ ほら ここが○○村だよ 」しかしそのうち、叔父の呼びかけに車の外を見てみると、愕然としてしまった。見わたすかぎりに広がる田んぼと山、その間に家的なものがポツリポツリ。散居村? 屋根がワラ的な感じ? ツ○ヤない ゲ○もない す○家もない!本当にビックリした。 コンビニさえなかった。 大好きなツ○ヤとか、本屋的なものがない生活など考えられない自分には、本当に信じられなかった。

ここで1ヶ月も暮らすなど信じたくはなかった。更に叔父の家は、思いっきり村の外れの山沿いです。 完全な木造の古い住宅。叔父の家に着くと 、玄関から小さな男の子が出てきた。 どうやら息子さんらしい。

僕は叔父に言われるまま、重たい荷物を持ちその玄関に向った。「 ・・・だれぇ 」


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||

2017年12月22日 | カテゴリー:高校生

妹にプチサポ【妹と】

<>248名前:えっちな18禁さん[sage]投稿日:2006/12/22(金)17:29:32ID:FI6ujo220<>

妹に見られた挙句、「ちょww変態ww」と罵られたので

「円光とかするよりマシだろ!」と言ったら

「円光じゃないし・・・」と凹まれた。。。

えーと、うちの妹は何してるんでしょうか?

怖くて聞けない・・・orz





<>315名前:248[sage]投稿日:2006/12/27(水)14:45:19ID:X9m1TpFY0<>

えーと手こきやフェラは円光じゃないそうです。

軽実とかプチサポって言うらしいです・・orz





<>316名前:えっちな18禁さん[sage]投稿日:2006/12/27(水)15:45:06ID:zrNQjeG40<>

315


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2016年8月21日 | カテゴリー:妹と

恥ずかしいこと【妹と】

<第1話クーラーのきいた部屋で>



俺には、19歳の妹がいます。名前は麻美といいます。去年女子校を卒業して、今はOLをやっています。

外見は、そこそこカワイイんですが、女らしさが足りないのがたまにキズ。

性格はサバサバしていて、そのせいで、女子校ではバレンタインでチョコをもらったりもしてたようです。



あれは、麻美の最後の夏休み。終業式を終えて帰ってきた麻美は、

家に二台しかないクーラーを求めて、俺の部屋に入ってきました。

「兄貴!入るよ!」

もう一台のクーラーは両親の部屋にしかないので、麻美は俺の部屋に来ることが多かったんですよ。

俺の部屋に入るなり、ベッドに腰掛け、クーラーの冷気を少しでも多く取り込もうと、

両手でスカートの裾を持ち、バッサバッサと扇ぎだす始末。

俺は、ちょうど大学のレポートを、クーラーの風に直接当たれる床に座ってやっていたので

視界の端に麻美の行為が写ります。

「今レポートやってんだから、おとなしくしてろよ」


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2016年7月26日 | カテゴリー:妹と

妹とまったり休日【妹と】

の続き



旅行から帰り、ちょっと経った土曜日。

連休のツケでかなかフルで休めない週末が続いたが、今回は珍しく土日とも休める。

特に予定も無かったが、休日らしい事をしようと思い車のエンジンをかけた。

その音を聞いてか、妹が慌てて家から出てきた。

何だ?と思い助手席の窓を開けてやる。

妹「おーい、お兄!今日出かけるんだっけ〜?」

と窓から覗き込んできた。



俺「んー。何だ?車使いたかったか?」

妹「ううん、このコ洗ってあげようと思ってたんだけど。」

そう言えば、晴れた週末も久々だったかもしれない。

マメな奴だ。

俺「あー、俺もコイツのオイルでも交換しようと思ってな。」


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||||||

2016年7月20日 | カテゴリー:妹と

一度だけの記憶に残るセックス【妹と】

俺が高校生の時に中一だった妹にエロいアルバイトをさせたことがある。

別に風俗などで働かせたりした訳ではない。

俺から小遣いを渡して妹にエロいことをさせてもらっていたというコトだ。



漫画を借りに妹の部屋に入ったときに部屋の机の奥にエロ漫画が隠してあるのを見つけたのがキッカケ。

ガキだと思っていた妹がそんなことに興味があるとわかってスゲー興奮した。

ちょっとオタク気味だった妹はいつも「漫画を買うお金が欲しい」と言っていた。

確かに親にもらう小遣いでは全然足りていない様子、俺はバイトをしていたので小遣いには結構余裕があった。

そこで俺は思い切って「小遣いやるからオッパイ見せろよ〜」と冗談交じりに言ってみた。

最初は妹も冗談だと思ったらしく「やだぁ、お兄ちゃんの変態っ」とか言って笑っていたが具体的な金額を俺が言うと黙って自分の部屋に戻ってしまった。



その日の夜、俺の部屋に来た妹はいくつかの条件つきならオッパイを触らせると言ってきた。

・キスはしないこと

・直接は触らないないこと

・親やお互いの友達には絶対に秘密にすること


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||||||

2016年7月12日 | カテゴリー:妹と

24歳の若いカップルと知り合って彼女をホテルに 続7編【友達と】

前編は以下のとおり



酔いで気が大きくなっていたのもあり、彼女はFの部屋に上がる事に。

部屋に入ってから話し合い再開、彼女の意見はこう。



あのギャルの子は遊びなのか、それともAが遊びなのか。

ギャルの子が浮気なら、Aが可哀相なのでやめて欲しい。

もしAは遊びなら、すぐに別れて欲しい。



彼女はかなり威勢良く責めていたみたいで、

Fもはっきりしない返事をしていたと。



でも、ここがFはすごいなと思った所なんだが

「Fの浮気」だったはずの話題が、Fと話し合ってる中で

いつの間にか「彼女がFに気がある」という話に変わっていた。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||

2016年6月15日 | カテゴリー:友達と

24歳の若いカップルと知り合って彼女をホテルに 続5編【友達と】

前編は以下のとおり



彼女は、引かないで欲しいと誰にも言わないでという条件で

実は浮気をした事があると白状。



時期は四年生の時で、相手は他大学の二年生。

浮気はその年下の男一人だけで、セックスは二回。



彼女は学生の時にある女子スポーツのサークルに所属。

公認の部活程厳しくないが、一応外部の人間に指導を頼んだりして

真面目なサークル



そして彼女が三年生の時に入ってきた一年生でAという女の子がいた。



先輩でもあり会内で役職にも就いていた彼女は


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||

2016年6月12日 | カテゴリー:友達と

小学生の時黒ギャルJKから筆おろししてもらってハメまくった話【妹と】

<>219:なまえを挿れて。[sage]:2012/09/01(土)11:14:23.02ID:BBiIxJCk0<>

俺が小四の時に高二のいとことやった。



黒ギャルだったいとこは

夏場はいっつもタンクトップやチューブトップにケツ半見せショートパンツで過ごしていた。



夏休みでばあちゃんちに泊まりに着ている俺の楽しみはそのいとこと遊ぶ事だった。

すでに小三で精通し毎日オナってた俺は、

イヤラシイ気持ちも持ちながらいとこのギャルと遊んで(いちゃついて)いた。



ある日プロレスごっこやってて押さえ込まれたりヘッドロックかけられたりして

抱き合ってるような感じをずっと続けていたら

短パン越しにもはっきりわかる位激しく勃起してしまった・・・

(いい匂いだし、ヘッドロックで顔を胸に押し付けられたりしたから)




エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||||

2016年5月21日 | カテゴリー:妹と

妹は小悪魔【妹と】

<>739:えっちな18禁さん:2009/01/29(木)17:54:04ID:n3aqDamaO<>

俺には4つ下のM子と6つ下のC子がいる。年が離れるせいか喧嘩などはほとんどない。



見た感じM子は真面目で可愛い感じでC子は遊んでそうなギャル。

俺はC子と仲がよく恋愛相談聞いてあげたりするだけど、その見た目と違って一途で性格もいいC子の彼氏が羨ましく思う。

そのC子曰く、M子は男をコロコロ換える小悪魔な性格らしい。

だからと言う訳ではないがM子よりC子びいきな俺だったんだが…





<>740:えっちな18禁さん:2009/01/29(木)18:41:47ID:n3aqDamaO<>

ある日の深夜M子から電話があり家まで送って欲しいと。

俺は一人暮らしをしていて正直実家まで送るのが嫌だったけどM子が酔っていたので渋々送ることに。

車の中ではM子はよく喋り実家に着くまですぐだった。

深夜だったから家の前で降ろそうとしたらM子が迫った来た。俺は酒のせいだと思いM子を突き放すがそれでも迫ってきて『エッチしよ…』という。




エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||

2016年5月2日 | カテゴリー:妹と
1 / 2512345...1020...最後 »

このページの先頭へ