学校であったエロい話 最新更新情報

ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

淫乱妹ゆり【妹と】

俺は、大学生で高校1年で16歳の妹がいる。妹は、名前をゆりといって、顔は可愛く、胸はEカップの巨乳でスタイルも良く、性格もよく、何の問題もない可愛い妹だ。ま、やはり年頃ということもあり、性に興味がるらしい。そんな妹と一線を越えてしまったのは先月のこと。俺は、時々、オナニーのときおかずでゆりの使用済みのパンツを使って、パンツをチンポに巻きつけてオナニーするのだが、今回「ゆり、ゆり」と妹の名前を呼びながらオナニーしていたら、妹に見つかってしまった。一瞬、ああもう終わりだと思ってしまったのだが。妹は「私、お兄ちゃんのこと男として好きだったの。うれしい!!」といい、抱きついてきた。そして、次の瞬間、俺の勃起したチンポしゃぶってきたのだ。とにかく、俺はびっくり!!でも、すぐにいってしまった。それから後は、俺の部屋のベッドで、やり放題。女子高生の若い体をむさぼりまくった。Eカップのおっぱいをなめ、ぐしょぐしょのオマンコをなめ、ぬれてきたらつき放題。俺は童貞、妹は処女だったので、すっかりエッチの気持ちよさに目覚めてしまい、それ以来、親のいないところではやり放題だ。ただ、最近ゆりがエロくなりすぎて困っている。複数プレイがしたいだとか、輪姦されたいだとか、野外でやりたいだとか、見られながらやりたいだとか、公衆便所女って呼ばれてずっと一生エッチばっかりしてたいだとか困っている。一度、俺の友達4人と5Pをしたんだが、その際もぜんぜん緊張することなく2本チンポをしゃぶり、一本前に、もう一本は後ろに入れてもらってアンアンあえいで、一晩中エッチして、んで複数プレイが大好きになったみたい。あと、AVとかにあるようなコスプレも好きで、よく制服とかブルマとかスク水とかでもエッチしてくれる。本当にエロくてエッチ大好きの最高の妹で俺はなんやかんやいって大好きだ。あー、明日もいっぱいいかせてやるからな、ゆり!!

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||||||||||

2016年7月30日 | カテゴリー:妹と

一線越え【妹と】

妻は加奈子36歳、私は忍35歳、子供は二人でごく普通の家族である。

今年早々に一線を越えてしまった。

忍は正月はなく仕事であった為、妻たちは実家へ帰郷していた。

久し振りに自分も実家に顔を出すかと思い仕事帰りに寄った。

しかし親父達は夫婦水入らずの旅行へ出かけており、妹の夏樹(32歳)が一人でいた。

忍「久し振り!あけましておめでとう」

夏「わぁ~久し振り!

本当に久し振りで妹にあった。

なんだか新鮮さを感じた。

でも兄弟・・・特に話すこともなく、夕飯を一緒に食べて自分は帰宅した。

妻にTELし「今からそっちに行くよ」

加「今日はゆっくりして明日来ればぁ」

忍「う~ん・・久し振りに独身を満喫するよ!じゃ明日!」

加「ゆっくりしてね」

これで今日はゆっくりして自分の事するかと部屋を片付け始めた。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||||||||||

2016年7月29日 | カテゴリー:妹と

一日ペット - 4【妹と】

俺は女性のパンツは触ったことがなく、初めてはく。ハート柄で、はくとお尻がピチピチだった。明らかにもっこりしてるし。ブラもキツキツでオッパイボールをした自分をみると気持ち悪かった・・。メイド服はサイズがぴったりでエプロンをすると完璧だった。なんだかんだで着終わって葵の部屋に入ると、葵は大爆笑。「似合う似合う。スカートが短すぎてパンツ丸見えだし」もういっそ殺してくれ・・。「・・で何をすればいいんだ?」「その前に約束事。1つ。私が言うことには絶対服従。2つ。私をお嬢様と呼ぶこと。以上。破ったら写真とりまくって学校にばらまくから。」「わかったよ!今日一日だけだからな!」「よしよし。じゃ、まずはこれをつけて。」葵から渡されたのは首輪。しかも俺の名前が書いてある。「これつけて頑張って。ペットさん」もう完全に俺は葵の下になってしまった。「最初は私の部屋の掃除から。きれいにね。」とだけ言われ、俺は掃除を開始した。元々綺麗だったので少しで済んだ。廊下の雑巾がけをするため四つん這いになっていると、突然パンツの中に手を入れてきて、「かわいいお尻してるね」などとほざく。でも今日一日は手を出せないので笑って流した。その後も色々な仕打ちを受けた。よほど俺が嫌いなのか。そんなこんなで、やっと夜になった。2人で晩御飯を食べると、葵の部屋に呼ばれた。「今日一日ご苦労様。」と言うと、突然服を脱ぎ始めた。「お、おい、何を!」「何って、ご褒美に決まってるじゃない。今日一日頑張ったから、やらせてあげようと思って。」あっという間に下着姿になるとブラもはずして、「どお?私のオッパイは。大きいでしょ?」「さ、さあ・・」もう夢か現実かわからなくなってきた。「揉んでもいいか?」「いいですかでしょ?」「・・いいですか?」「いいよ。たくさん。」とてもプニプニしていた。「気持ちいい。もっと。」「もっと?」「じゃお兄ちゃんも気持ちよくしてあげる。」と言うと葵は俺の下着を勢い良く脱がした。すでにチンコはギンギンだった。「元気だね。お兄ちゃんのオチンチン。私もう我慢できないよ・・」葵は俺のちんこを舐め始めた。「気持ちいい?」「うん」メイド服はベトベトでとても臭ったが、それ以上にフェラが気持ちよかった。次の朝、葵は何事も無かったかのように俺に接してくれた。

学校であったエロい話関連タグ

||||||||||||

2016年7月11日 | カテゴリー:妹と

妹と姫初め 連続中出し 【妹と】

1月24日〜25日と連続中出しで妹のノリと散々やりまくった。

やっぱり中出しは、最高に気持ちいい。

おまけに妹がコスプレしよう!ということで大盛り上がりの1泊2日になった。

そして今回は、初めて妹の子宮の中に精液を全部ぶちまけた。こんなに気持ちいいものなのかと、考えが変わってしまった。今までいろんな女とセックスしたが、今まではただのじゃれあいでしかないと思う。なにより快感の度合いが全く違う。



1月24日(金)、夕方6時半に妹と待ち合わせ。

「お兄ちゃん、お待たせ〜。ごめんね、遅刻しちゃった。」10分遅れでノリが来た。

「うんにゃ、たいしたことじゃないだろ。なあ、飯食べようぜ。腹ペコだよ。」

「私も〜。お兄ちゃん、私が今日おごってあげるね。いつもお兄ちゃんじゃ悪いもん。」

「じゃあ、お言葉に甘えて、ノリに御馳走になるか!」「焼肉行こうよ!」

ベッタリとノリは俺にくっついて、二人で焼肉屋へ。

まずは戦闘前の腹ごしらえ。今晩は、二人とも外泊ってことで親に話してあるから、たっぷり時間もあるし。

もちろん、別々に用事があるってことにして。ノリはお泊り女子会、俺は大学時代の仲間との飲み会ってことした。

しっかり、焼肉で精力つけて。満腹にして二人ともいざ出陣!!




エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||||||||||||||||||||

2016年7月6日 | カテゴリー:妹と

続・いとこ同士のセクス【妹と】

<>548名前:130◆REqI9JYv16[sage]投稿日:2008/08/05(火)12:46:27ID:y1tW+RLl0<>

前回お話したのがいつの事だったか、記憶も曖昧になるほどの期間を置いて、再びお目汚しと参りましょう。



今回は比較的最近の話で、時期は6月の中ごろ。

あーまた一つ年食ったなぁ、などと黄昏ている所にいとこからこちらに来るとの連絡が入りました。

最後に顔を合せたのは年明けの…4ヶ月くらいのご無沙汰ですね。

気持ちの緩む時間ができる事に少し喜びを覚えていました。



で、そこから数日して問題の当日です。

仕事もまぁまぁ落ち着いて片付けられ早めの帰宅を許された私は、いそいそとお泊りセット(焼酎グラス、麦、芋、ししゃも、そしていとこからの要請でPS2その他)を持って祖父母の家に向かうのでした。





<>549名前:130◆REqI9JYv16[sage]投稿日:2008/08/05(火)12:46:51ID:y1tW+RLl0<>

居間へ続く戸を開けると、出迎えるのはいつもの顔+1。

既にパジャマ姿でだらけた様子のいとこ殿が迎えてくれた。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2016年7月4日 | カテゴリー:妹と

風俗に行ったら知り合いの女の子が在籍してた【友達と】

資格系の学校に通ってる。

取得に長丁場に陥る人が多いので会話はほとんどしないが

お互い顔はわかる程度、の仲。



社会人クラスは20代~60代位。 

ちなみにわたしは40代おっさん。



わたしの風俗スタイルは、絶対にハズレを引きたくないので

徹底的にリサーチをしたうえで候補数人にしぼる。

数軒回って結局抜かない日もある。事前リサーチ重視派だ。



ある日なじみのイメクラHPで、気になる娘を見つけた。

色白 スレンダー ロリ顔 etc 候補ストック



翌日、お店に出向いて思わずぶっ飛んだ


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||

2016年7月1日 | カテゴリー:友達と

大好きな洋平お兄ちゃん【妹と】

私は、今高1の女の子です。私には大好きな恋人がいます。それは、3つ離れた洋平お兄ちゃんです。恋人同士になってから3ヶ月ぐらいですが、今ではバンバンエッチしてます。家は、親が共働きなので夜遅くまで帰ってこないので、やり放題です。今も私のオマンコには、お兄ちゃんの大きなチンポがささっています。お兄ちゃんは、私のFカップのおっぱいが大好きで、いつもいっぱい攻めてくれます。お礼に私はお兄ちゃんのチンポをいつも攻めてあげます。すると、お兄ちゃんは「あーゆみ、気持ちいいよ。」といって喜んでくれます。お兄ちゃんは、パイズリも大好きです。お互い、処女と童貞だったので今はエッチの気持ちよさに夢中になってます。今日は、土曜日で学校が休みだったので、朝からいっぱいエッチしちゃいました。まず、寝てるおにいちゃんのチンポをフェラで起こしてあげて、それからおにいちゃんが私のオマンコをいっぱいペロペロなめてくれました。あとおっぱいをいっぱい攻めてくれました。それだけで、私のおまんこはびしょびしょに濡れてしまったので、「お兄ちゃん、チンポちょうだい、もう我慢できないよ」といったら、「ゆりはエッチだなぁ、今そんなにエッチなら将来どうなるかわからないなぁ。本当に淫乱だな。」といいつつ、チンポを入れてくれました。もうそれだけで一回いっちゃいました。それから、バンバンチンポをお兄ちゃんがついて、中だしして熱い精子をいっぱいくれました。気持ちいいので最近は避妊もしてません。あと、お兄ちゃんは少し変態さんなので、コスプレも大好きなんです。看護婦さんで患者さんと医者の病院プレイとか、ブルマとか制服で学校プレイとかいっぱいしました。あと、夜には二人で公園で露出プレイもしました。すごく、スリルがあって興奮しました。これからもいっぱいエッチしたいです。私は、お兄ちゃんのチンポが大好きな変態さんだから、いっぱいいっぱいお兄ちゃんのチンポが欲しいです。あと、お兄ちゃんには寝取られ願望があるみたいなので、今度お兄ちゃんの友達4人とお兄ちゃんの前で複数プレイをすることになりました。チンポ4本も味わえるなんて、今からかなり興奮してます。楽しみです。また、終わったら報告しますね。洋平お兄ちゃん、大好き!!!!!

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||||||

2016年6月17日 | カテゴリー:妹と

高三の妹の処女をもらったときのこと【妹と】

<>599:なまえを挿れて。:2012/08/30(木)23:33:00.16ID:Y7nXzT3u0<>

高三の妹の処女をもらったときのことを文章にしました。

10年以上前なのでかなり曖昧なところもあると思います。

あまり脚色しないで書いたのでおかずにはならないかもしれない。



<>600:599:2012/08/30(木)23:34:59.57ID:Y7nXzT3u0<>

俺たちは最初は二人兄妹だった。

小4のときに両親が離婚、俺が中1のとき親父が再婚した。

親父は30後半で継母の人が20前半だったと思う。若い女の人だった。

親父の仕事関係の人で結婚したときにお腹に異腹妹がいた。

その後に2年くらいして父と継母の間に異腹弟ができた。



うちは祖母がいたんだが頭が悪くて意地が悪い人だったと思う。

俺の母も結局は祖母のせいで出ていったんだろうなと思う。

高1のときに親父が仕事中の事故で死んだ。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||||||||||

2016年6月5日 | カテゴリー:妹と

風呂に入ったことがきっかけで・4【お姉ちゃんと】

姉との関係は半年後くらいに、一度舐めて欲しいと言われたくらい。

バイブは壊れて捨てたらしい。

お互いにイカせて終わり。

そんな関係が、2年は続く。

しかし、姉から自分の気持ちと将来のことを本気に考えた時、結婚を考えて付き合うか普通の姉弟に戻るか相談された。

就職して気付いたが、なかなか女性と出会える機会がない。

今後、姉ほど理解し合える人が現れるかどうか自信はなかった。

それは姉と同じだった。



ある休みの日、話があると両親と居間で話した。

報告すると、驚きと喜びの中に少しだけ複雑さが混ざっていた気がする。

特に父はかなり黙っていた。

その日の夜に、翌週に正装して挨拶するよう言われた。

固い人なのは知っていたので快諾した。

いつもより会話のない、重い一週間だった。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||||||||

2016年5月31日 | カテゴリー:お姉ちゃんと

制服と妹【妹と】

 大学生になって初めての夏休み。

 世間がお盆休みになったのをきっかけに、敏夫は実家に帰ってきていた。

 家から大学までは2時間ほどで、無理をすれば通えない距離ではないのだが、早起きが嫌な敏夫は一人暮らしをさせてもらっていたのだ。

 帰ってきた息子を両親は喜んで迎えてくれたが、今日から親戚の家に行く予定になっているという事で、午前中に出かけてしまった。

 せっかく帰ってきたのにいきなり寂しい状態になったが、連絡をしなかったのだから自業自得といえる。

 敏夫は仕方なく、居間でテレビを見ながらゴロゴロと過ごしていた。

「あれ? お兄ちゃん帰ってたんだ」

 突然声がして振り向くと、そこには妹の奈美が立っていた。

「あ、ああ……」

 敏夫は適当な返事をする。

 というのも、妹の格好に目を惹かれてドキドキしてしまっていたからだ。

 妹は別に怪しい格好をしている訳ではない。

 ごく一般的な高校生の制服を着ていただけである。

 だが、その白いブラウスに赤いタイ、深緑のチェックのスカートという姿が敏夫を動揺させる要因となっていた。

 実は敏夫は、そういった格好に目が無かったのである。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||||||||||||||

2016年5月10日 | カテゴリー:妹と
1 / 1412345...10...最後 »

このページの先頭へ