学校であったエロい話 最新更新情報

ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

姉とシコタン 最終章 運命の一夜 編【お姉ちゃんと】

<>522:253:2011/07/20(水)00:30:00.34ID:SylL0ogO0<>

運命の日を間近に控えた俺たち姉弟に、ハァハァな展開はしばらくなし



夏休み終盤には集中講義なるものがあり、姉は普通に学校に通ってた

電車も学生が夏休みで目立ったラッシュもなく、姉は一人でも平気とのこと

俺は俺でバイトの時間を増やしたり、部活の合宿などもあったもんで



口内射精を終えた俺たちの向かう先はもはやエチーしかないと思われたが、

微妙な距離感を保ったまま普通の姉弟として数日間を過ごしていた



前述した自営業を営む両親の仕事を手伝い小銭を稼ぐなど、意外と働き者の俺

そんな俺を孝行息子だと両親ではなくなぜか姉が褒めてくれる



<>523:253:2011/07/20(水)00:32:51.83ID:SylL0ogO0<>

いや、違うんだ


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||

2016年4月30日 | カテゴリー:お姉ちゃんと

そのうちな〜、あるかもしれんしぃ【妹と】

週末、JK2の従妹が部屋に遊びに来た。

モールに行って遊んだり飯食った後、ドラッグストアに行ったら、妙に興味ありげに(冗談っぽく)コンドーさんにこだわるので、ノリで買ってやった。



「使わんけどぉ。ぜったい使わんし! でもな、そのうちな〜、あるかもしれんしぃ。恥ずいから買うてや〜!」

「おー、しっかり避妊せぇよ〜♪ まずいことになって泣くのは、お前とおじさんおばさんだからな〜!」



結局日曜の夕方に使ってしまった。

双方初エッチ。

今も胸が苦しくなる。愛おしくてたまらん。

(しかし、エッチの後、しばらくはフニャフニャしていたが、今は早くも、旦那を尻に敷く古女房っぽくなっているゾ♪)



従妹が小さい時から、妙に気があって懐かれていた。

理想的な性格の子だなぁって思ってた。

好きだったけど、良いのかな、従妹とこんなことになってしまうのは。

向こうの親に何て言ったら良いのか。

学校であったエロい話関連タグ

|

2016年4月18日 | カテゴリー:妹と

やらせてくれる姉 -きっかけ編-【お姉ちゃんと】

姉ワインで潰して犯しちまった・・・多分覚えてないはずなんだが、

しっかり中に出しちまったからな・・・やっぱりやっちまうと後々体が震えるんだな。

姉には男いると思うからそいつとうまい具合にヤってれば

デキても誤魔化せると思うんだが・・・何か妙案あるやついねえ?



時に任せる・・・か。まあある意味それしかないよな。何故録画しなかったって。

そう言ってくれるなよーそんときはマジでマジで武者震いみたいのが止まらなくて、

姉貴の胸を掴むかマンコに突っ込むくらいしか考えることができなかった。

何とか入れられそうになった寸前にゴムをどうしようとか考えたけど

買いに行ってる途中に目覚ましたり酔いが浅くなったら最悪だと思って

その場で生でやるしかないと(というかぶっちゃけ生でやりたかった)決めた。

その時は一応外に出さないとって思ったけど、

・・・分かるよな。奥まで突っ込んだとたんに中出し以外考えられなくなった。

最後は超力んで、文字通りしっかり中出ししちゃった・・・凄かった。

いちおう、バレルのはやだからマンコは


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||||

2016年3月10日 | カテゴリー:お姉ちゃんと

俺も従妹とやっちゃったんだけどさー【妹と】

710名前:名無しさん@ピンキー投稿日:02/03/0416:50

この前、俺も従妹とやっちゃったんだけどさー、すごく後悔してるんだよね。

ま俺の場合、ちょっと無理やりだったこともあるんだけどさ。



俺も29歳で素人童貞。自分で言うのもなんだが、まじめだけどモテないタイプ。

顔と体型も・・・(w

従妹は、今どきの女子大生で客観的に見てかわいいしスタイルも良い。

ま、高校生の時からコギャルやってて遊んでたようだったが・・・

結婚の話しは無いけど(w、幼稚園の頃までは風呂にも入れて洗ってやってたし

最近もお小遣いあげたりして、こんな俺にでも安心してホントよくなついてくれて

たんだよね。

それなのに従妹の信頼裏切ってしまって今まじに悩んでるよ。



721名前:710投稿日:02/03/0422:55

鬼畜、か・・・


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2016年2月27日 | カテゴリー:妹と

義姉と【妹と】

結婚して7年、31になります。義姉は、まだ独身の27です。

今年の正月、例年のように実家に集まりました。

ある時、昼間なのですが、義父、嫁が酔いつぶれ、子供らは昼寝、酒に強い

義姉と私だけが起きています。

で、姉さんが、酒のアテを買出しに行こうと誘ってきたので、車で出かけました。

その途中、国道171号線にラブホがあるのですが、そこに差しかかると

ホロ酔い加減の姉さんが小さな声で「入ってみようか」と言うのです。

「エッ」と聞き返すと「なんでもない」と言いましたが、すでに右手が

ウィンカーを出してました。であっというまに駐車場に。

車を降りると、「私よくわかんな〜い」と言いながら、しなだれかかってきました。

そう言いながらも「墓の中まで持っていけるんか?」と古臭い言い方で聞くと

「うん」と正気で返事をしました。

姉さんは、顔が小島奈津子アナにクリソツで、小柄ですが、形のイイバストは、

Eカップとのことでした。

姉さんが「誰か起きたら怪しまれるから、1時間ぐらいにしよう」と言ったので


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||||

2015年12月21日 | カテゴリー:妹と

池袋風俗嬢との出会い(①~⑧のまとめ)【友達と】

数年前、俺はよくパチンコ屋に通っていました。

俗にいうパチプロもどきってヤツ。

パチじゃなくてスロット専門で通ってました。

朝から並んで、設定変更を狙う。

調子が良い時は日当10万以上もざらな時代でした。

ただ朝早く並ぶのが辛かっただけで。

地元から電車でちょっと下ったエリアに通ってました。

ライバルが少なくて、俺にとったら勝ちやすいホールがあったので。

土日以外のほぼ毎日、朝から並んでました。

毎朝並んでいると、並んでいるメンツって決まってくるんです。

別に喋らないけど顔馴染みって感じで。

暗黙のルールってものあって、常連同士だと割り込んだり横取りはしない。

顔馴染みの中に、いつもキャップを深々と被っている女の子がいました。

多分恥ずかしかったんでしょうね。

女の子1人で並んでたんだし。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||||||||||||||||||||

2015年2月20日 | カテゴリー:友達と

処女じゃねえのかよ【友達と】

中1の妹が友達をうちに連れてきました。

いつもは小学生の弟が遊んで遊んでってうるさくて妹は友達を連れてこないのですが、弟が塾に通い始めたので連れてくるようになりました。

俺と妹は部屋が一緒なんで、俺が部屋で本を読んでると妹と妹の友達が入ってきて、

『兄ちゃん、部屋使うからどいてくんない?』

妹は小さい頃から俺が連れ回したせいでちょっと男まさりです。

『あ、すみません(^^;お邪魔してます(*^^*)』

妹の友達がひょっこり顔を出して挨拶をしてきました。

色白で、髪がサラサラのロングの可愛い娘でした。

俺はちょっとロリコンの気があるんで、めちゃくちゃ好みだったのでお茶とお菓子を持って部屋に行きました。

『何か俺が初めて彼女連れてきたときの母親みたいだな(笑)』

と思いつつ、ノックをして入って行った。

『○○、餌持ってきてやったぞ(笑)』

『あたしは犬か!?』

『ごめん、猫だったっけ?』

『猫でもない!』


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||

2015年1月22日 | カテゴリー:友達と

覗かれ【友達と】

  高1の俺(K)と彼女のM、そして俺の友達Jとその彼女のRの4人で、水族館でWデートした帰りに、Jの部屋に寄ったときの話です。

 Jの家は、敷地が広くて、奴は母屋とは別棟になっている離れを1人で使ってました。

 最初は、和室でその日のデートの事とか、学校での出来事など他愛も無いことを4人で話してました。そのうち、Rがトイレに行ったのですが、すぐにJも後を追うように部屋を出て行きました。

 15分以上経っても2人とも帰ってこないので、俺と彼女は、「どうしたんだろう?」って話していると、隣のJの寝室から、Rの声がしてきました。どうやらRは小声で話そうとしているようでしたが、和室との仕切りは襖なので、2人の会話が聞こえてきました。

「ダメだよ。だって、隣にKくんとMちゃんがいるんだもん・・・。」

「大丈夫だよ。そんな事より、俺、我慢できないよ。」とJが答えます。

 さらに、「なっ、いいだろう?」と聞こえてから程なく、明らかに2人がHを始めてしまったと思われる音が漏れてきました。

 Rは、俺たちの存在が気になっているのか、なるべく声をあげないように、「うっ、」とか「ああっ」とか短い声を出していました。

 そんなのを聞かされて、さすがに、俺もHな気分になってきて、思い切って彼女に、「隣でヤッてると思うと、俺も我慢できないよ。ここで、シテもいい?」と聞きました。

 彼女は小さく頷いてくれました。

 彼女とのHには、いつもコンちゃんを使っていたのですが、その日は持ち合わせていませんでした。

 俺は困ったのですが、以前、ここに遊びに来た時、Jが和室の大画面TVでAVを見ながらRとHをしたという話を聞いたのを思い出しました。その時、確かこの和室にも常備していると言ってたような気がしました。

 TVのキャビネットの引き出しを見ると、Lサイズのコンちゃんが無造作に置いてありました。br> 「あいつも、Lサイズ使ってるのか!!」と変な感心をした後で、彼女にコンちゃんが見つかったことを告げると、安心した様子でした。

 俺は、まず思いっきり彼女を抱き締め、ディープキスをしました。舌を絡めあって、いつもよりかなり濃厚なキスをしているのですが、何故かそのキスは物足りない感じがしました。明らかに彼女の反応がいつもより鈍いのです。

 やはり隣に人がいると言う緊張感からか、それとも羞恥心なのか、彼女は何か集中できない様子でした。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||||||||||||||||

2014年8月16日 | カテゴリー:友達と

ビッチが出来上がるまでを聞いてくれ【高校生】

バブルの崩壊直前に建てた豪邸で私は産まれ育った。

日本なのに玄関ホールが15畳、6人暮らしでバスルーム3つ。

アメ車を2台、大型犬を3匹飼っていた。

アホな家だった。

父方の祖母と同居、美人な専業主婦と洒落乙アパレル父

上っ面だけ見れば非の打ち所のない家だったと思う

しかし見事なまでに上っ面だけ

私が物心ついた頃にはすでにその家は両親にとって戦場でしかなかった

毎晩罵声を聞きつつ「早く離婚すればいいのに」って思っていたのは覚えている

母「一人暮らしもしたことないガキがほざいてんじゃねぇ」

母の一言に父がふじこふじこしながら広いリビングを走り出した。

それと同時に二階に住む祖母が「やめなさーい!」と駆け下りてくる。

そうしてばあちゃんが羽交い絞めにしたのは襲いかからんと走る父ではなく母だった。

不恰好なジャンプミドルキックが決まり、母は骨折した。

当時の母は精神も肉体もボロボロだった。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年1月29日 | カテゴリー:高校生

七海の告白【友達と】

七海の告白



こんにちは翔様。私はどうしようもない変体露出狂女です。日々罪悪感と嫌悪感にさいなまれています。そんな私は友達からは松たか子を幼くした感じと言われます。そう外見上の私は清楚でおとなしくて真面目な女の子。でも中身は違います。SEXより露出が好きです。でも人に見られるのは嫌です。見られるか見られないかのスリル感が好きなんです。

そんな私の今でも忘れられない体験は今年の四月ごろのこと。時間は夕方の四時ごろ、もう何回も遊んだ林道にて実行したときのことです。

車を道路の空いている部分にとめると素っ裸になります。アスファルトをひらう素足の感覚が心地よいです。(私は露出の時には「三つ編み」にしています。これは私の趣味です。)中学のときから始まった露出は次第にエスカレートしていって、このころには後ろ手錠をするようになっていました。鍵は車内において車のキーをバンパーの裏側に隠した後、後ろ手錠。このときの私はもう心臓の高鳴りがピークに達しています。マジックミラーになっている車に私の身体を写します。そこには色白でおっぱいは小さいながら形はマアマアの女の子がいます。下の毛は濃いです。

それからおもむろに歩き出して走ったり歩いたりを繰り返します。頭の中では大勢の男に追いかけられているという妄想を抱きながら前に進みます。もう一キロぐらい来たでしょうか。服のあるところから離れれば離れるほど「もうどうなってもいい」と思って感じるんです。

すると今まで三分の一ほどかぶっていた草むらがなくなり100メートルぐらい何にもありません。私は少しの距離を行ったり来たりを繰り返します。でも意を決して駆け出しました。耳にはゴーッという風きり音。車のエンジン音も何にも入ってこない状態。「こんな時にもし・・・」私はそう思うと必死に駆け出し、小声で何度も「いやーっ。いやあーっ」とつぶやきながらやっとの思いで走破しました。しばらく休んで「もっと行こう。もうやめようか」頭の中で押し問答をしているとき、私の耳に車のエンジン音が飛び込んできました。「そんな!こんな時間帯に車が!」そう思うより早く草むらの中に飛び込みました。私はうつ伏せで神様に祈るような気持ちでやり過ごしました。私の頭の中を不安がよぎり「もう帰らなきゃ」と思い。何にもない林道をまた駆け出しました。あと少しで草むらです。

するとまたエンジン音が。今度も草むらに隠れました。先ほどやり過ごした黒っぽい車です。変にスロー走行。「まさか私に気づいて探しているのでは」さらに不安がよぎります。その車が通り過ぎると「お願い。助けて」とつぶやきながら駆け出しました。

程よく私の車が見えてきました。今日も無事だった安堵感で笑みさえ浮かべていたそのときです。私の車の陰から二人の若い男がニヤニヤしながら現れたのです。私は思わず身体を前かがみにし、あとずさりしながら「いやーーっ!」という大きな声を出してU路構の中に正座するようにへ垂れ込みました。男達が近づいてきます。私は「ごめんなさい。ごめんなさい。もうしません。」と叫びながら頭を下げた状態で首を左右に振って嘆願しました。完全にパニック状態です。そして私の髪を引っ張られて、私の涙でぬれた顔がさらけ出されました。「おいどうする、このまま連れて行こうか。」私は首を振って嘆願しました。もう声が詰まって出なくなっていたのです。こんな状態で連れていかれたらどうなるんだろう。監禁されたりなんて絶対に嫌です。しかもこんな男達が私の初めての相手になるのかと思うと涙がとめどなく流れてきました。そう思っているうちに後ろ手錠の部分をものすごい力で持ち上げられそうになりました。勿論私はU路構にへばりつくように必死に抵抗しました。そのとき一台の白い車が通過しました。20mぐらい先に停車して50ぐらいの男性が顔を出されました。男達は「やばい!」と叫びながら走り去りました。私もすばやく自分の車の陰に隠れて、こちらに来ようとしている男性に対して涙顔で首を横に振りました。すると助手席から「あなた。あなた。」と言う声がして、その男性も立ち去りました。私は腰が抜けたようにその場に座り込みました。でもおまNこはぐちょぐちょです。私はガードレールにまたがって激しくオナニーをしました。それからその状態でおしっこ。

一段落すると手錠をはづしました。その手錠は谷底めがけて思いっきり放り投げました。もうこんなことは絶対にしないと誓ったからです。自分のいやらしい妄想が現実になると、どれほど怖いかと言うことが身にしみて分かりました。

三ヶ月ぐらいは後悔の念で頭の中のもやもやが消えませんでした。この事件以来計画的な露出は止めました。でも誰もいないところに自分の身が置かれると「はぁあーっ」と荒い息遣いを一息ついてやってしまいます。私はこの悪い性癖を翔様の読まれるという別の快感を得ることによって直していくように努力します。そうしないと強姦やそれ以上の目にあうか、もう未成年ではないので警察に捕まって恥ずかしい前科がつくかもしれないから。本当に大馬鹿な女です。



七海の告白

翔様メール有難うございます。お忙しいのに私、物凄くうれしいです。告白して頭の中がスーッとしました。色々なサイトを見て回りましたが中には怖いサイトもありました。

ここに決めたのは、このサイトの主旨です。翔様は男らしくて優しい方で、さしづめ露出愛好者にとってのキリストみたいです。それでも告白するまでは何度も何度もためらってたんです。それも9月に大きいのまたやらかしてしまって決心したんです。これもそのうち告白させてください。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年1月28日 | カテゴリー:友達と
1 / 3123

このページの先頭へ