学校であったエロい話 最新更新情報

ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

妹のスケスケの白いナイロンハイソックス【妹と】

ナイロン地のハイソックスにそそられます、特に白が好き。

昔は真っ白でスケスケのナイハイも多かった。

今は白のナイハイなんて履いてる子もいないし、たまに病院とかで見ても厚手ばかりで嫌いではないが、昔のものほどそそられない。俺のナイハイ好きも真っ白のスケスケナイハイが原点、大人も履いていたが小学校高学年の間でも流行した。

俺の妹(3つ下)も小学校の時に履いた、妹がそれを履いた日に俺は初めて妹の脚をオカズにオナニーした。

だんだんエスカレートしてきて妹のいないときにこっそり履いたりもした、最終的には妹の脱いだナイハイを嗅いでもう片方をチンポにかぶせて抜いていた。

同じ妹が履いていても普通のソックスだと何も思わなかったのに、ナイハイだと「妹のでも」という気分になれた。

学校であったエロい話関連タグ

||||||

2016年6月21日 | カテゴリー:妹と

十数歳下の従妹が胡座をかいた俺の股間に座ってきた。【妹と】

おさなくてかわいい女子小学生とセックスしたい001











<>738:なまえを挿れて。:2010/11/29(月)05:11:02ID:9kio0KT3O<>



セックスした訳ではないんでスレチなんだが…

年の離れたイトコ(当時小4俺20代半ば)とよくゲームをして遊んだんだが

必ず胡座をかいた俺の脚の上(とゆーより股間の上)に座ってきた。

テレビに出てる子役や子供モデル並みに可愛くて美人さんなんだわ。

ゲームが終わると体を180度向きをかえて、

まるで座位や駅弁ファックみたいなかたちになってくる。

それで俺の首に両手をまわしジーッと見つめてくる。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2016年6月2日 | カテゴリー:妹と

従妹へのいたづら 4【妹と】

親父達は午前中には帰ってしまい、俺だけが残された。

昼間は叔父に連れられてゴルフへ行き、夜は夜で叔父叔母から20歳になったんだからと、

しこたまお酒を飲まされた。一応風呂には入ったが、しんどくてすぐに布団に入ってしまった。

夜中、トイレに起きたときには、寝る前に吐いたのが効いたのか、酔いはだいぶ抜けていた。

少し頭が重かったがフラフラとトイレに行き、用を足し、少し水を飲んで部屋に戻った。

すぐに布団に入ったが、一度起きたらなかなか寝付けなくなり、

ボーッと天井を眺めているのも退屈だったので、タバコを吸いに外に出た。

夏とは言え山奥なので、夜風が冷たかったが、酔い覚ましにはちょうどよかった。

ボーッとしながら3本くらい吸って、もう戻ろうかと玄関へ向き直ると、

ちょうど玄関から出てきたE美と鉢合わせた。窓から俺が外に出るのが見えたので、

ちょっと話がしたくて出てきたという。なんだか昨日のこともあってドギマギしたが、

「まぁちょっとあのへんに座って話そうか」と叔父の作業場へ通ずる階段に座るよう促した。

E美の格好は昨晩と同じでタンクトップに短パンで、

上から部活のものらしい薄手のジャンパーを羽織っていた。

夜明かりに白い脚が眩しく、タンクトップの襟元からのぞく胸元も色っぽい。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||

2016年4月8日 | カテゴリー:妹と

セックスしていました【妹と】

 本当にあった話です。 ぼくは大学生で21歳です 高2の妹がいます。 今年の夏にいとこ(25歳)が家に泊まりに来た時です。

 ぼくはアルバイトに行くと言って家を出たのですが、出勤シフトを間違えていてすぐに家に帰った時です。

 リビングで妹といとこがセックスしてました。 妹はなぜか制服を着ていました。服を着たままリビングテーブルに手をつけ立ちバックでしていました。 両手はなぜか縛られていました。 シャツのボタンは外され白と黒のチェックのブラが見えました。 足には同じチェックのショーツが引っかかって。

 なにもわからずにドアを開けたときです。 妹はキャーと言ってすぐに走って自分の部屋に逃げました。いとこは唖然として、なんだ帰って来たのかよというしらけた顔でぼくの顔を見ます。

 ぼくはまた外に出ました。その後二人は続きをやったかはわかりません。

 その晩いとこはぼくに挨拶なしで帰りました。 妹と顔を合わせましたが、お互い何となく気まずい思いがしました。

 ぼくはあの光景を見てから妹に対する意識が変わりました。 それからというものぼくは妹の下着などでオナニーするようになりました。

 洗濯機から妹の下着を取り出してオナニーしたり、妹の使った食器などを舐めたりしています。 特にあの時着けていたチェックの下着をなめまわすとものすごく興奮しました。

 昼間、妹の部屋に入りブラからパンティ、ハイソックス、制服までも着てオナニーしていた時です。

 学校から帰って来た妹が部屋に入ってきて、そのぼくの光景を見られました。

 妹はもちろんびっくりしたようです。 しばらく声にもならずぼくの格好を見ていました。ぼくも妹が帰ってくるなんて思ってもいませんでしたから、しばらくは声も出ず呆然としていました。

 やがて妹は「いや!やだー!」と言って外に飛び出して行きました。

 ぼくはヤレヤレと思い、まぁこれでお互い様だなどと思いました。

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||||

2016年3月19日 | カテゴリー:妹と

危険な情事。【妹と】

35歳、既婚者の会社員です。彼女の名前は真実、16歳の高校二年生です。

あるサイトで仲良くなり1ヵ月くらいで逢う約束をしました。

待ち合わせは車で1時間半程かかる駅で、物凄く田舎の駅でした。

しかし当日は、約束の時間には現われず1時間くらい待ちましたが、結局ドタキャンされ逢えませんでした。

帰る途中にメールがあり気分が悪くなったとの事で謝られ、明後日逢いたいと言われた。ここまで来たら一応、

了解とメールしました。後日、遅れる事30分彼女が来ました。

写メ以上にメチャ可愛く、土屋アンナ似で155㎝くらい、Tシャツの上から分かる推定Eカップはあろう巨乳に目がいきました。

車内で話をしてドライブに誘うと、今日は夕方用事があるからあまり遠くに行けないと…。

仕方なくカラオケへ誘うも、近場は友達に逢うかもとの事で、田舎なので近くに遊ぶ所がない…。

冗談でラブホならカラオケとかゲームがあるんじゃんと言うと、彼女は少し考えたが了承しました。

もう頭の中ではこんな可愛い子とH出来るんだと思い、Jrも爆発しそうになりました。

30分程走り国道沿いのホテルを発見し入室。

ソファーで歌を3曲ずつ歌ったころ彼女に近ずき優しく髪をなで、キスをしました。

そのまま首筋をなめ、Tシャツの上から胸を触りました。「ダメ」と彼女の甘い声が聞こえました。

Tシャツをまくりあげピンクの可愛いブラが表れました。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||

2016年2月1日 | カテゴリー:妹と

初体験【友達と】

 俺の初体験は中三の春休みです。

 俺のことを好きな人(綾)がいて俺はそのことを知っていました。俺も綾の事が好きでした。しかし、何もないまま卒業を迎え、会う機会が無くなりました。

 しかし、綾からメールが来て、「返したい物があるから、今から家行っていい?」って来たのです。俺はOKと返信しました。1時間後、綾が家に来ました。

 その時は普通の春らしい服装で来ました。

 部屋に入れて話をしていると綾は「私のこと好き?」って聞いてきました。

 俺は「好きだよ」って言ったらすごく嬉しそうな顔をしました。

 その後、俺は思いきってキスをしました。最初は普通のキスだったけどだんだんDキスになってきて、すごく興奮しました。

 そして、俺の手が何回か綾の胸に当たったらしく、綾は突然服を脱ぎ始めました。綾の胸は結構小さかったけど俺は小さい胸が好きだったので、触りまくりました。

 乳首はピンクで触ってたら、どんどん堅くなってきて綾は声を出し始めました。

 2時間位さわって、彼女は帰って行きました。そして、その夜のメールで「今度Hしない?」って来ました。俺は嬉しくて即座にOKしました。

 その2日後彼女が家に来ると言ったので俺は「制服で来て」ってお願いしたら、本当に制服で来てくれました。スカートは異様に短くて白いパンツがちらちら見えました。

 そして、綾は俺のベッドに横になりました。

 俺は、上から乗ってキスをしながら胸を触りました。綾がとても気持ち良さそうな顔をするので、スカートの中に手を入れパンツの上からマ○コをさわりました。

 綾は「やっ、やっ」って声を出しました。

 俺は綾のパンツを脱がして、直に触りました。クリ・・・が堅くなっていてそれをさわると綾は可愛い声を出しました。そしたら、綾も俺のズボンをおろして、触ってくれました。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||

2015年5月24日 | カテゴリー:友達と

幼馴染の女の子との淡く切ない恋【友達と】

<>651名前:えっちな18禁さん[sage]投稿日:2010/11/29(月)00:40:31ID:o6hqWNzS0<>

俺の名前は浩二。ぶっちゃけ本名だ。漢字は違うけど。

本当は偽名使ったほうが良いんだろうけど、ちょっと名前が重要な話なんで変えれなかった。

俺には幼馴染の女の子が居た。というか居る。

親同士が仲良くて物心が着いた時から一緒に居た。

記憶には無いけど一緒にお風呂にも入ってたらしい。

小さい頃のアルバムは殆ど彼女と一緒に写ってる。

家が隣で朝起こしにくる。なんてことは無かったけど、それでも家はほぼ真向かい。



正直可愛い方ではない。

ただ決して不細工でも無いとは思う。

100人に聞いたら、90人くらいは「まぁ……普通」って言う感じ。

うっすらそばかすもあるし、眉毛も太い眼鏡で野暮ったい地味な女の子だった。

その所為で実は奥二重なぱっちりした瞳の存在はイマイチ知られていなかった。




エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||||||

2015年5月12日 | カテゴリー:友達と

公園デビュー【友達と】

秋の初めだというのに、その公園ではまだ蝉時雨が聞こえた。

「お、おかあさん・・・」

公園に一歩踏み込んだ息子が、不安そうに振り返って母を見た。

「大丈夫よ、きっとすぐにお友達がいっぱい出来るから」

石野由実恵が白い手で息子の手を引っ張り、砂場へ向かう。

この日が5歳になる伸太郎の公園デビューだった。 「みんなこの子と仲良くしてあげてね」

「はーい!」

子供達は思ったよりも簡単に我が子を受け入れてくれた。

さっそくみんなに混じって砂遊びする伸太郎を見守りながら、由実恵はホッとしていた。

夫の急な転勤で、9月中旬という中途半端な時期に、この町に引越ししてきたからだ。 (さあ、まだあと一つ残ってるわよ、しっかりして)

自分で自分に気合いを入れると、パンプスを履いた足を談笑する母親達に向けた。

3人の母親達は皆、29歳の由実恵と同じくらいか、少し年上でいかにもハイソだ。

「あら、あなた・・・」

「はじめまして、昨日新しく越してきた石野由実恵です。よろしくお願いします!」

第一印象を良くしようと深々とお辞儀すると、長い黒髪が前に垂れた。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2015年4月14日 | カテゴリー:友達と

究極のしつけ【友達と】

「お父さんごめんなさい!」

娘の真樹は泣きながら私に平謝りするが、私は娘と交わした約束に従って淡々と罰を与えた。

中学3年生なのにタバコを黙って吸うなんて、叱らない親のほうがおかしい。

「どんなお仕置きでもうけていいけど、あれはいや!」

「だめだ、約束だからな」

私は真樹をベッドに押し倒し、手足を紐で括りベッドの足に結びつけて大の字に縛りあげた。

真樹は黄色のタンクトップに短めのジーンズスカート、白のハイソックス。

「いや!いや!お願いお父さん!もうしないから許して!」

涙ながらに叫ぶ真樹の口にガムテープを貼った。

時計を見た。時間はもうすぐ午後2時。

「もうすぐ来るな。」

その時、玄関のベルが鳴った。

玄関を開けると、中学生の少年が数人立っていた。

「お入り」

私は招き入れ、娘の部屋に案内した。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||||

2015年2月13日 | カテゴリー:友達と

Mの刻印 [姉、ミユキ編]【友達と】

俺はいわゆるロリコンだが、成人女性とも関係はある。

俺にはアユミ(33歳)というセフレがいる。

最初は普通にSEXしていたが、次第にアナルやスカトロといったアブノーマルなプレイをするようになった。

アユミは今ではすっかり俺のM奴隷となっている。

俺は成人女性に対してはアブノーマルでなくては興奮しない。

幼女、少女に対してはその限りではないが…。

彼女にはミユキ(13歳、中1)とメグミ(9歳、小4)という娘がいる。

ミユキはスレンダーで控えめ。

メグミはややポッチャリなお転婆。

タイプは違うが2人とも母親に似てかなりの美少女だ。

幸いなことにアユミの家庭は母子家庭でミユキとメグミは俺にとても懐いている。

俺はミユキとメグミとも関係を持ち、今では母娘3人でスカトロやアナルプレイを楽しんでいる。

フィクションかどうかはご想像にお任せしよう。

先ずは姉のミユキ。

彼女と普通に関係を持つのは簡単であった。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||||||||||||||

2015年1月28日 | カテゴリー:友達と
1 / 712345...最後 »

このページの先頭へ