学校であったエロい話 最新更新情報

ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

唯はお兄ちゃんにしかおっぱい見せたりしないよ2【妹と】

<>666名前:えっちな18禁さん投稿日:2006/11/11(土)09:36:37ID:P1a2NTZ20<>

続きだけど、きのうの俺と妹の話。

これ以上はスレ違いだから、これで最後にするよ。



おとといで一気に距離が縮まった、俺と妹。

朝、洗面所で会った。妹はパジャマ姿で歯を磨いている。

オレを見ると妹はきのうのことを思い出したのか照れっくさそうに笑って、

「おはよう、お兄ちゃん」

「おはよう、唯」

パジャマ姿の妹は本当にかわいい。みんなにも見せてあげたいぐらい。ガラガラと口をゆすいで、口元をタオルで拭く。オレはとっさに、歯を磨き終わった妹のあごをつまんで、ちゅっとキスをした。

いきなりキスされた妹はびっくりしたような顔をして、

「もう」

と、言って恥ずかしそうにうつむいた。いままでガマンしてたけど、これから妹にこんないたずらがし放題。これから通りすがりにお尻触ったり、おっぱい触ったりするぞと、オレはひとりでにやけてしまう。

二人はそれから登校した。

一緒の電車に乗る。降りる駅はちがうけど。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||||||||||||||||||

2016年8月22日 | カテゴリー:妹と

ませた従姉妹とロリマンママとの一週間4 【妹と】

母の弟家族との、毎年恒例の別荘での1週間。すっかりとオトナになった愛花ちゃんと、衝撃的な初体験をしてしまった。それだけではなく、愛花ちゃんのママの千里さんとも関係を持ってしまった。



いつまでもおばさんにならない森高千里そっくりな愛花ちゃんママとのセックスは、愛花ちゃんとのセックスとはまったく違い、異様にエロかった。

千里さんとする直前に愛花ちゃんに二度も射精していたのに、立て続けにまた二回射精してしまうほど、千里さんはエロかった。



叔父さんがすぐ横で寝ているベッドの上で、たっぷりと千里さんの中に注いでしまい、罪悪感と焦りでドキドキしている僕のおちんちんを握ると、千里さんは、

『まだ出来そうね#9825; 次はバックでいいかしら?』

と言った。そして千里さんは四つん這いになる。背中をのけ反らせ、腰を突き出すようにするので、毛のないツルツルのロリマンが丸見えになっている。薄暗い中でも、そこからあふれ出る白いものがよくわかる。



僕は立て続けに何度もイッているのに、もう回復して勃起率120パーセントになっていた。

でも、僕の中の冷静な部分は、すぐ横でイビキをかきながら寝ている叔父さんにビビり倒していたので、

「でも、叔父さん本当に平気ですか?」

と聞いた。

『へーき、へーき!この人の眠りの深さはのび太君以上だからw』

と、千里さんは軽い感じで言うと、自分のアソコを指で押し広げた。毛のないツルツルのロリマンがクパァと開き、さらに白い僕の精液が流れ出てくる。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||||||||||||

2016年8月19日 | カテゴリー:妹と

丸顔の妹と。【妹と】

親父が会社から貰って来てた1泊2日の温泉旅行の無料招待券の有効期限が

迫っていた。両親も都合が悪く、俺が彼女と使うか、妹が彼氏と使うかもめ

ていたのもすっかり忘れていた。

結局、俺の彼女も妹の彼氏も仕事の都合、俺とフリーターの妹だけがスケジ

ュールが合い、

「兄妹で行くものつまんないけど、もったいないし行こうか?ご飯がおいし

そうだよね。」

ということになり、二人で始めての温泉旅行。

妹は丸顔でどちらかというと美人ではない(ブスかな・・・)

しかし胸はダイナマイト。

妹とHしたいとまでは思わなかったが、俺は胸チラファンであり、オッパイ星

人。普段から妹の胸だけには興奮していた。前かがみになったときの谷間は

凄いし、その見えるチャンスに遭遇するとオナニーのおかずにしたことは何

度もある。

温泉は混浴でもないしバラバラ。温泉の後は一緒に散歩するもトーゼンのご


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||||||

2016年8月18日 | カテゴリー:妹と

妹とお風呂で・・ベットでじょうば【妹と】

ある夜の日部活が終わり風呂にはいっているとき

突然、がばっと音とともにドアが開いた。

そこには裸の妹=水季がいた

俺「は、なんで入ってくるんだよ」

といいながら体の姿勢を変える。

水季「あ、入ってたんだ」

といいながら風呂に入る妹

なんでなんでなんでおかしくね。。普通は裸を見て

やっほーいといいたいが、もう目の前にいる妹の裸は

小学校4年生以来みてない現在中二年だからビックリするほど

胸はふくらんでいた。俺は高二です。

俺「ねえーどうしたやーなんで入ってきた?」

水季「寒いから」

絵、え、え、え、え、え、たしかに外は雪ふって寒いけど・・・

いちよう手で胸隠してる水季は正直可愛い。・・だが今はそんなきもちに


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||||

2016年8月18日 | カテゴリー:妹と

妹夫婦のハメ撮りビデオ【妹と】

 私(34歳独身)はこの前の大型連休に妹夫婦(妹32歳、夫34歳子供2人)が家を建て引越しの手伝いに行った。寝室を片付けているとなにやら1本のデジタルビデオテープが・・ 勘のいい私はそれがハメ撮りと直感してすぐにポケットにいれた。

 やはりそのテープは妹夫婦のハメ撮りビデオだった。 テープは途中になっていて再生すると正上位で激しく突かれている場面だった。 私はテープを巻き戻し始めから観はじめた。

 妹はピンク色のスリップ姿でベットに寝ていた。顔を両手で必死に隠していた。

 「やだぁ・・やめてえ・・・撮るのはずかしいぃ・・・けしてぇ・・・」

 「いいじゃん。撮らしてよ。」

 「人に見られたらどうするのぉ・・」

 「大丈夫だよ。 絶対人に見られないようにちゃんと隠しておくから。」

 しかし兄の私に見つかりしっかり見られている。

 義弟は胸を揉み始めた。ブラはピンクと黒の可愛いブラだ。カメラを横に置きキスをし始めた。 長い長いキスだ。舌を絡めたり吸ったりしていた。私のペニスはギンギンに勃起していてシゴキながら見ている。 妹は感じてきたのかハァハァいいながらキスを続けている。

 やがてパンツを脱がしクリを触ったり、指を入れたりしていた。 クンニをし始めると妹は興奮して

 「あああんん・・あん・・いい・・きもちいい・・・すってぇ・・もっとすってぇ・・・」

 ジュルジュルと吸いまくる義弟。妹は顔を隠し仰け反りながらあんあん言ってる。私はもう行きそうなくらいになっていた。ここで行くのはもったいなく、手を休めビデオを見る。

 妹は32歳、肩までのショートカットのごくごく普通のママという感じで、兄から言わせればまあまあ可愛い感じの奥様と言う感じである。独身彼女無しの私は実の妹のハメ撮りとはいえ、もう最高のオナニーのネタだ。

 寝たままフェラをさせ左手でカメラを持ち右手でオ〇ンコをかき回している。 ハァハァ言いながらフェラをしている妹の表情はとても可愛くいやらしい。

 カメラはフェラの顔(顔は相変わらず隠していた)や指でいじっているオ〇ンコを交互に映していた。多少見にくいところもあるが、グチュグチュといやらしい音やヌラヌラした愛液などは映っており、フェラの舌使いやよだれが糸を引くシーンなど、十分過ぎるほどいやらしかった。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||

2016年8月16日 | カテゴリー:妹と

従姉【妹と】

従姉との年齢差は、叔母というには近すぎて姉というには離れすぎの7歳。

小柄で丸顔、髪はベリーショートにしててあまり色気のあるタイプではない。

でもそばかす顔でいつもニコニコしてて気さくな従姉とは最初から仲がよかった。

大学を出るまで従姉の家に下宿していたので、ヒマさえあればお互いの部屋を

行き来して、呑んだりダベったりしていた(下ネタ含む)。

就職した今も、東京出張の折には宿泊地として使わせてもらってる。



その日も週末出張を終えて従姉の家に投宿、お疲れさまの晩酌を二人でしていた。

久しぶりなので話は尽きず、酒もピッチが上がってたと思う。

話題は次第にシモ系になっていき、お約束の「テル君最近どうなの?使ってる?」

「いやあ、忙しいし週末はこうして出張多いしなかなかね。テル姉こそどうなの?」

(名前の頭が二人とも同じ文字なので)

「んふふ〜、心配しなくても現役バリバリで使ってるわよ。実は今日もよ」

「え?」

「いや、彼氏が夜に来んの」


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||||||

2016年8月12日 | カテゴリー:妹と

蔵の中 (早苗義姉さんを見ながら・・・)【妹と】

江戸川乱歩が集めた蔵書の数々が納められている「幻影城」という蔵をご存じの人もいるかと思います。

僕の実家にも死んだ父が集めた歴史書や古書の類が納められた蔵があり、兄の結婚を契機に蔵を改築し、

僕が過ごす部屋をしつらえてもらいました。

食事と入浴以外はその蔵で寝起きし、たまには悪友たちのたまり場にもなっていました。

冷暖房も完備されていたので、快適でした。

翌日が休校日という日は、スケベなDVDを見てオナニーに興じてみたり、パソコンで人妻とチャット

しながらオナニーもしていました。

そんな高校卒業も間近な2月後半、兄嫁の早苗さんが僕の蔵に来ました。

早苗さんは大の歴史マニアで、父の残した蔵書を暇なときに読みにきていたので、この日もそんなノリ

かと思い、蔵に入れました。

普段なら1階の蔵書が収められた書棚から好きな本を選んで自室に戻るのですが、この日は珍しく2階

に上がってこようとしていました。

数分前まで僕はオナニーをしていたので、部屋にはDVDや精子を拭ったティッシュが散乱していたため

急ぎ部屋を片づけ、早苗さんをいれました。

「お〜、若い子の部屋って感じだなぁ。」と部屋を見回しながら言う早苗さん。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||||||||

2016年8月11日 | カテゴリー:妹と

従姉妹の みっちゃん(6)【妹と】

 バイクは、田舎の町によくある、

高速インターチェンジの近くのラブホテルが点在するエリアに向けられていました。



 迷いに迷いながら。



 コーナーを曲がるたびに

(えーい いちかばちか。どうにでもなれ!)



 と心で叫びながら、それでも迷いがおそってきて、

(決定的な拒否をされたとしても、そのときのことだ)

 と言い聞かせました。





 やがて、薄暮の中、そのエリアの一角にたどり着きました。

ラブホテルに入ったことが無いために戸惑いが隠し切れず、


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||||||||||

2016年8月11日 | カテゴリー:妹と

完全版 もうすぐ高校を卒業する妹が【妹と】

<>530名前:えっちな18禁さん[]投稿日:2009/08/07(金)23:05:59ID:F2YMU/0e0<>



519名無しさん@お腹いっぱい。New!2009/08/07(金)07:34:37

マジ話なんだけど、先週末だが、俺が風呂に入ってると、もうすぐ高校を卒業する妹が乱入してきた。もちろん裸じゃない。

「なんだよ?」ってきくと「ドンキで面白い入浴剤見つけたから、試しにきた」って言う。

で、なんか小袋を開けて、中の粉を風呂にいれて、掻き混ぜろっていいだす。

混ぜてたら、なんかヤバイ感触になる。

「なんだこれ?」

「キャハハハハハ、これローション風呂の素wwwww」

「馬鹿!」

とりあえず妹を追い出して、こっそり楽しんでたら

突然ドアがあき、全裸の妹が「1人だとあんま楽しくないでしょ?」って言いながら、





<>533名前:530[sage]投稿日:2009/08/09(日)18:39:01ID:OD/VV5b+0<>


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||

2016年8月10日 | カテゴリー:妹と

計画停電の時、妹が…【妹と】

震災後の原発事故の影響で計画停電が実施された週末の事、仕事から帰って来た俺は直に停電となるのを考慮して自室のベッドで横たわっていた。

最終の停電だった為、辺りは暗く一切の光源が無い為、本当に真っ暗になり周辺は静まり返っていた。

そんな時だった、部屋のドアがノックされ「お兄ちゃん…」と心細い声と共に懐中電灯を片手に握りしめた今年高校2年になった妹が入って来た。

「どうした?」と聞くと「一緒に居てもイイ?」と言うではないか…

「なんだ怖いのか?」と、ちょっと意地悪っぽく聞くと「だって!…」と、何かを訴えようとしたようだが直ぐに沈んでしまったので俺はベッドの端に移動しスペースを作ると「ほら…」と空いた所を手でポンポンと叩くと妹は黙って俺の横に懐中電灯を消して寝転んで来た。

そこで俺はスッと腕を伸ばし腕枕をしてやり、軽く抱きしめる様に「そーか、そーか怖いか」と背中を擦ったり頭を撫でたりして気持ちを落ち着かせてやった。

妹とは仲は良く不思議と喧嘩らしい喧嘩もした事が無く、だからと言ってベタベタした仲ではない関係だった。

が、何故かこの時から急に妹が可愛くて仕方が無くなっていた。

俺は優しく抱きしめて、おでこにチュッとして頬を擦り寄せたりと、普通ならウザイ様な事をしたが、妹は恐怖心からかそんな行為も嫌がる事無く逆に嬉しいのかクスクスと笑い声が聞こえ始めていた。

調子に乗った俺はチュッチュッ、チュッチュッと顔中にキスをしまくり、とうとう口にもチュッとしてしまった。

流石に嫌がられると思ったが、意外にも無抵抗だったので、更に口にチュッチュッとしていたのをブチューっと完全に口付けをしてしまった。

すると今度は妹から舌を絡ませて来るではないかっ!驚いたが理性が壊れた俺は夢中になって舌を絡ませていた。

キスだけでは物足りなくなった俺は片手を妹の胸にやりパジャマの上から揉み始めた。

その感触からノーブラである事は直ぐに分かり、暫く揉んでいると妹がその手を掴み胸から引き離すと自らパジャマのボタンを外し前を肌蹴ると再び俺の手を掴み自分の胸に宛がい、直接触って欲しい事をキスで口が塞がれているので行動で伝えて来た。

俺は妹の上に覆い被さる様に体勢を変えると、両手でオッパイを揉みながらキスを続けた。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||||||||||||

2016年8月8日 | カテゴリー:妹と
1 / 17712345...102030...最後 »

このページの先頭へ