学校であったエロい話 最新更新情報

ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

青空の虜【友達と】

第1話□夏休みの午後 ※

[1/3㌻]

——————————————————————————–

2年生の夏休みの午後1時。陽菜は、学校の最上階にある用具室に呼び出された。用具室とは名ばかりの物置で、使わなくなった机や椅子が雑然と積まれている。

薄暗い室内。自分を呼び出した同級生の美沙樹たち3人の姿はない。

仕方なく、「用具室につきましたけど」とメールを入れてみる。

返信メールの変わりに電話が鳴った。美沙樹からだ。

「あ、陽菜、そこで全裸になってー」

美沙樹の楽しげな声。うしろから笑い声が重なる。由香里と綾奈もいるに違いない。

「ここでですか?」

「そうそう。さっさと脱ぎなよ。わたしらが来るまでに全裸になってなかったら、洒落になんないよ?」

洒落になんないよ?は美沙樹の口癖だ。逆らえば、ひどい目にあわせる、と言っているだと経験でわかる。

「わかりました」

陽菜は、声を震わせながら、そう答える。

「全部脱いだら、電話してきな」


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年11月27日 | カテゴリー:友達と

あらすじ【友達と】

36歳母親&12歳娘を集団レイプ。旦那の海外出張狙い自宅侵入5日間。

娘への性教育。処女喪失&アナル処女喪失。69、チンカスフェラ、金玉舐

め、顔面騎乗し肛門舐め奉仕。浣腸排便、移尿、飲尿、男のウンコ食い。ゲ

ロ飲み、ゲロ浣腸。うっすら生え始めた陰毛を毛抜きで1本残らず抜く。浣

腸→アナル栓→吊り→移尿プレイ→逆さ吊り→前後からの同時ムチ打ち→放

尿&排便。非道の乳首ピアス。陰唇ピアス。マンコに入れ墨。監禁最終日に

3穴同時挿入中出し。クスコでマンコ開き幼い子宮をチェック。肛門破裂。

中出し103発。アナル中出し28発。号泣、過呼吸、38度の発熱も容赦

せず大量に氷を入れた水風呂に20分沈める。風呂に入れたまま氷水浣腸。

ひきつけを起こし全身痙攣する身体をテーブルに礫、ローソク&ムチ。母親

が泣きながら許しをこうも無視。テーブルを浴室の入口に立て、シャワーで

15分間水ぶっかけ。体温40度に上昇し全裸のまま男2人に抱かれて眠り

につく。母親SM拷問。完全剃毛、マンコ入れ墨。乳首ピアス。フィスト&

2本同時挿入。中出し39発、アナル中出し16発。母親娘共に妊娠。離

婚。裏ビデオ流出。参加者21名。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||||||||||||||||||

2014年4月18日 | カテゴリー:友達と

合コンに来た美人女子大生は経験豊富で 続編【大学生】

前編は以下のとおり



涼子はオレを仰向けにすると、オレの乳首を舌で丁寧になめる



元カノはしてくれなかったし、風俗の経験もなかったんで男の乳首がこんなに感じるなんて思わなかった。恥ずかしかったけど声をだしたよ



そしたら更に快感がきたんだよ。涼子がオレのチンコに触れたんだ、でも先っぽをかすかに触るだけでさ、もどかしい。



ガッツリ触って欲しくて腰を浮かせるんだけど、手を引いて触ってくれない…



本当に頭ん中パニックであうあうってなったよ

そしたら涼子は我慢汁をすくってチンコの頭にヌリヌリし始めたんだ



超キモチイイんだけどコレじゃイケない

ついに「イきたい」って言ってしまったよ


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||||||||

2013年12月16日 | カテゴリー:大学生

今さっきGREE強制退会させられた俺が今までに釣れた女達の話をするwwww 【初体験】

グリーを始めたのは今から3年前だった

当時ヤりたい盛りだった俺はネットでグリーは出会えてやれると聞いて登録してしまった



正直30分くらい前に退会になってそのまま勢いで書いてるからそんなにまとまってないっていうww

それでも良かったらのんびり聞いてほしいが



しくじったの自体は俺のミスだよ

アドレスの@の部分をいつもなら2通とかに分けて送るのを1通で送ったら退会くらった



とりあえず登録して自分と同じ県の女に片っ端から伝言板に書き込んでく

結構返事よくくるんだよね

そんなこんなで最初は当時JC3のアドレスをゲットしたりしていた



結局そのJCとはメールでエロトークしてたぐらいで特になにも無かった

顔はまあ普通のギャルって感じだった
エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||||||||||||||

2013年1月12日 | カテゴリー:初体験

今の僕があるのは(中学生編)【小中学生】

今の僕があるのは(小学生編)の続きです中学生になってからは、普通の中学生と同じでエロ本で猿状態

オナニーの毎日でしたがある日、SMの本を公園の男子トイレで拾い

自宅に帰ってオナニーの準備をしてから見てみると・・・

中身の半分以上が異物挿入モノ・・・初めて見た異物挿入はとてもショッキングでしたが数分すると

(僕もやってみたいな・・・)

それは、人参をチンチンの形に削って女性のマンコに入れるというコーナー

(出来るかな?やってみよう・・・)

そう思った僕は、冷蔵庫から人参を取り出して包丁でちんちんの形に削り

口で舐めて唾をたっぷりつけて挿入・・・

しかし、人参が冷たすぎて肛門が痛い!

急いでキッチンに戻りお湯で温め、再度挑戦

ゆっくり、少しづつ入れていくと何とか半分まで入り

1時間くらいかけて練習して、鏡で入ってる所を見てみると

何だか変な気分になり、人参を抜いて口に咥えオナニー

僅か1分くらいでイク程、快感になっていましたそれからは自分が女の子になった気分で人参や、ヘアスプレーの缶などで拡張
エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||||||

2012年11月17日 | カテゴリー:小中学生

今の僕があるのは(中学生編)【男子のオナニー】

今の僕があるのは(小学生編)の続きです中学生になってからは、普通の中学生と同じでエロ本で猿状態

オナニーの毎日でしたがある日、SMの本を公園の男子トイレで拾い

自宅に帰ってオナニーの準備をしてから見てみると・・・

中身の半分以上が異物挿入モノ・・・初めて見た異物挿入はとてもショッキングでしたが数分すると

(僕もやってみたいな・・・)

それは、人参をチンチンの形に削って女性のマンコに入れるというコーナー

(出来るかな?やってみよう・・・)

そう思った僕は、冷蔵庫から人参を取り出して包丁でちんちんの形に削り

口で舐めて唾をたっぷりつけて挿入・・・

しかし、人参が冷たすぎて肛門が痛い!

急いでキッチンに戻りお湯で温め、再度挑戦

ゆっくり、少しづつ入れていくと何とか半分まで入り

1時間くらいかけて練習して、鏡で入ってる所を見てみると

何だか変な気分になり、人参を抜いて口に咥えオナニー

僅か1分くらいでイク程、快感になっていましたそれからは自分が女の子になった気分で人参や、ヘアスプレーの缶などで拡張

慣れてきた頃には挿入したままオナニーして快感を増幅させていましたしかし拾ったSMの本に飽きた僕は、古本屋で同じ様な本を探して買い

家で下半身素っ裸で見ていたところ衝撃的な内容が・・・

それは、俗に言うフィストの写真でしかもアナルフィスト・・・

(これ、出来るかな・・・)

また、好奇心が僕を行動に移しました

その当時はローションなんてものを知らなかった為、リンスで代用

手にリンスを塗って挿入・・・

最初は1本、2本と指でアナルを拡張して何とか3本までは入ったのですが

そこからは圧迫感でどうしても4本目が入りません

諦めて、SM本のフィストやフェラの写真を見ながらオナニー

そんな日が続いていた所、ある時

(もっと、柔らかいゴムみたいな物だったら・・・)

と、軟式テニスのとても柔らかいボールを思いつき購入帰宅し早速、下半身素っ裸になりリンスとタオルを用意

指で1本、2本と拡張しその日に限って4本目が入り

(これなら入るかも・・・)
エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||||||

2012年8月11日 | カテゴリー:男子のオナニー

初めての射精((続編)) 【学校で】





「美樹さん、ちょっといいかしら?」



園長先生が窓から身を乗り出して、私を呼んでいます。



「あ、はーい。」



私が急いで職員室へ行く、そのまま応接間に通されました。



「失礼します。



中に入ると、応接セットの椅子に、40歳くらいの男の人が立ち上がって頭を下げられました。



「明君の叔父様が面会に来て下さったの。



それで、あなたにいつも面倒掛けてるみたいだから一言ご挨拶したいっておっしゃってるの。



それに明君のここでの様子もお気になさってて・・・。」



「あ、はあ・・・。」



「私は席を外しますから、明君のことお話して差し上げて・・・。」



「はい、分かりました。」



「それじゃあ、失礼いたします。」



園長先生そう言って出て行ってしまわれました。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||

2012年5月22日 | カテゴリー:学校で

初めての射精 【学校で】



【 性教育 : 前編 】



——————————————————————————–



「どうしたの、明君?」

さっきまでみんなと暴れまわっていた明君が私のところへ駆けてきて、手を引っ張り廊下へ連れ出したんです。

ここは養護施設、みんな事情があって親元を離れて預けられている子供たちや、中には両親を病気や事故などでなくし、引き取ってくれる親類もなく預けられている子供たちもいます。

明君も4年前に交通事故で両親を亡くし、ここに預けられています。

生まれつき耳が悪くて、そのため言葉もうまく話せず、私や友達とは手話を交えての会話になってしまいます。

私の名前は、美樹。

この施設の幼年組で保母をしています。

明君はさっきも言った通り耳があまり聞こえないため、ほかの子供たちになかなかとけ込めないみたいなんです。

もう、5年生にもなるというのに親離れ出来ないというか、私のそばから離れようとしません。

最近は、私もなんだか母親みたいな気になって、明君がそばにいないと落着かないようになってしまいました。

「何、どうしたのよ?」

明君、ズボンの前を押さえてうつむいたままじっとしています。

まさか、この年にもなっておもらしでもないだろうと思ったんですが、念のため物陰に連れていってズボンとパンツを下ろしてみてビックリしちゃいました。

パンツにべっとりと白い物がついてたんです。

そう、精液。

きっと、みんなと暴れているうちにおちんちんがこすれちゃって射精しちゃったんだと思うんですけど、明君はオシッコを漏らしてしまったと思い込んで、あわてて私のところへ駆けてきたんです。

多分、初めての射精でしょうからオシッコをもらしたと勘違いするのも無理ないんだけど・・。

「あらあら。」

私、明君に「なんでもないの、大丈夫よ。」って手話で伝えて、彼をお風呂場へ連れて行きました。

「大丈夫、これはオシッコじゃないの。赤ちゃんを作るタネが出てきたのよ。明君が大人になりかけてる証拠なの。」

そんなことを言い聞かせながら、明君のズボンとパンツを脱がせて、またビックリ。

おちんちんがビンビンに立ってるんです。

明君、それをどうしていいかわからずに、泣き出しそうな顔になって私の方を見ています。

よし、この際だから性教育しちゃおうか。

両親がいないんだから、誰かが性についての知識を教育してあげなければ。
エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||||

2012年5月22日 | カテゴリー:学校で
1 / 11

このページの先頭へ