学校であったエロい話 最新更新情報

ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

妹「兄さんのアナルを開発したい」【妹と】

<>1名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2010/09/27(月)23:22:56.36ID:n0QSNxkIO<>

いつものように自分を慰めていたら、兄さんのアナルが開発したくなった。



兄さんはどんな声で喘ぐのだろうか。



そもそもお尻で感じるのだろうか。



いや、感じさせてみせる。



しかし、わたしには経験も道具も足りない。



万が一にも失敗は許されない。



入念な準備が必要だ。




エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2016年8月16日 | カテゴリー:妹と

若かりし頃の車内での思い出【友達と】

思い出せば、ずいぶんと若い頃のことのように思える。

あれは、20歳の時だった。

12月頃だった。

あるイベントの帰りの電車内でのことだった。

時刻は18時頃だった。

帰りに電車は、すごく空いていた。

両端に一人ずつ座っているだけの殺風景な車内だった。

下車駅まで20分だった。

それまでほとんど乗客がいなかった。

ずっとすいたままの車内だった。

見渡すと、女性の乗客がいる。

席の真ん中あたりに座っている。

様子をみると、うつむいて目を閉じていた。

こげ茶のポニーテールで、顔立ちはついこの前見たカップルの女によく似ていて、

十分に厚着をした上着と色あせて灰色がかった黒のジーンズ姿だった。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||||||||||

2015年3月13日 | カテゴリー:友達と

イベントの帰りの電車内で【友達と】

思い出せば、ずいぶんと若い頃のことのように思える。

あれは、20歳の時だった。

12月頃だった。

あるイベントの帰りの電車内でのことだった。

時刻は18時頃だった。

帰りに電車は、すごく空いていた。

両端に一人ずつ座っているだけの殺風景な車内だった。

下車駅まで20分だった。

それまでほとんど乗客がいなかった。

ずっとすいたままの車内だった。

見渡すと、女性の乗客がいる。

席の真ん中あたりに座っている。

様子をみると、うつむいて目を閉じていた。

こげ茶のポニーテールで、顔立ちはついこの前見たカップルの女によく似ていて、

十分に厚着をした上着と色あせて灰色がかった黒のジーンズ姿だった。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||||||

2015年2月19日 | カテゴリー:友達と

性描写(続)【友達と】

少しは中性に近いかと思う描写の類もあるたとえば衣服を着用しているものがそうである。このなかには、けがらわしき「乱交」はないし、「蹂躙」の類もない。性器の描写もないのがなにもよりも良いものと思える。着衣にもいろんなものがある。最近だと競泳水着にも萌えたし女子高校生の夏服にミニスカート姿にも萌えたしほかには体のラインのあらわになるボンテージなんかも良い。ボンテージというとSMの女王様のイメージがするが、SMという行為には嫌悪感を感じるので、SMという行為を描写する類はすべて酸性に属する。よって我の嫌悪するところである。確かに股下を広げれば鼻を突く臭気がするのは当たり前だがそのようなフェティシズムをお持ちの人たちには嗜好の対象であるようだ(このような嗜好には全く共感できないが)。やはり着衣に限る。着衣が良いからといって何でもよいのではない。このなかにもさらに細かいフェティシズムが潜んでいる。十人十色ともいうべきものであるようで、


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||||||

2014年9月8日 | カテゴリー:友達と

馴致/飼育【友達と】

おぼろな意識が、惑乱した理性が、私を支配していた。

仄暗い自室の壁に、鏡写しとなったいやらしい裸体が映し出されていた。

週末の夜。静かなマンションの室内に、妖しく声が響く。

『これでもう、早紀ちゃんは絶対に、縄抜けなんかできないわ。注文どおり‥‥』

『ん、ッッ』

甘く、低く、ご主人様の声がねっとり耳朶をあやす。

それだけで一糸まとわぬ私のカラダは波打ち、快楽の記憶に震え上がっていく。

SMバー『hednism』での一夜。

女性バーテンを利用して実際のリアルな緊縛を味わおうとした私は逆に罠にはまり、

猥褻な調教風景をビデオに撮られてしまっていた。自縛マニアだと見抜かれ、一晩か

けてじっくりステージの内外で嬲られ、一部始終すべてを記録されてしまったのだ。

(あなた‥‥本当はご主人様なんていないわよね?)

むろん私は否定しているし、女性バーテンにしてもあくまで推測しているにすぎない。

けれど、しかし‥‥

録画されたこの映像だけは、逆らいようのない絶対的な弱みだった。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2013年7月14日 | カテゴリー:友達と

うたがい【友達と】

お盆が近いせいか、社員もまばらなオフィスはどこか空気がゆるんでいる。

窓の外には変わらぬ鈍色の街並み。

オフィスの向こう側では後輩OLが小声で私語を交わしていて(たぶん休暇の話だ)、

暇そうな課長も不機嫌そうにそちらばかり睨んでいる。

両隣の同僚は休暇中で、PCのモニタと書類の束がうまく私の姿を隠している。

誰も、私を見ていない。

「ンッ‥‥」

(あ、ダメ、声が出ちゃ‥‥)

ゾクンと四肢を犯しぬく被虐の波に鼓動が止まりかけ、私は大きく息を喘がせた。

どっと冷や汗が流れ、息を殺して肩でオフィスの様子をうかがう。

大丈夫。

まだ誰も、倒錯した私の遊戯に気づいていない。

ランダムな振動で淫らに私を責めたてるのは、浅ましく男を模したバイブレーターだ。

会社の制服の下、かすかに波打つスカートの奥にみっちり埋め込まれたソレは、細い

革紐でお股に縛りつけられ、どんなに腰をよじっても抜けないようにされているのだ。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2013年7月14日 | カテゴリー:友達と

目覚め【友達と】

‥‥その、私の場合、たしかにその傾向はまだ幼い少女の頃からあったと思います。

いつの頃からか‥‥

おそらく、小学校に上がる前くらいからか。

気づいた時には、そういう自分を意識するようになってしまっていました。

例えば、TVアニメやドラマでヒロインの少女が捕まりロープで縛られてしまった時。

後ろ手にぐるぐる巻きにされ、猿轡の奥で呻いている時。

かっちり嵌められた手錠を揉みねじっているとき。

なぜだか、胸の奥が痛いくらいドキドキしだして、変な気持ちになってしまうんです。

普通に絵本や物語を読んでいても、さらわれた女の子がムリヤリ縛られていく描写が

あったりするととたんにカラダが緊張してしまうんです。

当時から‥‥なんとなく、イケナイ感情だという思いはありました。

友達の家のTVでそういう縛られた女性を見ちゃったときは顔がこわばって、必死に

動揺を隠したりしていましたね。

まだ、わきあがる奇妙な感情が何かも知らなかったんです、子供時代の私は。

教育系のアニメの1コマが、特に印象に残っています。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||||||||||||||||||

2013年7月14日 | カテゴリー:友達と

縄かけ【友達と】

縄掛け その1



偶然のひとつめは、隣の課にいる課長補佐の出向人事。

ロクに仕事もできないくせにセクハラ行為をくりかえす彼はOL全員の嫌われ者で、

その彼の出向を聞かされた私たちは意趣返しとばかり送別会を一次で切り上げ、別で

飲みなおして鬱憤晴らしをしたのだ。

偶然のふたつめは、幸崎さんが風邪で休んでいたこと。

同じ課で合コン好きな彼女はわりとお酒に強く、私と後輩の中野啓子が一緒になって

泥酔してもそれとなくストッパー役になってくれる。いつものように彼女を含めた3

人組だったら、あの店には寄らなかっただろう。

偶然の三つめは、給料日直後の週末で、二人とも開放感に満ちていたこと。

飲み会のあと、さらにはしごした記憶もあるが定かではない。いたるところに転がる

酔っぱらいにまぎれ、中野さんも私もすっかりデキ上がっていたのだ。だから、うち

に泊まりたがってついてきた中野さんが駅前で急に繁華街の一角に入っていったとき

も、私はとくに疑問を感じなかったのだ。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2013年7月13日 | カテゴリー:友達と

イベントの帰りの電車内で【友達と】

思い出せば、ずいぶんと若い頃のことのように思える。

あれは、20歳の時だった。

12月頃だった。

あるイベントの帰りの電車内でのことだった。

時刻は18時頃だった。

帰りに電車は、すごく空いていた。

両端に一人ずつ座っているだけの殺風景な車内だった。

下車駅まで20分だった。

それまでほとんど乗客がいなかった。

ずっとすいたままの車内だった。

見渡すと、女性の乗客がいる。

席の真ん中あたりに座っている。

様子をみると、うつむいて目を閉じていた。

こげ茶のポニーテールで、顔立ちはついこの前見たカップルの女によく似ていて、

十分に厚着をした上着と色あせて灰色がかった黒のジーンズ姿だった。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||||||

2013年6月17日 | カテゴリー:友達と

若かりし頃の車内での思い出【友達と】

思い出せば、ずいぶんと若い頃のことのように思える。

あれは、20歳の時だった。

12月頃だった。

あるイベントの帰りの電車内でのことだった。

時刻は18時頃だった。

帰りに電車は、すごく空いていた。

両端に一人ずつ座っているだけの殺風景な車内だった。

下車駅まで20分だった。

それまでほとんど乗客がいなかった。

ずっとすいたままの車内だった。

見渡すと、女性の乗客がいる。

席の真ん中あたりに座っている。

様子をみると、うつむいて目を閉じていた。

こげ茶のポニーテールで、顔立ちはついこの前見たカップルの女によく似ていて、

十分に厚着をした上着と色あせて灰色がかった黒のジーンズ姿だった。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||||||||||

2013年6月16日 | カテゴリー:友達と
1 / 212

このページの先頭へ