学校であったエロい話 最新更新情報

ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

姉貴に童貞を捧げ、姉貴は俺の子供を身籠った【初体験】

俺が24歳の時の話だけど、4歳上の姉貴に童貞を捧げた。

そのあと2年弱の間は、俺は姉貴に何度もお世話になった。

姉貴が3か月前に結婚した。結婚するまでの間の話だけどね。悲しいけどずっと童貞だった。彼女ができないし、風俗なんか行って病気もらったら嫌だったから。

エッチしたくてしたくて、でもできないからオナニーの毎日だった。

7月だった。

いつものようにパソコンでAV見ながらオナニーした。もちろん、音が漏れないようにヘッドフォンつけてた。

日曜日で、誰も家に居ないときだったから、やりたい三昧だった。

思いきりオナニーできるのが嬉しかったなあ。が、夢中になってしまったのが敗因だった。2回目の発射を姉貴に完全に見られてた。

気が付かなかった。姉貴が買い物から帰宅したのも。俺の後ろでオナニーをずっと見ていたのも。もちろんAV見てたのも。

「ううう!出る!」2度目の射精をティッシュに発射して、チ○○を拭いて、ごみ箱に捨てようと後ろ振り返ったら、姉貴が間近に立っていた。

チ○○見ながらニヤニヤしてた・・・。

まじにあせったし、固まった。なんせ下半身丸出しでオナニーしてたからね。

「ね!・・・姉ちゃん!」

「すっきりした?なんてね。ずっと見ちゃった。智之のオナニー現場!!」

「・・・・黙ってみるなんて・・・姉ちゃんでも許せねーよ!!」


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2017年12月24日 | カテゴリー:初体験

妹はセフレ…【妹と】

俺23歳、妹20歳気付いた時には肉体関係があった。

子供の頃から性的な関係はあったので正確に何時からとは言えない…

ただ妹と初めて交わったのは妹が12歳…小6だったのは覚えてる。

共働きの家は両親の帰りが遅く大体俺達が寝る頃に帰って来ていたので、風呂は当然一緒に入っていたので、女の身体に興味が湧いて来た頃に妹の身体を念入りに調べてお互いの身体の仕組みや性行為的な事を教えて実行させていた。

そして妹が12歳の終わり頃、とうとう合体に成功した!

それまで何度か挑戦していたが中々上手く行かずにいたので、やっと挿入出来た時は余りにも気持ち良過ぎて入れた直後に発射してしまったのを覚えている。

その時、妹は痛かっただろうに我慢してくれていて俺はその後2~3回続けて中出しした。

次の日も風呂に入って中出し…その次の日もと、未だ初潮を向かえていなかった妹に毎日、毎日、妹の膣(なか)に精子をぶちまけていた。

後で知ったのだが妹は一週間程は痛いだけで本当は嫌だったらしいが大好きな俺の為にと我慢していたのだと…

だが一ヶ月も続けると痛みはすっかりなくなり逆に気持ち良さを感じる様になって来たと教えてくれた。

そんな事とは少しも分からなかった俺は自分さえ気持ち良ければいいと自分が満足するだけ満足して何時も行為を終わらせていた。

妹が13歳…中1になるとやっと初潮を向かえオッパイも一気に膨らみ始め入浴時の楽しみが増えたと同時に妊娠に気を付けなければならない事もあり、けど性行為の快楽は二人を狂わせて毎回ギリギリまで中出しセックスを楽しんでいた。

妹が高校生になると、すっかり身体は大人になりセックスも普通では飽きて来て、人気の無い公園のトイレや夜の学校の建物の影だったり、放尿プレイをしたりと段々エスカレートして行った。

そんな変態プレイにすっかり魅了してしまった妹は数々の男からの告白を断り続け俺とのセックスライフを楽しんでいた。なので妹はレズではないかと噂が流れたとか無いとか…

それから高校の卒業旅行に俺が保護者として同伴して妹とその友達3名をUSJに二泊三日の予定で連れて行くことになった。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||||||||||||

2016年2月5日 | カテゴリー:妹と

迎えに来てもらった後に…【妹と】

私は都内の某企業のOLをしています。この不況の中、うちの会社は業績を伸ばし、毎日忙しい日々を送っていました。そんな中、先月のとある週末…日ごろから頑張っている私たち社員にささやかな御褒美として、会社もちの飲み会がありました。みんな飲んで食べて大いに騒いでいました。私も同僚の女の子達とワイワイやっていました。時間も忘れ騒いでいたらいつの間にか終電の時間になっていました。私は慌てて帰り支度をして、みんなより一足先に帰宅しました。私は家族と同居していて、郊外のちょっと田舎に住んでいるので、余り遅い時間になると電車が無くなってしまうのです。かといってタクシーで帰るには遠すぎる距離なので、もっと皆と楽しい時間を過ごしたかったけど諦めて帰ることにしたのです。ギリギリ終電に間に合い、座ってものの数分で眠りについてしまっていました。お酒は余り強く無い私は飲み会でカクテルを1~2杯飲んだだけなのに、雰囲気に呑まれたのか、日頃の疲れがドッと出たのか、私は誰かに身体を揺すられながら目覚めました。「お客さん、終点ですよっ!」そう、それは誰あろう終着駅の駅員さんでした。私は「はっ!」となり辺りをキョロキョロ見回し「ここ、何処?」と一人つぶやくと、その声をしっかり聞き取っていた駅員さんが「○○駅ですよ」「…、…、えっ!?〇〇駅って、△□市の〇〇駅?」と暫し酔った頭で考えハッ!と気が付くと駅員さんに問い合わせると「そうですよ」と、あっさり答えられてしまいました。

その駅は私が下りる筈の駅から時間にして約一時間…各駅停車なので車だと30分から40分くらい掛かる場所です。

時計を見ると10時を少し回った頃でした。この時間では戻る電車はありませんでした。どうしようと考えましたが一番はやはりタクシーで帰る方法だと思いました。これでは結局飲み会の会場から直接タクシーで帰るのと変わらないなと我ながら自分の情けなさに悲しくなりました。

早速ロータリーで客待ちしているタクシーに乗り込もうとした時、ふと所持金がいくらあるのか気になって財布をバッグから取り出し中身を確認すると千円札が三枚と小銭が合わせても五百円ちょっと…とても足りるとは思えませんでした。

後で冷静に考えてみれば家に帰るのだから所持金が寂しくても、着いたら家族の誰かに立て替えて貰えばよかったのに、その時はアルコールのせいもあったのか冷静さを失い半ばパニック状態で、どうしよう、どうしようと、出た結論が兄に車で向かえに来て貰う事でした。

早速携帯で兄にコールすると直ぐに「はいよっ…どした?」と、いつもの調子で応対しました。「お兄ちゃん今どこ?」と聞くと「家に居るよ」と言うので、「悪いんだけど、迎えに来てくれる?」と申し訳なさそうに言うと「何処に?」と嫌がりもせず当然の様な答えが反って来たので「△□市の〇〇駅…」と最後は消え入る様な声で答えると「はっ!?そんな所で何してるん?」と、これまた想像通りの答えが返って来たので、事情を説明…「しょーがねーなぁ~直ぐに行くから変な野郎に捕まらない様に気をつけろよっ!」と、ちょっときつい口調だったけど、私の事を心配してくれてるのを分かっているので迎えに来てくれると言ってくれたのが嬉しかった。兄に言われた通り変な人に絡まれない様に用心して待っていると見覚えのあるカスタムされた一台のミニバンが近づいて私の目の前で停車しました。その車の助手席のドアを開け「ゴメーン!ありがとう、お兄ちゃん♪」顔の前で両手を合わせ言うと「変な奴に絡まれなかったか?」と一番に私の身を心配してくれました。

その時ドキっと、鼓動が早くなったのを覚えてます。

助手席に座り暫く何も話さず二人とも黙ったまま家に向かって走っていると、突然渋滞にハマッてしまいました。

「なんだぁ?」兄が怪訝そうな表情で前方を覗き込む様に見ながら言いました。「どうしたんだろうね…」兄の一言で沈黙の空気が消え私も一緒になって不思議がりました。「対向車もこねぇなぁ…事故かぁ」そう言っている間も私達の後ろには一台…また一台と車の列が繋がり深夜にも関わらず意外と多くの車が走っていると感じていると「ダメだ!動かねぇ」と、突然叫ぶ様に一喝すると、器用にその場でUターンを始めました。今来た道を戻ると途中何度か右左折を繰り返し「ここまで来れば大丈夫だろう」と、私は現在地すら分からない状態なのに兄は一人満足気な表情でした。その表情を見た私はさっきまでちょっと不安でしたが安心し、そうしたらなんだかお腹が空いてきたので「ねぇお兄ちゃん、お腹空かない?」と聞くと「そう言えば腹減ったなぁ」と言うので「じぁさっラーメンでも食べない?アタシがおごるからさっ♪」そう言うと丁度ラーメン屋さんの看板が目に入ったので「ココにしよっ♪」と個人で営んでるらしいラーメン屋さんに入りました。

そこでそれぞれラーメンを食べ、食べ終わると暫くマッタリしていたら店の若い奥さんが閉店時間が近いのか食器を下げに来ました。両手でそれぞれの器を持とうとした時、私の器を取り損ねて倒してしまい、残ってたスープが私目掛けて零れて来ました。私はとっさに避けましたが、避け切れず…って言うか、ほとんどのスープを腹部から下半身にかけ浴びてしまいました。すぐに奥さんが謝りながらフキンで拭ってくれて厨房から主人が血相を変えてタオル片手に飛んで来て一緒に謝ってました。余りにも謝られるものだから怒る気にもなれず「もう大丈夫ですから…」と頭を下げっぱなしの二人に兄も困ってました。とりあえず急いで帰ろうと店を出ようと鞄から財布を取り出すと「そんな、お代は結構ですよ」と逆にレジから「あのこれクリーニング代に足りるか分かりませが…」と五千円札を手渡して来ました。

流石にそこまでされるのは気が引けたので、断ったんだけど、どうしてもって聞かないので、受け取って店を出ました。

それから急いで家に向かって走ってましたが、ラーメンスープの臭いが車内にプワァーンと…

更に私の身体にはラーメンには欠かせない脂が…気持ち悪い…

慌てて店を後にしたので、なんとそのスープが運悪くパンツにまで浸みて私の大事なところは別の意味で美味しそうな状態になっていました…

私はもう我慢の限界でした。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||||||||||||||||

2015年12月19日 | カテゴリー:妹と

これは無断転載です – 会社の後輩に「エッチしたいですか?」って言われて筆下ろししてもらった話 【友達と】

これは無断転載です

-

会社の後輩に「エッチしたいですか?」って言われて筆下ろししてもらった話

無断転載はやめてください。

証拠としてウェブ魚拓を取得しています。今後追加していく予定です。

このサイトは他サイトからスクリプトで無断転載を繰り返しています。無断転載はやめてください。このサイトは他サイトからスクリプトで無断転載を繰り返しています。無断転載はやめてください。このサイトは他サイトからスクリプトで無断転載を繰り返しています。無断転載はやめてください。このサイトは他サイトからスクリプトで無断転載を繰り返しています。無断転載はやめてください。このサイトは他サイトからスクリプトで無断転載を繰り返しています。無断転載はやめてください。このサイトは他サイトからスクリプトで無断転載を繰り返しています。無断転載はやめてください。このサイトは他サイトからスクリプトで無断転載を繰り返しています。無断転載はやめてください。このサイトは他サイトからスクリプトで無断転載を繰り返しています。無断転載はやめてください。このサイトは他サイトからスクリプトで無断転載を繰り返しています。無断転載はやめてください。このサイトは他サイトからスクリプトで無断転載を繰り返しています。無断転載はやめてください。このサイトは他サイトからスクリプトで無断転載を繰り返しています。無断転載はやめてください。このサイトは他サイトからスクリプトで無断転載を繰り返しています。無断転載はやめてください。このサイトは他サイトからスクリプトで無断転載を繰り返しています。無断転載はやめてください。このサイトは他サイトからスクリプトで無断転載を繰り返しています。無断転載はやめてください。このサイトは他サイトからスクリプトで無断転載を繰り返しています。無断転載はやめてください。このサイトは他サイトからスクリプトで無断転載を繰り返しています。無断転載はやめてください。このサイトは他サイトからスクリプトで無断転載を繰り返しています。無断転載はやめてください。このサイトは他サイトからスクリプトで無断転載を繰り返しています。無断転載はやめてください。このサイトは他サイトからスクリプトで無断転載を繰り返しています。無断転載はやめてください。このサイトは他サイトからスクリプトで無断転載を繰り返しています。無断転載はやめてください。このサイトは他サイトからスクリプトで無断転載を繰り返しています。無断転載はやめてください。このサイトは他サイトからスクリプトで無断転載を繰り返しています。無断転載はやめてください。このサイトは他サイトからスクリプトで無断転載を繰り返しています。無断転載はやめてください。このサイトは他サイトからスクリプトで無断転載を繰り返しています。無断転載はやめてください。このサイトは他サイトからスクリプトで無断転載を繰り返しています。無断転載はやめてください。このサイトは他サイトからスクリプトで無断転載を繰り返しています。無断転載はやめてください。このサイトは他サイトからスクリプトで無断転載を繰り返しています。無断転載はやめてください。このサイトは他サイトからスクリプトで無断転載を繰り返しています。無断転載はやめてください。このサイトは他サイトからスクリプトで無断転載を繰り返しています。無断転載はやめてください。このサイトは他サイトからスクリプトで無断転載を繰り返しています。無断転載はやめてください。このサイトは他サイトからスクリプトで無断転載を繰り返しています。無断転載はやめてください。このサイトは他サイトからスクリプトで無断転載を繰り返しています。無断転載はやめてください。このサイトは他サイトからスクリプトで無断転載を繰り返しています。無断転載はやめてください。このサイトは他サイトからスクリプトで無断転載を繰り返しています。無断転載はやめてください。このサイトは他サイトからスクリプトで無断転載を繰り返しています。無断転載はやめてください。このサイトは他サイトからスクリプトで無断転載を繰り返しています。無断転載はやめてください。このサイトは他サイトからスクリプトで無断転載を繰り返しています。無断転載はやめてください。このサイトは他サイトからスクリプトで無断転載を繰り返しています。無断転載はやめてください。このサイトは他サイトからスクリプトで無断転載を繰り返しています。無断転載はやめてください。このサイトは他サイトからスクリプトで無断転載を繰り返しています。無断転載はやめてください。

おっぱい体験談おっぱい体験談おっぱい体験談おっぱい体験談おっぱい体験談おっぱい体験談おっぱい体験談おっぱい体験談おっぱい体験談おっぱい体験談おっぱい体験談おっぱい体験談おっぱい体験談おっぱい体験談おっぱい体験談おっぱい体験談おっぱい体験談おっぱい体験談おっぱい体験談おっぱい体験談おっぱい体験談おっぱい体験談おっぱい体験談おっぱい体験談おっぱい体験談おっぱい体験談おっぱい体験談おっぱい体験談おっぱい体験談おっぱい体験談おっぱい体験談おっぱい体験談おっぱい体験談おっぱい体験談おっぱい体験談おっぱい体験談おっぱい体験談おっぱい体験談おっぱい体験談おっぱい体験談おっぱい体験談おっぱい体験談おっぱい体験談おっぱい体験談おっぱい体験談おっぱい体験談おっぱい体験談おっぱい体験談おっぱい体験談おっぱい体験談おっぱい体験談おっぱい体験談エッチ

レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談レイプ体験談

Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談Hな体験談

エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談エッチな体験談

2015/05/01

16:30:02:de00dd470a7e9f2332df7bbe99f8c433

抜ける!!

面白い!!

続きが見たい!!


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||||

2015年5月2日 | カテゴリー:友達と

泉ピン子似の韓国人【友達と】

連休にあまりにも暇だったのでワクワクメールのデート相手募集掲示板に書き込みしたんだ。

「これから会える人いませんか?よかったらご飯とか一緒に行きましょう♪メール待ってます」

そうしたら1通返事が来た。

「今、あざみの駅の近くに住んでるんですけど、暇だしよかったら会いましょう!」

こんな感じだった。

プロフィールを見たらなんと18歳。

JKかよ!

自己評価はあまり高くなかったけど、若い娘ならすべてOK。

待ち合わせは駅前ということですぐに向かった。

昔は常にJK狙いだだったから車無いと辛いな~なんて思ってたけど、最近はお酒の力を借りないとなかなか即日できないから車無くても問題なし。

待ち合わせ場所に着くと先に来ていたようですぐに捕捉されてしまった。

会った感想はあまり可愛くない。

泉ピン子にそっくり。

もう逃げられないから居酒屋へ。

いろいろ飲みながら話していくと何故か神奈川で関西弁。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||

2015年4月19日 | カテゴリー:友達と

【初体験】本屋でグラビア写真を見てたらGカップの芽依子が話しかけてきた【高校生】

名無しさんからの投稿

—-

「ねえ、これ見て」

ソファーで新聞を読んでいると、妻が写真を差し出してきました。

ニヤニヤしているので何かあるなとは思いましたが、写真を見て納得しました。

「よくこんなの持ってたな」

写真には10年前の僕と芽依子が全裸で写っています。

芽依子は満面の笑顔。

僕の笑顔は引きつっていました。

「昨日実家に帰ったじゃん。机に入ってたの見つけたんだ」

「おいおい、ちゃんと隠しとけよ。見つかったらヤバいだろ」

「なに偉そうに。童貞卒業直後だから恥ずかしいんでしょ」

小悪魔としか言えない顔を近づけてきます。

じっと目を見られ、僕は眼をそらしました。

図星だったのです。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2015年3月7日 | カテゴリー:高校生

どすけべコスプレイヤー調教。【友達と】

昨日は火曜日でとても晴れたいい天気だった。。仕事の関係もあり、コスプレイヤーさんと知り合う機会が多いので

良く言われるような偏見はない。。逆に素敵な自己表現の方法だなと思う。。自分の好きなアニメやゲームの衣装を着て、普段とは違う自分になることで

本当の自分を表現できたり、キャラクターになりきってその世界観の住人になったり。。それにとてもいいストレスの発散の仕方だと思う。。私の場合はコスはしないが以前付き合ってた彼女はレイヤーをしていたので

その心理や気持ちは良く分かる。。

いろいろとお金もかかるということも…ね(^^;話は逸れたが、今日は何人かのレイヤーさんから撮影会やイベの誘いがあったが

残念なことに仕事の関係で行くことが出来なかった。。久しぶりに会う女性もいたので無理してでも行きたかったが、こればっかりはどうしようもない。。まぁ、いい機会なので少しレイヤーさんのことを書こうと思う以前付き合ってた彼女もそうだが、レイヤーさんは見られたい、見て欲しいという願望が強い。。

撮影会でも少しきわどい写真を撮ることもあるし、実際カメコの方からポーズ要求があれば割と受けてくれる。。そのため、カラダの関係になってもその性格や希望することはコスしてる時とあまり変わらない。。コスしてHしたいというのは勿論のこと、撮影会では見せないいやらしい自分を撮影して欲しいとか、中にはコスしてキャラになりきって陵辱調教されたいというコもいる。。可愛い服を着た自分を汚されたい、辱しめて欲しい…そんな願望のあるレイヤーさんはとても可愛い。。

続きと写真はこっちで・・・http://s11.smhp.jp/69jj/blog/?id=69jj&cn=9&_cus=mgp2k3調教部屋はこっち

http://s11.smhp.jp/69jj/?_cus=lh5kjk&cn=918歳以上のメール調教や写メ交換したい変態M女はおいで。二人だけになったら、こんな感じで調教してやるよ・・・「もう欲しがってるのか?この淫乱娘が…」

「なんにも触れてないのに、なんでこんなになっちゃってんだ…?」

「そんな恥ずかしい部分を、どんなふうにいじくって欲しいんだよ?」

「そんなわがままな子には、お仕置きが必要だな…」

「自分でそんなとこひろげて、恥ずかしくないのか…?そのじゅくじゅくしたいやらしい器官がなんなのか、ひとつひとつ説明しなさい」


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2015年2月26日 | カテゴリー:友達と

TDLの帰りに【友達と】

もう半月会ってなくて、お互い溜まりに溜まってたけど、久々にTDLに行きました。

 結構空いていて、色んなアトラクションに乗りました。

 もう薄暗くなってきた頃にホーンテッドマンションに入りました。乗り物に乗るとすぐ、彼がキスをしてきたんです。

「溜まってるの?」と聞くと、「あんなちゃんと同じだよ」と言うので、「じゃあたまってるんだね!?」って言っちゃいました。

 Jくんは「次どうする?何乗る?」って聞いてくるけど、私は早く帰りたくて・・・。

「う・・・・ん」と言うと「あんなちゃんに乗りたい」って。

 じゃあ帰ろうと言う事になりました。

 TDLの近くのラブホは満室で、結局地元まで帰りました。

 ラブホに着くと、いきなりキス。キスをしながら、1枚1枚服を脱がせていく彼。

 Jくんがまだブルゾンも着たままなのに、私は全裸にされました。

 そして、TVの台に手を付かされ、立ったままバックからクンニ。まだシャワーも浴びてないのに!!!

 中指がクリを擦り、舌はビラビラをなぞる。

 チュッチュとわざと音を立てながらのクンニ。

 顔を上げるとTVではAVが流れていました。女子高生が、変態2人に犯されてる。

 彼はTVの台にもたれかかり、私がまたがるような格好になって、前からクンニを始めました。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||||||

2015年2月2日 | カテゴリー:友達と

仕事帰りに20代の女の子とぶつかって転びそうになった【初体験】

名無しさんからの投稿

—-

仕事の帰り地元の駅に着き改札口を出ようとした時、20代前後の女の子とぶつかって転びそうになりかけました。

「ごめんね。大丈夫ですか?」

「あっいいえ。こちらこそすいません」

とその場を離れましたが、その彼女の爽やかさが妙に心に残りました。

駅前にある喫煙場所で煙草を吸っていると、先ほどぶつかったあの女の子が前を通り過ぎました。

彼女は私が行こうとしている店と同じ方向に歩いているので、後をついて行く格好になりました。

彼女は私の目的の店の3~4軒手前にあるモダンなダイニングバーの店に入って行きました。

こんなお洒落な店に来るんだなー。

私はそのまま行きつけの店で1時間ほど飲んだのですが、帰りに彼女が入った店が気になって入ってみると、店内の雰囲気も良くカウンターに座りました。

見渡しても客の中に先程の女の子が見えず、もう帰ったのかなと思っていたところに、

「いらっしゃいませ」

とオーダーを取りに来た子が彼女でした。

彼女はこの店でアルバイトをしていたのです。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||||||||||||||||||

2015年1月20日 | カテゴリー:初体験

会社の後輩に「エッチしたいですか?」って言われて筆下ろししてもらった話【初体験】

名無しさんからの投稿

—-

後輩とは仕事の関係で一緒に行動する事が多かったんだけど、女慣れしていない俺が面白かったみたいで、

「彼女出来た事あるんですか?」

から始まり、

「キスは?」

最終的に

「童貞ですか?」

とか根掘り葉掘り聞かれた。

車で移動する時には、シフトを握ってたらその上に手を置いてきたり、

「ほっぺにならキスしてもいいですよw」

って言われたりして遊ばれてた。

それで、

「一緒に寝てみますか?」

みたいな感じになってラブホへ。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||||||||

2015年1月5日 | カテゴリー:初体験
1 / 812345...最後 »

このページの先頭へ