学校であったエロい話 最新更新情報

ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

近所にいるエロガキ 9.【友達と】

私と香織の2人はその子供部屋に入り・・・あまりの光景に。。唖然としました。おそらくこの週末の内に購入したのでしょうか。。。

その子の部屋の中央には、いつものベッドよりさらに大きなウォーターベッドが頓挫していました。

そのベッドが振動で”ギシギシギシギシ”と激しくスプリングしていました。。。音を立てているそのベッドの上では。。。実に”7人もの裸の女性達”とその子がいました。

また7人の女性の内、2人はおそらくその子に犯されたばかりなのでしょう。。。体中にその子が出したであろう精液をこびりつけた状態で、「はぁ・・はぁ・・はぁ」と荒く息をはきながらベッドの上に横たわっていました。そして、肝心のその子は今、さらに別の2人を後輩位と正上位の姿勢で”アソコ”を重ね合わせた間にペニスを挿入する”女のサンドウィッチ”で2人同時に犯していました。。。。。

”ズパァーン”、”、”ズパァーン””ズパァーン”と大きな音を立てるその子の腰使いにあわせて、

「あんっ!、あぁぁんっ!!・・んんっ・・あはぁぁん!!!」「あっ!あっ!あぁん・・!!やあぁぁ!!!」と犯されている2人の叫んでいるかのような喘ぎ声が響いていました。。。そして他の3人の女性は、その子に群がり、その子の乳首や頬など体中に口付けをしたり、”ペロペロ”と舐めるたりと、まるでその子に”ご奉仕”をしているようでした。。。

その子は2人を犯しながらも、、時節その奉仕している3人の女性のおっぱいや”アソコ”をいじくり、、喘ぎ声を上げさせていました。。。

その光景はとても現実のものとは思えませんでした。。。そのうちにその子に犯されている2人の女性が

「あぁっ!あぁぁん!!!・・・だめぇ・・・私ぃ・・イっちゃう・・イッちゃいそう!!!」

「やぁぁん!!・・・私もぉ。。。イきそう。。・・!もう。。イかせてぇ!!!」

とその子に恍惚の表情を向けて、まるで哀願するかのように言いました。。。

その子は犯している2人を舌なめずりを見て。。

「げへへへぇ。。。”涼子ぉ” ”真奈美ぃ”もうイきたいのかぁ?2人一緒にイきたいのかぁ???だったり”おねだり”しなよぉ。。。僕の”えっちなおしっこ”いっぱい出してって!”おねだり”しなよぉ!!! 」

とさらに腰使いを激しくしていきました。。。。

犯されている2人の女性達は「あっ!あっ!あっ!!あっああぁ!!!!!!」と同時に悲鳴に近いあえぎ声だしながら


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||||||||||||

2018年1月11日 | カテゴリー:友達と

覚醒した妻【友達と】

私達は結婚20年目を迎えた46歳と43歳の夫婦です。

子供も巣立ち二人だけの暮らしになり、月に1~2度だったセックスも回数が増えていきました。

以前はノーマルなセックスだけでしたが、セックスの最中に私がふざけて妻をデジカメで撮影したのをきっかけに大きく変わっていったのです。

もともと、おとなしい性格の妻はセックスの反応もひかえめで声も我慢していたようです。

私を受け入れたまま写真を撮られた妻は今までに感じた事のない快感が襲ってきたと言います。

声を出し乱れる続ける妻と私は同時に果てたのでした。

その夜から私たち夫婦はアブノーマルなセックスにのめり込んでいったのです。

妻のヌードやオナニーなど室内で撮影していましたが屋外でも撮るようになったのです。

週末、夜中に遠方までドライブして早朝、人気のない場所で露出をさせ撮影するのです。

妻の恥ずかしい写真は増え続けアルバム数冊になりました。

そうすると、妻の恥ずかしい写真を誰かに見せたくなりました。

できれば、私の永年の夢でもある妻に他の男を経験させてみたくなったのです。

妻に伝えたところ反対されましたが根気よく説得したところ、私の飲み友達の友人だったらと許してくれたのです。

その友人は妻のお気に入りでよく家で飲む間柄で幼なじみでした。

早速、友人を招きましたが私も妻もドキドキで落ち着きません。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||||||

2018年1月10日 | カテゴリー:友達と

母と妹と、ときどき3P【初体験】

僕の母さんは今年34になります。1月16日が誕生日だったので僕はプレゼントを買って帰りました。親父が今は福岡にいるので、家には僕と妹の江美と母さんの3人だけです。母さんはワインが好きなので、そんなに高くはないですが3千円のワインとケーキを買って帰りました。高校に入るまではバイトできないので、じいちゃんにもらったお年玉で買いました。去年は親父がケーキを買って来たり、プレゼントを上げたりしてたので、今年は何も無いと思ってたらしくて、すげえ喜んでくれました。3人でパーティーみたくなって、このパソコンでカラオケまでして盛り上がりました。僕も妹もワインをグラス1杯だけ飲んで、母さんはワインをボトル半分ぐらい飲みました。妹が眠くなって、お風呂に入って寝ると言ったら、母さんが悪乗りして、皆で入ろうと言い始めました。妹も僕も酔っ払っていたので、盛り上がってしまって、皆で入ることになりました。小学3年生ぐらいまでは一緒に入ったことがあったのですが、5年ぶりぐらいでした。皆勝手にその場で裸になって、3人で風呂に入りました。湯船に先に入って、体を洗いっこしてる2人を見てて、初めてヤバイと思いました。妹の裸は初めて見たのですが、おっぱいも出始めていて、お尻もふっくらしかけて、カッコいいんです。母さんの裸はおっぱいも突き出て、垂れてないし、ウエストもきゅっと細くて、お尻もほんとにカッコよく大きいんです。そんな2人が洗いっこしてるのを見てたら、僕のペニスがだんだん大きくなってきて、どうしようもなくなりました。妹のあそこはまだ産毛ぐらいしか生えてなくて、僕の方からは割れ目も見えませんでしたが、母さんは妹の体を洗うのに動くので、その度にちらちら濃い茶色の毛と、ピンク色の割れ目が見えました。母さんと妹がお互い洗い終えて湯船に入ろうとする頃には、僕のペニスはがっちがっちに硬くなっていました。「交代、交代」妹がはしゃいで言うので、仕方なく2人から見えないように背中を向けて湯船から出ました。

「あら、」でも母さんは分かったらしくて、僕のペニスのほうをチラッと見て、笑いました。僕は2人に背を向けて洗い始め、小さくなるよう色んなことを考えましたが、全然小さくなってくれません。「まこちゃん、久しぶりに洗ってあげるょ」母さんが湯船から出て、僕の手からスポンジを取り上げると、背中から洗ってくれ始めました。僕のペニスはもうびんびんになってしまいました。「ほら、江美ちゃん見て」母さんが僕の体をイスごと回したんです。「スゴイ、それオチンチン?」湯船の中から、妹が目を大きくして見つめてきました。「なにすんだよ、」僕が抗議しても、母さんはすごいハイになってて、僕のペニスを握り締めてきました。「えっ」僕は固まってしまいました。「これが男の人のオチンチン、お父さんのオチンチンもこんなに固くなって、そして、」母さんが僕のペニスを握った手を動かし始めたんです。

「お父さんのより、ちょっと硬いかな?」「太いかも知んない、」母さんだけ喋ってました。僕は湯船の縁に手を伸ばして掴まって、母さんのしてくれるままになってたし、妹は湯船の中から体を乗り出すようにして、母さんのすることを見てました。母さんの体が僕の背中にまるでおぶさるように、くっついてました。柔らかいおっぱいと太腿が僕の背中と腰にくっついて、僕は興奮してました。「それで、これが母さんの中に入って、射精するの、」母さんの手の動きが速くなって、僕はもう我慢できなくなって、そして、射精しました。「うっ」、「あっ」、「きゃっ」

僕と、母さんと、妹が同時に叫びました。精液が湯船の縁に何回も勢いよく当たって、流れ落ちました。「お兄ちゃんすごいょ、」その後、今度は妹が洗ってくれ始めました。妹のほそい指が母さんのまねをして、僕のペニスを握り動かし始めると、さっきの射精で柔らかくなってた僕のペニスが、すぐ大きくなり始めました。「はい、もうやめよ、終わり、」それまで、湯船で沈んでいた母さんが、とろんとした顔で言いながら、妹を引っ張るようにして、風呂場から出て行きました。「あたしもしたかったのに、」妹が不満そうに言いながら居間の方に行くのが分かりました。僕はさっきの事でぼうっとしながら、湯船に入り直しました。

僕が風呂から出ると、母さんも妹ももう自分達の部屋に行ってました。僕もなんだか興奮したままでしたが、自分の部屋に向かいました。階段を上がろうとしたら、妹が母さん達の寝室から顔を出して呼ぶんです。「こっちだよ、お兄ちゃん、こっち、」何だろと思いながら、母さん達の寝室に入りました。 妹も、母さんも裸のままでした。母さんは、ベッドの上に横になってて、妹はベッドの方に向いたソファの上に座ってました。明かりの下で、母さんの裸がすげえ綺麗でした。「お兄ちゃん、母さんがセックス教えてくれるって、」心臓が止まりそうになりました。妹は笑ってました。母さんの方を見ると、とろんとした顔で微笑みながら、頷きました。「まこちゃん、裸になって、」僕は慌てて裸になりました。ペニスは半立ち状態で、太くなり始めてました。「江美ちゃんも来て、見ててね、」僕がベッドに上がりこむと、妹もベッドの脇に来ました。母さんが自分で膝を抱えると、足を大きく開きました。母さんのあそこはもう濡れてる様で、蛍光灯の光できらきら輝いてました。「まこちゃん、そこ舐めて、」僕は舞い上がってて、喉はからからでした。言われたとおり、母さんのあそこに顔をつけて、夢中で舐めました。妹に見られながら、母さんとセックスしました。母さんの中にペニスを入れたとたん、射精してしまいました。「今度は、江美ちゃん、」母さんが、妹をベッドに上がらせると、妹のあそこを舐め始めました。くすぐったがっていた妹も、だんだん顔を赤くして、目を閉じて、うなり始めました。僕のペニスはまた大きくなってきました。

母さんは僕のペニスをちらっと見ると、微笑んで、僕の方にお尻を向けました。僕は母さんのお尻にしがみ付くようにして、ペニスを押し当てました。ダブルベッドの上で、3人でセックスしました。一時ごろ、僕はとうとう妹の体の中に、ペニスを入れました。母さんのあそこを舐めてる妹の後ろから、母さんにしたのと同じように挿入しようとしたのですが、きつくて、ペニスの半分ぐらいしか入りませんでした。痛いと言って逃げようとする妹の体を、押さえつけるようにして、セックスしました。すっかり寝込んで軽い鼾をかいている母さんの体の傍で、僕は妹の中にその日4回目の射精をしました。

次の日曜日が大騒ぎでした。

10時ごろ目を醒ました母さんは、何も覚えてなくて、起きると僕が母さんの上になってセックスしてるんですから。しかも、妹がそのすぐ傍で寝てるんです。びっくりするくらい大声を上げて僕を突き放そうとしました。母さんの声にびっくりして、妹も目を醒ましました。母さんの膣が痙攣しながら、僕のペニスを搾りつけるみたいに締め付けてきました。「まこちゃん、何すんのよぉ、」半分気違いみたいに首を振って、僕を突き放そうとしますが、全然力が入ってなくて、放せません。しまいには、ぼろぼろ泣き始めました。「お母さんが、セックスしよ、って言ったんだよ、」あきれた様に母さんを見ていた妹が、小さいけどはっきりした声で言いました。「えっ、まこちゃん?」泣き顔のままで母さんが僕を見たので、僕も頷きました。頷きながら、僕は締め付けられたままのペニスから射精してしまいました。「いやっ、まこちゃん、だめ!」僕が体を震わせながら射精したのが分かると、母さんは一瞬体を硬くして、目を閉じました。3人別々にシャワーを浴びて、居間で話をしました。母さんは最後まで硬い顔をしたままでした。「でも、お母さん、すごい気持ちよかったんだよ、」妹が言っても、何も言いませんでした。「江美ともセックスしたの?」もう言うことが無くなって、僕と妹が立ちかけると母さんが小さい声で聞いてきました。僕が答えようとすると、妹が先に恥ずかしそうに頷きました。母さんは顔を覆って、泣き始めました。その日一日は、長くてしょうがなかったです。夜になって、妹は疲れたらしくて、8時ごろには寝てしまいました。9時ごろ母さんもやっと自分の部屋から出て来ました。謝らなきゃ、とは思いましたが、言葉が出てきませんでした。2人ともソファの両端に座って、テレビだけが音を出してました。「まこちゃん、ごめんね、」母さんに謝られました。僕にすがり付いてきました。「もっとして、いっぱいして、」母さんのベッドで、その晩、3回しました。次の日の朝、顔を合わせるなり妹がVサインを出してきました。「今日はあたしともしよ、」どうやら、途中から覗いていたようで、小さい声で囁きました。それから、今日まで、母さんと妹とセックスしています。3Pは時々しかしません。コンドームもつけてするようになりました。妹も、先月ぐらいから感じるようになりました。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||||||||||||||

2017年12月23日 | カテゴリー:初体験

ショタっ子と。【初体験】

俺には中学生からの恋人がいる。

女ではなく男だ。

しかし、俺は【ゲイ】ではない。

好きになってしまった人がたまたま男であった。

それだけの事。俺はある村に住んでいた。

通っていた学校は、とても人数が少なく全校生徒合わせても平均的な学校の一クラスか二クラス分の人数しかいない。小学校と中学校が同じ棟で殆ど、分校のような状態。俺は小柄で頭は悪くない。

恋人の名前はT.S。

こいつも小柄で、大人しくて綺麗な顔立ち。俗に言う男の娘みたいなものだった。

身体も華奢で声変わりもほとんどしてない。

良く言えば、大人しくてまじめな子。

悪く言ってしまえば、コミュニケーション能力に欠ける、所謂自閉症。

とは言え、仲良くなれば普通に会話はできる。そんなT.Sは幼稚園からの幼馴染。

小学校2年の時位から、陰に隠れるようになった。

しかし、幼馴染である俺に対してだけは懐いていた。小学5年生の時。

T.Sの家で遊んでいるとき、体勢を崩したT.Sが俺の上に乗ってしまった。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||

2017年12月23日 | カテゴリー:初体験

おっぱいちゃん【友達と】

友人のT君に夫婦で呼び出され

居酒屋で飲んでいた

T君と俺達夫婦は、高校の同級生で32歳T君は太っていて、モテない為、2年前に、結婚した相手が、初めての女だった

「俺君達二人は、今でもエッチしてるの?」「してるよ、子供が一人で寝るようになってから、むしろ

回数も増えたかも、なぁ?」「そうだね!週2位かな?

最近、俺君元気だもんね」「お前だって最近、自分から・・・」

「わかった!わかった!

うちなんか、最近、M樹が嫌がるから全然だよ!

余りエッチが好きではないみたいなんだよ!僕は毎日でも・・・」M樹ちゃんと言うのは、T君がずっと彼女が出来ない為、3年前に俺の会社の後輩を、紹介し結婚した相手M樹ちゃんは、小柄で少しポッチャリして、元気で明るい26歳そして、おっぱいが異常にデカく、会社の男達の間では、影で

”おっぱいちゃん”と呼んでいた

(名付け親は、俺)「このままじゃあ、僕達子供も出来ないよ!協力してよ」「協力って言っても?具体的には?」

そして、T君は最初から自分で考えていた作戦を話し出した

T君夫婦と俺達夫婦で、温泉旅館に泊まり、温泉と美味しい料理でリラックス

そして酒を飲み、ほろ酔い気分になった所で、3人でM樹ちゃんをエッチ好きに、調教する

俺は、その浅はかな計画に


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||||||||||||||

2017年12月22日 | カテゴリー:友達と

友達の奥さんはM妻【友達と】

私は×1の42歳(中村 武史)会社員です。

私の会社の同僚(42歳 伊藤 淳)は昨年、部下の女性社員(31歳 今日子)と再婚しました。

伊藤も今日子ちゃんも×1で社内では交際している噂もなく突然の結婚報告に驚きました。

同期入社の伊藤とは社内でも唯一の親友と呼べる間柄だけに私も喜びが大きかったのは事実です。

今日子ちゃんは社内でも仕事の出来る女性で知られながら、美人で物静かな大人の女性で若い男性社員にも人気がありました。

そんな、今日子ちゃんは結婚を期に会社を辞めて専業主婦として伊藤と暮らしておりました。

そんな時に伊藤から『たまには、家に遊びに来いよ、今日子も喜ぶから・・・』とお誘いを受け週末にお邪魔する約束をしました。

金曜は定時に会社を出て一度、自宅に戻った私はシャワーを済ませ用意してあった手土産のワインを持って同じ沿線の隣の駅に降りました。

約束通り8時に伊藤宅のチャイムを鳴らしました。

笑顔で2人は私を迎えてくれたのですが今日子ちゃんの姿に驚きました。

白のシースルーのブラウスの中に同じく白のキャミソール、黒のミニスカート姿です。

2人にリビングに招かれました。

テーブルを挟んで伊藤と対面する形で腰を掛けました。

今日子ちゃんはキッチンからお酒の用意を運んでくれます。

お土産のワインを今日子ちゃんに渡します。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||||||||||

2017年12月22日 | カテゴリー:友達と

淫乱妹ゆり【妹と】

俺は、大学生で高校1年で16歳の妹がいる。妹は、名前をゆりといって、顔は可愛く、胸はEカップの巨乳でスタイルも良く、性格もよく、何の問題もない可愛い妹だ。ま、やはり年頃ということもあり、性に興味がるらしい。そんな妹と一線を越えてしまったのは先月のこと。俺は、時々、オナニーのときおかずでゆりの使用済みのパンツを使って、パンツをチンポに巻きつけてオナニーするのだが、今回「ゆり、ゆり」と妹の名前を呼びながらオナニーしていたら、妹に見つかってしまった。一瞬、ああもう終わりだと思ってしまったのだが。妹は「私、お兄ちゃんのこと男として好きだったの。うれしい!!」といい、抱きついてきた。そして、次の瞬間、俺の勃起したチンポしゃぶってきたのだ。とにかく、俺はびっくり!!でも、すぐにいってしまった。それから後は、俺の部屋のベッドで、やり放題。女子高生の若い体をむさぼりまくった。Eカップのおっぱいをなめ、ぐしょぐしょのオマンコをなめ、ぬれてきたらつき放題。俺は童貞、妹は処女だったので、すっかりエッチの気持ちよさに目覚めてしまい、それ以来、親のいないところではやり放題だ。ただ、最近ゆりがエロくなりすぎて困っている。複数プレイがしたいだとか、輪姦されたいだとか、野外でやりたいだとか、見られながらやりたいだとか、公衆便所女って呼ばれてずっと一生エッチばっかりしてたいだとか困っている。一度、俺の友達4人と5Pをしたんだが、その際もぜんぜん緊張することなく2本チンポをしゃぶり、一本前に、もう一本は後ろに入れてもらってアンアンあえいで、一晩中エッチして、んで複数プレイが大好きになったみたい。あと、AVとかにあるようなコスプレも好きで、よく制服とかブルマとかスク水とかでもエッチしてくれる。本当にエロくてエッチ大好きの最高の妹で俺はなんやかんやいって大好きだ。あー、明日もいっぱいいかせてやるからな、ゆり!!

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||||||||||

2016年7月30日 | カテゴリー:妹と

貴子【妹と】

こんばんは 古い話ですが・・・・

まだ二十歳のころの話です。

友人の妹、高校生に好かれておりいつしか友人に内緒で遊ぶようなりました。

妹の友達ともよく会うようなり、その中に貴子がいました。

貴子は、少し変わっており、さめた感じでした。

そんな貴子とメルアドを交換し、よくやり取りしておりました。

そんな時、友人の妹が高校の先輩に遊ばれていると聞きました。

とても信じられなくて、話をよく聞くとどうも写真部の先輩たちの

遊び相手として部室で、毎日のようにやっているとのこと。

夏休みに入り、写真部の合宿??なぜ・・の日

貴子とともに学校へ侵入、確かに文科系の部室は、校舎の隅にあり、

目立たないとこにありました。

反対の校舎に忍び込み部室を2Fから覗くと貴子の言うとおりでした。

友人の妹は、裸で数人に撮影されていました。

確かに2Fから出ないと見えない位置関係、1Fからでは、スリガラスで


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||||||

2016年7月4日 | カテゴリー:妹と

続・いとこ同士のセクス【妹と】

<>548名前:130◆REqI9JYv16[sage]投稿日:2008/08/05(火)12:46:27ID:y1tW+RLl0<>

前回お話したのがいつの事だったか、記憶も曖昧になるほどの期間を置いて、再びお目汚しと参りましょう。



今回は比較的最近の話で、時期は6月の中ごろ。

あーまた一つ年食ったなぁ、などと黄昏ている所にいとこからこちらに来るとの連絡が入りました。

最後に顔を合せたのは年明けの…4ヶ月くらいのご無沙汰ですね。

気持ちの緩む時間ができる事に少し喜びを覚えていました。



で、そこから数日して問題の当日です。

仕事もまぁまぁ落ち着いて片付けられ早めの帰宅を許された私は、いそいそとお泊りセット(焼酎グラス、麦、芋、ししゃも、そしていとこからの要請でPS2その他)を持って祖父母の家に向かうのでした。





<>549名前:130◆REqI9JYv16[sage]投稿日:2008/08/05(火)12:46:51ID:y1tW+RLl0<>

居間へ続く戸を開けると、出迎えるのはいつもの顔+1。

既にパジャマ姿でだらけた様子のいとこ殿が迎えてくれた。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2016年7月4日 | カテゴリー:妹と

家族で露天行水と露天シャワー【お姉ちゃんと】

 夫の両親は車で40分ほどの所に住んでいる。夫の父は52才、母は51才、夫の兄夫婦(26才、25才)の4人で住んでいる。夫も私も24才だ。義兄はわりに器用で、ホームセンターなどからいろいろ購入して、家を改良している。最近の夏は暑いので、昨年の夏から、外で行水やシャワーができるように、風呂場のシャワーを長くして窓から外に伸ばせるようにした。風呂の外はちょっとした中庭で、気持ちよい風も吹いている。そこに簾で簡単な隠しをつくり、露天行水、露天シャワーができるようにした。家の中からその囲いに直接いけるドアがある。その気になれば中を覗くのは簡単だが、まあまあの水場。そこに大きな盥を置き、行水ができるようにした。家の中で裸になり、その露天行水、露天シャワーを楽しむことができる。一人だけでなく、家族中皆で一緒に楽しむことも多い。私達が訪ねた時も、4人、あるいは6人で楽しむ。もちろん全員素っ裸で体と体が触れ合っている。義父や義兄のオチンチンをまともに見たり触ったりしてもいる。義父や義兄は私のヘアーヌードを見たり触ったりが好きで、夫は義兄の奥さんのヘアーヌードを見たり触ったりして喜んでいる。私は義父や義兄がお乳に触ったり、ヘアーと割れ目に触り、見詰めるのはOKしている。兄嫁もほぼ同じ。行水後、リビングルームに戻っても素っ裸のままエアコンの風や扇風機の風にに当たったりしている。ヌーディスト家族のようだ。それでもセックスはお互いのパートナーだけで、乱交はしていない。時々義兄や義父、もちろん私の夫のオチンチンが物凄く勃起することがある。その時はそれぞれの部屋でセックスする。セックスが終わってリビングに戻ってきた時にオチンチンが勃起していないのでその変化が面白い。

 最近、夏以外でも、皆で一緒に入浴することが多くなった。浴室はそれほど広くないので4人でいっぱいだ。お互いに体を洗いあっている。風呂から出た後も全裸でリビングに行き、スッポンポンのままだ。義父はみなで一緒に入浴するとガス代や使用水量が節約でき、環境にやさしいと言っているが、本当は兄嫁や私のヌードを見たいからだろうと思う。

 初めは恥ずかしかったが、今は楽しいいい家族だと思うようになった。

学校であったエロい話関連タグ

||||||||||

2016年6月3日 | カテゴリー:お姉ちゃんと
1 / 1812345...10...最後 »

このページの先頭へ