学校であったエロい話 最新更新情報

ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

母親と同級生の赤ちゃんプレイ【友達と】

これは今から2年前の僕が高校性の時の話です。母は24歳で僕を産み、子育てが一段落した後、法科大学院に入り、司法試験に合格し弁護士をしています。息子の自分が言うのも何ですがとても41歳には見えないくらい美人でスタイルが良く恰好いい母親です。学校の参観日に来た時などクラスの友達から冷やかされることがよくありました。同級生のお母さんの中にも若々しくしているお母さんも結構いるのですが、母は同級生からみると他のお母さんにはない妖艶さがあるらしいのです。同じクラスの祥平は何度も母のことをおかずにしてオナニーしているとよく言っていました。祥平は見た目ジャニーズ系で女の子からもよく告白されたりするのですが、同世代の女の子よりも年上の女性に興味があるらしく、いつもインターネットで熟女動画を観てオナニーするそうですが、最近は射精する瞬間は私の母のことを思い浮かべるそうです。特に先日、参観日に母が着てきた黒のタイトスカートと白のブラウス、そのブラウスのボタンが横に引っ張られるぐらい大きなおっぱいが忘れられないらしく、その母のおっぱいに吸い付きながら手で射精させてもらうことを想像してオナニーをしてるそうです。その時母は裁判所から直接来て、暑かったせいもあり、白のブラウスにうっすらと汗を描いていて、レースの黒のブラジャーが少し透けていたのを憶えています。たぶん母は大きな胸をなるべく目立たなくさせるために仕事の時はタイトなブラをつけていたと思うのですが、それが透けて見えると逆に胸の大きさが強調されてなんだかいやらしく見えました。腰も足も細いのに、胸とお尻は母親らしいボリューム感がり、何とも言えない大人の女性の匂いがしてきそうなその母の姿は、男子高校生には刺激が強かったと思います。息子の自分でもちょっと、ドキッとしてしまうのは確かでした。自分の母親をオナニーの対象としているという話は、あまり気持ちいいものではありませんでしたが、所詮男子高校生同士のよくあるエロ話の一つと割り切っていました。そんなことがあってから3ヵ月ぐらいあとのことだったと思います。たまたま具合が悪くなり学校を早引きし一人で家で寝ていたら、母が誰かと一緒に家に帰ってきました。仕事柄依頼人が家にくることもあったので、気にしていませんでしたが、何か様子が変な気がしたので、そっとリビングを覗いてみると、ソファになんと同級生の祥平が母と並んで座っていました。なぜ祥平がここにという疑問とともに、あれだけ母のことを言っていた祥平が最近冗談でも母の話題をしなくなっていたことを思い出し、悪い予感がしました。「ねえママお耳がかゆくなってきちゃった、お耳こちょこちょして」と祥平が普段聞いたこともないような赤ちゃん言葉を使い、しかも母のことをママと呼んでいます。「いいわよ、ママのお膝にトンしてごらん」と母もまるで、自分の赤ちゃんに話しかけるようです。祥平は母の膝の上に、母の方を向いて頭を乗せました。母はそんな祥平を愛おしいまなざしで見つめ、テーブルの上に置いてあった耳かきを取って、祥平の耳にあてていきます。「祥ちゃん気持ちいい?」と聞くと「うん、ちゅごくきもちいい。ママいつもみたいにお耳もぺろぺろして」「いいわよ、ちょっと待って」というと耳かきを横に置き、祥平を少し膝の方へ母から離すように押しやりました。母は、体を前かがみにして祥平の顔に近づき、唇を祥平の耳元まで持っていきました。母のちょっとぽてっとした唇から、先がとがった小さいけれど厚みのある舌がでてきて。祥平の耳をぺろぺろと舐めはじめました。最初は、耳たぶ、それから周り、そして耳の中を念入りに舐めています。祥平は耳が性感帯なのか相当感じるらしく、「うんーうんー」と女の子みたいな声を漏らし始めました。「祥ちゃんかわいい」という母の声に耐えられなくなったのか、「ママ」といいながら、左手は母の腰に回し、右手は母のあの大きな乳房を掴んで手を動かしはじめました。「もう祥ちゃんったら、いたずらしたらダメよ」と母は、冗談ぽく叱りますが、そのまま祥平がしたいようにさせています。だんだん母も感じてきたのでしょうか、足がバタバタと動くようになり、ミニスカートの膝が開くようになってきました。祥平もそれに気づいたのでしょうか、腰に回していた左手を今度は母のスカートの中に入れ始めました。そうこうしていると本気で感じ始めた母が自ら祥平の手を受け入れるべく膝を開きました。僕は、その時あっと驚きました。母はガーターベルトに母の大事な部分だけがやっと隠れる小さな真っ赤なTバックのパンティーをつけていました。たまに母の洗濯物を見ることがありますが、こんなセクシーでいやらしい下着は今まで見たことがありません。興奮した祥平は、母の膝から降りソファの下に膝立ちになり、母のスカートを完全に母の腰までずり上げ、そのいやらしい下着をガン見しています。「祥ちゃんそんなにじっとみたら、ママ恥ずかしい」と母は言い「ママ、今日もこんなにいやらしい下着をはいてくれたんだね」と祥平は、本当に嬉しそうにしています「そうよママ、祥ちゃんがエッチな下着が大好きだから祥ちゃんのためにはいてるの、でも今日一日はいてたから、ちょっと汚れちゃって恥ずかしい」「そんなことないよ、その方がママの、いい匂いがして、すごくいいよ」と言うなり、祥平は赤いパンティの母の大事な部分が当たっている場所に鼻を摺り寄せ、くんくんと犬の様に嗅ぎ始めました。「ああママのいい匂いがする」と祥平が歓喜の声をもらし、母もまんざらでもなさそうにうっとりしています。祥平はその後数分パンティーの匂いを心行くまで嗅いだ後、今度はパンティーの布と股の際の部分を念入りに舐め始めました。直接母の大事な部分を舐めているわけではないのですが、母も相当気持ちいいのでしょう「あーん、あーん」とまだ小さいですが、とぎれとぎれに声をだしています。「祥ちゃん、ママのパンティ濡れちゃう」「だってママのパンティ美味しいんだもん。もっと舐めたい」とさらにベロベロと舐め続けます。それを10分ぐらいしたあと、母が「ねえ祥ちゃん、ママがいつもみたいにしてあげるからこっちにおいで」と母が上体を起こして祥平を抱き寄せます。「うんママ、早く早く」と祥平はソファの上に目を輝かせて仰向けになりました。「ちょっと待っててね、いい子だから」と母が言うと母は着ているブラウスのボタンを外し始めました。ブラウスを脱ぐと、パンティとおそろいの真っ赤で、カップの部分が総レースでできているセクシーなブラに包まれた大きなおっぱいが現れました。いつも仕事用で胸を締め付けているブラとは全然違います。スカートも取り去った母の下着姿は、圧巻で、外国人モデルの様なボリューム感と、熟れた女の生生しさを感じます。ここで気づいたのですが、自分も完全に勃起しており、パンツに先走り汁がでてくるのがわかりました。母親を見てここまで興奮する自分が信じられませんでした。母はもう一度祥平を膝枕します。祥平は膝枕される前にパンツ以外を残し、全て脱いでいました。「祥ちゃん今ママのおっぱいあげるからね」といいながら、ブラの左のカップを下げるようにしておっぱいを出そうとしてます。祥平は、待ちきれないのか、口をとがらせて、おっぱいに吸い付きたいと懸命にアピールしています「さあ、祥ちゃんの大好きなおっぱいですよ。いっぱい、いっぱい飲んでね」と言いながら大きなおっぱいがを露わにしていきます。その乳房は、とても大きいのですが、若いグラビアアイドルなんかとは違って子供を産んでいるので、さすがに少し垂れています。でもものすごく柔らかく触ったら乳房の中に手が入りこむのではと思える弾力をもっているように見えます。そして乳首は、父をはじめ、それ以前関係のあった男たちに吸われ舐められ、指で転がされて、さらに子供を産んで、その子供(自分ですが)に飲ませて育てただけのことはあり、女性の人差し指の先ぐらいの大きさのぷっくりとしています。本当に吸いやすそうです。

また、乳輪も大きく乳首同様少し濃いピンクになっています。その乳房と乳首は、ただ大きい若い女性とは違い、ほんとうに卑猥で、むちゃくちゃに揉みしだきたく、おもいっきり甘えたいと思わせるものでした。母が祥平の頭を抱きかかえるようにし、胸を祥平の顔へもっていった瞬間、祥平はその乳首に勢いよく吸いつきました。口の中で、もぐもぐもぐもぐとまるで赤ちゃんが母乳を飲むのと同じよう吸いついています。「そう祥ちゃん、上手になったわね、最初は強く吸ったり、歯を立てたりママちょっと痛かったのに、本当上手になったわね、可愛いわ、おーよしよし」「ママーおっぱい美味しいよ、ママのおっぱい大好きだよ」「そうよ、いっぱい飲んで大きくなりなさい。ママのオッパイは祥ちゃんのものよ。はい今度はこっちのおっぱいも飲んでね」と言って母は右側のカップも下にずらし、おっぱいを出して準備しています。その間も祥平は左の乳首を口から離しません。右のおっぱいが完全に露われた瞬間、祥平は左の乳首を離し、新たな乳首に必死に吸い付きます。「ほらほら大丈夫よママのおっぱいはどこにもいかないから、ずーっと祥ちゃんのものよ」さっきまで祥平が必死に吸っていた左の乳首はまだ祥平の唾液がいっぱいついていて、色も赤みが増し祥平に吸われる前より、間違いなく一回り大きくなっていました。母はまるで赤ちゃんが吸った後、まだ乳首に母乳がついているかのように、その吸われた乳首をブラジャーのカップの布の部分でちょんちょんときれいに拭きとります。拭き取ってしばらくすると、祥平が拭き取られた方の乳首にまた吸い付きます。その繰り返しが、その後何度も続きました。「ママー、ママー、僕おちんちんからしーしーしたくなっちゃった」と祥平が言いだしました。「まあー、祥ちゃんしーしーしたくなっちゃったの、じゃあ今ママが、しーしーさせてあげるね」といい、祥平のパンツに手を持っていきました。それまで気づきませんでしたが、祥平のパンツの中身は明らかに大きくなっていました。母が祥平のパンツを下げるとそこから、ものすごく大きな男性器が飛び出してきました。それはインターネットで見たことのある、黒人並のサイズでした。今赤ちゃんになりきってる変態男のちんちんとしては滑稽なくらいの大きさでしたが、そのアンマッチがこの状況をよりいやらしくさせていました「おーよしよし、祥ちゃんのおちんちん苦しそうだねー、ママが今楽にしてあげるからね、ほーら力抜いて、全部ママの手にあずけてごらん」「ママのお手手気持ちいいよ」「もっと気持ちよくしてあげるから、いつもみたいにどうして欲しいか言ってごらん」「ママー、もっと、ぎゅっとママの手で握って、強くしたり、弱くしたり」「わかったわよ、ママ、祥ちゃんの言うこと何でも聞いてあげる、ママ祥ちゃんの大きなおちんちん大好きだから」母は、母の手では収まり切れないほどの祥平のものを、強弱をつけて何度も繰り替えし握ったり放したりしました。その間も祥平は恍惚の表情を浮かべながら、母の乳首を吸い続けていました。「ママー、おちんちんからしっこでちゃう」祥平がそろそろ我慢の限界を訴えてきました。「祥ちゃんどうやってだす?どうしてほしい?」母が祥平に尋ねます。「ママのパンティーの中に出したい」「いいわよママも、ママのパンティーに出して欲しい」と言うと、母はパンティを脱ぎ、その脱いだパンティのちょうど大事なところが当たっていた部分を祥平の亀頭の先にあててこすり始めました。パンティーのその部分は、母の愛液で白く光っていました。「ママー、ママーもうだめー、いくよー」懇願するように祥平が泣き叫びだしました。「祥ちゃん、いっぱい、いっぱい出しなさい、いっぱい祥ちゃんの精子だして、ママのパンティを汚して」と母が言った直後、祥平の体が弓なり反り、まるでストップモーションの様に一瞬止まったかと思うと、ガク、ガク、ガクと3度腰が浮き上がりました。祥平の亀頭の先から放たれた精子は第一弾が母のパンティへドピュッと、第二弾はパンティの横からおっぱいにベチャッと、そして第三弾はあまりにも勢いが強く母の顔へビュッと飛び散りました。「ママー、ママー」と叫びながらも祥平は母の乳首を咥え続け、最後は乳首をぎゅっと噛んだのでしょう、母が一瞬ぷるっと震えたのが分かりました。それから僕はこの光景を思い出しながら現在まで、何度も「お母さん」と叫びながらオナニーをするようになってしまいました。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||

2018年1月11日 | カテゴリー:友達と

【微萌え】浅草寺と妹【妹と】

※個人の日記より転載(承諾済み)



と同じ人です



————————————————————



妹「お兄、あの提灯のトコはおっきいお寺なんだよね?」



はい来ました。

ついさっきまで、妹が母親と隣の部屋で話してたの聞こえてるんだよ。

妹のやつは、俺がわざわざ初詣に連れて行った神田明神が、妹の期待ほど賑わってなくて

肩透かしを食らったというグチを母親に言っていた。

どうやらヤツは初詣リベンジを考えているらしい。セカンド詣か。

もう三が日も過ぎちゃったから、大きいところじゃないと初詣も賑わってないよ?と

母親がさり気になだめたのに、「おっきいトコなら混んでる?」とか


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||

2016年7月9日 | カテゴリー:妹と

姉と私1994から【お姉ちゃんと】

の続き



[6885]姉と私1994から ・・・ 投稿者:彬投稿日:2009/05/15(Fri)18:51



中学2年生(1987年)の時、当時高校2年生の姉に手で射精させてもらうようになりました。

手から口、相互口撫、だんだんエスカレートしていき翌年のクリスマス、衝撃的な初体験。

高2の夏、当時の彼女に振られた私。それがきっかけで姉に思い切って告白、姉は私の恋人になってくれました。

同級生の美佳とちょっと浮気もしたりしたけどやっぱり姉が一番好き。

エロくて可愛くて優しい綾子姉さんと離れられなくなっています。

1994年 大学3年生からの話です。



なおこの話はレスがいっぱいになった 



姉と私1987から No.4388 9page 

姉と私1989から No.5048 10page


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2016年4月11日 | カテゴリー:お姉ちゃんと

姉と私1992から【お姉ちゃんと】

の続き



[6040]姉と私1992から投稿者:彬投稿日:2009/01/09(Fri)19:02



ひょんな事がきっかけで中学2年生(1987年)の時、当時高校2年生の姉に手で射精させてもらうようになりました。

そして翌年、姉との衝撃的な初体験。

高2の夏、当時の彼女のさゆりに振られた私。勢いで今まで言えなかった姉への心情を、好きだという気持を告白。

姉もそれに応えてくれました。美佳とちょっと浮気もしたりしたけどやっぱり姉が一番。

可愛いそしてぐちゃぐちゃドロドロになるまで感じてくれるエッチな綾子姉さんと離れられなくなっています。

今回は1992年 高校卒業時からの話になります。



なおこの話はレスがいっぱいになった 

姉と私1987から No. 4388  

姉と私1989から No. 5048 

姉と私1991から No5518


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2016年4月5日 | カテゴリー:お姉ちゃんと

姉と沖縄・3日目【お姉ちゃんと】

前編:姉と沖縄・2日目





沖縄旅行3日の朝、俺はかなり朝早くに目が覚めた。

カーテンの隙間からは街灯の明かりがほんの少しだけ入ってきて、部屋の中がぼんやりと映し出されている。

どうやらまだ日の出前のようだ。俺の隣では仰向きになった姉貴がスゥスゥと寝息をたててまだ眠っている。

そういえば今まで意識して姉貴の寝顔なんて見た事あったかな?ぼーっとしながらタバコに火を付け、

姉貴の寝顔をずっと見ていた。つるんとした丸顔でかわいいなと思った。



ふと目線を胸の辺りに持っていくと、なんだかイビツな形で布団が盛り上がっている。

「おや?」そう思って布団を少しだけめくって見たら、姉貴は腕組みして寝ていた。



「へぇ。この人、腕組みして寝てるよ(w)」



今回の旅行で、姉貴の知らなかった一面がどんどん発見出来たことは俺にとってすごくうれしい事だ。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||||||||||

2016年1月3日 | カテゴリー:お姉ちゃんと

ハロウィンパーティー1【友達と】

自分が、中学3年の頃の話。自分は、小1から英会話教室に通っている。そこには、小5の時であったそこそこ仲がいい男子Kと、小1の頃に出会って、なんか今まで偶然的にこの教室で関係が繋がっている女子Nがいる。Kいわく、自分とNが仲がいいというのだが、そんな事自分は思っていなく、前述のとおり、「今まで偶然同じ教室で、中学では同じところに通うことになっただけの事」だけだ。さて、本題の話をしよう。                  ---------------------ある日の水曜日の帰り際。その日は、間近に迫っていたハロウィンパーティーの話をしていたせいか、終始その話で持ち切りだった。自分が帰り支度を済ませると、Nが「あとでメールちょうだいね」と言ってきた。イマイチ話の流れがつかめなかった自分は、「何の?」と聞くと、「ハロウィンの」と。そして、帰宅した後さっそくメールをした。その日中に返信は来ず、翌日の午後、自分が買い物をしている時に来た。その文面には、「きのうのその時間、寝てた」とあった。そして、当日に会場の準備をしなくてはならない自分とNとふたりで、当日の集合時間を決めた。

当日、集合時間の少し前に着いた自分は、携帯でときどき時間を確認しながら、Nが来るのを待っていた。そして、Nが歩いてきた。会場に入らず待っていた自分を不思議に思ったのか、「なんで入らないの?」と聞いてきた。(Nを待ってたからに決まってるだろ)とは自分の心の声だったが、言えるはずもなく、Nと一緒に会場に入った。そこには、自分たちの教室の先生がすでにいた。会話をして、自分たちの荷物を下ろし、ひと段落ついたところでさっそく準備を始めた。順調に作業していた途中、もう一人この教室の生徒が来た。数分たった時に、ハプニングは起こった。どうやら、先生とその生徒と二人で、今日のゲストの外国人の先生を駅まで迎えに行くのだという。自分は、二人きりになるという状況に、心の中で激しく動揺していたが、Nは平然としていた。いざ二人が出掛けていくと、いよいよ二人きりだ。そんな状況に焦りつつも、準備を続けた。パーティー開始まであと1時間30分程だ。それにはなんとか終わるだろう。Nといろいろ話しながら、飾り付けをしていく。そして、よく国旗とかがいろいろついているような、長い飾りを会場の前方につけることになった。しかし、そこには机だのなんだのが置いてあり、とてもつけにくそうだった。そこで、Nがその飾りをつけようとその机に乗ろうとした時バランスを取ろうとして、そばにいた自分の肩につかまってきた。自分の心臓はドキッとした。今までNと接してきたが、こんなにも女子という存在を近くに感じた事は全くなかった。そんな、嬉しいハプニングもあった中、順調に時間内にすべての飾り付けが終わり、その間に外国人の先生を迎えに行っていた先生たちも帰ってきた。

そして、パーティーの開始時間までに多くの生徒・さらにはその保護者までが、たくさん集まり、いやがうえにも会場の雰囲気は「今か今か」と待ちわびる空気になっていた。その間に、遅れてくる予定でいたKも来た。自分たちの教室の先生が前に立ち、宣言する。「これより、ハロウィンパーティーを始めます」。こうして、ハロウィンパーティーは始まったのだ。                  --------------------------ここまでお読みいただきありがとうございました。続編は、気が向いたら投稿する予定でいます。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||

2015年4月16日 | カテゴリー:友達と

フィリピン女【友達と】

フィリピン人女2人を6人で集団レイプしました。28歳フィリピンパブで

働く女で、タレントではなくアルバイト。ファミリービザで入国してて、ア

パートで友達25歳と生活している。

かなりの美人で胸も大きく、何度か指名して仲良くなり、デートの約束をし

た。最初から遊ぶつもりだったので、

「犯ったろか・・・」と思い、知り合いに連絡した。ナイフで脅して、女の

アパートに乱入。予めアパート近くで待ち構えていた仲間も合流。

部屋に入ると別の女が寝てたので、叩き起こし、2人共輪姦。6人で交互に

犯し、全員が中出し。最初は2人共激しく抵抗してたが、中出しを1発決め

られると無抵抗になり、後はひたすら泣き叫んだ。

2人に対し全員が1回ずつ犯ると、剃毛し、浣腸した。その後アナルも犯し

た。

最後は全身舐め奉仕をさせ、ケツの穴を舐めさせた。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||

2015年3月29日 | カテゴリー:友達と

バリ島で現地の人と【友達と】

この夏、バリに行ってきました。そこの男の子と、初めてHしてしましました・・・・

もちろん、有名なビーチボーイの話は知っていましたし、

私も、旅行期間中だけ、と割り切っていたんですけどね・・・

ただ、かれとのHがすごくヨカッタので、経験談としてみんなに言いたいなー

と思ってかきこみしてます。

出会ってしばらくして、二人で夜の海岸に散歩に行きました。

人気の少ない場所に二人で座って、最初は普通に話をしてたんだけど、

不意に会話が途切れました。

なんとなく彼の顔を見上げた瞬間、キスされました。

私もキスされるままになって、彼は私のことを抱き締めてきました。

唇を激しく合わせたまま抱き合っていると、

彼の体重がぐっと私にかかって、私は砂浜に押し倒される形になりました。

そのまましばらくはキスをしていたんですが、

そのうち彼の唇が私の首筋へとうつり、手は私の脇腹のあたりから

胸元へとじっと上がってきました。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||||||||

2015年3月9日 | カテゴリー:友達と

白人少女【友達と】

知り合いの外国人、やっぱ進んでるよ…。洋画で主人公の娘として

出てきそうな(?)14歳の白人少女と仲良くなったんだけど、

ある日酒飲んでたら一緒に飲ませろって言うから仕方なく飲ませると、

どんどん会話は下の方へ。。。ま、持ってったんだけど。

実は経験ありで、お父さんの知り合いだったらしい。部屋に呼ばれ、

「○○はもう大人だから、大人の遊びを教えてあげるよ」とか言われて、

お父さんが出て行った後、おじさんに開発されたんだってさ。

今では痛くなくなったって言ってて、ちょっとやりたい時もあるって

言うから、すぐに「じゃあしよう」と言ってベッドへ。いつも思って

たけど白人の肌は真っ白。ホントきれいで、舐め甲斐がある。

もちろんパイパンだった。ペロンペロン舐めて、ヨガリまくる少女に

初挿入。なんとも言えない締め付けと、奥にすぐ当たるあの感覚…。

忘れられないな。無我夢中で突きまくると、ヨガるヨガるうるさいくらい。

でも14歳だし、AVみたいで最高に燃えてきて、中にどっぷり出した。

しかもその話、お母さんに言ったらしく、性教育どうも。でもゴムは


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||

2015年1月6日 | カテゴリー:友達と

ヒッチハイク【友達と】

出張先から高速道路で帰宅中、SAでヒッチハイクしている女性2名を発見。

行先は帰り道だったので、声を掛けてみると中国人だった。

ちょっと恐怖心が出てきたが、笑顔がとても素敵だったので乗せてあげました。

彼女達の行先まで3時間程かかる道のりだったので、なぜヒッチハイクしているのかなど、

色々話をしながら高速を走っていました。

しばらく話をしていると、後部座席に座っていた彼女Aが

「お兄さん優しいし、私好きだよ」と言われました。

正直ドキッとし、照れていると、助手席に座った彼女Bが

「明日お仕事ですか?」と聞いてきた。

出張の次の日は有給を取っていた為、

「明日は休みだらか、ゆっくり休むつもりだよ」と答えた。

すると、

「実は、ヒッチハイクしてて2日間お風呂に入ってなくて、お風呂入りたい」と言ってきた。

「お兄さんも運転疲れてるんなら、近くのホテル寄って休んで行かない?」

と誘われました。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||||||

2014年12月26日 | カテゴリー:友達と
1 / 712345...最後 »

このページの先頭へ