学校であったエロい話 最新更新情報

ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

妹と俺と時々母さん【妹と】

俺が小学校にあがる前、

結構歳行った母さんが妊娠して妹が産まれた。

その前には弟が産まれるはずだったんだけど、母さんは俺がまだ小さい頃に脳梗塞で倒れて、弟が腹に入っていた時も家の事は一人でやっていたために腹に負担が掛かって6ヶ月で死産した。

妹が産まれた時母さん41。

オヤジが多分39。俺六歳。母さんは再婚で、うちは男2人の女3人兄弟で上3人の姉貴2人と兄貴とは父親が違う。

弟が死んでもまだ5歳くらいの俺には悲しいなんてものは解らず、気が付けば妹が既に母さんの腹に居てたってかんじ。

末っ子だった当時の俺としては俺より可愛がられてる妹が堪らなく嫌で仕方なかった。

冷蔵庫にジュースが入っていて在る時俺がそれを飲んだことを母が知るやいなや訳も解らない俺を怒鳴り散らしたり。

小学生の時は妹が俺の勉強道具に油性ペンで落書きして俺が叱ったら逆に俺が親父に蹴りで吹き飛ばされたりしていた。

母さんは睡眠薬を飲まないと眠れない体質で、多量に飲むとラリって意味不明な言動や行動を発する事が度々あった。

その際に俺が妹をいじめているなどと親父にデマを言って、それを聞いて怒涛した親父が俺を殴って仕舞いには痛くて歩けないくらいにまでされることなんて日常茶飯事だった。

そんな俺を見て既に結婚して家を出ていた兄貴がたまに俺に物を買ってくれたり母さんにやりすぎだと注意してくれることがあった。でも母さんはそれが気に入らないからと、また俺に死ねだのお前は私の子供じゃないと罵声を浴びせてきた。そんな母さんを姉貴たちや親父は観て見ぬ振りをかましてた。

俺が小学校卒業するまで妹と俺に対する依怙贔屓は無くならず、俺が中学二年ほどまでまだあった。

詳しく言えば中学の時に俺のCDがCD収納boxから消えている事があって、すぐに妹の元にあるとわかった俺は、

俺「俺お前に確か〇〇のCD貸したよな?それまだお前俺に返してないよな?どこにある?」


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||

2016年7月23日 | カテゴリー:妹と

葵ノ兄【妹と】

<>560:葵:2006/08/08(火)05:34:49ID:PeAChctoO<>

スレ違いでスマンが…



俺の妹は、とても口が悪い。俺を「兄」としての言葉ですら呼ばない。

学校もロクに行かず、ガラの悪い女友達と連日連夜遊び呆けていた。しかし、そんな妹も高校生になり、俺は少し落ち着いてくれる事を願った。



しかし、妹は何も変わらなかった。むしろヒドくなってる印象すら受けた。でも俺はそんな妹を蔑んだり、叱ったり呆れたりはしなかった。

妹がそうなってしまったのは、両親が仕事を口実にほったらかしにしすぎたのに原因があるからだ。妹は愛情に飢えていた。

だから俺はただ、妹が哀れでしかたなかった。

ある日、俺は何気にカレンダーを見た。そしてある事を思い出した。

妹の誕生日だった。

俺は妹とじっくり話し合うきっかけにでもなればと思い、母親がまだ仕事をしていなかった頃に、俺と妹をよく連れていってくれた洋菓子店でケーキを買った。

正直バイトの給料日前のツラい時だったが、俺は惜しまなかった。

少し楽しみな気分で家路につきながら、妹とどんな風に話そうかと色々思案していた。




エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||

2016年5月20日 | カテゴリー:妹と

姉と私1992から【お姉ちゃんと】

の続き



[6040]姉と私1992から投稿者:彬投稿日:2009/01/09(Fri)19:02



ひょんな事がきっかけで中学2年生(1987年)の時、当時高校2年生の姉に手で射精させてもらうようになりました。

そして翌年、姉との衝撃的な初体験。

高2の夏、当時の彼女のさゆりに振られた私。勢いで今まで言えなかった姉への心情を、好きだという気持を告白。

姉もそれに応えてくれました。美佳とちょっと浮気もしたりしたけどやっぱり姉が一番。

可愛いそしてぐちゃぐちゃドロドロになるまで感じてくれるエッチな綾子姉さんと離れられなくなっています。

今回は1992年 高校卒業時からの話になります。



なおこの話はレスがいっぱいになった 

姉と私1987から No. 4388  

姉と私1989から No. 5048 

姉と私1991から No5518


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2016年4月5日 | カテゴリー:お姉ちゃんと

従妹アキ、従姉紀子との・・・【妹と】

<>50:えっちな18禁さん:2007/10/08(月)05:03:41ID:rVfm0PuL0<>

オレが中学生のときに

従姉と変な関係になったことはあった。

従妹とも変な関係になった。



期待させてしまうのもあれなので

先に書いておくと最後までやる事はなかった。

けど、書いてもいいか?

ダメならやめておく。



<>52:50:2007/10/08(月)14:34:27ID:rVfm0PuL0<>

おkネタっぽい話だが全部実話だ。つまらんかったら言ってくれ。



従姉妹の家にはオレは出入り自由で

よく泊まりに行っていた。鍵の隠し場所も教えてもらってたし。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2016年3月19日 | カテゴリー:妹と

従順な妹【妹と】

95名前:94投稿日:02/04/3014:24ID:???



俺の精通は、妹のフェラでした。



小学生の頃、一緒に風呂に入ったとき、妹に初潮が来て

俺より先に大人になったのを知ってくやしく思いました。

妹は背が小さくて、胸も小さくて、華奢な身体つきだったのに、

クラスでも比較的背が高くて、喧嘩も強いこの俺より何で先に!?

という感じでした。

妹はいつも下を向いていて、無口で人と滅多に話さず、

近所では”薄気味悪い子”と言われてましたが、俺にはなついていて

(こわがってたのかもしれない)従順だったので、可愛がってました。

初潮の話から子供の作り方の話になって、精子の話題になって、

それでおちんちんをなめさせました。精通は、そのときです。

97名前:94投稿日:02/05/0101:25ID:???


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2016年2月8日 | カテゴリー:妹と

フルチンでレイプ動画鑑賞中、後ろ見たら姉がいた1【お姉ちゃんと】

<>2:孤独◆48/L8w2V3g[]:2007/02/24(土)16:05:07ID:Nw2juWFI0<>

俺が小学校に上がる前、姉が小3のとき母親が死んだ。

お母さんがいなくなって、2週間ぐらいしたある日の朝、

朝起きると姉ちゃんが朝ごはん作ってた。

父さんと俺が起きてくると、姉ちゃんは「ほら、早く食べて」と言った。

料理は確か、こげた卵焼きと、味付けなしで炒めただけのウインナー、

それからお湯にしょう油入れただけのような吸い物だったと思う。

信じられないぐらいまずかったが、せっかく姉ちゃんが作ってくれたから、

一生懸命食べたよ。

3人で食事してるとき、姉ちゃんが

「これからは私がお母さんだからね。だからもう心配いらないからね」

と言った。

今思えば、お母さんが死んですっかり暗くなってた我が家に

以前の明るさを取り戻そうと、姉ちゃんも一生懸命だったんだろうな。




エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||||||

2016年2月3日 | カテゴリー:お姉ちゃんと

かわいそうな15歳の少女を抱いて警察の世話になった話【小中学生】

登場人物 当時スペック

宏之 19歳 俺。大学生。アパート一人暮らし。講義には出ずバイト命。

悪男 23歳 バイトの先輩。かなり不良(俺には優しい)

愛川 15歳 愛川ゆず季風。テレクラで引っかかった女。やかましく活発。

涼子 15歳 国仲涼子風。この話の主人公。愛川についてきた女。暗い。静か。

あれは俺が大学2年生の夏のこと。

早めにバイトが終わり、アパートでテレビを見ていた。

夜の11時くらいだったか、バイト先の先輩、悪男から携帯に着信。

悪男「おー、宏之。おつかれちゃーん。ヒマ?」

だいたいこの時間の悪男からの、軽い口調の電話はロクな事がないが

先輩だし無視するわけにもいかない。

俺「あーお疲れさんス。まぁ用事はないっスけど、何か?」

悪男「あのさ。テレクラで女引っ掛けたんだわ。」(そんな事だろうと思った)

悪男「それがさぁ、1人余分に付いて来たんだわ。片方面倒見てくんね?」

余りもの処分か・・・やっぱしめんどくせぇ・・・はぁ


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||||||||||||||||

2015年12月13日 | カテゴリー:小中学生

妻と息子の友人【友達と】

私は43歳、妻は40歳、二人とも真面目な性格で、妻は今時珍しいぐらい超がつくほど真面目、曲がったことが嫌いな性格です。その影響か、今年高校2年になる息子も妻に似たのか、高校に入学するまで私達の言葉を文句言わず従ってきたのでした。



それが、高校に進学した頃から息子の様子がどこか変なのを私達は、去年の夏休みに気がついたのでした。確かに、勉強も昔以上にするし、夜遊びもしない、親に反抗しない子供です。



ただ問題なのは息子の友人K君です。いつも成績は学年の5番以上に位置している秀才で、この地方では有名な市会議員の息子さんと聞けば響きはいいが、彼の振る舞いは妻も私も気に入らなかったのです。顔はハンサムなのだが、とにかく行儀が悪いのです。目上の者にも馴れ馴れしく話しかけるし、靴を脱いだら脱ぎっぱなし、本を読んだらかたずけもしない、お菓子を食べて、ぽろぽろこぼしても気にしない、校則違反ぎりぎりのぱさぱさの薄い茶髪。女の子との付き合いも派手で、良くないうわさもたまに耳にしたものです。



私と妻は、何度か付き合うのは止めるように注意しました。息子は正直に頷いて「わかった」と言ってくれたのでひとまず安心しました。

しかし、息子はどうやら私が仕事に出かけている時に、K君を家に招いているらしいのです。妻も何度もそれとはなしにK君に注意したらしいが、はぐらかされて聞き入れてくれないらしいのです。



ちょうどその頃は、会社も忙しく夜遅くなるのが当たり前だったので、昼間の様子を把握する事が難しかった状態でした。そして、3ヶ月ほどたったころです。日曜日に外出することが徐々に多くなっていった妻が、去年のクリスマス・イヴに珍しく外泊したのです。

すぐに帰ってくるからと言って。だが、妻は夜中の12時頃帰ってきたのです。いつもなら家族三人で祝うのが当たり前となっていた。時計を見ながら注意すると、妻はどこか慌てた様子だが、どこか嬉しそうな潤んだ瞳であることに気がついたのです。しかも、その手には綺麗に包装された小さな箱を握り締めていました。

妻に問いただすと、昼間友人と買い物をして、友人の家に買った物を取りに言ったらしい。ついつい話こんでしまって遅くなった事を謝った。私も仕方がないのでその場は許しました。



その日を境に、妻の口からK君の話も出なくなり、息子に関してはひとまず安心しました。だが、今年のバレンタイン・デ-に私は、台所でまるで女子高生のように楽しそうにチョコレ-トを作っている妻を見て、自分に贈るものだと思い、見てみぬ振りをしていました。しかし、予想に反して妻から貰ったのはいつものス-パ-で売っている安いチョコだったのです。

いやな予感がしました。そしてその時、私は確信しました。妻は浮気をしていると・・・・もしや・・・ 私は会社を早退し、家の近くにある空き地に身を潜めて、何日か監視した。すると、もう家に来ないはずのK君が、堂々とした態度で、玄関の呼び鈴を鳴らしたのです。どうやらまた学校をサボったのだろうと思いました。だが、それより驚いたのは妻の態度だったのです。ドアを開けると、嬉しそうにK君の手を引き、ドアを締めるとき彼に抱きつき、辺りを気にすることなくキスをしたようなのです。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||

2014年12月7日 | カテゴリー:友達と

完璧優等生で美人の嫁と不良だった自分【学校で】

全国模試でも常に2桁台前半という、地方の公立進学校としては創立以来最高の頭脳で、更に、開校以来初の女生徒会長という最強の優等生様と、更正のために雑用として生徒会に放り込まれた不良という、どこの萌えマンガだよ、てな感じの関係だったが、紆余曲折あってツンがデレたw

俺はある競技で全国レベルの選手だったんだけど、夜遊びが面白くてね、深夜徘徊でとっ捕まったせいで公式戦出場禁止になりかかって、顧問に

「もっと上手くやれ!」

としこたまブン殴られた上で、反省の姿勢を示すために生徒会に所属して雑用を仰せ付かる事になったわけ。

一方、嫁は前記の通りの優等生様で、最初のうちは

「私の生徒会に、こんな不良が!」

ってな感じで態度も言葉も冷たかったんだが、服装や髪型のような外見から受ける、いかにもチャラ男な偏見抜きで接してみれば、仕事は真面目だし、他の部下よりずっと反応や飲み込みが早く、性格明るいムードメーカーなせいで俺が所属する前と生徒会の雰囲気が一変して、全体の効率も上がって生徒会全体の評価も上がっている。

嫁は元々気真面目な優等生だけあって、自分が偏見で物を見てた事に気付くと反省も人一倍大きくて、この辺りで俺に対する態度が柔らかく変わってきて、俺の軽い冗談にも笑顔で応えるようになり、まあ、元々容姿の整っている嫁だけに、俺も

「あの冷血女も笑うと可愛いじゃん」

と思うようになって、ちょっといい感じにww

ただ、嫁がこういう余裕のある態度でいられたのは自分が上位にあると確信できていたからで、当時の俺は団体競技の代表を常に務めてきた事で周囲を纏め上げるのは上手かったし、夜の街で年齢を気にせずに友達作ってきた事もあって大人相手の交渉も嫁より余程上手で、最初はその事を素直に評価してきた嫁だったが、だんだんと俺に対する周囲の評価が上がってきて、生徒会の連中や他の生徒が生徒会長である嫁よりも先に俺のところへ相談を持ちかけるようになると、成績や周囲の評価で自分の方が確実に上だと見下してきた相手に、この全国模試××位の自分が劣っているのではという劣等感と嫉妬が距離を生んで、だんだんと怪しい雰囲気になってきた所で悪役登場w

田舎の中途半端な進学校だけあって、大抵の連中は大学進学してたのだけど、それだけに行くところのないような落ちこぼれの3年生は歪んでいた。

嫁のように成績も容姿も良く、口を開けば正論ばかりという優等生は、そこに存在するだけで劣等感を思いっきり刺激するわけですよ。

うちの高校にも躊躇なく人が殴れるというだけで幅を利かせていた3年の4人組がいたのだけど、嫁の性格では、そういう劣等感を粗暴な言動でしか表現出来ない連中はとても許せない汚らわしい存在。

普段から苦々しく思っていたそいつらが屋上に続く階段の踊り場でタバコ吸ってる所を見つけて注意をしていたのだが、売り言葉に買い言葉で段々と言葉がキツくなって注意→詰問→罵倒の形になった辺りで4人組が逆ギレ。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||||||||||||

2014年3月10日 | カテゴリー:学校で

かまってちゃんビッチの私がハタチの時にセフレが3人いた話【高校生】

まずスペック(7年前)

20歳♀

163cm 43kg Bカップ

ギャルではない、と言い張っていたが

周囲の人間に『ギャルだろ』と言われていた。

当時は明るい性格だった。

あれはハタチになりたての春。

一年前に高校卒業してから、専門学校に通う為に

上京していた私は横浜の学生寮に住んでいた。

寮は二人部屋で、みゆきさんという一つ上の女の人と同室だった。

彼女は部屋に居る時は一日中ネットをやっていた。

ある日、みゆきさんが

「ねえ、この男の人って、

私ちゃんの好きそうなタイプじゃない?」

と、


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||

2014年1月31日 | カテゴリー:高校生
1 / 3123

このページの先頭へ