学校であったエロい話 最新更新情報

ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

隣部屋のカップルの行為を盗み聞きして興奮した女友達のオナニーを目撃【女子のオナニー】

名無しさんからの投稿

—-

女友達のオナニーを見た。

グアムに俺と女友達、2人の共通の男友達とその彼女の4人で旅行でコンドミニアムに泊まった時。

寝室は2つ。

ダブルベッドがある部屋はカップルの2人、シングルベッド×2の部屋は俺と女友達が使った。

夜はほとんど酒飲みに行ったりして、旅行中は寝ないと皆で決めたが、さすがに最後の夜は疲れて飲むのはやめて寝る事にした。

正直、旅行中にHしたかったんだろうね、カップルの2人は。

ずっと4人で騒いでたから、最終日の夜はもう早くから部屋に籠もってた。

残った俺達2人も疲れたので、とっとと眠りについたのだが・・・。

カップルの部屋と俺と女友達の部屋は隣合わせで、女友達が寝てる方のベッドがカップルの部屋側の壁に沿って置いてあった。

0時を回った頃だったと思う。ガタッという音で少し目が覚めた。

隣の部屋からやらしい声が漏れてきた。

「あ・・・やってる」

完璧に目が覚めてドキドキしてた。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||||||||||||

2014年12月5日 | カテゴリー:女子のオナニー

大学卒業間際に始めたキャバのバイトの時のボーイさんと再会【大学生】

名無しさんからの投稿

—-

大学を卒業したばかりの頃、アルバイトでキャバのボーイをしている大学生の年下の男の子と付き合ってました。

私が大学の卒業間際の三ヶ月、

「暇だし、学生時代の終わりだし、社会見学を兼ねて(卒業旅行代を稼ぐためにも)キャバのバイトをしてみよう!」

興味本意でキャバのバイトを週二、三回で始めました。

18歳から20代半ばくらいの子が多い都内のお店で始めましたが、最初はどんな話していいか分からない上、お酒が飲めなくて先輩の嬢にイライラされてましたw

しかし、自分で言うのもなんですが私は小柄の割りに胸もあり、顔も整っていると言われていて、場内指名が毎回結構入りました。

そこに元来雑学好きとトーク好きが合間って、2ヶ月でNo.1になりました。(小さい店なので)

コールがかかっているのにあまりお酒が飲めなくても、逆に慣れてなくていいとお客さんが代わりに飲んでくれて。

さらに、先輩には嫌がられてましたが、怖い先輩が休みの日にシフトに入るなど工夫をして何とか過ごしました。

そこに、大学生で(私よりはるかに良い大学でした)年下ですが体格もよく、品のあるボーイさんがいて、密かにお気に入りでした。

しかし、職場恋愛は罰金と言われていたし、彼もみんなに優しくもクールな対応だったので、初めは特に付き合うつもりはありませんでした。

しかも、同じく彼を気に入っている風な木下優樹菜似のギャル系でスタイルのいい嬢(酒焼けした声で同じ年で怖かった)がいたので、自分から彼には話しかけないようにしていました。

3ヶ月目で目標金額が貯まり、4ヶ月を迎える前にバイトは辞めました。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||||||||

2014年11月29日 | カテゴリー:大学生

大都市圏の繁華街でキャバクラを経営していた時の話【友達と】

名無しさんからの投稿

—-

今はキャバクラ経営を退いて別の会社を経営しているが、5年前まで10年程キャバクラを経営していて、合計3店舗程経営していた。

元々ホストだった俺は、18でホストになりナンバー1に。

5年程ホストをしたが引退し、23の時にキャバクラをオープンした。

その後、10年に渡って3店舗ほど経営していた。

初めの店はMという店で、初めは5名程の女の子で始めたが最終的に20名程在籍する店だった。

そのあとオープンしたBという店は始めから20名程でスタートし、最終的には30名程在籍する店だった。

そしてSという店は10名程でスタートし、最終的には40名近く在籍する店だった。

同じ経営元なので女の子の移籍や移動もあった。

ピーク時にはナンバー1ホスト時代の3倍程稼がせてもらった。

そんな俺のキャバクラ経営術とキャバ嬢達の話をしよう。

キャバクラ経営の1番の根幹は女の子を上手く扱うことだ。

人気の女の子が多ければ売上が上がり、ナンバー1に移籍されたり飛ばれると売上が半減するからだ。

ナンバー3ぐらいまでの女の扱いには苦労した。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年11月24日 | カテゴリー:友達と

担任の女教師とクラスの優等生が教室で変なことをしてた【学校で】

名無しさんからの投稿

—-

中学生の頃はよくお世話になったオナネタの1つなんだけど、最近ふと思い出したので書かせてもらいます。

オレが小4の時、昼休みの教室で担任の女教師とクラスの優等生の女の子が2人で楽しそうに話しているのを見かけた。

もうすぐ夏休みでみんな少し浮かれていて、そんな雰囲気が何だか楽しかったのを覚えている。

女教師は教室前窓側にある自分の机に座っていて、女の子はその横でニコニコしながら前後にゆらゆらとリズムをとって揺れるように動いていた。

すらりと背の高い子で大人っぽく、涼しい切れ長の目と肩までのびるストレートヘアが印象的な子だった。

担任は綺麗な人だったがちょっと気の強い感じで、当時のオレらには取っ付きにくかった。

優等生の女の子はそんな事気にもしないようで、他の皆とは違って普段からよく先生と話をしていた。

今から思えば、2人はよく似ていたんだと思う。

ただ今日は何だか様子が違うようで、女の子がいつになくはしゃいでいるように見えた。

「どうかしたの?」

駆け寄って話し掛けてみたが、2人から返事はなかった。

女の子は迷惑そうな素振りを見せた後、ゆっくりと身体の動きを止めた。

オレが来た事が気に入らないらしい。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||||||||||

2014年11月16日 | カテゴリー:学校で

倉科カナ似の女子大生が満員電車の中でお尻を当ててきた【大学生】

名無しさんからの投稿

—-

俺は普通の会社員で、毎日電車で通勤している。

名前は仮にダイとしておく。

大抵は毎朝同じ電車に乗っており、その電車はそれなりに混んでいる状態で、乗っている人も毎朝顔を合わせる人が大半だ。

その顔を合わせる大半の中に、前から可愛いって思ってる女性がいた。

スタイルも良く、芸能人で言うと倉科カナみたいな感じで多分JD。

名前は仮名でカナとしておく。

この話は、1週間ほど前に奇跡的な出来事があってカナとの距離が一気に縮まった話。

俺とカナはいつも同じ駅から同じ電車に乗るんだけど、この日は電車が遅れていていつも以上の人が駅で電車を待っていた。

俺はカナの2人後ろに並んで電車を待っていた。

電車が到着し、電車に乗り込んだらカナの後ろに俺がいるポジションになった。

密着はしていないが、カナの後ろなのでラッキーって思ってたらさらに数名が乗り込んできて、俺がカナの方に押し出させる形になって俺とカナは密着状態に。

さらに、カナのお尻が俺の股間に当たる体勢になった。

痴漢に間違われても困るので離れようと頑張ったが、満員で動けず・・・。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||||||||||||

2014年11月10日 | カテゴリー:大学生

隣の空き家に若妻が越してきたらしく、ベランダでパンチラが見れた【学校で】

名無しさんからの投稿

—-

俺の実家のベランダから見えるアパートがあるんだけど、立地上そのアパートの2階の端の部屋からは俺の家のベランダと隣の家の窓しか見えない構造になっている。

その隣の家は今空家になっていて、そのアパートからは俺の家のベランダしか覗かれるという点において警戒するところはない。

俺が実家に住んでる時は長い間男が住んでいて注目してはいなかったが、この前帰省した時にちょうどベランダの真下にある風呂に入って小窓を開けた時のこと。

そのアパートには女が引越ししてきていたみたいで、ベランダで洗濯物を干している姿が目に入った。

その時はあまり気にしなかったんだけど、次の日昼に風呂に入って窓を開けたらまた女が洗濯物を干していた。

昨日はズボンだったけど、今日はバーバリーっぽいフレアのスカートで干してるもんだから下から隣の2階のベランダを見ている俺の目にはチラチラと白い下着が目に入って絶好のパンチラスポットになった。

もちろん見つからないように一発抜いたけどね。

その日、パチンコにでも行こうと俺は駅に向かったら駅で

「O君?」

と俺に声を掛けてくる人がいた。

見たら、中学の時の同級生のI子だった。

「めっちゃ久しぶりやん!私な、結婚してこのへんに引っ越してたんよぉ」

と10年ぶりに喋るI子の格好はさっきベランダで洗濯しているのと同じ。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||||||||

2014年11月10日 | カテゴリー:学校で

行きつけのとこのバーテンダーから合コンに誘われた【大学生】

名無しさん(20代)からの投稿

—-

俺がまだ大学3年生だったころ、合コンに行った。

行きつけのバーのバーテンダーから、

「お客の女の子と2対2で合コンせん?」

と誘われたのがきっかけだった。

当日、ガチ童貞かつ彼女欲しい病のリョウを連れて合コンへ。

正直ヒマつぶしレベルで俺は参加する予定だった。

先に暗いバーのテーブル席につき、ビールを飲んでいると女の子が2人。

てっきり社会人の女の子が来るのかと思ったら、同じ大学の同じ学科の一個上の先輩2人だったw

まあお互い初対面だったからいいけどね。

仮になおちゃんとまゆちゃんとする。

なおちゃんは少しぽっちゃり。まあ可愛い的な。

そしてまゆちゃんはやべえ。超かわいい。

小柄で細身、ぱっちりおめめ!おっぱい小さいけど、やりたい!


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||||||||

2014年11月7日 | カテゴリー:大学生

痴漢やレイプは女性に隙があるのが悪いと思ってた【初体験】

京都府/T.Hさん(20代)からの投稿

—-

私の名前は仮にTといたします。歳は二十歳です。

今年に私は信じられない体験をしました。

近頃いろんなとこで痴漢やそういうことがニュースで取り上げる中、私は「隙があるのが悪い」や「本当に嫌がってなかったのだろう」と言っていたりしました。

私は背が高く、髪が長くほっそりとしたモデル体型でありながら男性が苦手ということがあって、今まで彼氏ができたことがありませんでした。

それである日、バイト帰りの夜22時頃。

いつものように短パン、半袖の上に長袖の上着を羽織っている感じで音楽を聞きながら、”まだ家につかないかな”としていました。

元々人通りがないところで、22時頃など車なんて10分に2台通るか通らないくらいのものです。

黒いワゴン車が来るなと思った私は端に寄りました。

すると、私を通り越したところでいきなり止まり、中から2人20代くらいの男性が出てきて腕を掴まれました。

「うわ、可愛いじゃん!こんな夜に一人で歩いてたら危ないやつに連れていかれますよー」

なんてニヤニヤと笑いながら腰を引き寄せてきた男に私は青ざめ、逃げないとと思って男から離れようと抵抗しましたが男の力というものはすごく強く、片手は私を抱き寄せている男に、もう片方はもう一人に掴まれて怖くて泣きそうになりました。

「おい、誰か来る前に乗せろ!」

と言う運転手らしき声に2人は返事をして、身長が175くらいありそうな高身長の人が手を離すと突然私を抱き上げ、暴れる私を車に投げ込むようにいれられました。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||||||||||

2014年10月29日 | カテゴリー:初体験

高校生の頃、痴漢にハマっていた時期があった【高校生】

東京都/アリクイさん(40代)からの投稿

—-

もう随分前、工房の頃だが半年ほど痴漢にはまっていたことがある。

3年の秋に推薦で大学を決めた俺は、学校には週に一度行くだけで、よく暇をもてあましていた。

かといって彼女もおらず、童貞をいい感じにこじらせていたため、思い至ったのが痴漢というわけだ。

ビビリのチェリーボーイがここの諸氏の体験のような過激な行為を行えたわけでもないが、一番印象に残っているものを報告しようと思う。

その日も俺は関西の某くいだおれ府の地下鉄の駅にいた。

朝の通勤時間帯、ホームにはやばいくらい人があふれている。

列車待ちの列に目を走らせ、獲物を物色する。

この頃には、自分のタイプの女・可愛くて若い子を探せばいいわけではない、ということに俺は気づいていた。

実際に痴漢をするには、列車の込み具合とポジショニングが重要である。

俺は、T駅での乗り換えに便利なため特に混雑がひどい中ほどの車両の列に並んでいる女を重点的にチェックする。

すると、列の後ろの方にいるOL風の若い女が目に留まった。

列の後ろにいる獲物は乗車時にドア付近に乗ることになり、痴漢がやりやすくなる。

その女は黒のスーツを着ており、髪はボブ、年は22-3ってとこだろう。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||||||||||||

2014年10月27日 | カテゴリー:高校生

激混みの電車で、女性2人組のうち1人がお尻を押し付けてきた【大学生】

名無しさんからの投稿

—-

平日の朝にNB線でT駅へ向かっていた時のこと。

N駅に差し掛かった時に、大勢の人が乗ってきて激混み状態に。

目の前には女性2人組(恐らくはJD)がいた。

自分の目の前にはポニーテールの膝丈くらいの白いフレア。茶色いジャケット。

彼女の友人と思しき女性はメガネにショートヘアだったと記憶。

で、しばらくするとその2人が会話を始めた。

電車が発車すると、自分に背を向けている方のJDが少しずつこっちに体重をかけてきて、最終的には彼女の肩と背中が自分の胸に、後頭部が顔に、お尻が股間に密着する格好となった。

彼女たちは会話を始めたが、電車の動きに合わせて自分に密着してきた方のJDがお尻を股間に擦りつけてきた。

「ラッキー」

と思い、こっちから軽く股間を押し当てると、JDは更お尻を後ろに突き出して、電車の揺れに合わせて左右に動かしながら硬くなったペニスに押し付けてるではないか。

それも、柔らかな尻たぶと割れ目を交互に。

相変わらず後頭部は顔にくっついた格好。

気付かれないように鼻で息をすると、甘く、いい匂いが鼻孔を突いた。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||||||

2014年10月23日 | カテゴリー:大学生

このページの先頭へ