学校であったエロい話 最新更新情報

ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

家庭教師【友達と】

私も告白します。

わたしが、オナニーをはじめて経験したのは、大学1年生(19歳)のときでした。

わたしは、小学校時代から、まじめですこしおとなしい性格でしたから、男の人とデートしたこともありませんでした。 もちろん中学校時代、クラスでオナニーをしていた子もたくさんいましたし、オナニーのやり方も知っていましたが、なぜかしら、そんなことをするのはいけないことだ、破廉恥なことだとおもっていました。



ところがです。以下私の初体験を聞いてください。 大学1年の夏、私は、家庭教師のアルバイト先で、あまり熱心に勉強にとりくまない中学3年の男子生徒を教えていたとき、すぐに「先生、もう終わろうよ。」と言い出すのです。 私が、「この問題がとき終わったら、なんでも言うこときくから」と言ったとき、彼は急に真剣にやり始めたのです。ほとんどはその子の実力では、ちょっと解くのが難しいかなという程度の問題だったのですが、たまたまうまく解くことができたときがありました。



わたしは、「よくできたから今日はここで終わろうか。」というとその子は、「先生なんでも言うこと聞くっていったよね。」「今度来るとノーブラ、ノーパンで来て」といいました。 当然、私は、冗談かと思い聞き流して、次回もそのままいつもの服で教えに行きましたが、そのとき、男の子が、私の胸、アソコの付近を執拗にもじろじろ見ていました。その時、私は初めて、先週男の子が言ったことがまじめに言ったことであることに気がつきました。



2時間の指導時間のうち、最初の1時間は、普通に教えました。その時も、視線が私の胸やアソコにいっていたのを覚えています。当然、勉強のやる気などみじんも見当たりません。仕方なく、わたしは、休憩時間のとき、トイレでブラをはずしパンティを脱ぎ、再び1時間指導することになりました。 男の子は、はじめは特に何も口には出しませんでしたが、以前にもまして、私の胸やアソコを覗き込むように見ていることが多くなりました。そのとき、私のアソコが急に濡れてくるのを感じました。1時間が終わりのころには、アソコがびっしょりでした。



ようやく勉強がおわり、最後の雑談のとき、私は、「先生、君が言ったとおり、ノーブラ・ノーパンできたよ。」というとその子は、恥ずかしそうに、「見せて、触らせてください。」といいました。

私の心臓もどきどきの状態でした。なにせ、今まで男の人と手をつないだこともないのに、胸を触られるんです。 ちなみに、私は、Dカップだったので見せても、触られても、はずかしいサイズではありませんでしたが。でも、なぜか、私は「いいよ。」と軽く返事をしてしまったのです。 たぶん「年上の女」としての強がりだったんだと思います。

はじめは、服の上から胸をもまれ、その後タンクトップのシャツの中に手を突っ込まれて激しく胸をもまれました。何も抵抗はしませんでした。手が乳首に触れるたびに、エッチな気分になっていく私と、はやく、女の人の「あそこ」が見たい中学3年生でした。



男の子は私の裸を「見たい。」と言いました。たぶん自分からスカート脱いで全裸になったと思います。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||||||

2015年3月7日 | カテゴリー:友達と

家庭教師【友達と】

僕の成績はほぼ学年でもトップでした。やはり家庭教師の先生に何でも質問できるし、テストで満点を取ると家庭教師の先生に遊びに連れて行ってもらえたりするので、一生懸命勉強しました。

僕の初体験の人は家庭教師のお姉さんでした。中学2年生になったとき、前の先生が辞めたので交代できた先生でした。H先生といいます。

H先生はとてもやさしいし、とても丁寧に教えてくれました。しかもとても綺麗で、スタイルも良かったのでほんとに理想の人でした。始めてあった日から僕は恋に落ちていました。

僕は先生にいいところを見せたい一心で一生懸命勉強しました。先生が、「じゃあ、来週までにココまでやっておいてね?」と言われると、僕はそれよりも先のページまで終わらせていました。すると翌週先生が見て、「すごーい、よくがんばりました」と誉めてくれるのがとてもうれしかったのです。

そして5月になり中間テストの時期になりました。僕が調子に乗って、「学校のテスト簡単だから、たぶん全教科90点以上取れると思います。」というと、「えー、すごいじゃない、えらーい。もし全教科90点以上取れたらご褒美上げないとね」

「え?ほんとですか?なにをくれるんですか?」「うーん、考えとく」

その後僕は一生懸命勉強して、約束どおり全教科90点以上取りました。そして、にこにこ顔で先生に報告しました。誰よりもまず先生に報告したかったのです。

先生は「すごいねー、えらーい」と言い、僕が「先生ご褒美は?」と聞くと、「なにがいいの?」というので、僕は考えました。頭の中はエッチなことでいっぱいです。

でも、Hなことは恥ずかしくていえないので、どうしようか迷っていました。すると先生が、「じゃあ、来週ケーキ買ってきてあげる」といいました。僕は慌てて、「ケーキはおやつにあるからいらないよ」と言い、思い切って、「前の先生はホッペにチューしてくれました」と恐る恐るいいました。

先生はちょっと困ったようでしたが、「じゃ、先生もホッペにチューでいい?」と聞いてくれたので、「はい」と答えました。そして僕に近づいて、ホッペにチュってしてくれました。先輩の柔らかくて弾力性のある胸が僕の腕にあたりました。

僕は真っ赤になりました。先生も恥ずかしそうでした。

それから一週間後の授業では、僕に母親がいないので、女の人に甘えたことがない、ということを先生に聞いてもらいました。先生は、僕に同情してくれたのか、「先生でよかったら、お母さん代わりになってあげるよ」と言ってくれました。

僕は「先生ありがとう」と言いました。先生が「何かしてほしいことある?」というので、「一度でいいから、ひざ枕で耳掃除をしてほしい」とつぶやくと、「おいで、」とやさしく声をかけてくれました。

先生はひざ上のミニスカートだったので、生足の上に頭を置けるのかと感動しました。中学生の僕には刺激的すぎます。僕はやわらかい先生の太ももの上に頭を乗せました。

先生はやさしく髪の毛をなでてくれて、耳の穴を覗き込みました。そして「ちゃんと掃除してる?」とやさしく聞きました。僕は「あんまりしていません」というと、「じゃあ、綺麗にしてあげるからね~」と耳掃除を始めてくれました。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||||

2015年2月20日 | カテゴリー:友達と

家庭教師【友達と】

 私がK君と付き合い始めた頃の体験です。友人の弟(D)の家庭教師をすることになりました。高校2年生の男の子でカワイイ。

 勉強し始めたけれど、私に「Mは彼氏いるの?」とか勉強以外の質問をしてきたりしましたが、ちゃんと家庭教師してきました。 何回かしたある日、Dの家を訪ねるとお母さんが出てDはまだ眼医者から帰って来ないけど部屋で待っててと言われたので、部屋に入るとごみ箱にはティッシュの山で……。

 本棚には隠すようにHな本があり、見てみると…、裸の女性が色んなポーズやSexをしてる写真がありました。

 やっぱり男の子だと思いました。 Dが帰ってきて、勉強を始めると、お母さんがジュースをとお菓子をもってきてくれました。

 お母さんは「これからお婆ちゃんの家に行く」と出掛けて行きました。

 休んでいて私が「何か悩み事ある?」と聞くとDは「Mが気になる」と言いました。 「も~何言ってんの~?」と冗談だととると、「Mのお尻が気になる、胸も…」と顔を赤くして言いました。

 「今まではエロ本見て一人Hしてたけど、今はMを想像して…オナニーしてる、もう我慢できないよ。」

 Dは切なそうな顔をしてもじもじしていました。 そんなDを見て私は可愛そうになってしまい、「童貞卒業する?エッチしたい?」と聞きました。

 Dは驚いた様子だけど頷きました。 二人でベットに座り、キスを私からします。 ファーストキスらしいです。震えていました。  「ちゃんと舌を絡めて」とDにDキスを教えました。

 お互いの服を脱がし下着だけになりました。

 Dは私の下着姿に興奮したのか、パンツがテントを張っていました。 私は、Dのパンツを脱がすとビンビンのチンコと対面しました。私が、しゃぶりつくと「M!? うっうっ!」と気持ち良さそう……。

 裏筋を舌でレロレロして、右手は玉をモミモミ…チンコを口に吸い込み上下に動かすと、「うっ! 出る…っ!」と私の口から引き抜いて、床に射精しました。 Dは、ハァハァと気持ち良さそうにしていました。

「私の事もして?」とDの手を私の胸にを触らせました。  Dは本能のままに、胸を揉み始めました。

「乳首を舐めたり、転がすの…」と教えます。

 慣れてないのがまた、可愛い! 私が感じ始めた頃には、Dは慣れてきていました。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||

2015年2月16日 | カテゴリー:友達と

家庭教師の女子大生が恋をした生徒は鬼畜青年だった3 【教師】

前回↓







16話



千佳 「ふぅ……さっぱりした。」





お風呂から上がった千佳は、濡れた髪の毛をタオルで拭きながらベッドの上に腰を下ろした。



ここは千佳が大学に入って一人暮らしを始めてから3年以上住んでいるアパート。



部屋の中は決して広くはないものの、女の子らしく綺麗に整頓されている。




エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||||

2015年2月11日 | カテゴリー:教師

従姉の姉ちゃん5【友達と】

久しぶりに投稿します。

午前中だけですで5回もセックスして、それでもやり足りなくて、もう1回もちろん生でやっちゃいました。

ついに射精6回(内訳、ゴム4回、生2回、口0回)しました。

また、昼飯もすっぱだかのまま、うどんを姉ちゃんが作ってくれて、作っている間もおっぱいを後ろから揉んだり、マンコを触ったりとちょっかい出しました。「やーん、直樹感じちゃうでしょ。作れないよ。」と言うので、ちょっかいを一休みして、出来上がったら、一緒に食べました。もちろん、すっぱだかのままです。

食べ終わったら、お互いに待ちきれないようにディープキスです。もう姉ちゃんは濡れていて、スタンバイOK

俺も勃起しているので、生で挿入です。気持ちよくて、ガンガン姉ちゃんを正常位で突きまくりました。

姉ちゃんは俺の腰に足を巻きつけ、「あー、気持ちいい、いく・・・」と大声を出していました。

初めて自分のアソコでいかせました。姉ちゃんもセックスでは初めていったそうです。

自分も姉ちゃんのいく姿に興奮して、7回目の発射でした。

ここで、ふたりともぐったりで俺もアソコはまだ元気でしたが、ガンガンついていたので、少し疲れました。

姉ちゃんがここで、「勉強しよう。」とすっぱだかのまま、家庭教師をしてくれました。

約2時間、一緒に勉強して、3時前くらいになり、どちらからともなくディープキッスをしました。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||

2015年1月25日 | カテゴリー:友達と

立場もプライドも【友達と】

キスに弱い私は

グイッと肩を抱き寄せられてキスをされると

肩がキュンと窄まり、膝がガクガクと震えてしまい

自然に「ン、ン……クゥン!」と

子犬みたいな啼き声を洩らしてしまいます。

『先生、Mだろ!』

クスッと微笑む相手は、家庭教師をしている生徒で…まだ14歳。

今年の3月下旬から週に2日…試験前になると日数を多くしたり、一回の時間も長くなる事もあります。

…そしてそれは、身体を接する時間も長く…濃くなる事を意味しています。

中学2年生と言っても

身長は175cmで(私はもちろんのこと)私の恋人(大学のOBで、今は社会人・26歳)よりも背は大きく

部活もしているので力も強く、物凄い体力で

若いので当然、スタミナ・回復力も…という以前に果てるという事それ自体を知らないのです!

何より、この強引な関係を持たされてしまった時既に

彼は経験済み(…積み)であり


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||

2015年1月6日 | カテゴリー:友達と

家庭教師のご褒美【友達と】

「お 奥さん やばいですよ ここじゃ」

夫婦の寝室のベッドで大の字になると全裸の仁美はパンツを取りながら

「もう大きくなってる うっふふっ 浮気しないでね」

硬くなった男根を握り締め亀頭を舐め回すと口を大きく開けジュルッジュルッと淫靡な音を出しながら男根を深く浅く

美味しそうにゆったりとバキュームフェラを始めた。

「硬くていいわ 美味しい」

「お 奥さん そんなにしたら」

「仁美と呼んで まだ いっちゃだめよ」

仁美がフェラをしながら腰を寄せてきた。

腰を掴み引き寄せ濡れ輝きはじめた女陰に吸いついた。

「アッ アアッ 久しぶり イッイイッ」

仁美は声にならない艶声と淫靡なフェラ音を出しながら頭を盛んに上下させ男根に吸い付いてくる。

「そんなに舐められると 欲しくなっちゃう」

男根を握り締め跨ぐと仁美は騎乗位で女陰深く硬い男根すべてをゆっくりと味わうように咥え込んだ。

「ウッ アッ ウウッ イッイイッ 硬いっ」


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||||

2015年1月2日 | カテゴリー:友達と

学研の先生 【友達と】

僕は中三のDです。

英語の成績が上がらず、国際大学をでた近所の学研の先生に逆家庭教師をしてもらうことになりました。

中学校からは塾に移りましたが、小学校の頃には通っていたので懐かしい感じでした。

ゆみこ(Y)先生は42の割にはとても若くみえて35くらいに見えます。

小学校の頃にはなんとも思っていなかったのに、久しぶりにみるととても美人にみえました。

夏だったのでY先生は薄着で、ぼくは授業中も胸元が気になって仕方ありませんでした。

するとY先生が

Y−こら、D君。どこみてるの 笑。ちょっと前までは子供やったのにねぇ 笑。

正直ばれていたことにあせりましたが、普通だったのであんしんしました。だから

D−だって先生が美人なんやもん 笑

Y−ありがとう。

D−先生今日は家族は?

Y−お父さんは福岡に出張、お姉ちゃんは大学、お兄ちゃんは友達の家に泊まりにいってる。

僕はおかしたくてたまらなくなりました。そしてせんせいに飛び掛りました。

Y−ちょっと何するの!やめなさい。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||

2015年1月1日 | カテゴリー:友達と

家庭教師の悪夢【友達と】

私も告白します。

わたしが、オナニーをはじめて経験したのは、大学1年生(19歳)のときでした。

わたしは、小学校時代から、まじめですこしおとなしい性格でしたから、男の人とデートしたこともありませんでした。

もちろん中学校時代、クラスでオナニーをしていた子もたくさんいましたし、オナニーのやり方も知っていましたが、なぜかしら、そんなことをするのはいけないことだ、破廉恥なことだとおもっていました。



ところがです。以下私の初オナニーというかを聞いてください。



大学1年の夏、私は、家庭教師のアルバイト先で、あまり熱心に勉強にとりくまない中学3年の男子生徒を教えていたとき、すぐに「先生、もう終わろうよ。」と言い出すのです。

私が、「この問題がとき終わったら、なんでも言うこときくから」と言ったとき、彼は急に真剣にやり始めたのです。ほとんどはその子の実力では、ちょっと解くのが難しいかなという程度の問題だったのですが、たまたまうまく解くことができたときがありました。



わたしは、「よくできたから今日はここで終わろうか。」というとその子は、「先生なんでも言うこと聞くっていったよね。」「今度来るとノーブラで来て」といいました。

当然、私は、冗談かと思い聞き流して、次回もそのままいつもの服で教えに行きましたが、そのとき、男の子が、私の胸の付近を執拗にもじろじろ見ていました。その時、私は初めて、先週男の子が言ったことがまじめに言ったことであることに気がつきました。



2時間の指導時間のうち、最初の1時間は、普通に教えました。その時も、視線が私の胸にいっていたのを覚えています。当然、勉強のやる気などみじんも見当たりません。仕方なく、わたしは、休憩時間のとき、トイレでブラをはずし、再び1時間指導することになりました。

男の子は、はじめは特に何も口には出しませんでしたが、以前にもまして、私の胸を覗き込むように見ていることが多くなりました。そのとき、私の「あそこ」が急に濡れてくるのを感じました。1時間が終わりのころには、パンティがびっしょりでした。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||||||

2014年12月31日 | カテゴリー:友達と

家庭教師の女子大生が恋をした生徒は鬼畜青年だった2 【教師】

前回↓









11





千佳はその後順調に家庭教師のアルバイトを続けていた。



このアルバイトを紹介してくれた友人の尚子の話通り、富田家が康介の家庭教師に払ってくれる給料は大学生のアルバイトとしてはかなり高額。

それに見合った成果を出すべく、千佳は康介のスキルアップのために一生懸命頑張った。



康介も要領が良いというか、きっと元々勉強はできるのだろう、千佳が教えた事をスムーズに吸収していってくれた。




エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||||

2014年12月14日 | カテゴリー:教師

このページの先頭へ