学校であったエロい話 最新更新情報

ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

蔵の中 (早苗義姉さんを見ながら・・・)【妹と】

江戸川乱歩が集めた蔵書の数々が納められている「幻影城」という蔵をご存じの人もいるかと思います。

僕の実家にも死んだ父が集めた歴史書や古書の類が納められた蔵があり、兄の結婚を契機に蔵を改築し、

僕が過ごす部屋をしつらえてもらいました。

食事と入浴以外はその蔵で寝起きし、たまには悪友たちのたまり場にもなっていました。

冷暖房も完備されていたので、快適でした。

翌日が休校日という日は、スケベなDVDを見てオナニーに興じてみたり、パソコンで人妻とチャット

しながらオナニーもしていました。

そんな高校卒業も間近な2月後半、兄嫁の早苗さんが僕の蔵に来ました。

早苗さんは大の歴史マニアで、父の残した蔵書を暇なときに読みにきていたので、この日もそんなノリ

かと思い、蔵に入れました。

普段なら1階の蔵書が収められた書棚から好きな本を選んで自室に戻るのですが、この日は珍しく2階

に上がってこようとしていました。

数分前まで僕はオナニーをしていたので、部屋にはDVDや精子を拭ったティッシュが散乱していたため

急ぎ部屋を片づけ、早苗さんをいれました。

「お〜、若い子の部屋って感じだなぁ。」と部屋を見回しながら言う早苗さん。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||||||||

2016年8月11日 | カテゴリー:妹と

まさか、姉が…(2)【お姉ちゃんと】

年も明け、中3のボクの高校受験も近づいてきた。

家から近いという理由で実力より1ランク下の高校を受験する。

なので気持ちはけっこう余裕がある。

姉、高3のゆきねえは昨年末には就職も決まり、

のんびりと高校生活最後の休みをエンジョイしていた。

そんな2月半ば、祖母が転んで脚を折って入院した。

見舞いに来ていた親戚と何か神妙に話をしていた。

それが何の話か解ったのは、

祖母の入院から2週間経った頃。

祖母はある親戚の近くの病院に移ることになり、

退院後はそのままその親戚の家に行くことになった。

単身赴任の母は、4月からこちらに戻ってくることになった。

ゆきねえの就職先は、ここから汽車で1時間半の大きな街にある。

なのでゆきねえは4月から独り暮らしを始める 。

そしてここに祖母がいなくなると、ボクも4月から独りになってしまう。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2016年6月3日 | カテゴリー:お姉ちゃんと

まさか、姉が…(1)【お姉ちゃんと】

たぶん、長くなります…

ボクが幼稚園の頃、父親は他界した。交通事故だった。

家に残されたのは母親と祖母、ボクとボクの姉。

まだ幼かったボクは、住み込みで働き始める母についていくことになった。

姉のユキは、実家で祖母と暮らすことになった。

ボクが小学校2年生になってからは、

夏休みや冬休み、春休みなど学校が長い休みになると、

その期間だけ実家に戻ることになった。

ユキねえと呼んでいたボクの姉は、 ボクより3歳年上。

5年生のユキねえは、ボクの宿題を見てくれて、

宿題がよく出来ると、ユキねえはちゅうしてくれた。

「まこと(ボク)、すごいねー!ちゅっ」

それが嬉しくて、宿題も頑張った。

ボクが3年生になっても、同じような休みを過ごしたけど、

6年生になった姉は自分の勉強に一生懸命になっていたので、


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||

2016年5月24日 | カテゴリー:お姉ちゃんと

初めて姉に欲情した【お姉ちゃんと】

昨日、姉という存在を初めて女と意識してオナニーのオカズにした。

俺と姉はどちらも高校生で1年と3年です。同じ高校ではなく頭のいい姉は地元でもそこそこの進学校、

一方俺は勉強が嫌いで一応普通科ではあるが、クラスのほとんどは進学せず就職と言う三流高校です。

そんな高校ですからクラスの女子も勉強より恋愛やファッションに夢中、スカートもほとんどが校則違反で超ミニにしてます、

一方姉はと言えば真面目一筋で色気もなく彼氏もいない、制服のスカートも膝上10センチのものをそのまま着用してます。

血が繋がった姉と言うこともあるでしょうが、それ以前にクラスの子の方がエロいし今までもオカズにしてきました。

ところが昨日家に帰ると姉は先に帰っていてリビングで制服のまま寝てたんです、受験を控えて毎日遅くまで勉強しているので

つい眠くなって寝てしまったんでしょうが、姉の寝顔が滅茶苦茶可愛いのです。

さらに膝を立てて寝ていたので制服のスカートの中が丸見えでした、黒いタイツを履いていたのですがタイツから

しましまのパンツが透けて見えました。

今まで姉の体なんてそうマジマジ見たことがなかったけど、タイツに包まれた太ももなんて結構ムチムチしててエロい、

思わず太ももに顔をうずめてみたくなったほどです。(もちろんそんなことはできませんでしたが)

ギンギンに勃起してました、傍で弟が欲情していることも知らず姉は気持ちよさそうに寝てました。それをいいことに

俺はズボンとパンツを下ろして姉の寝顔とスカートの中の脚とパンツを見ながらオナニーしました。

姉でオナニーしたのも初めてだったけど、モニター映像ではなく現実に目の前にいる女でオナニーしたのも初めてです、


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||

2016年5月16日 | カテゴリー:お姉ちゃんと

姉の就寝中に【お姉ちゃんと】

今から20年以上も前の話です。

俺には2歳年上の姉がいます。自分で言うのもなんだけど姉はオードリーヘップバーン似の美人さんだったです。

中学生ともなると当然頭の中には常に「おんな女オンナ!」状態だった訳でして、もっとも身近にいる同年代の異性が姉だったこともあり、チャンスを見計らって胸元やパンツを覗いていました。

中学2年の夏休みのある日、居間で1人姉がクーラーにあたりながら仰向きにグーグー寝ていました。両親とも仕事していたので日中は俺達子供2人しか家にいません。姉の服装は7分袖Tシャツにデニムのミニスカートでした。

俺はいても立ってもいられなくなり、こっそり姉の傍らに座って姉の様子を伺いました。目も口も半開きになり、さらに軽くよだれまで垂らして熟睡しているようです。

今度はゆっくりと足元の方へ移動し、白く肉付きのいい太腿を眺めながらコッソリとスカートを摘み上げました。そこには淡い灰色のパンツが露に。女がパンツ穿いているのを直視したのが生まれて初めてだったので、もうすでにチンコはギンギンに膨れ上がってました。

左足首をそっと触ってみましたが、これといった反応が返ってこなかったので、大胆にも左足首を持ち上げて左足だけ膝立て状態になるように動かしました。そしてできあがった三角形の空間に左側から顔を入れて姉のパンツを20cmの至近距離から直視。そこにはクロッチの境界部がハッキリと見え、クロッチ脇から2,3本毛が飛び出、少々穿き込んだ感があるのか左太腿部分がほつれてゴムが飛び出た、正真正銘の生パンツがありました。

当時、インターネットなんてなかった時代だったので、中学2年の子供が知り得る知識なんてたかが知れています。これはまさしく、子供では知りえない大人のいやらしい世界なのです。

立てた左足を外側に倒し、クロッチにそっと触ってみましたが、これも反応がなかったので親指をクロッチにあてがって上下に動かしてみました。エロ本の中でしかなかったシチュエーションを今まさにしていると思うと、それだけで射精してしまいそうなほど興奮していました。

今度はゴムが飛び出てほつれた部分からゆっくり指を入れてみました。指に絡む陰毛の感触にこれまた興奮しました。そしてそのまま指を下へ移動させ、とうとう最後の一線へ到達。

その感触は言ってみれば俺のチンポから出てくる先走り汁を指で触ってみたような感じ。姉のオマンコはもの凄くヌルヌルしていました。エロ本にはオマンコはヌルヌルしているって書いてあったけど、本当だったです。もう夢中になってクロッチ脇から差し入れた指をクチョクチョを上下させて、ヌルヌルの感触を楽しんでいました。

オマンコを見たくなったので、クロッチをずらしてオマンコを見ました。初めて直視する女の生殖器です。姉のオマンコはものすごくヌルヌルでテカっていて、オマンコからクロッチに糸を引きてました。気が付きませんでしたが、姉のパンツのクロッチ部分はもうビショビショ状態で、そこだけ淡い灰色から濃い灰色に変わっています。

思わず右手指に絡まった姉の愛液を舐めてみました。薄い食塩水のようなちょっとショッパイ味がしました。その後本当はオマンコに顔を埋めて思いっきり舐めてみたかったのですが、今の体制ではちょっと無理っぽく、しかも姉が目を覚ましてしまう恐れがあったので、諦めます。その代わり何度もオマンコに指を入れては絡まった愛液を舐めました。

姉の顔を覗いてみますが、こちらもさっきと同じで目口半開きです。俺は最高にいきり立ったチンポから先走り汁を指にとり、姉の唇に塗ったりオマンコの中に入れたりしました。まさかこんなことで受精するはずがないのですが、自分の精子が女の中に入ったと思うだけでも射精しそうになります。

でも中学2年の興味はこれしきでは尽きません。俺はズボンとパンツを脱ぎ、姉のパンツのクロッチをずらしてオマンコにチンポをあてがいました。どう考えてもセックスなんかしたら目を覚ますに違いないのですが、なぜか姉は起きないという身勝手な解釈を勝手に抱いていたのです。そして俺は腰をゆっくり突き当てて姉のオマンコにチンポを入れました。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||||||||

2016年5月9日 | カテゴリー:お姉ちゃんと

姉と‥【お姉ちゃんと】

2年位前、2つ上の姉(22)が会社の飲み会で酔っ払って帰ってきたときの話です。

 いつもは酔わない程度に飲む酒も、次の日は、休みだったから、はしゃいで飲みすぎたのか、ふらふらしながら帰って来ました。両親は、旅行でいなかったので、家には、僕(20)だけでした。

 姉は帰ってくるなり、「お風呂入る~」と言い出しました。僕は「了解」といいつつ、水を入れ、姉に渡そうとしたら、姉は生まれたままの姿で、ソファーで寝転んで寝ていました。仕方ないので、そのまま寝かせておこうと思ったんですが、胸が目に入ったんです。服の上からでも目立つくらいですから、かなり大きい。腰もかなり細い。大人になった姉の裸を観察していて我慢できなくなった僕は、おっぱいを揉みました。すると、「んー」と言ったので、起きたかと思い、揉むのを止めて姉を見ましたが、起きた様子はなかったので、再び揉み始めました。揉んでいるうちに入れたくなった僕は、ここではまずいと思い、姉をお姫様抱っこで風呂場へ直行しました。風呂に行くと、姉を仰向けにし、馬乗りになり、まず、上の口にぶち込みました。そして、数回、出し入れしているうちに出てしまい、それを飲んでしまいました。

学校であったエロい話関連タグ

||||||||||||

2016年4月26日 | カテゴリー:お姉ちゃんと

続実姉、従姉登場【お姉ちゃんと】

何とか姉を説得して姉と学校でしてしまった。

そして今年の夏休み頃にちょっとした出来事があった。二人の姉と俺とでお婆ちゃんの田舎に遊びに行ったとき姉達がかえってくると連絡を受けた親戚が結構集まっていた、10人くらい集まり飲んで騒いでとみんな楽しそうだった俺は田舎に帰る度可愛がってる親戚の二人の男の子と隣の部屋で遊んでいた、するとその子の母親京子お姉ちゃんが近ずいてきた。京子お姉ちゃんは母の姉の娘で21で結婚してすぐ子供を産んだ。今は25歳で身長は162ぐらいで痩せ形ですげー巨乳の美人で保育士をしていて俺は姉と一緒くらい好きだった。

「翔太くんありがと、大変でしょ?二人の相手?」

「嫌全然大丈夫」

「ごめんね、この子達翔太くんにべったりだから」

「うんでもかわいいっす」

「ありがと、ねぇ今日はどうするの?おばぁちゃん家泊まるの?」

「多分」

「家来ない?この子達まだ翔太くんと居たいみたいだし私はかまわないから、ねっ?」

「じゃあー美咲姉ちゃんに聞いてくる」

姉に許可をとり京子お姉ちゃんの家に泊まることにした。家につくなり二人の子とお風呂に入り、上がったら少し遊ぶと二人は寝てしまい二人きりになってしまった。旦那さんは出張でいないらしい。

「二人とも寝ちゃった、翔太くんなんか飲む?」

「あ、嫌大丈夫」

俺はやけに緊張し恥ずかしがってた京子お姉ちゃんはそんな俺をみて少し笑ってるし、ブラウスに包まれてる胸は動くたびに揺れてるはで興奮しぱっなしたった

「顔赤いよ、恥ずかしいの?」


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||

2016年4月17日 | カテゴリー:お姉ちゃんと

農機具小屋で【妹と】

俺30才、妻は32才で、3人姉妹の末っ子。

妻の実家は農家で、長女(40)が跡をとり農業を継いで居るが

2年前に義兄が亡くなり、現在独身で両親と住んでいる。妻にとっては両親と実の姉だけの気兼ねのない実家であり

更に、年老いてくる両親の手伝いにもなるので

近くに居る俺達夫婦は、手伝いがてら時々遊びに行く。俺達夫婦と義姉で山の畑仕事に行った時

妻の携帯に急用のメールが入って来たので

「夕方迎えに来る」と言い俺と義姉を置いて車で帰った。農機具などを置いてある小屋で弁当を食べて、

食休み中に、ふざけて後ろから義姉の肩を抱いたら

最初はビックリした様だが、特別に抵抗もなく

俺の手を押さえて、笑顔で「 コラッ 」

抱き寄せて口を吸い、仰向けに寝かせる。俺が義姉のズボンのベルトを外すと

義姉は腰を浮かせて、脱がせ易くしてくれた。二人とも下半身だけ裸になって抱き合う。

挿入してから「中で出していい?」って聞くと

義姉は、小さく「ウン」と言い、抱きついて来た。俺が突くと義姉も下から腰を突き上げてきて

次第に息が荒くなり動きが激しくなったと思ったら


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||

2016年3月30日 | カテゴリー:妹と

姉貴の友達が、スタイルが良くて俺好み【お姉ちゃんと】

姉妹の知人(♀)となにかあった話はだめか?

姉(24歳)と食事に行った時、偶然姉の知人(♀)24歳と会ったんだよ。

結構スタイルが良くて俺好み。 姉に根掘り葉掘り彼女のことを聞いたんだが、

「○雄、彼女は彼氏がいるんだから、手をだしちゃダメだよ」って俺の気持ちを見透かされたように言われた。

姉もある程度遊んでいる方だから男心は知っているんだろう。

姉にねばって今度ちゃんと紹介してくれる約束をとりつけた。

お陰でそこの払いは俺持ちになったけどね。

                    

姉の顔を見るたびに「早く紹介しろ」ってせっついてたんだけど、「そのうちにね」 っていつもはぐらかされてたんだ。

あきらめていた頃2ヶ月位たっていきなり、「今週紹介しようか?」って姉が言ってきた。 

約束の日、俺は残業拒否で待ち合わせ場所へすっ飛んでいったよ。

食事中に姉がトイレに席を外した時、彼女が「これから予定ある?」って聞いてき。た

ので「なんで?」と聞き返す、と「A子(姉)のいない所で相談に乗ってくれる?」ときたもんだ。 

俺に予定も異存もある訳ない。即OKして出た後の時間と場所を決めた。

姉がトイレから帰ってきても二人ともそしらぬ顔で取り止めもない話に終始した。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2016年3月11日 | カテゴリー:お姉ちゃんと

兄嫁【妹と】

兄嫁は25歳。僕からみても美人で綺麗で抜群のプロポーションが魅力的だ。結婚後5年経つが子供がいない。僕は兄の所に嫁いで来た時から、憧れていた存在だった。それが今年の夏に兄貴が出張中に 義姉の下着を拝借しオナニーをしていた所を義姉から見付かってしまった。次の日の夜 義姉が僕の部屋に入って来て どうしてあんな事したのって悩ましい声で訪ねて来た 。義姉が好きだからというと義姉が突然、僕のペニスを触りだしこうして欲しいんでしょと言うなりペニスをズボンから取りだし扱き始め やがて口に含んで舐め回した 僕はあまりの気持ちよさに口の中に射精してしまった その後はベットに入りセックスをしてしまいました。この兄嫁に童貞を捧げて以来、深い関係になってしまった。今は、一週間に2回は学校に行く前に二人で秘密のセックスをする。僕は兄嫁にセックスのイロハを教えてもらい、兄嫁は兄貴との交わりも殆ど無いらしく、僕に夢中でセックスの色々な体位や極意の技などを試み楽しんでいるようだ。どうも、兄嫁は不妊の体質らしくいつも生での中出しでやっている。僕も兄嫁の言い成りになってしまった。それほど、兄嫁とのセックスは最高だ。いつも、キッス、69、騎上位、後背位、座位、そして正常位でしっかりと抱き合い、キッスしながら、兄嫁の中にたっぷりと射精する。抱き合ったまま、深く、深くザーメンを注ぐ。終った後は二人は一緒にシャワーを浴びながら、もう一回、兄嫁をバスタブに手をつかせて、バックで挿入して奥深く射精する。

それから、学校に行く。兄嫁は仕事に夢中で自分をかまってくれない兄が悪いのだと、言いながら今では僕とのセックスに生き甲斐を感じ僕の子を生みたいといっているようだ。いつまでこの関係が続くのか、この快楽から僕は当分逃げることは出来ないだろう。

学校であったエロい話関連タグ

||||||||||||

2016年3月5日 | カテゴリー:妹と
1 / 1912345...10...最後 »

このページの先頭へ