学校であったエロい話 最新更新情報

ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

俺の性人式【お姉ちゃんと】

夕べ、母と姉が1日早い成人式をやってくれた。

俺の家は父43歳、母42歳、姉22歳、俺20歳の4人家族だが、父はタイに単身赴任中。豪華な食事のとき、「お酒はないの。」と聞いたら母が少しだけ出してくれた。

「これっぽっち。」と、愚痴をこぼすと「後でいいことあるから。お酒はほどほどに。」と、母が姉と顔を見合わせ言っていた。

食事が終わるとこれまた豪華なスイーツが出てきた。やはり二人はスイーツ通、抜かりはなかった。

デザートが終わると強引に風呂に入るように言われしかたなく入ったが、これで寝かされたら怒ってやると思った。

俺のあと母も姉も交代で風呂に入り、それからが性人式の始まりだった。

母に連れられて両親の寝室に行ったら、姉がネグリジェ姿で両親のベッドに横になっていた。「なに、これ。」といって驚いたが、透けるような生地に身を包んでいる姉は、じっと見ると胸の形が分かり、下はTバックを穿いていた。

このネグリジェ、母が昔着ていたもので小さいながらお母さんきれいと思っていたほどだった。「もう、これから和夫の性人式を私とお母さんでやってあげようと思ったのに。何、これはないでしょ。」

ということで、お酒を少ししか出さない二人に企みが分かった。両親に寝室だとベッドが大きく3人でも十分だそうです。

「和夫はまだ童貞でしょ。最初の女はお母さんか由美かどちらがいい。」と母が聞いてきたがぐさりと来ていた。高校の頃、あと少しで童貞を捨てる出来事があった。

しかし、そこは彼女に家で両親が帰ってこないかと気を使って起たなかった。

少し考えた挙句、やはり若い「由美姉ちゃんがいい。」と答えた。「そう、じゃ由美お願いね。」と母が言い、俺はベッドの真ん中に寝かされた。

左右から母と姉に添い寝され、母が俺にキスをし、姉が俺の一番感じるところを触ってきた。

母の舌が口に中で這い巧みなキスの圧倒され、気が付いたときには姉に裸にされていた。

「和夫のここ、意外と大きいじゃん。」といわれ、母がキスを止めて見ていた。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||||

2016年5月31日 | カテゴリー:お姉ちゃんと

裏切り【妹と】

俺は生まれてから一度も親に笑顔を向けられたことがなかった。

というより、邪魔者扱いされていた。

なんでかはわからない…

顔だって悪くないし、道を外したこともしてない。

どんなに考えても理解できなくて、毎日1人で飯を食べていた。

そんなある日だった。

俺が授業参観に親が来なかったのをクラスメイトにバカにされて、カッとなって殴ってしまい、親が呼び出された。

その日の夜、俺は何も食べ物を与えられず、空腹で我慢ができなくなりこっそり食べ物を探すことにした。

すると台所から両親の話し声が聞こえた。

最初はマズイ!と思ったけど、話を聞いてみると俺の話だった。

短くまとめると、俺は昔母親がレイプされたときに出来た子供で、降ろすと二度と子供のできない体になるから仕方なく産んだらしい。

俺は最初、死のうかと思った。

そして、我慢できないほどの怒りを覚えた。

俺は悪くないのに…

何で俺が…


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||

2016年5月4日 | カテゴリー:妹と

息子と娘の情事【妹と】

私は43歳の母親です。夫が47、それに息子が11、娘が9の四人家族です。

ある日、私がパートの仕事を体調不良で休んで、家に帰ったときのお話です。2階の部屋から「アン、アン」と声が聞こえます。何だろうと思ってみていると、なんとそこで息子と娘がセックスをしているではありませんか。

すぐに注意すれば良かったのかもしれませんが、その場でこっそりと覗くことになりました。

もう既に挿入中で、まだ2人とも毛は生えてなかったようです。ただ、小さいペニスが、小さいま○この中に出たり入ったり。いつからこういった行為がされているのか、二人ともぎこちない部分は無く、スムーズに出いりしています。あれが若さというものでしょうか。夫の腰の振り方よりも、断然はやい気がします。

床には精液が垂れています。これは何回戦目なのでしょうか。息子がブルっと震えました。どうやら果ててしまったようです。

「ちんちん舐めて」息子が娘に言います。娘も慣れたような感じでフェラチオを始めます。その幼いペニスを、幼い口で包む姿は、滑稽に思え、でも、子供同士の遊びのようにも感じられました。

息子のペニスが再び大きくなると、再び正常位での挿入をはじめました。

パンパンパンと家中に音が鳴り響きます。私も不覚ながら自分の子供達の情事を目撃し、股間をぬらしてしまいました。股間を触ると淫猥な気分になり、自然にオナニーを始めてしまいました。

しばらく夫にも触られていない自分の秘部は、まるで刺激を待っていたかの様でした。核を刺激すると全身がビクンとなり、そのまま核を指で擦り続けます。息子達は正常位から騎乗位に、さらには後背位まで体位を変え、お互いの肉体を楽しんでいるようでした。あぁ、私にも熱い肉棒が欲しい…そう感じているうちに、二人はコトを終えていました。

何事も無かったかのように振る舞い、夕食を作りましたが、常に股間が濡れたままで、正直料理どころではありません。

夫がこの日に帰ってくれば良かったのですが、出張で帰ってきません。仕方なく夫婦の寝室で一人で自分を慰めることになりました。パンティーが透けてしまうぐらいビショビショで、昼間の息子達の情事を思い出すと何度も昇天してしまいました。

すると、寝室に息子と娘がいきなりとびらをバタンとあけました。

「な、何!?」

「昼間のぞいてたでしょ!」

「!」


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||||||||||

2015年12月13日 | カテゴリー:妹と

昨日の昼間【友達と】

部活もなくて早めに家に帰ってみたら、お母さんが腕にTATOOを入れた

男とHしてました。

ソファーに両手をついて立ったまま後ろからバンッ!バンッ!って音がして

ました。

お母さんは、アー!イイ!もっと!と大きな声を出していました。

男はお母さんに、○○美今日は中に出すぞ!と何度も言ってお母さんを激し

く突いていました。

お母さんは、そのたびに○さんダメよ!やめて!と言っていましたが、結局

中に出されたみたいでした。

○さん子供が出来たらどうするの?とお母さんが聞くと

一緒に朝鮮に帰ろう、朝鮮なら僕は、○○美を幸せに出来るからと言ってま

した。

私のことなど全く気づかず、二人だけの世界に入っていてその後も2回Hして

男は夕方7時くらいに帰っていきました。

後の2回とも中に出していました。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||

2015年6月13日 | カテゴリー:友達と

母のエッチ【友達と】

私の母、はっきり言って変態かもしれません。そう思うのには理由があります。私、小学生の頃から父にやられる

母をずっと覗いてました。今思えば仲の良い両親とも言えるのですが、当時はそんな母を汚らわしく思いました。

だって、母は父の大きなおちんちんをもっと大きくしてお口でしゃぶっていたのです。

それだけではありません。何かしら白っぽい液体を厭らしそうに飲み込んでたりして気持ち悪いったらない。

それと、父はよく母を四つんばいにさせて後ろからおちんちんを母のお尻に刺してました。その時の母の乱れ様は

変態そのものでした。

そんな毎日を繰り返し、私は大きくなりました。今ではその行為の一つ一つが理解できます。

有難い事に、変態の母かも知れませんが一切浮気はしておらず、男は父ただ一人のひとでした。

尊敬しています。

しかし、私の父のおちんちんは今でも現役で母を抱きかかえては、エッチな事に励んでいます。

喜ばしいような、うざったいような・・・・

おかげで、私の男を見る目はデカマラしか眼に入りません。短小包茎など最悪です。ちなみに、私の旦那となった

人はデカマラです。気持ちいいもん。

母に感謝感謝。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||

2015年5月25日 | カテゴリー:友達と

友達の母親と俺の母親①【友達と】

高校時代、俺はまだ童貞だった。友達のYも同じく童貞。中学の時からの仲良しコンビだった。高校二年の時、前期の三者面談があり

俺の前にはTとTの母親がいた。Tの母親とうちの母は同い年らしく、家庭の事を雑談していた。Tの父親は大手の会社の技術者でタイに長期間の出張らしく、品のよさそうなお母さんは、主人がいないととても楽で・・・と笑いながら話していた。俺の母親もきれいな方だとは思うがTの母親は、より一層スタイルも良く背も高い。胸の形も良く30代後半と思えないほど均整のとれた体つきだった。

雑談後、Tの母親は「N君(俺の事)、うちのTと仲良くしてやってね」と最後に話かけて面談に向かった。

翌日「おい!T。お前の母ちゃん綺麗だな!良いよな。お前は。毎日あんな綺麗な母ちゃんと一緒で」と俺はからかった。Yが「うそ!まじかよ。そんなにきれいなんか?お前のかあちゃんは」と興奮気味に話に参加してくる。「おう!凄い綺麗でスタイルもいいよな?T」というとTは「そんなこと…考えても居ないよ。N君の母さんの方が綺麗じゃないか!」と言い返したので「お前。あんな綺麗な母ちゃん持って、ばち当たるぞ!」という応酬があって、俺たち三人は打ち解けた。よくよく話を聞くと当然Tも童貞で、放課後は三人そろって「ああ~女とやりてえな」とか「クラスでだれとやりたいか」とか話しながら帰るのが日課になった。

ある日、Tが「Y君N君、今日俺の家に遊びに来ない?母さんが仕事でいないんだ」と誘われた。暇をしていた俺がノーと言うはずもなく「よし、親爺の隠していたエロ本持っていくよ(笑)三人でせんずり大会でもやるか!」と大乗り気でTの家に行った。

Tの家はリビングが広く二階にTの寝室があり、俺たちはTの部屋で親爺のエロ本をネタにお互いのペニスを見ながらオナニーにふけっていた。一回すっきりした後、俺はのどが渇いたので「T、冷たい飲み物ない?」と聞くとキッチンの冷蔵庫の中の好きに飲んも良いというので下に行き、冷蔵庫からジュースを出して飲んでいた。ふとその時にドアの隣の洗濯機に気が付いた。ひょっとして・・・淡い期待を胸に洗濯機のふたを開けると、明らかに使用済みの服が入っていた。Tのトレーニングウェアや下着に紛れて、白い薄い生地の丸まったものを発見した。そっと広げるとクロッチ部分にうっすらと縦線のシミが入り、やや黄ばんだような色になっていた。俺は深呼吸をしてそのにおいを嗅いだ。甘酸っぱいそしてほんのりと淡いにおいが漂った。俺は、先ほど終わったばかりのペニスを引きずり出し、においを嗅ぎながら射精した。二階に行き、「Tのお母ちゃんの下着で俺やっちゃったよ」 と告白するとYが「え~、良いなお前。俺にもさせろ」と言ったが「もう俺の精子で汚しちゃったから臭いはしないよ。ハハハ」とごまかした。

Yは「おい、T。俺にも良い目させてくれ。お前の母ちゃんでさ」とでかい体で迫る。Tは「そんな無理だよ。俺は・・・。T君の母さんが

好みなんだしさ」と上ずった声で答えた。「おい!聞いたかよ。T,お前の母ちゃんでせんずりしたいんだってよ。ハハハ。やらせてやれよ」おれはうちの母ちゃんで良ければいつでもさせてやるよ」と強がりを言った。Tは「本当?」と目を輝かし、「本当なら、協力するよ。うちのお母ちゃんと交換しないか?」と思わぬ提案をしてきた。俺は強気で「ああ、俺の母ちゃんならお前の筆おろしさせてやるよ」

と答えた。Yは「おお!俺も仲間入りさせてくれ。で俺の母ちゃんじゃな・・・お前らにメリットがねえよな」しばらく考えて「よし。じゃあ俺はお前らの手伝いをするから俺もやらせてくれ。頼むよ。俺も童貞すててえよ!」と懇願する。Tと俺は強気になって「じゃあ、どう手伝うんだよ」というとYは「俺の兄ちゃんさ、半年前から鬱になってさ夜寝れねえらしくてさ、医者から睡眠薬を一杯貰って飲んでるんだ。それ飲んだらさ、朝まで絶対に起きないし、この前のうちの近所の火事でも起きなかったぜ。記憶もなくなるらしいし。その薬をくすねるからさ、それ飲ませちゃえばいつでもOKだぜ。どうだ役に立つだろう?俺も」俺とTは顔を見合わせ、思わずにっこり!「じゃあ、それで行こう!」と決定した。

まずはうちの母ちゃんをターゲットにして・・・うちのおやじは、月に一度関西方面に出張に行く。兄貴は鬱で薬飲んだら即寝てしまうから、問題外。という事で親爺の出張日を狙った。その日は、母親が町内会の寄り合いで10時頃お酒を飲んで帰ってきた。好都合だった。俺は風呂上りのジュースの中にYからもらった睡眠薬を入れて「なんだ、酒くせえよ。これでも飲んで匂い消してくれよ」とお袋に

渡した。お袋は仕事帰りに会合に顔を出したようでグレイのスーツを着ていた。勢いよく飲み干してからソファでテレビを見ていた。俺は一度部屋に入り30分位してそっと下に行きリビングの様子を見るとお袋は上を向いて鼾をかいていた。

おれはソファに行き「お袋!こんな所で寝たら風邪ひくぞ」と言いながら揺すったが起きる気配はない。この時点で俺はYとTに電話をして家に呼んだ。時間は十時過ぎ。三人で思いお袋の体を担ぎ、寝室へ運んだ。

ベッドの横たえると三人でじっくりとお袋を見直した。少しまくれあがったグレイのタイトスカートから覗く太もも。白いブラウスを盛り上げている胸。しばらく見とれているとYが「おい。早くやろうぜ」と声をかける。Tも慌てて「早くしよう」と言い出した。少し躊躇しながらも

俺は強気で「YとTで好きにしろよ」と促した。二人はその言葉を待っていたように行動に移す。

グレイのジャケットをそっと脱がす。お袋の胸が強調される。Yが早速ブラウスの上から胸をもんでいる。Tは太ももが好きらしくスカートをまくりながら太ももの感触を楽しんでいる。俺も見ながら心臓が口から出そうなくらいドキドキしてきた。いつも見慣れたお袋が全然別の女性に見える。初めて性を感じた。Yはブラウスのボタンをはずしにかかり、Tはスカートのホックを外し、スカートを抜き取った。お袋の体は、胸をはだけて白いレースのブラジャーと白いパンティを蛍光灯の下のさらけ出している。白いパンティの前からは


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2015年5月23日 | カテゴリー:友達と

母娘陵辱・息子の友人たちに【友達と】

2006/03/23 00:55:21 (wRrBFVKF)



 五年前に夫を不慮の交通事故で亡くしてから、息子と娘の三人家族で、生

活はそれほどに裕福なものではなかったですが、3DKの市営住宅でどうにか倹

しく暮らしていました。

 私の年齢は四十六才で、息子の雄太が十九才になっていて、娘の美紀は十

六才の高校一年生です。

 私は医療事務の資格を持っていたので、昼間は小さな個人病院での医療事

務仕事をし、夜は料亭の仲居として働き、子供たちをどうにか育て上げてき

ました。

 しかし、この春の大学受験を息子の雄太が失敗してから、我が家に少しお

かしな風が吹き始め、どこかに空気の遮断壁のようなものが出来てきていま

した。

 予備校に通うこととなった雄太の生活態度が、それまでの素直な純真さが

どこかに消えてしまい極端な内向的で鬱的な性格になってしまったのです。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||||||

2015年5月22日 | カテゴリー:友達と

昔の母の写真と今の写真【友達と】

自分の家の離れの物置に数枚の写真がありました。母のです。それも、20代の裸の写真です。大胆にも、陰毛が無く、両手を後ろで縛られていて、正座している写真でした。四つん這いになって、お尻が真っ赤になっている物。ムチで、打たれたのか。?それに、排泄姿までありました。

 母に、写真を見せたら。返事は。「昔、28歳の時、お父さんではないけど、調教してもらったの。ムチ、ロ−ソク、陰毛も剃ったわよ。アナルSEXもしたし。潮も吹いたわ。浣腸もしたから。」

母は、昔、SMを経験したのです。

自分「昔、綺麗だったんだね。」

母「今も、綺麗よ。写真撮ってくれる。」

母は、今、58歳。

自分「母さん、裸になってよ。」

母は、言われるまま、全裸になってくれた。まだまだ、40代くらいに見えた。乳房もピンとたち、お尻も引き締まっている。

自分「座って、両手後ろにして。」

母「あら、母さんを、調教するき。」「いいわよ。」

母の姿を、数枚撮りました。そして、四つん這いにして、後ろから撮りました。

母「トイレに、行かせて。」

母の、オシッコまで、撮りました。

ここまで、来たら、自分の願望か、排便姿も。

自分「母さん、ウンコ出ない。」


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||||

2015年5月18日 | カテゴリー:友達と

中華料理店【友達と】

で、パートを始めて3週間。母親は46才だけど背が低く、貧乳だけど尻と太ももには張りがあるからか皆に若く見られてます。

パート始めて三日目に父と一緒に店に行って食べてきました。その時の母の姿は真っ赤なチャイナドレスで合うのがなかったみたいでサイズが大きくてスリットも気にならなかったけど、脇から貧乳を抑えている白いブラジャーが丸見えでした。

その事を帰宅した母に伝えると、父には内緒にしてねと口止めされてから、ブラジャーは見えないものにするか着けないでと初日に店主から言われてたそうで、実は僕らが行く前までは着けないでいたそうです。

僕らが行くことを知っていたので、その時だけ着けていたそうです。

店は元々暇で客も疎らなので客足を見てもう一人いるパートを帰すことが多く、母は遅いシフトで最後までというパターンが始めから定着していました。

あの服でノーブラでいたら、完璧にテーブルに水や食べ物を置いていく度に脇から乳首まで見えてしまうことを母はきづいていないみたいでした。

母が働きだして一週間が過ぎたあたりに、もう一人のパートが辞めて母は店主と二人でいることが多くなったとぼやいていました。

もう一人が辞めた後すぐに店主は母が使ってるチャイナドレスを仕立てなおしにだして、戻ってきたのを着るように言われて着てみたら、スリットが腰近くまで上がっていて腰まわりはフィットしてるのに脇は開いたままだったそうで、あんなの着てられないから辞めると言っていたのに、今では家でぼやいてるのを聞いてません。

そればかりか、さきほど店を外から見ていたら、店には二人きりでいて笑顔で何か会話をしてて、厨房から店主がでてきて、フロアにいた母を呼び厨房の入口で母を抱き寄せて脇から手を入れながら中に入っていくのをみました。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||

2015年5月17日 | カテゴリー:友達と

教育実習生【友達と】

朝礼が終わって、教室へと戻ったときに、

「残念ながら、男のほうらしいぜ」

後ろの席の佐藤が、そう教えた。

「…え?」

「実習生。うちのクラスに来るのは、男のほうらしい」

「ああ。そうなんだ」

つまり、いましがたの朝礼で紹介された二人の教育実習生のうち、男のほうがこの二年A組付きになるという情報だった。

「ツイてねえよな。せっかく、女子大生とお近づきになれるチャンスだったのにさ」

「うーん…女子大生つってもなあ」

いかにも無念そうな言葉に、修一は同調する気になれない。女性のほう、佐藤の拘る“女子大生”は正直さほど“お近づき”になりたいタイプでもなかった。

「それでも、ニヤけた優男よりは何倍もマシだ」

「…まあ、そうかもな」

譲らない佐藤に適当に合わせながら、周囲をうかがってみる。

その情報はすでに広まっているようで、教室の雰囲気は少し違っている。なるほど、女子生徒のほうが盛り上がっているみたいだ。

やれやれと修一が軽いため息をついた時、チャイムが鳴った。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||||||||||||||||

2015年5月12日 | カテゴリー:友達と
1 / 1212345...10...最後 »

このページの先頭へ