学校であったエロい話 最新更新情報

ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

姉のバイブ 俺のオナホール【お姉ちゃんと】

「宅急便ですよー、△△さーんっ」

(や、やばっ。早くしないと…)

俺はあわてて玄関へ急ぐ。

「じゃ、こちらへサインお願いします」

ロクに伝票も見ずに品物を受け取り、宅急便業者を追い返すと、俺はそそくさと部屋へ戻った。

(ついに、買っちまったよ…)

宅急便の箱を持ちながら、俺は感動を抑えきれずにいた。

(これで俺のオナニーライフも一層充実するぞ…)

インターネットの通販サイトで見つけた”オナホール”…。

毎日毎日飽きもせずにオナニーしている俺。

そんなサルのような俺に強力なサポーターの登場だ。

俺は震える手で荷物を開ける…。

興奮で胸がドキドキする。

カサカサ…

丁寧にパッキンされた包装をほどき、ブツは出てきた。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||||||||

2016年2月29日 | カテゴリー:お姉ちゃんと

犬猿の中 その1【お姉ちゃんと】

俺と一つ上の姉貴は、超絶に仲が

悪い。きっかけは、中学の時に、

他校へのカチ込みで、番各を俺が

フルボゴにして、権威喪失し虐めで自殺した奴が、

姉貴の彼氏だったそれが原因で、

決定的に、仲が悪くなった。

それに、両親が

お姫様の様に

可愛いがる妹が、俺になついてるし俺は、裏番で、

表向きは、優秀。それも、

気に入らないようだな。

親が、女ヤンキーを可愛いがるかよ完全にひがみだ。

中学卒業後、

ホステスになって家を飛び出した。姉貴とは、完全に疎遠になった。

俺が高専を卒業し就職して、1人立ちして一年が


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||||||||||

2016年2月21日 | カテゴリー:お姉ちゃんと

下着でオナニー【妹と】

 夜寝る前に風呂に入ろうと脱衣所に行った。洗濯機の中を何気にのぞくと妹(高一)と思われるのパンティが・・  水色のわりと大人っぽい下着だ・・ふと周りをきょろきょろする、心臓がドキドキする、洗濯機の中に手を入れ取り出す。  もう家族のみんなは二階で寝てるはず、パンティを手に取り広げる、もうチンポはギンギンに勃起している。 股のあたりを舐めてみる、もうどうにも止まらない、すぐ自分の服を脱ぎパンティを持って浴室に入る、そこからはもうパンティを狂ったように舐めまわし、同時にギンギンのチンポをしごく、すぐに絶頂に達しておもいきり射精した。  もうなんともいえぬ快感だ。つぎの朝、妹と顔を合わせた、やはり興奮した。  それからというもの風呂に入るときは妹の後に入るようにした。母の下着も混じってる時もあるが、おばさん臭い下着なので間違うことはない。 時たまブラジャーで楽しむ事もある。もうやみつきです。たまりません。 ばれたら大変ですが・・・

学校であったエロい話関連タグ

|||||||

2016年2月12日 | カテゴリー:妹と

小4妹【妹と】

俺は3年程前から少女が好きになってしまった。

ロリコンといわれるやつだ。

小さな子に性的興奮を覚えるなんて最低だと思っていたのに・・・。

特に興奮するのが小学4年から小学6年までの少女。

なぜだか知らないがその辺りの少女の事を考えると

下半身が疼いてしょうがない。

街などですれ違うたび、いやらしい目で見てしまう。



そうそして、気がつけば俺の妹も小学4年生になっていた。

妹になんの感情も抱いていなかったのに、小学4年なんだときずいたとき。

意識するようになってしまった。

何気ない日常のいつもの風景。家の中だと安心してスカートから丸見えのパンツ。

横目で妹の股間を凝視する。

縦に食い込んだ割れ目が興奮を一気に上昇させる。

きずかれないようにズボンの上からおちんちんをさする。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||

2016年1月16日 | カテゴリー:妹と

ロリ系な姉2【お姉ちゃんと】

「圭ちゃん・・・き・・・」無防備な姿のまま裕美姉は呟く。「!?・・・裕美姉・・・?」寝言とすぐに気付いたが胸が強く鼓動を刻む。「圭ちゃん・・・好き・・・だよ」「えっ!?・・・」裕美姉の言葉が脳内でリピートして、次第に心臓が刻むリズムが早くなる。「(今の・・って、告は・・く?)」心境は複雑な感情しか感じさせてくれなかった。今までは、すこし困った事をしてくれる厄介だけど可愛い[姉]くらいの意識しかしていなかった。てっきり裕美姉も同じ様な意識、または認識しか持っていないとばかり思っていた。でも今のは明らかに告白だった。「ど・・・どうせ寝言さ。第一姉弟なんだし・・・。」理性がそう呟かせる。「・・って、やばい遅刻だっ!!」朝食もとらず家を飛び出して圭司は学校へ急いだ。ただ、突然の姉からの告白にお教のような先生の話が1mmたりとも入る隙間など無い事は、言うまででも無いであろう。「・・はぁ」家に帰ったあと自室へ直行すると圭司はベッドに身を投げ出した。「・・裕美姉ぇ・・・」その後すぐに、圭司は落ちる様に眠りについた。

学校であったエロい話関連タグ

||||||||||

2016年1月8日 | カテゴリー:お姉ちゃんと

姉はバイブ・モニター【お姉ちゃんと】

(くぅーっ。全然、進まねえなぁ)

俺は苛立ちながら、呟いた。

ここは渋谷センター街、午後10時。

もう8時間もここでアンケート活動をしている。

知り合いの紹介で始めた、某大衆雑誌の編集部のアルバイト。

ネタはエログロナンセンス何でもアリの三流誌である。

毎号、街頭の女の子へのアンケートコーナーがあるのだが、

今回は俺が任せられてしまった。

そのアンケートの内容がまた、ひどい。

Q1.貴女は普段オナニーをしますか?「はい」「いいえ」

Q2.1で「はい」と答えた方、初めてのオナニーは何歳の時でしたか?

Q3.1で「はい」と答えた方、週に何回位オナニーをしますか?

Q4.1で「はい」と答えた方、オナニーをする際、何か道具は使いますか?

使う方は、その道具を教えてください。

Q5.1で「はい」と答えた方、貴女がオナニーにかける時間はどれ位ですか?


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||

2016年1月7日 | カテゴリー:お姉ちゃんと

「ヤリマンセフレの巨乳姉を雑に犯して中出し−翌朝編ー」【お姉ちゃんと】

この前も少し話した、元カノのヤリマンセフレ「優子」とそのおねーちゃんのお話です。

超ヤリマンのセフレの優子は「あびる○う」似のCカップの27才で彼氏持ち。

セフレのおねーちゃんは「井上○香」似の巨乳釣り鐘型のFカップで29才でマンネリぎみの彼氏持ち。

前回のお話は、セフレの家に無理矢理泊めてもらって、ノーブラ巨乳のおねーちゃんに勃起して、予定外に犯してしまった話でしたが、今回はその続きで、朝起きた時のお話です。

セフレの妹の優子に中出しをして、優子にバレない様に姉の宏子にトイレで中出しをした後、オレはすぐに寝てしまいました。

3時位に寝たのですが、6時には目が冷めてしまいました。

オレは起きたのですが、優子は真っ裸で寝ていて、宏子を見に行ったら、昨日の疲れでまだ寝ている様でした。

ですがオレは朝立ちのせいも有り、今すぐにどちらかを犯したい気分でした。

やはり昨日の巨乳が忘れられないので、隣の宏子の部屋に忍び込みました。

ベッドに潜り込んで、宏子の巨乳を揉みまくります。

宏子はまだ起きないので、タンクトップを巻くり上げ「ブルンッ、タプン」と飛び出た巨乳をしゃぶります。

寝起きの巨乳はいつもの5割増で柔らかくなっています。

宏子も起きたのか、「うはぁ、ハァハァ、いやあ、ハァハァ、んふっ」と感じて来ました。

乳首はコリコリにシコって来ました。

宏子:「ハァハァ、やばいよ、ハァハァ、優子いるでしょ?ねぇ、ハァハァ、聞こえちゃう、あ、あん、あ」


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||||||||||||||||||

2015年12月22日 | カテゴリー:お姉ちゃんと

息子と娘の情事【妹と】

私は43歳の母親です。夫が47、それに息子が11、娘が9の四人家族です。

ある日、私がパートの仕事を体調不良で休んで、家に帰ったときのお話です。2階の部屋から「アン、アン」と声が聞こえます。何だろうと思ってみていると、なんとそこで息子と娘がセックスをしているではありませんか。

すぐに注意すれば良かったのかもしれませんが、その場でこっそりと覗くことになりました。

もう既に挿入中で、まだ2人とも毛は生えてなかったようです。ただ、小さいペニスが、小さいま○この中に出たり入ったり。いつからこういった行為がされているのか、二人ともぎこちない部分は無く、スムーズに出いりしています。あれが若さというものでしょうか。夫の腰の振り方よりも、断然はやい気がします。

床には精液が垂れています。これは何回戦目なのでしょうか。息子がブルっと震えました。どうやら果ててしまったようです。

「ちんちん舐めて」息子が娘に言います。娘も慣れたような感じでフェラチオを始めます。その幼いペニスを、幼い口で包む姿は、滑稽に思え、でも、子供同士の遊びのようにも感じられました。

息子のペニスが再び大きくなると、再び正常位での挿入をはじめました。

パンパンパンと家中に音が鳴り響きます。私も不覚ながら自分の子供達の情事を目撃し、股間をぬらしてしまいました。股間を触ると淫猥な気分になり、自然にオナニーを始めてしまいました。

しばらく夫にも触られていない自分の秘部は、まるで刺激を待っていたかの様でした。核を刺激すると全身がビクンとなり、そのまま核を指で擦り続けます。息子達は正常位から騎乗位に、さらには後背位まで体位を変え、お互いの肉体を楽しんでいるようでした。あぁ、私にも熱い肉棒が欲しい…そう感じているうちに、二人はコトを終えていました。

何事も無かったかのように振る舞い、夕食を作りましたが、常に股間が濡れたままで、正直料理どころではありません。

夫がこの日に帰ってくれば良かったのですが、出張で帰ってきません。仕方なく夫婦の寝室で一人で自分を慰めることになりました。パンティーが透けてしまうぐらいビショビショで、昼間の息子達の情事を思い出すと何度も昇天してしまいました。

すると、寝室に息子と娘がいきなりとびらをバタンとあけました。

「な、何!?」

「昼間のぞいてたでしょ!」

「!」


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||||||||||

2015年12月13日 | カテゴリー:妹と

エロノート【友達と】

しずかちゃんもりっぱな便女になった。クラスの性処理に毎日がんばっている。おれはインターネットで便女の貸し出しをすることにした。NGなしで何でもOKにした。タイム風呂敷で元に戻せばいいだけのことだ。

夜10時から2時間の貸し出しだ。地獄のような日々の始まりになる。

今日は初日で変態男に貸し出しだ。

 

貸し出し1時間でで何度殴られたらこうなるのか、酷い有様となっている。

両目は青タンで腫れ上がり、唇も晴れ上がっている。

 犯されたしずかは泣き顔で許してと叫んでいる。

ああーいきそうだ。変態男が叫んだそのとき男はしずかを殴り始めた



 1発目

「ぶぎぃっ」

 血がまき散らされる。

「ぎひぃ」

 2発目、

「うぎゃっ」


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||

2015年6月7日 | カテゴリー:友達と

モジャこ【友達と】

JCの通学路に先回りして、ネットからダウンロードしたエロ写真(包茎フェラや包茎や先ムケばかり)を置き、公園に隠れて見ています。殆どはチラ見ですが、たまに興味あれば拾って行ったりする子がいます。今回は公園の横の階段に置きましたが、置き去りにされたので暫くして回収に行ったら、さっき無視したJCが拾いに戻って来たので僕はスルーして隠れてみてました。

案の定、周りを確認して拾いました。すると公園のトイレに入っていきます。誰もいなかったので急いで追いかけて行き障害者のドアを開けた時に声を掛けました。

「興味あるんだぁ。拾うの見ちゃったけどそれ僕が落としたものなんだよ。」

Jcは固まってます。

「ここに入るって事はオナニーしようとしたんだね」

と寄っていくとJcはトイレの中にバックで入っていくので僕も一緒に入って鍵を閉めました。

Jcは急に態度が変わり「これお兄さんのオチンチン?」と

僕はいきなり全裸になって「見比べて一緒かわかる?」

パイパンのチンコを見せました。

Jcは食い入るように見比べて「黒いし包茎は同じだけど違うよね。」

僕は「判るんだ^^凄いね。ホンモノ弄っていいよ」

と言うと便座に腰掛させて正面に仁王立ち。

皮を引っ張って弄って「剥いたら痛いの?」と聞くから「剥いてみなよ」と剥かれてながらフル勃起。

弄りながらJcはなんと!スカートの中に手を入れて動かしてる。

僕はJcに「一緒にオナニーするから下だけでも脱ぎなよ。」


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||||||||

2015年6月7日 | カテゴリー:友達と
2 / 2512345...1020...最後 »

このページの先頭へ