学校であったエロい話 最新更新情報

ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

小学校時代の恥ずかしい思い出②【友達と】

Y美はなかなか戻って来なかった。保健室の入り口の前で、パンツ一枚の裸で待っていると、先生が何人か通り過ぎ、僕に何をしているのか訊ねた。事情を説明すると、みんなすぐに納得して、もう僕が裸で廊下に立っていたことなど頭から払いのけたかのような顔つきになって教室へ向かう。

 恥かしかったのは音楽のK先生に見られたことだった。K先生はこの春、大学を卒業したばかりの女の先生で、先生というよりはお嬢様といった感じの明るい人柄が生徒の人気を集めていた。僕はピアノが弾けるので、K先生の代りにピアノ伴奏をしたこともあり、とくに目をかけてもらっていたように思う。

「どうしたの?なんでそんな格好でいるの?」僕が裸で震えているのを見て、K先生が素っ頓狂な声を上げながら近づいてきた。僕はこれで十回以上はしている同じ説明を、今初めてするように繰り返した。K先生は驚いたように大きく目を見開き、頭の先から爪先まで僕を見つめて、

「しかも裸足じゃない。すごいね、君。上履きぐらい履きなさいよ」

「上履きも脱ぐように言われたんです。パンツ一枚が規則だからって」

「ほんとに?教室からここまでその格好で来たの?」

 僕が小さく頷くと、K先生は手に持っていた教科書でぽんと膝を叩いて笑うのだった。

僕は、裸じゃ可哀想だからと、K先生が羽織っているカーディガンを貸してくれたらどんなにいいだろうと思っていたが、K先生は、「ま、ちょっと寒いかもしれないけど我慢しなよ。男の子の裸、こんな近くで見たの、初めてかもしれない。でも女の子みたいだね。今度はパンツを脱いで見せてね。ハハハ、嘘だよ、そんな悲し気な顔しないでよ。ほら、保健の先生が来たよ」と言って、スキップしながら去るのだった。

 保健室に着くなり、Y美が「先生、忘れていたんだって」と僕にささやいた。保健の先生は、五十歳くらいの気難しい性格で、陰ではみんなから「ババァ」と呼ばれていた。僕を待たせていたことに対してお詫びの一言もなく、じろりと僕を睨みつけてから、鍵穴に鍵を差し込んだ。戸をあけると、僕に中に入るように促した。僕はY美よりも先に入ると叱られると思って、Y美に先に入るように目配せしたが、Y美は気づいてくれない。「早く入りなさいよ」業を煮やした保健の先生が怒声を発して、後ろから僕の背中を強く叩くので、つまづいた僕は保健室の中央で四つんばいになってしまった。

 保健の先生がY美に教室に戻るように命じた。Y美はこれで保健委員の務めが終わることに不服そうだったが、「じゃ先生、あとはよろしくお願いします」と頭を下げて、教室に戻って行った。

 検査の間、保健の先生はずっと不機嫌だった。「受けるんならまとめて受けてくれないと、こっちの手間がかかって大変じゃない。なんで一人一人連れてくるのよ」と言うので、「他にも僕みたいに当日検査を受けられなかった子っているんですか」と聞いてみた。せめて、この恥かしくて寒い思いをしたのが僕一人でないことを聞いて安心したかったのだった。

「いるよ」保健の先生がぶっきらぼうに返事した。「でも、あんたみたいに教室から裸になってここまで来た子はいないけどね。何もパンツ一枚になる必要なんてなかったのよ。小学一年生じゃあるまいし。みんな体育着で測定するのよ」

 やられた。僕は保健委員であるY美の指示でこの格好になり、ここまで来たのだと話した。保健の先生は鼻で笑っただけだった。

 検査は10分くらいで終わった。保健の先生は記録簿に数値を書き込みながら顔を上げずに「ご苦労さん。教室に戻りなさい」と言った。その言い方が先ほどよりは不機嫌さを感じさせないものだったので、僕は思い切って相談することにした。

「先生、何か着るものはありますか」


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2018年1月12日 | カテゴリー:友達と

姉との結婚生活【お姉ちゃんと】

姉との結婚生活





長くなる話ですみません。こういう姉弟もいるんだって知ってもらいたくて。

ここならカミングアウトしても問題なさそうだし。

似たような姉弟、兄妹のカップルもおおいですね。

本当に真面目に愛し合ってる姉弟もいるんですよ。

近親相姦と認めながらも本当に愛し合っている。最高のカップルなんです。

長くなるけどすみません。お付き合いください。



僕は今26歳で、4歳上の妻がいる。

そして、もうじき赤ちゃんが生まれる。

妻といっても籍は入っていない。というか入れられない。

実の姉貴だから。姉貴は、姉であり妻であり、時には僕の母親にもなってくれる。

2人(もうじき3人)で、今は西日本の某県で暮らしてる。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||

2016年5月13日 | カテゴリー:お姉ちゃんと

僕は太田達也、小学五年生…【妹と】

僕は太田達也、小学五年生。

夏休みの間、田舎のおばさんの家に預けられる事になったんだ。



おばさんは、母さんの妹で今年30歳。

それにおばさんの家には、僕より1つ年上の女の子、美代ちゃんがいるから楽しみなんだ。

僕とおばさんと美代ちゃん、この3人で田舎の家で暮らすんだけど、僕は当日からわくわくしながら電車に乗っておばさん家に向かった。



こうやって一人で電車に乗るのは初めて。田舎まで三時間、ちょっと長いかな。でもゲームボーイもあるし退屈しないかな、多分ね。



…7月25日。

僕はお父さんとお母さんに見送られて電車に乗った。

僕の家の近くの駅から大きな駅に行って新幹線に乗って……それからまた乗り換えて田舎の小さな駅に行く。そこにおばさんが迎えにくるんだ。

この田舎の駅からおばさんの家まで車で1時間以上、朝から家を出ても昼過ぎになるんだ。

電車を何回も乗り換えて田舎の駅に……何にも無い駅前。かろうじてあった自動販売機でジュースを飲みながら待っていると、見覚えのあるRV車が駅前にやってきたんだ。




エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2016年4月12日 | カテゴリー:妹と

みーちゃん (姉は爆乳ロリ天使)【お姉ちゃんと】

<>303:231です:2011/07/29(金)01:39:43.87ID:fWqIxmKu0<>

俺が大学生の頃の話だ。俺にはオカルト道の師匠…(ry

こんな始まり方してみたかったんだすまん。





実家から100キロくらい離れた土地でひとり暮らししてた頃の話。

同郷から進学してきた腐れ縁のアキラ君が俺のアパートに入り浸り、

ダメ大学生にありがちなマージャン、パチンコ、ケイバとギャンブル三昧に明け暮れる。

留年こそ辛うじて免れつつ、大学三年目の春を迎えていた。

新歓コンパがどうだの、サークルの新入生が可愛いだの、自分の未来を

見据えたもっとマシな会話が必要だったが、相変わらずグダグダだった。

アキラ:「そういやシュンスケ(俺)、オマエの姉ちゃん、今どうしてる?」

アキラ君がなんの脈絡もなく姉の話題を出してきた。

幼馴染なんで俺の姉ともちろん面識はあったのだが唐突過ぎる感じ。




エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2016年2月11日 | カテゴリー:お姉ちゃんと

イサヤと義姉・その2【お姉ちゃんと】

(承前)イサヤと義姉・その1





明日、(と言っても今日なのだが)は特に予定は無かった。

学校もバイトも休みだった、本来ならば父を見舞うのだが、俺の風邪もあり、

明日は家でゆっくりすれば良いと母も言っていた。

暖かいお茶は冷えた体には心地よかったが、その間、会話も無く。どうすれば良いのか迷った。

「寝よっか?」

「そうだな」

湯飲みは結局俺がリビングに運ぶ事にした。おかゆだけ作った割には台所は散らかっていた。

起きたらここを片付けるのかと少しげんなりした。からからに乾いた鍋に水を張り。

そろそろ姉も自分の部屋に戻ったのだろうと、部屋に帰った。

灯りは消えていて、目が暗闇に慣れず、布団をめくって気が付いた、姉が布団の中で丸くなって待っていた。

「使った食器は水に漬けといてくれよ」

「あ、ごめんね」


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||||||||

2016年1月12日 | カテゴリー:お姉ちゃんと

あっという間に 【友達と】

ある日、会社の飲み会のあと、なんか二人きりになった。「どっか次

の店行くか」と聞いたら、「ウチで飲みませんか?」と言う。冗談か本気かわ

からなかったんだが、酔ってた勢いもあり途中のコンビニで酒買って、その娘

のアパートへ。その娘はあんまり飲めないんで、ほとんど俺だけ飲んでた。

一次会の続きみたいな感じで研究室の話なんかしながら飲んでいた(俺だけ)。

そのうちその娘が「ちょっと着替えてきます。覗いちゃだめですよ!」とか言

いながら隣の部屋に行った。よっぽど覗いてやろうか、とも思ったんだが、ガ

マン。数分後、現われた真奈美は、上はTシャツ、下はピンク色の短パンって姿

だった。





その娘が数ヶ月前に彼氏と別れたことは知ってたんだが、あまりに妹的だった

んで特にどうのこうのしようとは、その時まで思っていなかった。まあ女には

見えなかった、というところか。しかし、その着替えてきた姿を見て、自分の

中で、なんかパシって音が聞こえた。「こいつのからだ、こんなにエロかったっ


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||||

2015年3月28日 | カテゴリー:友達と

第二次性徴期と私【友達と】

第二次性徴期と私 01

私の父は、とある貿易関係の会社に勤めています。

父のお仕事の都合による転勤で、子供の頃に私は引越しを3回経験しました。

最初は、私がもの心つく前。

これは、私には記憶がありません。

次が小学校4年生のとき。

そして、今回のお話の始まりとなる、私が小学校を卒業したとき、です。

自分で言うのは、とてもはしたないのですが、私はかなり裕福な環境で育ちました。

父と母の実家がそれぞれ、大きなお屋敷でしたから、その援助もあったのかもしれません。

でも、父は、朝早く仕事に出かけて行って、夜遅くに帰ってくる、という生活をずっとしていました。

すごくがんばってお仕事しているのは、子供の私にもわかりました。

父は、娘の贔屓目をさしひいても、ハンサムでした。

目鼻立ちのはっきりした整った顔をしていて、背も高く、からだつきは細身だけれど、がっしりしていました。

幼い頃の私は、8時か9時にはもう眠っていましたので、一週間のうち父の顔が見れるのは、日曜日のお昼過ぎからだけでした。

私はそれがとても待ち遠しくて、父が起きる頃になると、父と母の寝室に駆けて行き、寝ている父のお布団の上に飛び乗ったものでした。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2015年2月15日 | カテゴリー:友達と

授乳事件 【教師】

小学校時代、同級生に「カズマ」という男子がいた。



軽度の知恵遅れだが、授業についていけないほどじゃない。

多動気味で、たまに大声を上げたり意味不明の行動をするが、

授業が成立しないとか、クラス運営に支障が出るとかってわけでもない。

普通学級にいて問題ないレベルの子だったと思う。



ただ、女子からはかなり露骨に嫌われてた。近づくな、こっち見んなって感じ。

太ってるし、あまり清潔じゃないし、目の焦点も少し変だったせいだろう。

そばに来られると、ちょっと怖かったのは事実だが、女子って冷酷だよな。



男子の間でも特に好かれてるわけじゃないが、そこまで酷くなかった。

3年生か4年生くらいの時、カズマがイジメの標的になって、

いじめっ子たち数人が教師に相当キツく絞られたことがあった。

それ以来、カズマを仲間はずれにするのはマズいという感覚だったんだな。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||

2015年1月30日 | カテゴリー:教師

美人巨乳女医とのその後 【学校で】

以前に美人女医さんとの体験談をかかせてもらいました。その後進展があったので追加して書きたいと思います。まずは前回のものから順番に。



自分は某大学の医学部に通っている学生です。いわゆる医者の卵というやつです。もちろん医者とは違い何かすごいことができるわけではないのですが(笑)

自分たちは医師国家試験に合格するまでに実習ですべての科をローテートし経験をつまなければなりません。そんな実習の中で体験したうれしい出来事について書かせてもらいます。

医学部生はみなさんが思っているほどまじめな人はほとんどいません。医者になればみんなまじめになるようですが、学生の頃は遊んでいるやつがほとんどです。実習では病棟のきれいな看護師さんをチェックしたり…といった感じです。患者さんは大体おじいちゃんおばあちゃんですし、女医さんはだいたい想像通りのブサイクなお方が多いですので、必然的に看護師に目が言っちゃうわけです。

しかし、たまにはきれいな女医さんという方もいらっしゃります。

自分が実習していたときにちょうど内科に入ったばかりのO先生はとってもきれいで女医とは思えませんでした。自分の学年の男友達もかわいいかわいいといってご飯に誘ったバカもいましたが、学生など相手にされるわけもなく断られていました。顔は貫地谷しほりを少しふっくらさせた感じで、色気もたっぷりでした。自分たちの学年では巨乳と噂にもなってました。なんせ、医者のユニホーム(スクラブというやつです)から少し前かがみになると胸の谷間がぱっくり。何人の友達がおかずにさせてもらったかわかりません汗。

そんな先生の話です。



その時自分は整形外科の実習中でした。午前は火木は手術。月水は外来見学とのことで、整形外科に興味のない自分には大変苦痛な時間でした。そんなある日、某O先生が外来を受診したのです。

僕たちは外来見学の一環として患者の問診をとることをしていました。今回も自分が問診をし、どうやら突然腰痛で立てなくなったこと、足のしびれがあること、仕事があるので痛みだけでもとってほしく業務中に受診したことなどを問診しました。問診中終止O先生は笑顔でお話をしてくださり、自分はみとれてしまっていました。

問診が終わり、整形外科の先生の診察(このとき自分はほかの患者さんの問診をしていて立ち会えませんでした)腰のMRIをとる事になったようで、1時間くらいして再度O先生がもどってきました。この時は診察に自分も立ち会いました。整形外科のA先生は、「学生もいますが、いいですか?」とO先生に聞きましたが、O先生は笑顔でいいですよといっていました。



診断はどうやら腰部椎間板ヘルニアであることが告げられ、まずは痛み止めの内服で経過をみることとなりました。しかし、O先生は痛みが大変強く歩くのもままならない状態でした。そこで、仕事もあるため腰椎麻酔をすることとなったのです。O先生が退室した後、A先生より腰椎麻酔の仕方について2分くらい僕に説明をし、その後O先生と看護師が再びはいってきました。




エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||

2014年8月31日 | カテゴリー:学校で

従姉のK姉ちゃん【友達と】

俺が高校3年の話。

俺の従姉は7つ上で当時25歳。

うちの一族では珍しく、かなり美形で水野美紀系。

んで、俺が中学くらいになると当然意識ってか、むしろ惚れたw

正直、大学行ってからも一番惚れてたw

性格的にも合ったから、親戚中でも仲が良い感じ。

まぁ、俺が惚れてるから来るとご機嫌になってるからか。

高校に入ると、たまたま従姉(K)が勤めてた歯科が近くて

俺は治療以外でもちょこちょこ通いだした。(従姉は衛生士)

付き合ってた彼女も連れてったりしてた。

従姉は、ちょい固めで「よう君(俺ね)?彼女とHするのは良いけど

ちゃんと避妊しないと駄目だよ!?」って注意されてた。

そんなこんなで、ちょこちょこ顔出してご飯奢ってもらったり

一緒に遊んだり、、、、の変哲も無い状態。

俺はたまにでも一緒に居られるのがすごく嬉しかった。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||

2014年7月22日 | カテゴリー:友達と
1 / 812345...最後 »

このページの先頭へ