学校であったエロい話 最新更新情報

ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

マッサージが…【妹と】

去年の4月から新社会人として某会社のOLを始めた妹…沙智子は毎日の様に夜遅く…とは言っても9時~10時頃の帰宅で、帰ってくるなり自分のベッドへ倒れ込む様に就寝していた。そして翌朝、慌ててシャワーを浴びて身支度をし、出掛けると言った感じで毎日慌ただしい生活をしていた。そんな妹も週末だけは唯一の安息出来る時で、7月の終わる頃の金曜日、何時もの様に遅く帰ってきても金曜だけは必ず俺の部屋に来て、「ただいまぁ~」と言っては人のベッドにうつ伏せになって「はぁ~やっと週末だぁ♪」と幸せそうに呟くのが唯一の安息できる時らしく…そんな妹に「新人社員は大変だな」と、それはそれは他人事の様に言うと「そうなのぉ~新人は色々やることがあって、覚える事もあって大変なのらぁ」と人の枕に顔を埋めて、そのまま寝てしまいそうな勢いだった。

流石にそのまま寝られては困るので俺はうつ伏せになっている妹に馬乗りになる様な格好で、肩を揉み始めた。すると「あ~気持ちいい~♪」と言い、更に俺は背中を親指で指圧をしてやった。だけどスーツのジャケットが邪魔で上手く出来ないし皺になってしまうので、妹に脱ぐように言うと、素直に上下…ジャケットとスカートを脱いでブラウス姿になると再びベッドにうつぶせになった。もう一度馬乗りの体制になり、肩揉みから始め、背筋を指圧すると「う~ん…折角やって貰うなら地肌に直接指圧して欲しいな…だからちょっと待って…」そう言うと、馬乗りになっていた俺に退くように言うとブラウスのボタンを外し始め、脱ぎ去ってしまった。ストッキングは滅多に履く事の無い妹はその日も当然のごとく履いてなくブラとパンツだけの下着姿になってしまった。そんな姿にちょっとドキッとしてしまった。思えば妹の肌をこんなにも間直で見たのは確か妹が中学に上がるちょっと前位に一緒に風呂に入っていた以来だと…以来10年ちょっと…妹はもう大人…白い肌にくびれた腰のラインとプリッとしたお尻とスラット伸びた美脚…、実の兄とは言え目の前のこの女体を見て、しかも直に触って何も感じないわけが無い…俺の息子は反応し始めていた。

下着姿になった妹は再び俯せに横たわり「ど~ぞ~♪」と、まるでマッサージ店に来たお客にでもなったかの様な態度だった。

俺はまた跨がり指圧マッサージを始めた。

肩から背筋…背骨の両側を親指で押しながら腰へ向かって行く。

「あ~気持ちイイ♪」腰を重点に指圧を始めると「あーそこそこ、そこサイコー♪」妹が言う場所を更に念入りにマッサージを続けると「そーう、そこが凝るんだよね~」といかに新人社員の仕事が大変かを強調するかの様にいう更に俺は尻の外側…エクボの部分を掌の手首に近い所の柔らかい肉で両側から挟み込む様に押すと「おっ!何それ?イイ感じ♪」

それから再び親指で足の付け根ヒップとの境目辺りを押し上げる様に押す「お~♪気持ちイイ~」一旦そこから離れ足先へ移動し足裏マッサージを始めたすると「おー!超~気持ちイイ~♪あ~ん♪」声だけ聞くとイヤラシ事をしている様な誤解を受けそうだった。

足裏全体を指圧し、アキレス腱の両側を摘む様に足首からふくらはぎに向けて移動し、特にアキレス腱からふくらはぎの境目辺りを重点的に下から上に撫でる感じでマッサージした。

「あ~ん♪そこ超~気持ちイイ~♪もっと、してぇ~♪」

ほんと声だけ聞かれたら絶対、Hな事してると思われても仕方ない感じだった。

そんな疲れた切った妹をもっと喜ばせようとマッサージに集中した。

足から再び上半身へ移ると、今度は妹に確認しながら指圧をした。

「この辺はどうだ?」「ん~もうちょっと下…そうそう、そこ!」そこは丁度ブラジャーのベルト部分だった。

そのブラジャーの材質がツルツルとしていて滑って指圧しにくいので「なぁサチ、外していいか?」と聞くと、「イイよ~」と、何の躊躇も無く答えた。

ブラジャーのホックに手を掛け外すと、それを左右に広げ背中に障害物が無い状態にした。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||||||||

2016年6月5日 | カテゴリー:妹と

従姉妹の家庭教師をしたら憧れの爆乳叔母さんとも2 【妹と】

中高男子校に行ってしまった僕は、女の子とまったく縁のない大学生活を送っていました。そんな僕に、叔母から従姉妹の家庭教師のアルバイトの話が持ちかけられました。



従姉妹のほのかちゃんはまだ5年生で、全然子供だと思っていましたが、これくらいの年頃の少女の性的なモノへの好奇心を舐めていました……。



そして、ほのかちゃんは僕なんかに好意を持っていてくれて、積極的にアプローチされた結果、なぜか勃起した状態のアレを見せるハメになり、その上手コキ、お口でとエスカレートしてしまいました……。



でも、僕の憧れの叔母さんに似て美少女のほのかちゃんと、そんな経験を出来たのは僕にとっては信じられないくらいにラッキーでした。そして、僕の最高の夏休みは始まりました。



衝撃的な前回の訪問から3日後に、僕はほのかちゃんが帰り際に小声で言ってくれた通り、コンドームを隠し持ってほのかちゃんの家に向かいました。



相手が従姉妹と言うことと、まだ5年生だと言うことに、さすがに僕の中の良心も揺らぎましたが、十代の性欲はコントロール不能でした。僕は期待に胸と股間を膨らませながら、ほのかちゃんの自宅のインターフォンを押しました。



『あっくんこんにちは#12316;。ゴメンね、ほのかまだ戻ってないの。あんなに楽しみにしてたのに、何やってんだかw』

叔母さんはドアを開けるなりそう言いました。どうやら、午前中は部活の関係で学校に行っているようで、それが長引いてしまっているとのことでした。




エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||||||||||

2016年5月19日 | カテゴリー:妹と

従妹へのいたづら 4【妹と】

親父達は午前中には帰ってしまい、俺だけが残された。

昼間は叔父に連れられてゴルフへ行き、夜は夜で叔父叔母から20歳になったんだからと、

しこたまお酒を飲まされた。一応風呂には入ったが、しんどくてすぐに布団に入ってしまった。

夜中、トイレに起きたときには、寝る前に吐いたのが効いたのか、酔いはだいぶ抜けていた。

少し頭が重かったがフラフラとトイレに行き、用を足し、少し水を飲んで部屋に戻った。

すぐに布団に入ったが、一度起きたらなかなか寝付けなくなり、

ボーッと天井を眺めているのも退屈だったので、タバコを吸いに外に出た。

夏とは言え山奥なので、夜風が冷たかったが、酔い覚ましにはちょうどよかった。

ボーッとしながら3本くらい吸って、もう戻ろうかと玄関へ向き直ると、

ちょうど玄関から出てきたE美と鉢合わせた。窓から俺が外に出るのが見えたので、

ちょっと話がしたくて出てきたという。なんだか昨日のこともあってドギマギしたが、

「まぁちょっとあのへんに座って話そうか」と叔父の作業場へ通ずる階段に座るよう促した。

E美の格好は昨晩と同じでタンクトップに短パンで、

上から部活のものらしい薄手のジャンパーを羽織っていた。

夜明かりに白い脚が眩しく、タンクトップの襟元からのぞく胸元も色っぽい。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||

2016年4月8日 | カテゴリー:妹と

従妹へのいたづら 2【妹と】

厨荷の頃から2年後の冬…。



恒一になるまで、自分自身の都合で叔父の家へ行く家族行事は欠席していたのだが、

ようやく都合がついて恒一の冬にチャンスが巡って来た。

実は夏にも行ったのだが、従妹がバレー部の合宿で行った日の夕方から不在だったため、

この時は何も出来なかった。



年始の挨拶で対面したとき、従妹は上は白のセーター、

下は黒いストッキングを履きその上に黒のミニスカートを着ていた。

白のセーターの上からも相変わらず胸が大きいのが見て取れた。

スポーツをやっているせいか、引き締まった足をしていて、太腿は太いのにふくらはぎはスラリとしていて、

足首はキュっと細くなっていた。かなりの美脚に見えた。

背は前より少し伸びたが、全体的には小柄な印象だった。顔も少し大人びていた。

内心どきどきしつつも、夜がくるのが楽しみになっていた。

叔父の家族はいつも親戚であるうちの家族より先に風呂を済ませる。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||||||||||||||||||

2016年4月7日 | カテゴリー:妹と

姉に見られたオナニーが生んだ恋【お姉ちゃんと】

俺も以前、姉に見られた。

俺が高1で姉が高3のときだった。

俺はコタツでテレビを見ていたら、姉が学校から帰ってきて、「寒い寒い」言いながら、制服のままコタツに入ってきた。

しばらくすると、姉は疲れていたらしく、コタツに入ったまま寝始めた。

テレビがCMに入ったので、俺はとくに意味もなく、コタツに顔を突っ込んだ。

すると、対面に寝ている姉のスカートがめくれて、パンツがモロに見えた。

罪悪感を感じてすぐコタツから顔を出した。しかし、やっぱりまたコタツに顔を入れた。

コタツの中で姉のパンツをマジマジ凝視してしまった。

姉はけっこう美脚で、パンツは白と青の縞々だった。

姉のパンモロだとわかっていても、チンポが固くなってしまった。

俺はコタツから出て、自分の部屋に帰った。

自分の部屋で、以前録画した格闘技のビデオを見始めた。

しかし、どうもさっきの姉のパンモロがちらついてしょうがない。

俺はついに姉の脚とパンツを思い出しながら、布団の上でオナニーし始めた。

姉「ねえ、正登」


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||||||||

2016年4月5日 | カテゴリー:お姉ちゃんと

姉と私1991から【お姉ちゃんと】

の続き



[5518]姉と私1991から 投稿者:彬投稿日:2008/10/21(Tue)20:53



1987年6月のある日、私は中学2年、ひょんな事から高校2年生の姉に初めて手で絶頂に導いてもらいました。

そして中学3年の時の姉との衝撃的な初体験。姉に溺れつつもその後同い年のさゆりとも関係を持ってしまった私。

1989年高一春、さゆりとの関係を持ったのを機に近親相姦を止めようと姉と約束しました。

しかしその年の夏休み、暑い日、シャワーを浴びる姉。誘われるように姉を襲ってしまい関係が復活してしまいます。

高2の夏、さゆりに振られた私。今まで言えなかった姉への心情を、好きだという気持を告白。

姉もそれに応えてくれました。



私は可愛いそして優しい綾子姉さんと離れられなくなっています。

1991年 高三の新年度から話が続きます。



なおこの話はレスがいっぱいになった 姉と私1987から No. 4388  


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2016年4月1日 | カテゴリー:お姉ちゃんと

姉に見られたオナニーがきっかけで芽生えた恋【お姉ちゃんと】

<>828名前:えっちな18禁さん投稿日:2006/11/23(木)05:26:17ID:tEi2POoH0<>

俺も以前、姉に見られた。



俺が高1で姉が高3のときだった。

俺はコタツでテレビを見ていたら、姉が学校から帰ってきて、「寒い寒い」言いながら、制服のままコタツに入ってきた。

しばらくすると、姉は疲れていたらしく、コタツに入ったまま寝始めた。

テレビがCMに入ったので、俺はとくに意味もなく、コタツに顔を突っ込んだ。

すると、対面に寝ている姉のスカートがめくれて、パンツがモロに見えた。

罪悪感を感じてすぐコタツから顔を出した。しかし、やっぱりまたコタツに顔を入れた。

コタツの中で姉のパンツをマジマジ凝視してしまった。

姉はけっこう美脚で、パンツは白と青の縞々だった。

姉のパンモロだとわかっていても、チンポが固くなってしまった。

俺はコタツから出て、自分の部屋に帰った。

自分の部屋で、以前録画した格闘技のビデオを見始めた。

しかし、どうもさっきの姉のパンモロがちらついてしょうがない。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||||||||

2016年3月26日 | カテゴリー:お姉ちゃんと

ノンタイトル【友達と】

高校生3年生の時、校内の廊下を歩いている女子生徒のミニスカートからの美脚とか、そのスカートの中とかに、正直参っていた。手の刺激なしでその美脚とスカートの中をみただけのほうが、目を閉じて手で刺激を加えるよりも、亀頭がひとまわり大きく膨らむことはよくあった(勃起時のペニスの参考はウィキペディア)。そしてそういうときは決まって亀頭全体を包み込むほど精液が垂れ流しになっていた。全く面識のない相手のことだが、学校の教諭のなかにもごく少数であるが小学校・中学校・高等学校に限らずスカートの中を魅惑の空間としてとらえて逮捕される事件が後を絶たない。全国紙の記事には記載されていない事件であるが校外で警察に現行犯逮捕されて在学している高校に突き出されたという話も聞いたことがある。高校を卒業してから一般に性的欲望の歪みと言われているこのような嗜好を満たすアダルト動画があることをとある場所で知り、以後、その動画を観ては当時の興奮を思い出し、満足に浸っている日々を過ごしている。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||

2015年6月11日 | カテゴリー:友達と

彼女のパンチラ【友達と】

今付き合っている彼女は28歳で165cmのなかなかの美系です。

本人はジーンズが好きでスキニースタイルが多いのでとても残念です。

でも俺はミニスカ&パンチラ大好きなもんでなんとか彼女にミニスカ穿かせたい!

わかるよね?みんな。

そこで彼女の美脚を褒めまくって膝上20cm弱くらいのデニミニをプレゼントしました。

「すごくかわいい。俺も興奮する。」

って言ってあげると意外と単純に喜んで穿いてくれました。

やっぱり男の視線が変わりますよねミニスカートだと。

100円ショップで彼女から少し離れてると…

やはり彼女は野郎にマークされて対面をキープしています。

そんな光景に超興奮しました。

そして不用意にしゃがみ込んだ彼女の姿が。

野郎は当然対面にいます。

彼女はジーンズでの癖が抜けず美脚が開き気味です。

チラチラと見え出してしまう白のナイロンのテカパン。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||||

2015年5月29日 | カテゴリー:友達と

女上司の裸【友達と】

 社員16人という編集プロダクションに2年ほどいた。

社員は男女半々で、ほとんどが20~30代。その編プロは

ご当地のタウン誌やフリーペーパーを作っていた。俺(当時24)は

編集なんてそれまで未経験だったけど、写真の専門学校を出ていたので、

その腕を買われて入社した。入社半年くらいで広告を掲載してくれる

クライアントへの取材や撮影なんかも任されるようになった。

 9カ月くらい経ったある日、副編集長(森高千里似のお姉さん系、

社内唯一の東京六大学出身、当時28)からリニューアルしたエステ

サロンの写真を撮ってくるように頼まれた。さっそくアポ取りの電話を

入れると、サロンの担当者が「誰かモデルを連れてきてほしい」という。

普通の編プロなら、モデルもカメラマンも外注にするんだけど、うちの

会社ではクオリティ重視の写真でなければ俺が、モデルにしても社内調達か

編集部員の知り合いにノーギャラで頼むのが普通だった。副編に相談すると、

「わかったよ。誰かに指示しておくから」というので、俺はその件は

そのまま忘れていた。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||||||||||

2015年4月3日 | カテゴリー:友達と
1 / 41234

このページの先頭へ