学校であったエロい話 最新更新情報

ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

オナニー盗撮【妹と】

オレは27歳。7年前に母親が死んでオヤジと二人暮らしだった。5つ上に兄がいるが転勤で関西に住んでいる。2年前、急に11歳下の妹が出来ることになった。オヤジが再婚した。当時妹は14歳。(ちなみに新しい母は今年40、オヤジは49だ)

再婚当初、オレは「妹」というのがどうもピンとこなかった。次男坊で25年生きてたからね。

逆に妹は一人娘だったのにいきなり「兄」が出来て、オドオドしていた。初めて会ったときには「あ、かわいいな」と思った。正直、そう思う。ネコ顔でやわらかそうな淡い色の髪をポニーテールでまとめてて。背は小さいけれど太ってもいない。そして、中学生にしては豊満なバストをしていた。オレは「おっぱい星人」なので、目の前の「妹」に激しく反応しなかせらも、心のどこかで「ウソだろ、こんなのはエロ小説の中でしかない話だ」と思っていた。だが、話はまさにエロ小説のように進んでいく……



妹は厳しく育てられていたせいか、最近のバカ厨房や工房と違って品行方正だった。最初、オレのことを「あの……」とか呼んでいたが、「兄ちゃんでいいよ」と言ったら、ものすごく嬉しそうな顔をしたのをよく覚えている。

オレは仕事とは別に下手の横好きでバンド活動をやっていて、部屋にはキーボードやらギターやらMacが積まれていたのだが、ある日、妹が某バンドのファンだということがわかり、妹の好きだという曲を軽く弾いてやったことから一気にうち解けたように思う。

妹はCDやら歌本やら持ってきて弾いて弾いてとせがむようになった。

ああ、かわいいなと思った。キーボードに並んで座っていると、思春期特有の甘い女の子の香りが漂ってくる。

でも。

妹はオヤジの妻の連れ子だ。いくらなんでもヤバイ。しかも、11歳も年下で未成年だ。

一応、ちゃんとした彼女もいるので、妹のことは「鑑賞用」として取っておくことにした。

あの日までは。



妹がウチに来て半年ほどが経ったころ、貸していたCDが必要になって、妹の部屋をノックした。

返事がない。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2016年8月4日 | カテゴリー:妹と

犬の檻(バトル3)【妹と】

犬の檻(バトル1)

犬の檻(バトル2)



未央は両腕で胸を抑えながら一生懸命に、竹竿にくくり付けられたチューブの「輪っか」をかわし続けた。もちろんヤギではないのでなかなかうまくはいかない。

しかし、それも長くは続かなかった。ひとりの男の子がノズルのついたホースをもってきたのだ。

引き金を引くと水が霧のように飛び出した。暑い日差しの中で虹が見え、お互い水をかけあった。



そして、その霧は未央に向けられた。男の子がノズルを絞ると、霧は鋭く細い線となって未央の身体に当たり始めた。



「きゃああ」

顔を守ると胸が、胸を守ると股間を、股間を守ると尻が狙われる。そして、ついに左手首が「輪っか」に入ってしまい、竹を引っ張りながら、ぐるぐるひねって「輪っか」をねじると、手首が締めつけられてしまった。



『あっ!』

「やったあ」

そして続いて右手首も捕らえられた。未央は鉄格子の外の両側から、両腕を自転車のチューブで捕われ拘束されてしまった


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||||

2016年7月17日 | カテゴリー:妹と

欠陥車のお陰で…【妹と】

その日は親戚の結婚式に家族で招待された帰りの事だった。

クリスマスの近い12月の半ばの週末、俺たち家族は高速道路で2時間、一般道を更に1時間ほど行った場所の親戚の結婚式に呼ばれ俺の運転する車で行った。

式は淡々と進み無事に大団円のうちにお開きになった。時間は夜の7時頃だった。

両親はそのまま親戚の家に泊まって翌日、電車で帰ってくると言った。

俺たちも泊まっていけと誘われたが、酔っ払いの相手をするのは嫌だったし、妹の相手になる同年代の親戚が居なかったので、俺は妹を連れて先に帰ることにした。

当時俺は21歳。車が好きで高校卒業と同時に免許を取得し車を買う為、今の会社に就職した。

その時、妹の由貴は17歳の高校2年生だった。俺たち兄妹は仲が良く特にケンカもしたこと無く、世間一般で言うところの仲良し兄妹だった。

兄が言うのも変だが、へたなアイドルより由貴のが可愛いと思う。それにスタイルも良く、さぞ学校ではモテテいる事だろうと、ちょっと嫉妬していたぐらいだ。

親戚の家を出て2時間…高速に乗って1時間くらいした時だった。突然エンジンが止まってしまった。一瞬焦ったが、俺は慌てず、まずハザードを点灯させ、ゆっくり左に寄せて路肩に入るとブレーキを踏み停車した。

シフトレバーをPレンジに切り替えて、キーを回しセルモーターを動かした。

だけど掛からない…

普段から小まめに点検整備をしているので、こんなトラブルが起きるなんて予想もしていなかった。しかも、買ってまだ最初の車検も受けていない、つまり新車なのに何故エンジントラブルが起きたのか、不思議でならなかった。

今の今まで助手席で可愛い寝息を立てていた由貴が異変に気づき起きてしまった。

「ん…?ほーか、ひたの〜?」大欠伸をしながら両手を伸ばし訊ねてきた。

「突然エンジン止まっちゃったんだよ…」「えっ!?そう言えば寒くなってきた…」エンジンが止まってしまったので当然エアコンも停止…車内は段々冷えてきていた。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||||||||

2016年7月7日 | カテゴリー:妹と

信仰が絶えないお堂【妹と】

車は義姉を乗せて春めいてきた田園都市のたんぼ道を走っていた。

妻と約束しているホテルのチエックインには、まだ少し早かった。

「どうしようか…」というと義姉は「では文覚さんにお詣りしましょう…」と云った

文覚さんが何を奉ったお宮かも知らずに、義姉が案内する道を車は走る

車がやっと通れるほどの狭い山道だ

脱輪しないように注意して上り坂をゆっくり進むと次第に嶮しい山深くに入り込んでいく

漸く登りきると余り広くない駐車場があった。

そこに車を止め、石段を上っていくと稲荷神社にあるような朱の鳥居が並んで建っていた

それをくぐって更に登ると小さな拝殿があり、

義姉はその拝殿に向かって手を合わせて拝んでいた

何のお宮なのかわからなかったが、何やら変な感じのお宮だな…と思った

何となく拝礼をして石段を降り、駐車場の片隅に立てあった案内板に目を通す

そのお堂は「文覚堂」と称され

平安末期から鎌倉初期にかけて波乱の人生を送った文覚上人が奉られているという。

文覚上人は源頼朝の家来で友人の妻となった恋人を誤って殺し、


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||

2016年7月2日 | カテゴリー:妹と

不憫な姉【お姉ちゃんと】

生後まもなく母が他界。

多少厳格で一般的であろぅな父と、8歳離れた内向的な姉と三人家族でした。



幼い頃、母親代わりを務めてくれてた姉と一緒に寝ていたのですが、夜中に姉が居なくなる事があり、襖隔てた隣、父の寝室から姉の呻き声…。

幼心に何も分からず、恐くて、覗きも尋ねもできず…。

独り部屋になり、俺が男と女の何なのか理解できる年頃になっても、俺に気づかれぬよぅ、コッソリ続いていたであろう父と姉…、確認もせず、確認したくもなく、何事も無い様、普通に暮らしてました。



そんな折、俺が高2の夏、突然に父が他界。



姉は既に社会人でしたが、共に祖父母の所へ。



就職も決まり、高校卒業と同時に俺は独り暮らしを決意。



引っ越し前夜、俺の部屋を覗きに来た姉。

決して美人ではないが…それなりにモテそぅなのに結婚も、男の影さえ見えず、祖父母と同居を続ける姉に、初めて亡父との事を尋ねました。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||||

2016年5月29日 | カテゴリー:お姉ちゃんと

レースクィーンの姉がオナニーを!【お姉ちゃんと】

俺、現在三浪中。

田舎から出てきて世田谷にある姉のマンションに居候している。

ここから都心の予備校に通っているわけだ。

姉の仕事はイベントコンパニオン。

時には、レースクイーンにもなっている。

姉は弟の俺から見てもかなりイケてる。

バストはHカップ。形もよいし、何より張りがある。

それよりも素敵なのはお尻から太ももへかけての豊満さだ。

俺は細身の女よりムチムチの女のほうが好きなのだ。

それはきっと姉の影響だと思う。



姉は仕事が無い日は家のリビングで

ストレッチやらバレエやらの練習をしている。

その格好がまた俺を刺激する。

時にスケスケのキャミソールにパンティのままで、とか。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||

2016年5月6日 | カテゴリー:お姉ちゃんと

姉からの誕生日プレゼント【お姉ちゃんと】

【お姉ちゃんからの注意書き】

☆長編だから、時間のある時に読んでね。

☆童貞包茎クンの妄想だから、許してやってね。



「○○〜?、いるー?」

いきなり、ドアの外から姉の声が聞こえたかと思うと、

ドアのノブがガチャリと回った。

俺は慌てて、ノートパソコンを閉じて、ずり下げていたズボンを上げる。

「ちょ、ちょっと待って。今取り込み中で・・・」

俺に構わず、姉は部屋の中に入って来た。

「な、何だよ、姉ちゃん。いきなり入って来るなよ。」

「ウフフッ。どうしたの?そんなに慌てちゃって。

何してたの?」

「べ、別に…。

ちょっとネットで調べ物してたんだよ。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2016年5月5日 | カテゴリー:お姉ちゃんと

姉からの誕生日プレゼント【お姉ちゃんと】

「○○〜?、いるー?」

いきなり、ドアの外から姉の声が聞こえたかと思うと、

ドアのノブがガチャリと回った。

俺は慌てて、ノートパソコンを閉じて、ずり下げていたズボンを上げる。

「ちょ、ちょっと待って。今取り込み中で・・・」

俺に構わず、姉は部屋の中に入って来た。

「な、何だよ、姉ちゃん。いきなり入って来るなよ。」

「ウフフッ。どうしたの?そんなに慌てちゃって。

何してたの?」

「べ、別に…。

ちょっとネットで調べ物してたんだよ。

それより、何だよ、急に。

何か用?」

「そんな冷たい言い方しなくたっていいじゃん。

お姉ちゃんね、○○に渡したいものがあるんだけど。」


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2016年5月4日 | カテゴリー:お姉ちゃんと

姉はバイブ・モニター【お姉ちゃんと】

【楽しく読んでもらうために、お姉ちゃんからのお願い】

 ・長編だから、サクっと読みたい人はスルーしてね。

 ・童貞キモヲタの妄想かなんて言わないでね。

 ・それじゃ、本編の始まりです。





(くぅーっ。全然、進まねえなぁ)

俺は苛立ちながら、呟いた。

ここは渋谷センター街、午後10時。

もう8時間もここでアンケート活動をしている。

知り合いの紹介で始めた、某大衆雑誌の編集部のアルバイト。

ネタはエログロナンセンス何でもアリの三流誌である。

毎号、街頭の女の子へのアンケートコーナーがあるのだが、

今回は俺が任せられてしまった。

そのアンケートの内容がまた、ひどい。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||||||||||||||||||||||

2016年4月27日 | カテゴリー:お姉ちゃんと

姉が着てくれたスクール水着【お姉ちゃんと】

俺にはスクール水着萌えの性癖がある。

ついに俺は、隣に住む女子中学生麻衣ちゃんのスクール水着を盗んでしまった。

やっきになって俺は部屋に戻ろうとした。

そこを姉に見つかってしまったのだ。

「ちょっとォ、○○、何?それェ?」

「な、何でもないよっ」

慌てて隠したが間に合わなかった。

「ヤダッ、それってスクール水着じゃないッ。

 どうしたのよ!アンタ、そんなもの」



俺は正直に、隣の洗濯物から盗んだこと、

そして実は、もとはと言えば

姉の中学高校時代のスクール水着姿が好きで好きで仕様が無かったこと、

そして初めての射精も

姉のスクール水着の写真を見ながらしてしまったことを告白した。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||||||

2016年4月13日 | カテゴリー:お姉ちゃんと
1 / 1712345...10...最後 »

このページの先頭へ