学校であったエロい話 最新更新情報

ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

「妹と姫初め」(妹と同居を始めた)【妹と】

今年の元旦に妹のノリと姫初めをしてしまい、その後は妹とセックスを繰り返した。

そして、賃貸マンションを借り、妹と同居を開始してもうじき3週間になる。

まるで新婚夫婦みたいな感じになってしまって、このままでは実質兄妹の近親相姦夫婦になってしまいそうな状態だ。3月下旬に物件を見つけて、さっさと契約した。

ノリも一緒についてきて、二人の新居をあちこちと探しまくった。

まあ、築5年の新しい物件が見つかり、4月12日、13日で引っ越しをして同居を開始した。

まあ、片付けやソファ、テレビや電話とかの関係もあって、14日、15日と2人とも休みをとってだった。

3LDKで家賃が11万円。俺が7万、妹が4万出すこととした。

ノリの部屋は6.5畳、俺が7畳の部屋をそれぞれの部屋として、もう一部屋は共通の部屋とした。

もちろんリビング、キッチン、風呂、トイレは共通だ。

家電やリビング用品も二人で貯金を出し合って買った。引っ越しが終わって最初の夜。

「お兄ちゃん、これからはたくさんノリと一緒にいる時間ができるね!」

「おお!本当に良かったよ。大好きなノリがいつもそばにいるもんな。」

「ねえ・・・お兄ちゃん、たくさんノリのこと愛してね?・・・キスしよっ?」

ダンボールの山の中で抱きあって、ずっとキスした。

誰が見てもラブラブカップルにしか見えない。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||

2017年12月31日 | カテゴリー:妹と

夢の中で妹の処女を奪って犯して・・・それが現実になってしまった【妹と】

「兄ちゃん!もっと入れてぇ!ああーん!痛いよぉ・・・でもお兄ちゃんのこと大好きぃ」

「マサミ、兄ちゃんもだぞ」

「兄ちゃんのオチンチンがマサミの中にいっぱいはいってるぅ!たくさん入れてぇ!」

俺はマサミのマンコにチンコを出し入れしまくった。

おれが処女を奪った妹。チンコで処女膜を突き破って、マサミの中に突っ込んだ。

そして、チンコを突き入れてた。

「あ!あ!痛いよぉ!痛いよぉ!兄ちゃん!兄ちゃん!でも、もっとしてえ!」

俺は妹の上で、腰を振りまくってた。

妹の処女マンコは血だらけだった。

やっと俺のものになった!!

「マサミぃ!中に出すぞ!いいな!」

「う・・うん!うん!いっぱい出してぇ!兄ちゃん!兄ちゃん!」

最後の一突きをして、マサミの膣奥に精液をたっぷり注入してやった。

「兄ちゃんのザーメン!出てるぅ!出てるぅ!たくさんマサミに出してぇ~」

満足感で満たされた。と、バスン!!いきなり俺の顔面が何かで強烈に叩かれた。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||||||||||||||||||

2017年12月30日 | カテゴリー:妹と

バツイチの姉と過激にやってしまった!!【お姉ちゃんと】

8年前結婚した姉貴に子供ができなくて、旦那や旦那の両親とこじれて離婚。

で、先月実家に帰ってきました。

こんなきれいで性格のいい姉貴と離婚するなんて!!なんてヤツラだ!とうちの両親も俺もカンカン!

でもさ、姉貴が戻ってきたのが、おれはすごくうれしかった。

ずっと好きだったし、美人で性格も抜群で自慢の姉貴だ。

今も変わらない。清楚って言葉がぴったりくる。身内褒めだけど。

もっともエッチの時の豹変ぶりにはたまげたけど・・・。そんな姉貴と先週、ふとしたことがきっかけで姉貴とエッチしてしまった!!

まじに、近親相姦するなんて思わなかった。

ふざけてただけが、本気モードに突入してしまった。

姉貴33歳。俺29歳。

姉貴は顔だけじゃなくてスタイルもバッチリなんだな・・・。オッパイはDカップ。腰はくびれてるし、ヒップは柔らかくて・・・。土曜日。

どうしても用事で両親が1泊ででかけた日だった。

戻ったばかりの姉貴を家に置いてという心配はあったが、おれがいるから大丈夫だよ!って話して。

昼間から姉貴は、TVをずっと見てた。「姉ちゃん、どっか遊びに行こうか?家にいても面白くないでしょ?」

「え?うーん・・・・。ねえ利一、ドライブに連れてって。どこでもいいからさ。」


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2017年12月27日 | カテゴリー:お姉ちゃんと

姉貴に童貞を捧げ、姉貴は俺の子供を身籠った【初体験】

俺が24歳の時の話だけど、4歳上の姉貴に童貞を捧げた。

そのあと2年弱の間は、俺は姉貴に何度もお世話になった。

姉貴が3か月前に結婚した。結婚するまでの間の話だけどね。悲しいけどずっと童貞だった。彼女ができないし、風俗なんか行って病気もらったら嫌だったから。

エッチしたくてしたくて、でもできないからオナニーの毎日だった。

7月だった。

いつものようにパソコンでAV見ながらオナニーした。もちろん、音が漏れないようにヘッドフォンつけてた。

日曜日で、誰も家に居ないときだったから、やりたい三昧だった。

思いきりオナニーできるのが嬉しかったなあ。が、夢中になってしまったのが敗因だった。2回目の発射を姉貴に完全に見られてた。

気が付かなかった。姉貴が買い物から帰宅したのも。俺の後ろでオナニーをずっと見ていたのも。もちろんAV見てたのも。

「ううう!出る!」2度目の射精をティッシュに発射して、チ○○を拭いて、ごみ箱に捨てようと後ろ振り返ったら、姉貴が間近に立っていた。

チ○○見ながらニヤニヤしてた・・・。

まじにあせったし、固まった。なんせ下半身丸出しでオナニーしてたからね。

「ね!・・・姉ちゃん!」

「すっきりした?なんてね。ずっと見ちゃった。智之のオナニー現場!!」

「・・・・黙ってみるなんて・・・姉ちゃんでも許せねーよ!!」


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2017年12月24日 | カテゴリー:初体験

母と妹と、ときどき3P【初体験】

僕の母さんは今年34になります。1月16日が誕生日だったので僕はプレゼントを買って帰りました。親父が今は福岡にいるので、家には僕と妹の江美と母さんの3人だけです。母さんはワインが好きなので、そんなに高くはないですが3千円のワインとケーキを買って帰りました。高校に入るまではバイトできないので、じいちゃんにもらったお年玉で買いました。去年は親父がケーキを買って来たり、プレゼントを上げたりしてたので、今年は何も無いと思ってたらしくて、すげえ喜んでくれました。3人でパーティーみたくなって、このパソコンでカラオケまでして盛り上がりました。僕も妹もワインをグラス1杯だけ飲んで、母さんはワインをボトル半分ぐらい飲みました。妹が眠くなって、お風呂に入って寝ると言ったら、母さんが悪乗りして、皆で入ろうと言い始めました。妹も僕も酔っ払っていたので、盛り上がってしまって、皆で入ることになりました。小学3年生ぐらいまでは一緒に入ったことがあったのですが、5年ぶりぐらいでした。皆勝手にその場で裸になって、3人で風呂に入りました。湯船に先に入って、体を洗いっこしてる2人を見てて、初めてヤバイと思いました。妹の裸は初めて見たのですが、おっぱいも出始めていて、お尻もふっくらしかけて、カッコいいんです。母さんの裸はおっぱいも突き出て、垂れてないし、ウエストもきゅっと細くて、お尻もほんとにカッコよく大きいんです。そんな2人が洗いっこしてるのを見てたら、僕のペニスがだんだん大きくなってきて、どうしようもなくなりました。妹のあそこはまだ産毛ぐらいしか生えてなくて、僕の方からは割れ目も見えませんでしたが、母さんは妹の体を洗うのに動くので、その度にちらちら濃い茶色の毛と、ピンク色の割れ目が見えました。母さんと妹がお互い洗い終えて湯船に入ろうとする頃には、僕のペニスはがっちがっちに硬くなっていました。「交代、交代」妹がはしゃいで言うので、仕方なく2人から見えないように背中を向けて湯船から出ました。

「あら、」でも母さんは分かったらしくて、僕のペニスのほうをチラッと見て、笑いました。僕は2人に背を向けて洗い始め、小さくなるよう色んなことを考えましたが、全然小さくなってくれません。「まこちゃん、久しぶりに洗ってあげるょ」母さんが湯船から出て、僕の手からスポンジを取り上げると、背中から洗ってくれ始めました。僕のペニスはもうびんびんになってしまいました。「ほら、江美ちゃん見て」母さんが僕の体をイスごと回したんです。「スゴイ、それオチンチン?」湯船の中から、妹が目を大きくして見つめてきました。「なにすんだよ、」僕が抗議しても、母さんはすごいハイになってて、僕のペニスを握り締めてきました。「えっ」僕は固まってしまいました。「これが男の人のオチンチン、お父さんのオチンチンもこんなに固くなって、そして、」母さんが僕のペニスを握った手を動かし始めたんです。

「お父さんのより、ちょっと硬いかな?」「太いかも知んない、」母さんだけ喋ってました。僕は湯船の縁に手を伸ばして掴まって、母さんのしてくれるままになってたし、妹は湯船の中から体を乗り出すようにして、母さんのすることを見てました。母さんの体が僕の背中にまるでおぶさるように、くっついてました。柔らかいおっぱいと太腿が僕の背中と腰にくっついて、僕は興奮してました。「それで、これが母さんの中に入って、射精するの、」母さんの手の動きが速くなって、僕はもう我慢できなくなって、そして、射精しました。「うっ」、「あっ」、「きゃっ」

僕と、母さんと、妹が同時に叫びました。精液が湯船の縁に何回も勢いよく当たって、流れ落ちました。「お兄ちゃんすごいょ、」その後、今度は妹が洗ってくれ始めました。妹のほそい指が母さんのまねをして、僕のペニスを握り動かし始めると、さっきの射精で柔らかくなってた僕のペニスが、すぐ大きくなり始めました。「はい、もうやめよ、終わり、」それまで、湯船で沈んでいた母さんが、とろんとした顔で言いながら、妹を引っ張るようにして、風呂場から出て行きました。「あたしもしたかったのに、」妹が不満そうに言いながら居間の方に行くのが分かりました。僕はさっきの事でぼうっとしながら、湯船に入り直しました。

僕が風呂から出ると、母さんも妹ももう自分達の部屋に行ってました。僕もなんだか興奮したままでしたが、自分の部屋に向かいました。階段を上がろうとしたら、妹が母さん達の寝室から顔を出して呼ぶんです。「こっちだよ、お兄ちゃん、こっち、」何だろと思いながら、母さん達の寝室に入りました。 妹も、母さんも裸のままでした。母さんは、ベッドの上に横になってて、妹はベッドの方に向いたソファの上に座ってました。明かりの下で、母さんの裸がすげえ綺麗でした。「お兄ちゃん、母さんがセックス教えてくれるって、」心臓が止まりそうになりました。妹は笑ってました。母さんの方を見ると、とろんとした顔で微笑みながら、頷きました。「まこちゃん、裸になって、」僕は慌てて裸になりました。ペニスは半立ち状態で、太くなり始めてました。「江美ちゃんも来て、見ててね、」僕がベッドに上がりこむと、妹もベッドの脇に来ました。母さんが自分で膝を抱えると、足を大きく開きました。母さんのあそこはもう濡れてる様で、蛍光灯の光できらきら輝いてました。「まこちゃん、そこ舐めて、」僕は舞い上がってて、喉はからからでした。言われたとおり、母さんのあそこに顔をつけて、夢中で舐めました。妹に見られながら、母さんとセックスしました。母さんの中にペニスを入れたとたん、射精してしまいました。「今度は、江美ちゃん、」母さんが、妹をベッドに上がらせると、妹のあそこを舐め始めました。くすぐったがっていた妹も、だんだん顔を赤くして、目を閉じて、うなり始めました。僕のペニスはまた大きくなってきました。

母さんは僕のペニスをちらっと見ると、微笑んで、僕の方にお尻を向けました。僕は母さんのお尻にしがみ付くようにして、ペニスを押し当てました。ダブルベッドの上で、3人でセックスしました。一時ごろ、僕はとうとう妹の体の中に、ペニスを入れました。母さんのあそこを舐めてる妹の後ろから、母さんにしたのと同じように挿入しようとしたのですが、きつくて、ペニスの半分ぐらいしか入りませんでした。痛いと言って逃げようとする妹の体を、押さえつけるようにして、セックスしました。すっかり寝込んで軽い鼾をかいている母さんの体の傍で、僕は妹の中にその日4回目の射精をしました。

次の日曜日が大騒ぎでした。

10時ごろ目を醒ました母さんは、何も覚えてなくて、起きると僕が母さんの上になってセックスしてるんですから。しかも、妹がそのすぐ傍で寝てるんです。びっくりするくらい大声を上げて僕を突き放そうとしました。母さんの声にびっくりして、妹も目を醒ましました。母さんの膣が痙攣しながら、僕のペニスを搾りつけるみたいに締め付けてきました。「まこちゃん、何すんのよぉ、」半分気違いみたいに首を振って、僕を突き放そうとしますが、全然力が入ってなくて、放せません。しまいには、ぼろぼろ泣き始めました。「お母さんが、セックスしよ、って言ったんだよ、」あきれた様に母さんを見ていた妹が、小さいけどはっきりした声で言いました。「えっ、まこちゃん?」泣き顔のままで母さんが僕を見たので、僕も頷きました。頷きながら、僕は締め付けられたままのペニスから射精してしまいました。「いやっ、まこちゃん、だめ!」僕が体を震わせながら射精したのが分かると、母さんは一瞬体を硬くして、目を閉じました。3人別々にシャワーを浴びて、居間で話をしました。母さんは最後まで硬い顔をしたままでした。「でも、お母さん、すごい気持ちよかったんだよ、」妹が言っても、何も言いませんでした。「江美ともセックスしたの?」もう言うことが無くなって、僕と妹が立ちかけると母さんが小さい声で聞いてきました。僕が答えようとすると、妹が先に恥ずかしそうに頷きました。母さんは顔を覆って、泣き始めました。その日一日は、長くてしょうがなかったです。夜になって、妹は疲れたらしくて、8時ごろには寝てしまいました。9時ごろ母さんもやっと自分の部屋から出て来ました。謝らなきゃ、とは思いましたが、言葉が出てきませんでした。2人ともソファの両端に座って、テレビだけが音を出してました。「まこちゃん、ごめんね、」母さんに謝られました。僕にすがり付いてきました。「もっとして、いっぱいして、」母さんのベッドで、その晩、3回しました。次の日の朝、顔を合わせるなり妹がVサインを出してきました。「今日はあたしともしよ、」どうやら、途中から覗いていたようで、小さい声で囁きました。それから、今日まで、母さんと妹とセックスしています。3Pは時々しかしません。コンドームもつけてするようになりました。妹も、先月ぐらいから感じるようになりました。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||||||||||||||

2017年12月23日 | カテゴリー:初体験

友達が自分のお姉さんを・・・・【友達と】

俺が中3の時の話なんですがこの日は友達の親が旅行でいないということで泊まりに来ないかって話になり暇だったので俺はもちろん了解にしました

俺が友達の家についたのが夕方だった

泊まる目的は夜中ゲームをすることだったので友達の親がいないのは好都合だったが代わりに3つ上のお姉さんがいることだった

お姉さんは顔もかなり美人で胸もあり大学生ならミスコンで優勝できるぐらいだった

俺は一人っ子なのでお姉さんがいるのは羨ましかった

友達の家ではお姉さんが笑顔で迎えてくれた

料理などのはお姉さんが作ってくれたが本気でうまかったプロ並みといってもおかしくない

友達に聞くとよく作るから料理は上達したということだった

みんなが食べ終わると食器を片づけだし洗い始めた

その時に「先にお風呂に入りなさい」

と言われたので友達と二人で入った

お風呂から上がると速攻でゲームを始めた

よくある対戦ゲームだが友達は弱く俺が楽勝で勝っていた

するとお姉さんが「私お風呂入ってくるから」と告げ脱衣所に向かった

俺たちはそのままゲームを続けあまりにも俺が勝つから友達はイライラしていた


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||||||||||||

2017年12月22日 | カテゴリー:友達と

妹【妹と】

俺には4つ下の妹がいます。

我が家は団地だったので部屋数がないので、妹と同じ部屋でした。

けっこう長いこと同じ布団で寝ていた記憶があります。

妹とは歳が離れてるせいもあり、喧嘩などはした記憶もほとんどない。

喧嘩になる要素がないといったほうがいい。

妹の裸なんか毎日のように見ていたし、性の対象ではなかった。

俺の裸なんかも毎日見てただろうし、今考えると老夫婦みたいな感じ

だったのかもしれません。

そんな妹も結婚して、今は25歳になっています。

俺は相変わらず独身生活を送っていますが。

不況ということもあり、俺は転勤になり県外にでました。

転勤して1ヶ月が過ぎるころだったと思います。

妹が遊びに来ると連絡が入り、俺のアパートに泊まることになりました。

妹はお酒が強くないことは、知っていましたがお酒を買込んました。

妹とは1年ぶりぐらいです。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||

2016年8月22日 | カテゴリー:妹と

義姪を誘う【妹と】

三重子は二十六歳で結婚三年目、美容室を経営している

その三重子は妻の兄の長女で,妻の姪、私とは義理の姪で血の繋がりはない

妻が中学二年の時に生まれたので、妻とは十六歳も離れている

彼女は、結婚と同時に美容室を開店したので、私夫婦も資金面でそれに手助けしてやった

そんな事から、月に一回は三重子の美容室で整髪カットしてもらっている

その日は土曜日、妻は勤め先の一泊旅行に出かけて留守、

妻もいないし、カットしてもらおうと思った。

女性を客とする美容室では、女同士の話題には尽きることもないだろうし、

時にはセックスも話題になるだろう…?と、ふと、そんなことを思った

三重子の主人も海外主張でいないというし、新婚三年目の新妻が、セックスの話題にどう反応すのか…試してみたいと出来心が湧いた

それには、店を閉める時間帯がよいと思い、午後八時に電話すると

「いいよ、来て…」と云ってくれた

美容室の椅子に座ると三重子の顔が鏡に映る

誘いかける話に、その顔がどう変化し反応するのか…? 

そんな思いで鏡に映る三重子の顔を見つめていた…


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||

2016年8月20日 | カテゴリー:妹と

弟みたいに思っていた、たっくんに【妹と】

1.いとこと…。 投稿者:女性投稿日:2012/05/17(Thu)12:51No.43

いとこのたっくん(そんなような感じの名)とのこと。

私より年下の男子。



たっくんというと小さい子供みたいだけど、

ただの昔からの愛称みたいなもの。

お互い、もう28、22歳。



オトコとして意識するようになったのは、手相の話題になったとき。

たっくんが、専門学校に通い始めて1年経つあたり。

昔、繋いだことがある小さかったたっくんの手が、私の手を余裕で越えてた。

私の手より、大きくてごつごつしてて。

ドキッとしてしまったのは、手の熱さも感じたから?

彼氏もいなかったせいかな。




エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||||

2016年8月19日 | カテゴリー:妹と

妹&妹の友達の処女をいただいた話【妹と】

657名前:懐かしい思い出[sage]投稿日:04/02/1004:27ID:???

もう数年前になるけど、妹が高一の頃あたりから学校帰りにしょっちゅうレズ友だちを

連れてきてて、結構あけっぴろげにキスしたり抱き合ったりしていた。

互いに共通することは、甘えんぼうなのと、ちょっと精神的にMっぽかったことかな。

二人とも中高女子高なせいかまるで男縁がなく、そのくせ耳年増で性に対する興味が

人一倍強かった。

レズプレイそのものは、けっして真性のそれじゃなくてソフトレズの延長のような

感じだったみたいだけど、二人ともすっごく根が明るくて、ちょっとしたことでも

「お兄ちゃん、聞いて聞いて!」と言って大騒ぎして報告に来ていた。たとえば

レズプレイでパンツが濡れてしまった時とか、また片方がクシャミしておしっこを

チビッた時など、「見て見て、この子ったらさぁ〜〜」と笑い転げながら相手のパンツを手に、

僕の部屋に駆け込んできたりしていた。



ともかく、底抜けに明るくて、可愛くて、仲の良い二人だった。




エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||||||||

2016年8月17日 | カテゴリー:妹と
1 / 3912345...102030...最後 »

このページの先頭へ