学校であったエロい話 最新更新情報

ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

欠陥車のお陰で…【妹と】

その日は親戚の結婚式に家族で招待された帰りの事だった。

クリスマスの近い12月の半ばの週末、俺たち家族は高速道路で2時間、一般道を更に1時間ほど行った場所の親戚の結婚式に呼ばれ俺の運転する車で行った。

式は淡々と進み無事に大団円のうちにお開きになった。時間は夜の7時頃だった。

両親はそのまま親戚の家に泊まって翌日、電車で帰ってくると言った。

俺たちも泊まっていけと誘われたが、酔っ払いの相手をするのは嫌だったし、妹の相手になる同年代の親戚が居なかったので、俺は妹を連れて先に帰ることにした。

当時俺は21歳。車が好きで高校卒業と同時に免許を取得し車を買う為、今の会社に就職した。

その時、妹の由貴は17歳の高校2年生だった。俺たち兄妹は仲が良く特にケンカもしたこと無く、世間一般で言うところの仲良し兄妹だった。

兄が言うのも変だが、へたなアイドルより由貴のが可愛いと思う。それにスタイルも良く、さぞ学校ではモテテいる事だろうと、ちょっと嫉妬していたぐらいだ。

親戚の家を出て2時間…高速に乗って1時間くらいした時だった。突然エンジンが止まってしまった。一瞬焦ったが、俺は慌てず、まずハザードを点灯させ、ゆっくり左に寄せて路肩に入るとブレーキを踏み停車した。

シフトレバーをPレンジに切り替えて、キーを回しセルモーターを動かした。

だけど掛からない…

普段から小まめに点検整備をしているので、こんなトラブルが起きるなんて予想もしていなかった。しかも、買ってまだ最初の車検も受けていない、つまり新車なのに何故エンジントラブルが起きたのか、不思議でならなかった。

今の今まで助手席で可愛い寝息を立てていた由貴が異変に気づき起きてしまった。

「ん…?ほーか、ひたの〜?」大欠伸をしながら両手を伸ばし訊ねてきた。

「突然エンジン止まっちゃったんだよ…」「えっ!?そう言えば寒くなってきた…」エンジンが止まってしまったので当然エアコンも停止…車内は段々冷えてきていた。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||||||||

2016年7月7日 | カテゴリー:妹と

足のマッサージ【妹と】

僕は現在二十歳で高三になる妹がいるのですが、妹は陸上をやっていて、足腰がだるい時によく僕がマッサージをしてあげます。

昨日もお互い風呂を済ませた後に妹の部屋でやってあげたのですが、妹はあまり恥ずかしいという気持ちがないのか、下はパンティーだけで上はTシャツ一枚という格好で、最初は足からじっくりやってあげてると大体30分過ぎたあたりから寝始めます。

本当に寝てるのかは解りませんが、声をかけても返事がないので多分寝てるのでしょうね。

それからは足のマッサージを止め、パンティーの下の方から両手を入れて生尻を堪能します。

それでも何も言わずに寝てますが、その頃には僕のチ○ポは暴発寸前で、昨日はその後に自分のチ○ポを出して予め用意しておいたゴムを被せ妹の尻の谷間に直接擦りつけながら大量発射。

今まで10回位やりましたが1回も起きた事はありません、と言うか本当に寝てるのかな?

学校であったエロい話関連タグ

|||

2016年6月23日 | カテゴリー:妹と

妹に悩まされ…その後【妹と】

とうとう、ブレーキが壊れました!

投稿が遅くなりましたが、以前の投稿の直ぐ後です。妹と関係を持ってしまいました。

それも意外な事に妹自身、私との関係を拒否しなかったのです!

その時の様子がこうです…昨年9月に新しくシルバーウィークなる連休が出来ましたが、その連休中に事が起きました。

9月も昼間は暑い日が続きその日も何時もの様に妹はパンツ全開オッパイ御開帳で我慢の限界だった俺は「なぁ麻衣…前から言おうと思ってたんだけどさ…」「なに?」「麻衣、自分で気付いてるかどうか知らないけど、そう言う格好だとパンツは丸見えだし、オッパイも乳首まで見えてる時があるんだけどさ…」と言うと、以外にもアッサリと「あっ!やっぱり見えてた~ゴメ~ン♪」と謝って来た。

「あ、いや謝んなくてもいいけどさ…見られて平気なの?」と聞き返すと「ん~別に平気だよ…お兄ちゃんならね♪」と、何とも嬉しい事を言うではありませんか!

俺はワザと驚いた風に「えっー!マジで!?じゃあさ、見せてって言ったら見せてくれるの?」と、ちょっと強引な問いかけに内心『しまった!そんなストレートな事答える訳ねーじゃん…』と思ったが「見たいの?」と少し冷静に聞かれ「え、いや…その、見せてくれるなら…って、何言ってんだオレっ!」と同様を隠せないでいると「アハハッ!お兄ちゃん面白~い♪って言うか可愛い~♪」と言われ、俺の隣に座りに来ると同時に上を脱いでトップレスになってしまった!

「はい!どーぞ♪」「えっ!?い、いいの…?」目の前に散々チラつかされたオッパイが何も隠すものが無い状態である!

そこで俺のブレーキが一気に破損したね…(笑)

もうこの暴走は誰にも止められない状態に!

気が付けば妹をソファーに押し倒し乳首に吸いついていた…

「あ~ん♪お兄ちゃん、そんなにガっつかなくても大丈夫だよ~」と妹のが冷静だったのには驚いた。

俺は一度離れて、もう一度妹の顔を見ながら「いい?」と聞くと黙って頷いた。

そして再びオッパイに吸いついて今度は優しく愛撫をした。

両手を使い揉みながら乳首を吸い舌で転がす様にと思いつく限りの愛撫を施した。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||

2016年6月21日 | カテゴリー:妹と

『偽愛/博愛/狂愛——雫の紅、夜に満つ』(2)【妹と】

画々云々で———つまり、≪上≫を参照のコト、と。

そう———俺は、最早、還れぬ扉を開けていたのだ……。

「じゃ———お兄ちゃん。私の、アイの処女(初めて)もらってくれる……?」

どくん———心臓が撥ねる。躰中に血液が輸送される……ドクドクと……猛毒の様に。

びくん———肉棒が撥ねる。躰中に興奮が葬送される……ゾクゾクと……毒蛇の様に。

コトバハ———モウ———イラナイ……

ツマリハ。

つまりは。

———詰まりは、言葉、言語を放棄するという事は、思考する事を放棄する事だ。言葉は思考の為の道具だからだ。

俺は、此の時、倫理とか道徳とか、そういったモノを放棄していた。「廃棄」と言い換えてもいい———いや、凌辱モノを見ていた時点で、———だが、確か、まだ、分別が、———、———〝どうでもいいさ〟。

この間、実に13秒弱。・・・・・・短絡とも言える速度。音速だ。

そうして、答えた、「俺で良ければ」と。

……

「……じゃぁ、その、い、挿れるね……?」

おずおずと、しかし、はっきりと、言う。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||||||

2016年6月10日 | カテゴリー:妹と

まさか、姉が…(2)【お姉ちゃんと】

年も明け、中3のボクの高校受験も近づいてきた。

家から近いという理由で実力より1ランク下の高校を受験する。

なので気持ちはけっこう余裕がある。

姉、高3のゆきねえは昨年末には就職も決まり、

のんびりと高校生活最後の休みをエンジョイしていた。

そんな2月半ば、祖母が転んで脚を折って入院した。

見舞いに来ていた親戚と何か神妙に話をしていた。

それが何の話か解ったのは、

祖母の入院から2週間経った頃。

祖母はある親戚の近くの病院に移ることになり、

退院後はそのままその親戚の家に行くことになった。

単身赴任の母は、4月からこちらに戻ってくることになった。

ゆきねえの就職先は、ここから汽車で1時間半の大きな街にある。

なのでゆきねえは4月から独り暮らしを始める 。

そしてここに祖母がいなくなると、ボクも4月から独りになってしまう。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2016年6月3日 | カテゴリー:お姉ちゃんと

まさか、姉が…(1)【お姉ちゃんと】

たぶん、長くなります…

ボクが幼稚園の頃、父親は他界した。交通事故だった。

家に残されたのは母親と祖母、ボクとボクの姉。

まだ幼かったボクは、住み込みで働き始める母についていくことになった。

姉のユキは、実家で祖母と暮らすことになった。

ボクが小学校2年生になってからは、

夏休みや冬休み、春休みなど学校が長い休みになると、

その期間だけ実家に戻ることになった。

ユキねえと呼んでいたボクの姉は、 ボクより3歳年上。

5年生のユキねえは、ボクの宿題を見てくれて、

宿題がよく出来ると、ユキねえはちゅうしてくれた。

「まこと(ボク)、すごいねー!ちゅっ」

それが嬉しくて、宿題も頑張った。

ボクが3年生になっても、同じような休みを過ごしたけど、

6年生になった姉は自分の勉強に一生懸命になっていたので、


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||

2016年5月24日 | カテゴリー:お姉ちゃんと

美喜をたべっちゃった。【妹と】

美喜をたべっちゃった。投稿者:妹〜萌え^^投稿日:9月7日(水) 10時04分06秒

俺は21歳で1年前に結婚をした。

まだ若かったので給料が少なかったので結婚後は嫁さんの実家で

暮らしていた。

嫁さんの家族は、母親と高1の妹の美喜だけ。

この美喜がものすごく大人っぽくてスタイル抜群のいい女。

初めて会った日からやりたくて仕方なかった。

だって、俺がいるのに下着姿でリビングにいるかし

「お兄ちゃん、アタシと気持ちいいことする?」って聞いてくるし

もうマジ堪らなかったよ。

そんなある日、嫁が遠方の友達のところに遊びに行くというではないか。

あとは、母親さえなれば何とかなれば・・・・

と思っていると、仕事(医者)で呼び出されて夜に出かけることに。

こんなチャンス逃すものかと決心した。

いつものように、美喜がお風呂に入って下着姿で出てくるのを見越して


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||||

2016年4月29日 | カテゴリー:妹と

従姉妹と【妹と】

従姉妹と投稿者:南紀投稿日:11月29日(火) 19時54分48秒

俺が25歳従姉妹が高2の17歳で

逢うのは7・8年ぶりでした。

その日、たまたま逢った俺たちは昔話をしてて

俺が煙草を吸い出すと従姉妹も”ちょうだい”と

言ってきて”お前煙草吸うんか”と聞きながら

煙草を出した。偉そうに吸ってるのを見て

思わず笑っていたら”何よ〜”って恥ずかしそうにしてた。

その日は そのままお互い帰ったんだけど

次の日 俺は休みで家に居たら4時ごろ誰か来たので

玄関を開けると従姉妹がセーラー服姿で立ってた。

”お〜、何や学校のの帰りか?”聞いたら”うん”といった

でも学校帰りだと電車通学で学校から自宅まで2駅だが

自宅を通り過ぎてあと2駅来なければいけない。

俺の部屋に入り、何か用事があると思ってたけど


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||

2016年4月25日 | カテゴリー:妹と

妹【妹と】

去年の夏は死ぬほど暑かったのに避暑地らしい所へは何処へも行かなかった。



唯一、海へ泳ぎに行った位だった。



それも何が悲しいか、妹と二人で…それがまさか兄妹でセックスをする事になるとは思わなかった。



事の始まりは、5歳下の高校2年の妹が夏休みだと言うのに、家でゴロゴロとしていたので、「彼氏と遊びに行かないの?」なんて、さも彼氏が居ると前提な事を聞くと「残念ながら彼氏は居らんのですよ兄上…」と答えたので、「じゃあ友達と遊びに行かないの?」と聞くと「友達は皆、彼氏とお出掛けだよ…って、お兄ちゃん、私に何処か行ってて欲しいワケ?」と逆に突っこまれたので、「いや、そう言う訳じゃないけどさ…」と最後は何て言えば良いか分からずゴニョゴニョと誤魔化すと「じゃあ!お兄ちゃん何処か連れてってよ♪」と言いだして来た。



仕事が休みで特に出掛ける予定も無かったので、たまには兄妹水入らずって言うのも良いかな、なんて思い「何処か行きたい所あるのか?」と尋ねると「海!海行きたいっ!絶対!海がイイ!」と、やけに海にこだわった言い方をするので、「なんでそんなに海がイイんだ?」と聞くと「だって、夏休み明けに少しは日焼けしてないと皆と話合わないじゃん…」と言うが俺には理解出来なかった…



まあ、とにかく海に行く事に決まった。



で、何処の海が良いか…人が混みあっている海水浴場は正直行きたくなかった…と、ふと知り合いの別荘を思い出した。



それほど親しい訳じゃ無かったけど、何故か相手は俺の事を凄く良くしてくれて、何時だったか機会が有れば別荘に遊びに来てくれと言われていたのを思い出したのだった。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||||||||||||||||||

2016年4月22日 | カテゴリー:妹と

自然な成り行きで妹と…【妹と】

家は昔温泉民宿を営んでいて、祖父が亡くなってからは数ある部屋をそのままアパートとして改築し、アパート経営を始めたのが、俺が小学校3年の頃の話…

温泉民宿とうたっていた通り、民宿を辞めた後も温泉は湧き出ているので、浴室は民宿当時のまま残して24時間何時でも入れる様にしていました。

普通の家の風呂と違い広い浴室は一人で入るのが勿体無い程で、当時から2歳下の妹と一緒に入っていました。

それが当たり前の様に年を重ねても一緒に入る事に抵抗なく、どちらかが先に入っていても後から普通に入るのは当たり前だったし、お互い意識する事無く入浴していました。

それが、俺が20歳の時、高卒で地元の自動車製造関連の工場で働くのに実家から通勤していたとある週末の事、何時もの様に風呂に入っていたら、何時もの様に高校2年の妹が入って来て、今までなら何も気にせずにいたのに、何故だかその時に限り妹の成長した身体が気になってチラチラと見てしまっていた。

そんな俺に気が付いていたのかいないのか、先に浴槽に浸かっていた俺は、身体を洗っている妹を何時しかジーっと喰いいる様に見ていて、洗い終わった妹が何処も隠さず浴槽に近付いて来た時には流石に俺の視線に気がついて「どうしたの?何か付いてる?」と恥ずかしがる様子も無く、逆に自分の身体に何か付いているのかと気にしながら浴槽の縁を跨ぎ、俺の横に普段通りに入って少し距離を空けて浸かった。

俺は何て答えようか一瞬で頭を回転させたが適当な言い訳が思いつかず結局バカ正直に「優衣も大人になったなぁと思ってさ…」と、ちょっと恥ずかしかったが言うと、妹は一瞬、自分の胸を見降ろすと「そりゃ~もう高2だしねぇ~」と、さも誇らしげに?自慢げに?言うので、スッと近付いて左腕を妹の背中に廻し、右掌を右のオッパイをすくう様に触りながら「何センチあるんだ?」と冷静に聞いてみた。

もしその場で嫌がるなら直ぐに離れようと思っていたが、「ん~…ちょっと前測った時は83cmだったけど…」と答えたが、どう見ても?触っても?83cmだとは思えず「そんなもんかぁ~?」と疑問視すると「あ~カップがあるから大きく感じるのかもぉ」と答えたので「何カップ?」と聞くと「E.F(イーてんエフ)…」「…ん?」何を言っているのか分からずでいると「Eカップだとちょっときつくて、Fカップだとちょっと緩いからEとFの間位のカップなんだよね」と左の乳房を左手で軽く上下に揺すって答えた。

「そ~かぁーE.Fカップかぁ~♪」と俺は妹の後ろに回ると両手で妹のオッパイを掴み上下に揺すってその大きさを確かめる様に言った。

すると「いや~ん♪お兄ちゃん触り方がエッチだよ~」と決して嫌がってる訳では無く、今までされた事の無い事をされて照れ臭さを誤魔化す様な言い方をした。

「そうかエッチか?エッチは嫌いか?」と聞くと「え…そんな事ないけど…兄妹だよ…」と戸惑う様な言い方をしてきたので「兄妹だってエッチな事してもイイだろ?」「…」「優衣の事が好きだから…」と、嘘じゃないけどその場凌ぎの言い訳みたいな事を言ってしまったが「ホント?」と聞かれ後戻り出来なくなった俺は「ああ…ほら、その証拠に…」とギンギンに反りかえったチンポを腰に押し付けて「優衣がこんなにもエッチな身体になったから…」と付け足すと「え~私ってエッチな身体なの~お兄ちゃんがエッチなだけじゃん♪」と痛い所を突かれて「でもまあ私も前からお兄ちゃんの気になってたから…」と、そっと後ろ手で俺のチンポを掴んできた。

俺はもっと触って欲しかったので一旦身体を離すと正面に廻り「ちゃんと触って見て」と妹の前で立ちあがった。

妹の顔の前にギンギンのチンポが曝け出されると妹は、そっと掴み「わぁ~…大きい…そして硬い」と初めて見る勃起した兄のチンポをじっくりと観察し始めた。

すると不意にパクッと咥えるではないかっ!驚いた俺は「お、おいっ!」「ん?ダメ?」と上目遣いで艶めかしい表情で問われるとダメとは言えず「いいのか?」とだけ聞き返すと「うん♪」と答えた妹は再び咥えてフェラを始めた。

妹のフェラは気持ち良かった。その気持ち良さから経験有りと断定した俺は「何本目だ?」と聞くと指を5本伸ばして答えた。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||||||

2016年4月16日 | カテゴリー:妹と
3 / 1312345...10...最後 »

このページの先頭へ