学校であったエロい話 最新更新情報

ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

吐きそうになった体験(5)【妹と】

吐きそうになった経験(5)何回かKMからの催促の電話があったが,Rからは「熟成中」の返事しか返ってこない日々が続いた.数ヶ月が経って,Rからの連絡があり,KMに電話をした.直接ではなく,用件を伝えると,KMは待ちわびたのか「おうおう」電話の向こうから弾んだ声が聞こえた.

 数日後,KMと赤茶けた滑走路に降り立ったのは夕方になっていた. またも痩せぎすの狐顔の男と小柄な13-4歳の頬骨の少し張った少女をつれていた.少女はKMに甘えるような目で,連れられていた.手配した車で一緒にいくと,街中から少し外れた郊外の大きな屋敷に到着した.屋敷は4方数メートルの高い壁に囲まれ,入り口には警備員がいた.中に入っていくと 屋敷の中には芝生と花が植えられ,パラソルと木陰を作る木々があり,小さなプールもあった.Rはくだけた服装だが高価そうなシャツをで,笑いながら迎えてくれた.隣には2人の黒髪の美少女,後ろには大柄な男がいた.Rの笑いの中は,鋭い眼光もあり,小心な私には威圧感すら感じた.到着の夜は,宴会が始まった.しばらくの歓談,酒盛りと続き,やや薄暗くなった会場の中心に白いシーツがかけられた円形の舞台が持ち込まれた.舞台にはR氏の隣にいた黒髪の美少女,その美少女に顔立ちの似てやや年長とと思える男の子,そしてその美少女に顔立た10歳前後と思える年少の少女がいた.

R氏は3人は兄妹だといって,笑みを湛えながら周囲を見渡してから,開始の合図をした.すると2人の姉妹が兄の左右に跪き,姉が兄に甘えるようにキスをはじめ妹は兄の腹部を小さい手で撫でながら,足にキスをはじめた.私は,これから始まることを想像し,深く酒に酔いながらも,吐きそうな予感がした.

しかし,自分の下腹部が鉄のように硬くなっているのも感じた.兄の足を良く見ると,赤い点のようなあとがあった.直径1センチにも満たない小さな赤い点だった.さらによく見るとその赤い点は,黒い点もあり,1箇所ではなく,美少年の身体の10数箇所かについていた.私はR氏にその点はなにか?と聞くと「XXさん.牛を飼っているとき 牛が言うことを聞かないと殺しますか?誰も殺しません.タイでは家族をとても大切にします.2人の姉妹が言うことを聞かないときは兄が罰を受けます.兄も商品です.外に見える罰はありません.小さい穴で竹の串で罰を受けます.2人が素直なら家族が幸せになります.」とだけ言って笑いながら,手に持った箸をぐるぐる回す仕草を示した. めまいがした.2人の姉妹が言うことを聞かなければ,2人の目の前で兄が想像を絶する拷問を受ける.これは.究極の調教方法だが,あまりにも酷い方法.

学校であったエロい話関連タグ

||||||||||||||||

2015年12月19日 | カテゴリー:妹と

妹と海水浴【妹と】

去年の夏は死ぬほど暑かったのに避暑地らしい所へは何処へも行かなかった。

唯一、海へ泳ぎに行った位だった。

それも何が悲しいか、妹と二人で…それがまさか兄妹でセックスをする事になるとは思わなかった。

事の始まりは、5歳下の高校2年の妹が夏休みだと言うのに、家でゴロゴロとしていたので、「彼氏と遊びに行かないの?」なんて、さも彼氏が居ると前提な事を聞くと「残念ながら彼氏は居らんのですよ兄上…」と答えたので、「じゃあ友達と遊びに行かないの?」と聞くと「友達は皆、彼氏とお出掛けだよ…って、お兄ちゃん、私に何処か行ってて欲しいワケ?」と逆に突っこまれたので、「いや、そう言う訳じゃないけどさ…」と最後は何て言えば良いか分からずゴニョゴニョと誤魔化すと「じゃあ!お兄ちゃん何処か連れてってよ♪」と言いだして来た。

仕事が休みで特に出掛ける予定も無かったので、たまには兄妹水入らずって言うのも良いかな、なんて思い「何処か行きたい所あるのか?」と尋ねると「海!海行きたいっ!絶対!海がイイ!」と、やけに海にこだわった言い方をするので、「なんでそんなに海がイイんだ?」と聞くと「だって、夏休み明けに少しは日焼けしてないと皆と話合わないじゃん…」と言うが俺には理解出来なかった…

まあ、とにかく海に行く事に決まった。

で、何処の海が良いか…人が混みあっている海水浴場は正直行きたくなかった…と、ふと知り合いの別荘を思い出した。

それほど親しい訳じゃ無かったけど、何故か相手は俺の事を凄く良くしてくれて、何時だったか機会が有れば別荘に遊びに来てくれと言われていたのを思い出したのだった。

そこで早速その知人に連絡すると、今年は忙しくて別荘には行っていないとの事だった…が、知人は折角だからと自由に使ってと快く貸してくれた。

俺は直ぐに知人宅へ伺い別荘を借りる上での場所や注意事項、万が一何かが起きた場合の対処に管理会社への連絡等など、色々と至れり尽くせり、やってもらった。

翌日、2泊3日の予定で俺達は知人の別荘へ向かった。

途中買い物がてら昼飯を食べて13時頃別荘に着いた。

その別荘は管理地内にあり部外者は簡単に立ち入る事が出来ないプライベート別荘地であった。

そして知人の別荘に着くと、なんと裏庭が海!しかも完全プライベートビーチ!岩山に挟まれた幅約100メートル程の白いビーチが別荘の裏に広がっていた。別荘から岩山に向かってそれぞれフェンスと垣根で仕切られて中に入るのも中を覗くのも簡単に出来なくなっていた。

また、そのフェンス沿いを監視するカメラも設置してあり不審者らしき者が映ると直ぐ様、管理棟からパトロール隊がやってくると言う、そんなセレブな所がこの日本にあったとは驚くばかりであった。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||

2015年12月11日 | カテゴリー:妹と

彼女の妹【友達と】

(無題)投稿者:(無名)投稿日:10月8日(日) 17時03分51秒

この間彼女の妹とやっちゃいました。

その日彼女はバイトだったので先に彼女の家で待ってることに。俺はちょっと

街で買い物して彼女の家にいきました。部屋には居ないはずなのに電気がつい



ました。おかしなぁ,と思いながら合い鍵で部屋に入りました。

声をかけても返事なし。ベッドをみると誰か寝てます。まぁ誰かって彼女の

部屋なんで彼女以外そのときは考えてませんでした。

寝てる彼女のベッドへ潜りこんでそのままセックスなんていつものことなの

で,

いつもどおり,全部脱いで足の方からベッドに入りました。

服を脱いで寝てたみたいで,足の先から太ももまでなでていくとそのまま

パンティに手があたります。膝をおさえて足を大の字にひろげて,あそこに

顔をうずめてまずはパンティの上から。ほどよく濡らして,パンティずらして

ゆっくりなめあげます。寝たままでもたまにピクっと身体が反応します。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||

2015年6月6日 | カテゴリー:友達と

大好きな女の子が他の男子と・・・ (修学旅行での体験談)【友達と】

私の高校の時の悲しい体験を聞いてください。

いや、勝手にお話させていただきます。

もう昔の話です。

私が高校2年生の時のことですが、

当時私にはとても好きな女の子がいました。

同じクラスの美咲(仮名)ちゃん。

スラッとしたスタイルと、

面長にパッチリとした目、スッとした鼻、

薄いんだけどいつもニッコリと口角が上がった口。

美人と可愛いの間をいく感じ(?)でした。

ベタですが、軟式テニス部に所属していて、

小麦色に焼けていました。

何よりも性格が明るく、

クラスの女子の中でも中心的な存在で、

結構モテていたのを覚えています。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||||

2015年5月12日 | カテゴリー:友達と

ホームラン【友達と】

 うちの野球部には、ひとつの“ごほうびルール”があります。それは、試合でホームランを打ったら、マネージャーとエッチできるというものです。

 マネージャーはわたしだけしかいないので、必然的にわたしがエッチすることになります。すべては甲子園に行くため、とわたしも割り切っています。4番バッターの吉田君とは、もう何回したか分かりません。

 だいたいホームランを打つ人はいつも決まっているのです。でも、今日は、意外な人が起死回生の逆転ホームランを放ちました。“バント職人”と呼ばれる、2番バッターの鈴木君です。

 試合を終えて学校に戻ると、マネージャー室に鈴木君がやってきました。すでに、顔を真っ赤にして緊張しています。

「あ、鈴木君」

「あの……マネージャー……その」

「分かってるよ。大丈夫だよ。エッチしに来たんでしょ」

「……うん」

 鈴木君は硬直したまま、まったく行動を起こそうとしません。緊張しきった鈴木君の学生服やワイシャツを、わたしは一枚ずつ脱がせていきます。

「鈴木君、今日は頑張ったね」

「うん……、マネージャーとどうしてもエッチしたかったから」

 わたしは嬉しくて、鈴木君にキスをしました。舌を入れて絡ませると、鈴木君は目尻をとろんとさせて、かわいらしい表情になりました。クチュックチュッ、音を立てて舌を絡ませながら、ズボンとトランクスをおろします。

「鈴木君、エッチするのはじめて?」

「……うん」

 唇を離し、下に視線を向けて驚きました。そこにはメジャー級のオチンチンが勃起していたのです。はちきれんばかりに硬直しています。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||

2015年4月30日 | カテゴリー:友達と

海の家で寝ていたら【友達と】

去年の夏に父が経営している会社(小さい会社だよ)の社員旅行にわたしも行く事になって、父と私と、社員の人6人と、その家族で千葉の海岸へ。

たった一泊二日の旅行でしたが、まさかあんなことになるとは。

社員の人の息子で高校2年の子がいて、私は19だったから歳も近いということで、昼間は二人で泳いだりして遊んでたんだけど、

その時の水着とかで少し挑発しちゃったのかな…。といってもワンピースのおとなしめの水着だったんだけどな。

夜は大人は泊まってる海の家の近くに飲み屋さんがあるということで、そこへみんな出掛けてしまったんで、

わたしは女の人の部屋で(奥さんを連れてきてる人がいて、その奥さん達と私は同室)一人で早くに寝てたんです。

いま考えれば、その海の家には高2の彼も一人でいたんだから用心するべきだったと思うんですが、その時は全然そんな心配してなかったし…。

夜11頃だったと思うんだけど、寝てたらなんかごそごそする感じがして目を覚ましました。

そしたらその彼が私の布団に入ってきてて、私のTシャツの中に手を入れてオッパイを揉んでるんです!!(その時の私はノーブラでTシャツとスウェット地のショートパンツ姿)

びっくりしたけど、どうしていいか分からずに少しの間寝てるふりしてることに。

なんか抵抗するべきなのかどうするべきか迷っちゃったんです…。

彼は私が起きてないと思ってるから、起こさないようになのか、ほんとにゆっくりと息を殺して触ってるんです。

そしてゆっくりTシャツをめくると、乳首を舌で舐めたり。そのうちに下に手を入れようとしてきたんで、これはやばいと思って、

そこではじめて目が覚めたふりをして「なにしてるのよ!!」て言ったら、彼は予想外に落ちついた声で「いいからじっとしてて」だって。

それでいきなり強引な感じになっちゃって、ショートパンツを下着ごと脱がせようとするから、


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||

2015年4月28日 | カテゴリー:友達と

続 メグミちゃん【友達と】

37続 メグミちゃん削除依頼

投稿者:しげ ◆AU/OjWxByc 2009/10/22 11:11:32(mhitVFHE)

投稿削除



ちょろっとのリクエストがあったので、その続きを書きたいと思います。

あと、メグミちゃんやら、これから出てくる他の娘は全て仮名ですので、あしからず…。

あの衝撃の夜のセックスの後も、友達不在中を狙う手口で何回かメグミちゃんと体を重ねた。まあ、毎回似たようなプレイで、進展は無かった…。3~4回程した頃だったろうか、メグミちゃんから、『わざと、兄ちゃんいない時来てるんですよね?これからはそんなことしないで良いですから、アドレスと番号教えます』っと小声で、衝撃発言を言い放った。

これには、かなり私も喜んで、直ぐさま交換し、帰宅したその晩からメールを送信し、ほぼ毎日の様にやり取りをした。内容は一ヶ月ぐらい初期の頃は『学校の相談やら、好きなアニメが何だ』とか、どうでもいい様な話や、また『今日は来て良いよとか、今日はセックスしたい』など結構な大胆発言もあった。

そんなやり取りを三ヶ月程して行く中で、大体週一回は家や、車、公園トイレにてセックスをする様になった。(相変わらず、アソコはひどい臭いですが。笑)

そんなこんなで、やっと心を開いてくれて、最初の頃の素っ気ない態度から変わり打ち解けて行った。

メールの中身も語尾に『なり☆』とか『~ちゃ☆』とかが付いてくる様になった。

そんなこんなで、最初のセックスから半年後頃にメールをしていると『私の仲良しの友達に、セックスしてみたいって言う娘がいるんだけど、しげさんのこと紹介していい?』という内容のメールが入った。

こんな漫画やAVみたいな話は嘘だろと思ったが、メグミちゃんは嘘つくようなタイプの人間ではないので直ぐに『いいよ!』っと返事をした。

正直なところ、かなり嬉しい興奮が半分、残りの半分はメグミちゃんの大親友ってどんな気持ちの悪い地味娘が来るのかな、という気持ちが半分でした…

(メグミちゃんも可愛くないし地味なんで…)


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||||||||||||

2015年4月28日 | カテゴリー:友達と

職務質問2【友達と】

さっき巡回してたら友達の車を見つけてふざけて止まらせたら違う車でした。

中から出てきたのは女の子で、ショートヘアの長沢まさみ似でした。

疚しいことがあるのかキョドっていて、免許証を提示しろって言ったら「ごめんなさい!見逃して下さい!」と言った。

話を聞くと、まだ高2で無免許運転だった。

酔っ払った友達の代わりに運転していたらしい。

俺はいつものように脅してヤるのもいいけど、前回のペットみたくなつかれるのも気持ちの良いものだったので、「じゃあ代わりに僕が運転してあげるから後ろに乗って」と言って、バイクを駐車場に停めて送ることにした。

女の子は驚いていたけど、「内緒だよ」って優しく微笑むとハニカミながらうつむいて「はい…」と言った。

その友達の家まで言って友達を下ろし、その娘を送ってる途中は質問責めだった。

「彼女はいるんですか?」「どこに住んでるんですか?」

「どんな娘が好みですか?」

「…私はダメですか?」

最後の質問には無言でキスをして答えた。

女の子はすごく嬉しそうに僕に抱き着いて、携帯を聞いてきた。

車の鍵は明日渡すことにして女の子を送って車でバイクのところに戻り、そして今に至ります。

さっき、お休みメールとキス顔写メを送ってきました。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||

2015年4月28日 | カテゴリー:友達と

気がついてくれない人へ【友達と】

あなたがこのサイトを閲覧してるの知りました

悪いと思いながら、あなたのパソコン覗いて

あなたが気がついてくれるの祈って書きます

初めてあなたを紹介されたときから

いつか、若いこの人と、

人には言えない関係になる

そんな予感がしてます

あなたのことが知りたい

でも、あなたから聞かれる言葉は

「ごちそうさま」「ただいま」「お風呂はいります」

いつもこれだけ

いつか一人でいる時、シャワー浴びてたら

あなたが高校から急に帰ってきて

バスルーム、うっかり開けっ放しで

あなたにそっと覗かれてて


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||

2015年3月18日 | カテゴリー:友達と

妹の幼なじみ【友達と】

正月に高1の妹の友達が遊びきてた時の話だ。久美ちゃんというコなんだが、結構可

愛い。妹の兄という事で俺にも懐いている。

その日は『Wii』で遊ぶ約束で家にきていた。俺も交ざって一緒に遊ぶ事にし

た。3人で盛り上がり、はしゃいでいるうちに、久美ちゃんが自分の膝の上に乗っ

てきた。

「ねぇ、これできないよぉ。マサくんやって〜」と、くるっと俺の方を向いた。

可愛い目で見つめられたので、一瞬ドキッとした。

「かしてみな」

俺はゲームが得意なので、あっさりとクリアしてやった。

そんな調子で遊んでいると、お袋から妹を呼ぶ声がした。買い出しに行くから一緒

に行こうっだって。

「兄ちゃん、久美と遊んでて。ママと買い物に行ってくるから」

そう言い残し、妹は部屋を出ていった。

「マサくん一緒に遊んでよ!」

久美ちゃんと2人きりになってしまった。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||

2015年3月5日 | カテゴリー:友達と

このページの先頭へ