学校であったエロい話 最新更新情報

ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

近所にいるエロガキ 9.【友達と】

私と香織の2人はその子供部屋に入り・・・あまりの光景に。。唖然としました。おそらくこの週末の内に購入したのでしょうか。。。

その子の部屋の中央には、いつものベッドよりさらに大きなウォーターベッドが頓挫していました。

そのベッドが振動で”ギシギシギシギシ”と激しくスプリングしていました。。。音を立てているそのベッドの上では。。。実に”7人もの裸の女性達”とその子がいました。

また7人の女性の内、2人はおそらくその子に犯されたばかりなのでしょう。。。体中にその子が出したであろう精液をこびりつけた状態で、「はぁ・・はぁ・・はぁ」と荒く息をはきながらベッドの上に横たわっていました。そして、肝心のその子は今、さらに別の2人を後輩位と正上位の姿勢で”アソコ”を重ね合わせた間にペニスを挿入する”女のサンドウィッチ”で2人同時に犯していました。。。。。

”ズパァーン”、”、”ズパァーン””ズパァーン”と大きな音を立てるその子の腰使いにあわせて、

「あんっ!、あぁぁんっ!!・・んんっ・・あはぁぁん!!!」「あっ!あっ!あぁん・・!!やあぁぁ!!!」と犯されている2人の叫んでいるかのような喘ぎ声が響いていました。。。そして他の3人の女性は、その子に群がり、その子の乳首や頬など体中に口付けをしたり、”ペロペロ”と舐めるたりと、まるでその子に”ご奉仕”をしているようでした。。。

その子は2人を犯しながらも、、時節その奉仕している3人の女性のおっぱいや”アソコ”をいじくり、、喘ぎ声を上げさせていました。。。

その光景はとても現実のものとは思えませんでした。。。そのうちにその子に犯されている2人の女性が

「あぁっ!あぁぁん!!!・・・だめぇ・・・私ぃ・・イっちゃう・・イッちゃいそう!!!」

「やぁぁん!!・・・私もぉ。。。イきそう。。・・!もう。。イかせてぇ!!!」

とその子に恍惚の表情を向けて、まるで哀願するかのように言いました。。。

その子は犯している2人を舌なめずりを見て。。

「げへへへぇ。。。”涼子ぉ” ”真奈美ぃ”もうイきたいのかぁ?2人一緒にイきたいのかぁ???だったり”おねだり”しなよぉ。。。僕の”えっちなおしっこ”いっぱい出してって!”おねだり”しなよぉ!!! 」

とさらに腰使いを激しくしていきました。。。。

犯されている2人の女性達は「あっ!あっ!あっ!!あっああぁ!!!!!!」と同時に悲鳴に近いあえぎ声だしながら


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||||||||||||

2018年1月11日 | カテゴリー:友達と

覚醒した妻【友達と】

私達は結婚20年目を迎えた46歳と43歳の夫婦です。

子供も巣立ち二人だけの暮らしになり、月に1~2度だったセックスも回数が増えていきました。

以前はノーマルなセックスだけでしたが、セックスの最中に私がふざけて妻をデジカメで撮影したのをきっかけに大きく変わっていったのです。

もともと、おとなしい性格の妻はセックスの反応もひかえめで声も我慢していたようです。

私を受け入れたまま写真を撮られた妻は今までに感じた事のない快感が襲ってきたと言います。

声を出し乱れる続ける妻と私は同時に果てたのでした。

その夜から私たち夫婦はアブノーマルなセックスにのめり込んでいったのです。

妻のヌードやオナニーなど室内で撮影していましたが屋外でも撮るようになったのです。

週末、夜中に遠方までドライブして早朝、人気のない場所で露出をさせ撮影するのです。

妻の恥ずかしい写真は増え続けアルバム数冊になりました。

そうすると、妻の恥ずかしい写真を誰かに見せたくなりました。

できれば、私の永年の夢でもある妻に他の男を経験させてみたくなったのです。

妻に伝えたところ反対されましたが根気よく説得したところ、私の飲み友達の友人だったらと許してくれたのです。

その友人は妻のお気に入りでよく家で飲む間柄で幼なじみでした。

早速、友人を招きましたが私も妻もドキドキで落ち着きません。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||||||

2018年1月10日 | カテゴリー:友達と

従順な妻  援助妻編【友達と】

私達は40代同士の夫婦です。

妻・愛子は20歳の時に出来ちゃった婚で結婚したのでした。

その子供も進学のため家を出たので40歳を前に二人だけの暮らしになったのです。

二人だけなった私は妻に様々なプレイを教えていきました。

初めて私の前で男を受け入れた時は泣いていた妻も、何十人もの男を知って淫乱な女になっていきました。

私も変わっていく妻に満足していましたが、妻に新しいプレイをさせてみたくなったのです。

3P・スワップ・複数プレイ・貸し出しプレイ・SMと経験している妻に新しいプレイなどなかなか思いつきません。

ようやく、思いついたのは妻と面識のない知人に妻を『お金に困っている主婦』だといって抱かせてみようと思ったのです。

そうです、妻に援交主婦を演じさせることでした。

いままでプレイ相手の男性はネットや出会い系で探した男達やスナックのマスターでしたが、知人となると慎重に選ばないといけません。

よく考えた結果、1年ほど前に同じ支店に配属された飯田君に狙いを定めました。

彼は、39歳で×1です。

彼とは何度となく飲みに行って気心の合う間柄で、私を先輩とたててくれるのです。

妻に彼の写真を見せて了解を得た上で彼を飲みに誘いました。

1時間程、会社の話しや世間話しで酔いも回ってきた頃に切り出しました。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||||||||||||

2018年1月9日 | カテゴリー:友達と

ショタっ子と。【初体験】

俺には中学生からの恋人がいる。

女ではなく男だ。

しかし、俺は【ゲイ】ではない。

好きになってしまった人がたまたま男であった。

それだけの事。俺はある村に住んでいた。

通っていた学校は、とても人数が少なく全校生徒合わせても平均的な学校の一クラスか二クラス分の人数しかいない。小学校と中学校が同じ棟で殆ど、分校のような状態。俺は小柄で頭は悪くない。

恋人の名前はT.S。

こいつも小柄で、大人しくて綺麗な顔立ち。俗に言う男の娘みたいなものだった。

身体も華奢で声変わりもほとんどしてない。

良く言えば、大人しくてまじめな子。

悪く言ってしまえば、コミュニケーション能力に欠ける、所謂自閉症。

とは言え、仲良くなれば普通に会話はできる。そんなT.Sは幼稚園からの幼馴染。

小学校2年の時位から、陰に隠れるようになった。

しかし、幼馴染である俺に対してだけは懐いていた。小学5年生の時。

T.Sの家で遊んでいるとき、体勢を崩したT.Sが俺の上に乗ってしまった。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||

2017年12月23日 | カテゴリー:初体験

接近遭遇【妹と】

<>619 :接近遭遇1 :03/11/24 20:55 ID:gTHmm0le <>



私はは現在、7歳下の妹(19歳)と近親相姦をしています。

先々週の土曜日に両親が留守の間に妹とセックスを楽しんでいた時の話です。

その日の昼間に私と妹がセックスをしていた時に私達2人が居る部屋のドアの

外から急に物音がしました。

私達が思わずギョとして動きを止めてドアの所に目をやると、そのドアが僅かに

開いていました。そのドアは確かに閉めたはずでした。

私はセックス中の妹の膣から自分のペニスを抜いて、そのドアにそっと近づき、

そしてそのドアを一気に開きました。

何とそこには、私のもう1人の妹(高2)が部屋の前の廊下に座り込みながら

オナニーをしていました。



自分のスカートの中に手を差しいれて一方の足の片ひざを立てて、

もう片足を前に投げ出しながら自分のあそこをいじっていたのです。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||

2016年7月10日 | カテゴリー:妹と

姉と妹と弟 3【お姉ちゃんと】

美紀のツルマンを舐める様になっていった

だから最近は満たされているから 姉貴にオナニーの許可を頼まない オナニーするしつようがないし オナニーの時は姉貴に使用済み

パンツを借りる 夜中に起こされた 姉貴が仁王立ち どうしたの? あんた隠れてオナしてんでしょ あっ 完全に勘ぐってる

アタフタしながら 口から出た 言い訳は 友達からオナニーしたら チンチン黒くなるって聞いて 我慢してた

バカね 黒いのは大人って事よ 気にしないでいいのよ

…….沈黙の後 よし次 行こうか えっ ズボンとパンツを同時に下され ジュルジュルとフェラ 姉貴のフェラは美紀とは違い舌が

ねっとりと 絡み付く あぁぁぁぁ 姉貴の口腔に射精した 舌をペロッと舐めまわし 次は敬太だよ 強制クンニ 美紀のスジマンと

違うビデオの中の大人の万個だ 69で一回 唾をたらした手コキで 一回 出てもコキ続ける ねっ姉ちゃん もうダメ

しょうがないなぁ 敬太毎日しようね 長い長いキス ….返事はっ はい 

毎日毎日 美紀と姉貴とヤル日々 美紀は出さないと舐めつづけるし 姉貴は最低3回は搾り取る 

もう学校で ヘロヘロ 体育は散々 授業はうたた寝 

一月たったら 新たなる展開 土曜は姉貴の取巻き5人が家に遊びにくる その夜 二段ベットの上で いつもどおり

黙って寝たフリ 敬太 布団に手を入れていじってくる 真っ暗の中布団をはがされ 69の体勢 仕方無しに ピチャピチャ舐める

えっ姉貴じゃない! カチャッ豆球がつく 

裸の5人が 部屋にいる それからは 地獄だ代わる代わる 万個を舐めさせられる 写メを撮られる 


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||

2016年5月21日 | カテゴリー:お姉ちゃんと

女王様【お姉ちゃんと】

家の家族は、姉を頂点に、構成してます。ドS姉20歳、M俺16歳、ドM弟14歳、です。

両親はすでに他界、でも両親は、財産を残した。持ち家と生命保険だ。それを狙った親戚を、ことごとく撃破した。姉が家長に、嫌、女王様になった。弟2人は、姉には、絶対に逆らえない。いわゆる。奴隷…嫌っ玩具だ。俺は、

(弟も同様だが)中学1年の時にオナニーを見つかりその後は、姉の部屋以外は、オナニー禁止。したくなったら、姉に許可をもらい。姉の下着を匂ったり、裸を見せてもらったり、してオナってた。

まだ、健在だった母は、スナック勤めで、男を漁り、帰宅しない日も多々あり、バレなかった。それに、

告られる事が、多かったが、彼女何て、とても、作れなかった。

自然の流れで、中3の時に(弟は中1)姉で、筆おろしを済ませた。それからは、弟と共に、姉の性欲を満たす為、(自分達も楽しんだけど)の、 玩具になった。

姉は、トイレも拭かないし、風呂も、着替えすら、俺達がする。姉は、いつ発情するか、解らないから、気が抜けない。一度、発情すれば、朝まで、2人で、攻め続ける。常にピルを服用してるから生で中出しだ。

冒頭の年齢になる頃に、変化があった、姉が、BLに、はまったんだ。

それからは、弟達は、姉の前で、

お互いの身体中を舐めあい、姉のヴァギナを舐めながら突き刺し、刺された。

姉の思考に合わせ最近は、夜の公園で、覗きに見せつけて、セックスに、

ふける。

ただ、姉の感心するところは、

絶対に浮気しない公園でも3Pしてる訳だから、覗き達も手を出そうとするが、すると、サッと冷めて帰る。

俺と弟は、姉に約束、嫌っ命令させられた。一生独身一生3人で暮らす。約束はしたものの、


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2016年4月17日 | カテゴリー:お姉ちゃんと

彼女が妹に【妹と】

俺には美佳という彼女がいる。美佳は妹の高校時代の友人で、よくうちに遊びに来ていた。

物静かな美人で、俺は、初めて美佳を見たときに一目惚れした。俺は妹に美佳との仲を

取り持って欲しいとお願いしたが、妹はまったく取り合ってくれなかった。

それから2〜3年後、 妹と美佳は大学生に、私は就職して社会人になった。

美佳と妹は別々の大学だったので、その頃には滅多に遊びに来なくなっていた。

ある休日珍しく、美佳が遊びに来た。

妹と映画に行く約束で、迎えに来たそうだ。そのとき妹は、バイト先に急に欠員が出て、

2〜3時間繋ぎで急遽応援に行くことなり、当時は今ほど携帯が普及しておらず、

俺に「美佳へ家で待ってるように」 との伝言を頼んで、バイトに行ってしまった。

俺は、美佳を居間に通して、お茶をいれてあげた。

そのあと、雑談をしていたが、

ふと、今、美佳と二人きりであるということを再認識して(両親は外出中だった)、 緊張した。

初めて美佳と会ってから、俺も2人の女性と付き合ったが、両方とも1年足らずで破局。

そのときは、破局の原因をわからなかったが、美佳と雑談していて

「ああ、俺は、まだこの娘が好きなんだ」 と思い知らされた俺は、思わず美佳に告白。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||

2016年2月5日 | カテゴリー:妹と

吐きそうになった体験(5)【妹と】

吐きそうになった経験(5)何回かKMからの催促の電話があったが,Rからは「熟成中」の返事しか返ってこない日々が続いた.数ヶ月が経って,Rからの連絡があり,KMに電話をした.直接ではなく,用件を伝えると,KMは待ちわびたのか「おうおう」電話の向こうから弾んだ声が聞こえた.

 数日後,KMと赤茶けた滑走路に降り立ったのは夕方になっていた. またも痩せぎすの狐顔の男と小柄な13-4歳の頬骨の少し張った少女をつれていた.少女はKMに甘えるような目で,連れられていた.手配した車で一緒にいくと,街中から少し外れた郊外の大きな屋敷に到着した.屋敷は4方数メートルの高い壁に囲まれ,入り口には警備員がいた.中に入っていくと 屋敷の中には芝生と花が植えられ,パラソルと木陰を作る木々があり,小さなプールもあった.Rはくだけた服装だが高価そうなシャツをで,笑いながら迎えてくれた.隣には2人の黒髪の美少女,後ろには大柄な男がいた.Rの笑いの中は,鋭い眼光もあり,小心な私には威圧感すら感じた.到着の夜は,宴会が始まった.しばらくの歓談,酒盛りと続き,やや薄暗くなった会場の中心に白いシーツがかけられた円形の舞台が持ち込まれた.舞台にはR氏の隣にいた黒髪の美少女,その美少女に顔立ちの似てやや年長とと思える男の子,そしてその美少女に顔立た10歳前後と思える年少の少女がいた.

R氏は3人は兄妹だといって,笑みを湛えながら周囲を見渡してから,開始の合図をした.すると2人の姉妹が兄の左右に跪き,姉が兄に甘えるようにキスをはじめ妹は兄の腹部を小さい手で撫でながら,足にキスをはじめた.私は,これから始まることを想像し,深く酒に酔いながらも,吐きそうな予感がした.

しかし,自分の下腹部が鉄のように硬くなっているのも感じた.兄の足を良く見ると,赤い点のようなあとがあった.直径1センチにも満たない小さな赤い点だった.さらによく見るとその赤い点は,黒い点もあり,1箇所ではなく,美少年の身体の10数箇所かについていた.私はR氏にその点はなにか?と聞くと「XXさん.牛を飼っているとき 牛が言うことを聞かないと殺しますか?誰も殺しません.タイでは家族をとても大切にします.2人の姉妹が言うことを聞かないときは兄が罰を受けます.兄も商品です.外に見える罰はありません.小さい穴で竹の串で罰を受けます.2人が素直なら家族が幸せになります.」とだけ言って笑いながら,手に持った箸をぐるぐる回す仕草を示した. めまいがした.2人の姉妹が言うことを聞かなければ,2人の目の前で兄が想像を絶する拷問を受ける.これは.究極の調教方法だが,あまりにも酷い方法.

学校であったエロい話関連タグ

||||||||||||||||

2015年12月19日 | カテゴリー:妹と

友達の母親と俺の母親①【友達と】

高校時代、俺はまだ童貞だった。友達のYも同じく童貞。中学の時からの仲良しコンビだった。高校二年の時、前期の三者面談があり

俺の前にはTとTの母親がいた。Tの母親とうちの母は同い年らしく、家庭の事を雑談していた。Tの父親は大手の会社の技術者でタイに長期間の出張らしく、品のよさそうなお母さんは、主人がいないととても楽で・・・と笑いながら話していた。俺の母親もきれいな方だとは思うがTの母親は、より一層スタイルも良く背も高い。胸の形も良く30代後半と思えないほど均整のとれた体つきだった。

雑談後、Tの母親は「N君(俺の事)、うちのTと仲良くしてやってね」と最後に話かけて面談に向かった。

翌日「おい!T。お前の母ちゃん綺麗だな!良いよな。お前は。毎日あんな綺麗な母ちゃんと一緒で」と俺はからかった。Yが「うそ!まじかよ。そんなにきれいなんか?お前のかあちゃんは」と興奮気味に話に参加してくる。「おう!凄い綺麗でスタイルもいいよな?T」というとTは「そんなこと…考えても居ないよ。N君の母さんの方が綺麗じゃないか!」と言い返したので「お前。あんな綺麗な母ちゃん持って、ばち当たるぞ!」という応酬があって、俺たち三人は打ち解けた。よくよく話を聞くと当然Tも童貞で、放課後は三人そろって「ああ~女とやりてえな」とか「クラスでだれとやりたいか」とか話しながら帰るのが日課になった。

ある日、Tが「Y君N君、今日俺の家に遊びに来ない?母さんが仕事でいないんだ」と誘われた。暇をしていた俺がノーと言うはずもなく「よし、親爺の隠していたエロ本持っていくよ(笑)三人でせんずり大会でもやるか!」と大乗り気でTの家に行った。

Tの家はリビングが広く二階にTの寝室があり、俺たちはTの部屋で親爺のエロ本をネタにお互いのペニスを見ながらオナニーにふけっていた。一回すっきりした後、俺はのどが渇いたので「T、冷たい飲み物ない?」と聞くとキッチンの冷蔵庫の中の好きに飲んも良いというので下に行き、冷蔵庫からジュースを出して飲んでいた。ふとその時にドアの隣の洗濯機に気が付いた。ひょっとして・・・淡い期待を胸に洗濯機のふたを開けると、明らかに使用済みの服が入っていた。Tのトレーニングウェアや下着に紛れて、白い薄い生地の丸まったものを発見した。そっと広げるとクロッチ部分にうっすらと縦線のシミが入り、やや黄ばんだような色になっていた。俺は深呼吸をしてそのにおいを嗅いだ。甘酸っぱいそしてほんのりと淡いにおいが漂った。俺は、先ほど終わったばかりのペニスを引きずり出し、においを嗅ぎながら射精した。二階に行き、「Tのお母ちゃんの下着で俺やっちゃったよ」 と告白するとYが「え~、良いなお前。俺にもさせろ」と言ったが「もう俺の精子で汚しちゃったから臭いはしないよ。ハハハ」とごまかした。

Yは「おい、T。俺にも良い目させてくれ。お前の母ちゃんでさ」とでかい体で迫る。Tは「そんな無理だよ。俺は・・・。T君の母さんが

好みなんだしさ」と上ずった声で答えた。「おい!聞いたかよ。T,お前の母ちゃんでせんずりしたいんだってよ。ハハハ。やらせてやれよ」おれはうちの母ちゃんで良ければいつでもさせてやるよ」と強がりを言った。Tは「本当?」と目を輝かし、「本当なら、協力するよ。うちのお母ちゃんと交換しないか?」と思わぬ提案をしてきた。俺は強気で「ああ、俺の母ちゃんならお前の筆おろしさせてやるよ」

と答えた。Yは「おお!俺も仲間入りさせてくれ。で俺の母ちゃんじゃな・・・お前らにメリットがねえよな」しばらく考えて「よし。じゃあ俺はお前らの手伝いをするから俺もやらせてくれ。頼むよ。俺も童貞すててえよ!」と懇願する。Tと俺は強気になって「じゃあ、どう手伝うんだよ」というとYは「俺の兄ちゃんさ、半年前から鬱になってさ夜寝れねえらしくてさ、医者から睡眠薬を一杯貰って飲んでるんだ。それ飲んだらさ、朝まで絶対に起きないし、この前のうちの近所の火事でも起きなかったぜ。記憶もなくなるらしいし。その薬をくすねるからさ、それ飲ませちゃえばいつでもOKだぜ。どうだ役に立つだろう?俺も」俺とTは顔を見合わせ、思わずにっこり!「じゃあ、それで行こう!」と決定した。

まずはうちの母ちゃんをターゲットにして・・・うちのおやじは、月に一度関西方面に出張に行く。兄貴は鬱で薬飲んだら即寝てしまうから、問題外。という事で親爺の出張日を狙った。その日は、母親が町内会の寄り合いで10時頃お酒を飲んで帰ってきた。好都合だった。俺は風呂上りのジュースの中にYからもらった睡眠薬を入れて「なんだ、酒くせえよ。これでも飲んで匂い消してくれよ」とお袋に

渡した。お袋は仕事帰りに会合に顔を出したようでグレイのスーツを着ていた。勢いよく飲み干してからソファでテレビを見ていた。俺は一度部屋に入り30分位してそっと下に行きリビングの様子を見るとお袋は上を向いて鼾をかいていた。

おれはソファに行き「お袋!こんな所で寝たら風邪ひくぞ」と言いながら揺すったが起きる気配はない。この時点で俺はYとTに電話をして家に呼んだ。時間は十時過ぎ。三人で思いお袋の体を担ぎ、寝室へ運んだ。

ベッドの横たえると三人でじっくりとお袋を見直した。少しまくれあがったグレイのタイトスカートから覗く太もも。白いブラウスを盛り上げている胸。しばらく見とれているとYが「おい。早くやろうぜ」と声をかける。Tも慌てて「早くしよう」と言い出した。少し躊躇しながらも

俺は強気で「YとTで好きにしろよ」と促した。二人はその言葉を待っていたように行動に移す。

グレイのジャケットをそっと脱がす。お袋の胸が強調される。Yが早速ブラウスの上から胸をもんでいる。Tは太ももが好きらしくスカートをまくりながら太ももの感触を楽しんでいる。俺も見ながら心臓が口から出そうなくらいドキドキしてきた。いつも見慣れたお袋が全然別の女性に見える。初めて性を感じた。Yはブラウスのボタンをはずしにかかり、Tはスカートのホックを外し、スカートを抜き取った。お袋の体は、胸をはだけて白いレースのブラジャーと白いパンティを蛍光灯の下のさらけ出している。白いパンティの前からは


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2015年5月23日 | カテゴリー:友達と
1 / 512345

このページの先頭へ