学校であったエロい話 最新更新情報

ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

エロ話で…【友達と】

女友達二人と話をする事になった。最初は普通の話だったが、途中からエロ話になってった。そこで俺は

俺「ブラって着けてるの?」

女友達A「私は着けてるよ」

女友達B「私はまだ   ちょっと出掛けて来る」

俺「A~ブラ見せて(笑)」

女友達A「は?正気で言ってるの?」

俺「だって見てみたいから」と言ったら、なんと見せてくれることになった。服の中で外したのを出してくれた。

俺「こんなのを着けてるんだね(生温かい…)」

女友達A「そろそろ良い?寒いんだけど」

俺「良いよ。ありがとう」

女友達A「はいはぃ……… って何するの!?」俺は胸を揉んだ

俺「見せてくれたお礼に気持ちよくなってくれればな~って思って モミモミ…」

女友達A「んん…… 揉まないで…」

Aは胸を揉んでく内に息が荒くなってきた。

俺「どう?気持ちよくなってきた?」


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||

2018年1月12日 | カテゴリー:友達と

小3の女の子。【友達と】

今やってる習い事のバトントワリング。

これであった萌えた体験談。最初はダッフィーと一緒に練習後に遊んでたんだ。するとだんだんと女の子の方から近づいて来てくれた。僕は子供好きだしもちろん嬉しい。

僕を見かけると超絶に笑顔になり可愛い。そして今日の練習。

後ろから「キャー!」という子供特有の甲高い声。

何かと思って振り向くと、急に抱きついて来た。本人は何とも思ってないけど、かなりはずかしい。みんな見てるし。それからも手を繋いで来たり、しゃべったり、いろいろして帰宅の時間。ちょっと待っててねと言われ、出口で待つと、はいっと飴ちゃんをくれた。お母さん苦笑いだけど…。少し舌足らずなところとかも可愛い。

僕の名前はゆうき。

そのことを、「ゆうちくん?」って聞いて来たり。いつか萌え死にするわ。

ちなみに僕中3。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||||

2018年1月11日 | カテゴリー:友達と

いつもありがとう2【妹と】

お昼も食べ終わって部活がないので早めに兄さんと帰宅しました。

きょうは帰宅ラッシュでもないのにまた痴漢に会いました。

兄さんが気づいて私を後ろにして「やっぱりね!」といい次の駅でおりました。

私は驚きを隠せませんでした。痴漢してた人は同じ学校の生徒でした。

兄「なんでこんなことしてたん?」

痴漢「スミマセン!許して下さい」

兄「俺は聞いてるねん」

痴漢「私ちゃんのことが好きで・・でも話す勇気もなくて」

私「・・・」

兄「だから痴漢したん?」

痴漢「はい。本当にスミマセンでした。」

私「あのもうかかわらないで下さい。」

兄「いや、俺は許さんで!一回警察いこか」

痴漢「(つい出来心で!と言って泣いてました)」周り注目してて恥ずかしかったです。

そのまま兄さんは駅員さんに連れて行きました。家


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||

2018年1月10日 | カテゴリー:妹と

世話焼き(妹)【妹と】

俺「もう寝るわ」

姉「うん。音小さくしなくても大丈夫?」

俺「大丈夫」

姉「♪」~姉「・・・」

俺「zzz」

姉「で・ん・わ!!」

俺「はい!誰から?」

姉「みていいの?」

俺「だめ。もひもひ」

妹1「今からいっていい?」

俺「今から?電車・・あるか!バスないやろ?」

妹「だって今○○駅なんだもん・・」

俺「じゃあ迎えに行ってやるから少し待っといて!」

妹「うん」

姉「妹2?」


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||

2017年12月30日 | カテゴリー:妹と

妹のケツまくら【妹と】

うちの妹が俺の部屋に遊びに来るたび、いつも妹にケツまくらをしてもらってます。妹がベッドに股を開いてうつ伏せになり、そのケツをまくらにします。ものすごく柔らかく最高のまくらです。中3にもなるとかなり肉付きも良くなるんだなと思いまいした。あとは頭を小刻みに左右に揺らしたり、俺もうつ伏せになり顔を埋めたりしてよく遊びます。妹もその気のようで、ケツを上下に揺らしてきたり、わざとズボンを下げて、

妹「入っていいよん」

俺「何が?」

妹「おチンポでしょ?」

と、今風のセリフでふざけます。

妹はその間、DSや漫画を読んでいます。俺もゲームやDVDを見て過ごします。たまにオナラが出そうと焦らせて来たこともありました。

あの柔らかさは癖になり、やめられません。あそこもカチカチです。本当に最高のケツです。

学校であったエロい話関連タグ

||

2017年12月30日 | カテゴリー:妹と

塾の教室で【学校で】

これは僕の体験談じゃなく僕の友達の話です。

ある日塾で竹之内という女の子が課題を終わり帰りの用意をして帰って行きました。

塾の先生と話をしていたのでまだ塾にいたようです。

僕の隣に座っていた友達がその女の子がプリントを忘れていった事に気づきその女の子に渡すとその女の子が、

「ありがとー♡優しいなぁ♪」

と、大阪弁で一言♡ヽ(=´▽`=)ノ

もう、非リアの僕にとってはもう、 萌え萌えニャンですよ(笑)

大阪弁の中学生♡しかもModelクラス♪アニメっぽでしたよw

そんなチャンスほしかったなぁ(´Д⊂ヽ


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||||||||||||

2017年12月23日 | カテゴリー:学校で

女の子って難しい【高校生】

俺大4、姉22才の社会人、妹今年から大1+2人姉「あーん!疲れたー!」

俺「お疲れさん!

姉「こっちきて!×2」

俺「はいはい!」

姉「ギュー」

俺「・・・姉さん?」

姉「なーにー♪?」

俺「なんでさー?いっつも抱きつくの?」

姉「んー・・疲れたからかなー?」

俺「疲れたなら寝ればいいんじゃないの?」

姉「えー!!?いや?」

俺「嫌じゃないけど・・」

姉「俺はずっと私のヒーローだもんね♪なんかこうしてたら落ち着くんだー」

俺「まぁ、今更やしええけど。」姉さんは清楚で綺麗で昔からモテてたからいろいろと事があってボディーガードしてました。

彼氏はすぐできても何故かいつも俺頼りで長続きしません。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||

2017年12月23日 | カテゴリー:高校生

女教師の自宅で尻を叩かれた【学校で】

5年生の時、担任だった美人教師に家まで連れていかれたことがある

というのも全く宿題をやらず、1学期の間ほとんど出さなかったので

夏休みの間に少しでも終わらせておくよう言われていたのだが

僕は1学期に溜めこんだ宿題はおろか、夏休みの宿題にさえ全く手を付けなかった「今日から先生の家でやりましょう」その年は始業式の翌日から連休があり

罰として勉強漬けにすると親にも連絡され、仕方なく宿題をするため先生の家へ

ただ泊まりがけというわけにはいかなかったようで

夜7時までという約束で勉強することになった

学校と違いエプロン姿の美人先生を見られるという特権はあったが

ひたすら宿題をさせられるというのは地獄だった

しかも1学期の宿題がまるまる残っているのだから簡単に終わるはずもない

僕が時計を気にしながら7時になるのを待っていると

先生が急に「6時半になったら、お尻をペンペンしますからね」と言いだした

学校で宿題忘れの罰として先生が尻をたたくことはよくあったが

いつもは教室にある大きな定規を使っていたので、ここでそんな罰を受けるとは思っていなかった

6時半まで真面目に宿題に取り掛かってみたが


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||

2017年12月22日 | カテゴリー:学校で

放課後【学校で】

僕が通ってた小学校は6時間目がプールだと着替えたら自由に帰って

いいよというルールがある 僕は小4の7月ごろ6時間目にプールがあ

った着替えようと思った時あることに気が付いた僕のパンツが無くてか

わりに花柄のパンツが一枚置いてあった それは女子更衣室でもこん

どは 亜加梨という子のパンツが無くなりかわりに僕のパンツが置いて

あった 数分後異変に気が付いた亜加梨が飛び込んできた手には僕

のパンツが怒りで作られたような手で握らていた「このパンツはおまえ

のか」一瞬亜加梨が男に見えた僕はビビッて「は…はい」と言葉を詰ま

らしたすると亜加梨の怒りは消えさりやがて涙へと変わった亜加梨は

電池の切れたロボットのように崩れた亜加梨は完全に魂の抜けきった

声で「ごめん 何の罪もないのに…」時計を見るともう5時近かった急

がないといけないのに蝉の抜け殻みたいになった亜加梨をこのまま

放置してはいけないとという衝動に襲われた俺は迷わず亜加梨の服と

かを女子更衣室から持ち出したそれからは体の制御ができず迷わず

亜加梨の水着に手をかけた最初は小さい声で抵抗していたが数分後


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||||||

2017年12月22日 | カテゴリー:学校で

シャワー【妹と】

兄としてやっちまいました(懺悔)。

自分には8歳の妹がいるんですが、こいつがけっこう俺になついてて、

この年齢でもけっこう一緒に風呂とかに入ろうとするんですよ。

で、この前も一緒に風呂に入ってたんです。さすがに石鹸つけて妹の体を洗ってやるのはあまりにも

露骨なんでそんなことはしないんですが、シャワーで泡を落としてやるくらいはしてるんですね。

その時も、いつものように風呂場に座って体洗ってた妹に後ろからシャワーをかけてやってたんです。

ですが、ふいにいたずら心っていうか、いつもは兄という立場上押さえていたいやらしい気持ちが

ムクムクと沸いてしまいまして・・・。

俺は少しシャワーの勢いを弱めて湯温もぬるめにしましました。妹は「?」みたいな感じでしたが

なるべく自然に「大事なとこもちゃんときれいに泡落としとかなきゃ駄目だぞ」と言って、

妹の股を開かせて恥毛が生えかかってるアソコにシャワーの水流を当ててみたんですよ。

水流が当たった瞬間、気のせいか妹の体が「ビクッ」と震えたような気がしましたが俺はかまわずに

その部分にシャワーを当て続けました。

もうとっくに泡なんて流れてるのにやめようとしない俺も俺なんですけど、不思議と妹もそのことを何も言わないんです。

で、妹を見るとうつむいた感じになって耳が真っ赤になってるんです。顔を近づけてみると、押し殺したみたいな感じ


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||

2016年7月15日 | カテゴリー:妹と
1 / 1412345...10...最後 »

このページの先頭へ