学校であったエロい話 最新更新情報

ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

人妻OLの私と課長の息子【初体験】

 私は25歳の人妻のOLです。2年前にとある企業に就職し、秘書課に配属されました。秘書課といっても名ばかりで、美人OLに取引先の接待がさせてご機嫌取りをするのが主な仕事でした。自分で言うのもなんですが、それなりの美貌とスタイルを持っていたので、それゆえの配属でした。社内はもちろん、取引先の相手に交際や誘いはあり、その中で選んだは、20歳年上の人事部の部長でした。大人の男といった感じの紳士でしたが付き合って一ヶ月もしないで破局。部長には内縁の奥さんがいたのと、紳士なのは表の顔だけ、自分に都合にいい女である事を求められたので別れました。次に同期の男性と付き合いました。ハンサムで仕事ができる自信家でした。ただし、セックスは下手。私に命令するだけのただの冷凍マグロなのです。まあ、私は奉仕するセックスは嫌いではありませんし、何より彼は自分に都合のいい女である事は求めませんでした。私が結婚を申し込んだとき、自分は女癖はあまりよくないので浮気するから、それでもいいのなら、結婚してもいいといわれました。私はそれなら自分も浮気をして子供を産むというと、彼はいいともと何と承諾。付き合ってすぐに結婚しました。しかし、結婚後、すぐさま、夫は海外転勤。仕事もあるので私は日本に残りました。

 夫が転勤した後、部長が誘いがありましたが、相変わらず自分に都合にいい女である事を求められたので、相手にしませんでした。そんな私に対し、部長は紳士的な態度はもはやなく、狂犬の様に罵詈雑言の浴びせられ、図太い神経の私も酷く傷つき落ち込みました。夫を追って外国にいこうかと真剣に考えていたとき、私は一人の男の子と会社で出会いました。

 名前は悠君といい、秘書課の課長の子供で中学生になったばかりのとても綺麗な美少年です。私は悠君を一目見て、気に入り、憂鬱な心が癒されました。名ばかりの秘書課なので課長も営業部、それも夫のいる支社の運営の手伝いをしており、悠君は外部の支援会社との必要な書類の運搬係、まあ早い話、経費節減をするためのお手伝いとして来ておりました。

 手伝いとはいえ会社内でうろつかれると困るので、待機中は秘書課の隣にある防音室にいるようにいわれていました。私は悠君を一目見て好きになりました。そして、お近づきになるために急いでその日の仕事を終わらせ、一人でいるので相手をしようという名目で悠君の所に行きました。

 悠君は私が来るとおっかなびっくりな表情で少し顔を赤らめていました。そんな悠君を見て私は可愛いと思い、優しいOLのお姉さん的に話しをしました。悠君と色々な話しをしました。お母さんは小さい頃に亡くなっており、中学に上がってからは一人暮らし状態と聞いたので、私は悠君に「しばらくの間、私の家でご飯を食べなさい」と誘い出しました。さすがに今日からとはいかず、課長の許可を貰い、次の日からとなりました。

 私はやったと思い、家に戻ると下の毛をすべて剃り落とし、ツルツルに仕上げ、ローションやら勝負用の紐パンやらストッキングなどの買いそろえて準備万端して寝床に入りました。そして、その夜に私は悠君と愛し合う恋人同士になった夢を見てしまい、寝ながらオナニーに耽ってました。

 次の日、私は戦闘準備よろしくに化粧をして会社に行き、急いで仕事を片付けて、悠君の元に向いました。昨日から悠君とセックスすることでいっぱいでしたが、頭を冷静にして、防音室のドアを開けるととんでもない光景がありました。何と悠君はズボンとパンツを脱いで、下半身丸出しにしており、悠君のペニスは反り返っていたのです。悠君は私を見てキョトンとしていましたが、私は悠君のペニスに釘付けです。悠君のペニスは女の子のような綺麗な顔に似合わず、太く長く大きかったのです。夫や部長など問題外です。これ欲しいと思いつつも、私は何をしているのかと悠君に訊ねると、実は昨日からペニスの様子がおかしいので調べていたというのです。よく見ると保健体育の専門書が机の上に乗っていました。

 悠君の話によると昨日、私と話をしているときから、ペニスが途端に大きくなったので体に異変があるのではないかと思い、図書館で保健体育の本を借りてきて、調べていたのだというのであります。私はえっと思いました。私はそれを聞いてすぐに悠君に性の知識がないという事と、悠君が私に欲情していた事実を知り、この絶好の状況に迷わず行動に移りました。

「ねえ、悠君。私がこれが何なのか今夜、教えてあげるわ」

「うん、加奈子さん(私の名前)教えて」

「でも、とりあえず、大きくなったこれを小さくしなくちゃね。ちょっと待ってて」

 私は急いでロッカーから野外セックスを想定したグッズを入れたポーチを持って防音室に戻り、しっかりと鍵を掛けました。悠君はじっと私が来るのを待っていてくれてました。もちろん、ペニスは反り返ったままです。

「じゃあ、これを小さくする準備するわね」

 私はそういうと来ている服を脱ぎ始めました。

「え、加奈子さん、ちょっと待って」


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||||||||||

2017年12月24日 | カテゴリー:初体験

従姉と暮らした日々を淡々と語る【妹と】

<>1:名も無き被検体774号+:2011/10/21(金)22:40:00.10ID:TSFSWWVI0<>

初スレ立てだから拙い部分もあるけど許してな#160;

最近の自分語りスレのように#160;

虐待やら貧乏生活やら過酷な人生ではないし、山もないオチもないだらだらとした話になるから、暇つぶしに読んでくれ。#160;



<>2:いちじ◆.RK0SmlnEImq:2011/10/21(金)22:43:47.25ID:TSFSWWVI0<>

スペック#160;

都合上、仮のフルネームつけとく#160;



俺山下一次現在17才高2#160;

従姉山下みよ現在28歳事務員#160;



幼心がついた時から、俺は従姉と二人で暮らしてた#160;

とりあえず、俺の記憶を辿って書いていく#160;




エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||||||||||||||

2016年8月13日 | カテゴリー:妹と

恥ずかしいこと【妹と】

<第1話クーラーのきいた部屋で>



俺には、19歳の妹がいます。名前は麻美といいます。去年女子校を卒業して、今はOLをやっています。

外見は、そこそこカワイイんですが、女らしさが足りないのがたまにキズ。

性格はサバサバしていて、そのせいで、女子校ではバレンタインでチョコをもらったりもしてたようです。



あれは、麻美の最後の夏休み。終業式を終えて帰ってきた麻美は、

家に二台しかないクーラーを求めて、俺の部屋に入ってきました。

「兄貴!入るよ!」

もう一台のクーラーは両親の部屋にしかないので、麻美は俺の部屋に来ることが多かったんですよ。

俺の部屋に入るなり、ベッドに腰掛け、クーラーの冷気を少しでも多く取り込もうと、

両手でスカートの裾を持ち、バッサバッサと扇ぎだす始末。

俺は、ちょうど大学のレポートを、クーラーの風に直接当たれる床に座ってやっていたので

視界の端に麻美の行為が写ります。

「今レポートやってんだから、おとなしくしてろよ」


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2016年7月26日 | カテゴリー:妹と

妹「お兄ちゃん気持ち悪い……」【妹と】

<>1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/03/23(月)12:05:36.13ID:GcjL0MolP<>



妹「あんなにデレデレしちゃって……気持ち悪い」



兄「ごめんなさい」



妹「それに誰よ? あの女」



兄「ただのクラスメイトです……」



妹「ホントに? あの女といるとき……すっごく楽しそうな顔してた」



兄「気のせいです……」



妹「今度、私以外であんな顔したら絶対許さないから!」


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|

2016年7月22日 | カテゴリー:妹と

妹にセックスを強要してヤったら妊娠してしまった【妹と】

<>457:えっちな18禁さん:2011/12/07(水)14:35:32.50ID:Ir9OLkggO<>



俺はガチで妹妊娠させて家族会議になった

幼稚園ぐらいの時に両親が離婚した

詳しくは知らないが離婚の原因は親父が女作ったかららしい

俺と姉、妹は母ちゃんと暮らす事にした

母ちゃんはスナックで働くと言っていた

不思議な事に金に不自由した事は一度もなかった

今思うとスナックではなく母ちゃんはたぶん風俗店で働いていたんだと思う

基本的に昼〜深夜までは母ちゃんはいなかった









<>458:えっちな18禁さん:2011/12/07(水)14:43:25.70ID:Ir9OLkggO<>


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||

2016年7月18日 | カテゴリー:妹と

妹にいたずら【妹と】

<>1名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2006/05/29(月)16:21:49.46ID:ON6OPlcq0<>

最近調子乗ってる気がする。

良くおちょくられるので悪戯

5



スペック

俺18高校3年 175cm 体重65kg 顔 並くらいだと思う。

妹16高校一年 148cm 体重40kg?くらい 顔 身内が言うのもなんだがかわいい。





<>4名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2006/05/29(月)16:24:13.89ID:YgRyPJfA0<>

うpもなしにスレ立てとな?!





<>5名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2006/05/29(月)16:24:46.57ID:EavW7iAl0<>


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2016年7月13日 | カテゴリー:妹と

中出しで妹が妊娠したったwwwワロタwwwwwww【妹と】

<>1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/07(水)19:50:02.28ID:qIQomL8YO[1/6回<>発言]

   . …….:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

       Λ_Λ….:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

      /:彡ミ゛ヽ;)ー、 …::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::妹まだ中学生だぞ死ねよDQN彼氏・・・

     /:::/::ヽ、ヽ、::i..:::.::::.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

    /:::/;;: ヽ ヽ::l .:.:..::::::::::::::::::::::::::::::::::

 ̄ ̄ ̄(_,ノ ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ ̄ ̄ ̄ ̄







<>2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/07(水)19:50:26.10ID:pAsdZq+Q0[1/1回<>発言]

m9



<>3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/07(水)19:50:40.18ID:jFSrVLPQ0[1/3回<>発言]

うp


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||

2016年6月17日 | カテゴリー:妹と

かわいい義妹【妹と】

かわいい義妹投稿者:不謹慎投稿日:1月23日(日) 17時58分50秒

訳あって去年から嫁の実家のマンションにマスオさんしてます。

先日両親が旅行に出かけ妻も職場の新年会で遅くなるというので義理の妹真由美と2人きりになりました。

真由美は24歳のOLですが、小倉弘子アナに似た感じで背は高くないがスタイルは最高に良く姉妹でこんなにも違うのかといつも思っていた。

その日は先に真由美が風呂に入りさっさと寝室に行ってしまいその後俺が風呂に行くと脱衣場に真由美の下着があった。

黄色い下着でアソコのところを嗅ぐと微かに真由美の匂いがした。とりあえず自分の下着と一緒に洗濯機にいれ風呂から上がり部屋に行く時真由美の部屋から声が聞こえ覗くと真由美が全裸でオナニーをしていた。

さっきの下着のことがあったから俺のチンポは一発で固くなりビンビンになりしばらく覗いているとバイブを出し入れしながら腰を浮かし「スゴイいい〜!!もっともっと深く突いて」と声を殺しながら言っている。

俺はたまらずに扱き始めもっと近くで見たいという願望に襲われたがさすがにマズイかなとか考えていると「あ〜・・いく・・」そう言って真由美は果ててしまってバイブだけがベッドの上で動いていた。

俺はその場を離れようとした時に「おにいさん、来て・・」俺は焦ったよ。

思わず「えっ?!」て声が出ちゃった。俺はバツが悪かったが仕方ないと思いながら覚悟を決めて入ると「ずっと見てくれてた?」と聞かれたので「いや・・その〜・・だいたいは・・ゴメン」そう言うと真由美はコッチに来てと言うので真由美のそばに行くと真由美は「私のこんな姿を見せたのだからお兄さんも見せてくれないと」といわれ俺はまだ半立ち状態のチンポをタオルを外して見せると「大きい・・」そう言ってシゴキだしすぐに完全勃起になると「お姉ちゃんににはナイショ」そう言って口に含み舌で感触を確かめながら次第に本気でフェラを始めた。俺はこうなったら開き直るかと思い「真由美、俺も真由美を触ってもいいか?」と聞くとフェラをしたまま頷くので俺は真由美のオッパイを触ると妻とは違い張りのある感触。乳首もたっているので指先で乳首をこすると真由美は少し声を出しながらフェラを続け

「いつも一人でしてるのか?」と聞くと「お兄ちゃんたちの声が聞こえるから・・」「そうか、ゴメンな。じゃあ今夜は真由美をたっぷりかわいがってあげるよ」そう言って真由美を寝かせ両足を高く持ち上げマンコが良く見えるようにして「綺麗なマンコだよ。舐めるよ」俺はそう言って真由美のマンコに口をつけるとさっきのオナニーで既に愛液の味が・・。「真由美のマンコの味、とても美味しいよ。もっと出していいからね」そう言って再びマンコを舐め始め舌を硬くしてビラビラをかき分け奥に入れると「あ〜ん。気持ちいい。お兄ちゃん、もっともっと舐めて〜」真由美はそういいながら首を左右に振りながら悶える。今度はオッパイも吸いたいと思いマンコは指攻めにして乳首を舐めたりしていると「噛んで〜噛んで〜、乳首を噛んで〜」真由美が叫び始め俺は乳首をかるく噛むと「あ〜すごい・・しびれる〜」

どうやら乳首もそうとう感度がいいみたいで強く噛めば噛むほど感じる真由美。俺は入れたくなり真由美に「入れてもいいか」というと「早く入れて〜動いて〜」俺は真由美のマンコに挿入するとマックスで腰を動かし始めた。

「うああああ、壊れちゃう〜」そう叫びながら真由美は俺の背中にしがみつきながらマンコを締め付けてくる。「う〜、真由美のマンコは凄く気持ちがいいよ〜。凄く締まるよ」俺はそういいながら真由美を突き続けバックで突いたり駅弁で突いたり様々な体位で突きその間真由美は2〜3回イッタかな?

最後は「真由美イキそうだよ」というと好きなところに出してというので真由美の口に出そうとしたがタイミングが合わずに顔にかけてしまったが真由美はそれを舐めながら精子だらけの顔で「お兄ちゃんのセックスってすごいね」そういいながら俺のチンポを口で掃除しながらこれからも真由美を相手にして欲しいといわれ俺は勿論ばれないようにネといった。

後で知ったが脱衣所の下着はほんとに忘れただけだったみたいです。

学校であったエロい話関連タグ

||||||||||||||

2016年6月12日 | カテゴリー:妹と

妹にプチサポ2【妹と】

前編





<>121名前:248改めプチサポ兄2007/03/10(土)11:05:08ID:Re2rSw4+0<>

おはよう。











まるで世界が違って見えるwwwwwwwww



<>135名前:248改めプチサポ兄2007/03/10(土)14:43:47ID:Re2rSw4+0<>

ごめん




エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||||||||||||

2016年6月12日 | カテゴリー:妹と

妹と結婚しようと決意して、一緒に婚姻届出しに行ったら大事になった【妹と】

<>1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/10/07(日)17:18:45.99ID:J+yvSjIe0<>

釣りではないのであしからず

金曜日に妹と結婚しようって市役所に婚姻届出しに行ったら生活指導員が来て

兄妹で結婚は出来ないって事と事態の異常さを説明された挙げ句に

両親呼ばれて生活指導員含めて家族会議になった



結婚出来ないなら戸籍から外してって言ったんだけど

そういう問題ではないって言われてその日は終わったけど

火曜日に生活指導員が家に来て話し合いだってさ

どうしたらいいかわかんね







<>3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/10/07(日)17:20:01.39ID:+wGb1NW+0<>

なかなかの釣り針だな


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||

2016年6月1日 | カテゴリー:妹と
1 / 2312345...1020...最後 »

このページの先頭へ