学校であったエロい話 最新更新情報

ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

人妻Mの告白5 ~小学6年の同窓会~【初体験】

相変わらず長いです…そして文章も下手です。

読んでくれているひといるのかな?興味のある人だけよんでください。結婚して16年目、2人の子供に恵まれ平凡ながら幸せな日々。

主人とのセックスは2人目が生まれてからは減っていきました。

主人は求めてくるのですが、私が子育てで忙しかったのもあり拒むことが多く、そのうちに

主人もほとんど求めてこなくなりました。

私としても、まったく性欲がないわけでもありません。そんな時はオナニーで済ましてしまいます。

その方が楽だったのです。そんな中、同窓会のお知らせが来ました。小学6年生の時の同窓会です。

ただ、年齢的に体系も崩れ、すこし太ってしまった私は抵抗あり恥ずかし

いと思いましたが…

連絡をしてきた幹事のY君が「俺だって髪は薄くなったし太ったし、男どもは

ハゲにデブばっかりだよ(笑)」

今でも連絡を取っている女友達も「出席しなよ。私も太って別人(笑)」

そう言ってもらううちに子供も大きくなり手が離れたこともあり、久々に

旧友に会いたくなりました。そのことを主人に言うと「Mは気にするほどじゃないと思うよ。俺から

見たらまだまだイケてると思うけど。逆に行かせるのは心配だな」と…


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||

2017年12月30日 | カテゴリー:初体験

夢の中で妹の処女を奪って犯して・・・それが現実になってしまった【妹と】

「兄ちゃん!もっと入れてぇ!ああーん!痛いよぉ・・・でもお兄ちゃんのこと大好きぃ」

「マサミ、兄ちゃんもだぞ」

「兄ちゃんのオチンチンがマサミの中にいっぱいはいってるぅ!たくさん入れてぇ!」

俺はマサミのマンコにチンコを出し入れしまくった。

おれが処女を奪った妹。チンコで処女膜を突き破って、マサミの中に突っ込んだ。

そして、チンコを突き入れてた。

「あ!あ!痛いよぉ!痛いよぉ!兄ちゃん!兄ちゃん!でも、もっとしてえ!」

俺は妹の上で、腰を振りまくってた。

妹の処女マンコは血だらけだった。

やっと俺のものになった!!

「マサミぃ!中に出すぞ!いいな!」

「う・・うん!うん!いっぱい出してぇ!兄ちゃん!兄ちゃん!」

最後の一突きをして、マサミの膣奥に精液をたっぷり注入してやった。

「兄ちゃんのザーメン!出てるぅ!出てるぅ!たくさんマサミに出してぇ~」

満足感で満たされた。と、バスン!!いきなり俺の顔面が何かで強烈に叩かれた。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||||||||||||||||||

2017年12月30日 | カテゴリー:妹と

なおぼんとヤノさん【初体験】

あたしが十歳ころのことでした。

小学校の生徒数が多くなりすぎて、分割化が盛んに行われたころのことです。

今からでは考えられないでしょうが、一学年が十クラス以上なんてザラでしたよ。

あたしの家のすぐそばの田んぼがつぶされて、学校につくりかえられました。

それまで、三、四キロメートルも遠い小学校に通っていましたので、とても嬉しく、あたしも友達も出来上がるのが待ち遠しかったんです。

実は、五、六年生だけは、新しい小学校ができても、元の小学校に卒業式まで通って中学に上がることになっていました。

(現六年生は竣工に間に合わなく卒業を迎え、新六年生となる当時の五年生だけがそのまま元の小学校に通うのよ)

あたし、四年生だったんでギリギリセーフだったの。あたし、楽しみなもんだから、学校ができる工事現場に足しげく通って、その様子を眺めていたわ。

ダンプカーがひっきりなしに土砂を運んできて、田んぼがみるみる埋まっていって、鉄筋の杭打ちが始まるの。工事現場の休憩時間に、おじさんたちと仲良くなって、遊んでもらったりしたよ。

ずいぶん遠くから来たダンプの運転手さんがいて、とても優しかった。

たしか、みんなから、ヤノさんと呼ばれてた。ある日の夕方、ヤノさんが一人で、緑のダンプカーを洗車していた。

ガーっとダンプの後ろを上げると、水がざばーっと勢いよく流れ落ちてきた。

あたしは飽きずに眺めていたよ。

「なおちゃん。一人か」

ヤノさんには、「なおちゃん」と呼ばれる仲だった。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||

2017年12月30日 | カテゴリー:初体験

世話焼き(妹)【妹と】

俺「もう寝るわ」

姉「うん。音小さくしなくても大丈夫?」

俺「大丈夫」

姉「♪」~姉「・・・」

俺「zzz」

姉「で・ん・わ!!」

俺「はい!誰から?」

姉「みていいの?」

俺「だめ。もひもひ」

妹1「今からいっていい?」

俺「今から?電車・・あるか!バスないやろ?」

妹「だって今○○駅なんだもん・・」

俺「じゃあ迎えに行ってやるから少し待っといて!」

妹「うん」

姉「妹2?」


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||

2017年12月30日 | カテゴリー:妹と

私の初めてがお兄ちゃんでよかった♪【初体験】

私の好きな○お兄ちゃんにいつも勉強見てもらったり遊んでもらってました。でもわたしも大学生になったのでその関係が少しずつくずれていくようになりました。

私はある火曜日にお兄ちゃんに連絡して家に遊びに行くことにしました。(お兄ちゃんと言っても2つ上のご近所の昔からお世話になってる人のことです。)兄「はれて大学生やな」

私「お兄ちゃんの大学と一緒なんだよー。」

兄「そうやな。学校であったらよろしくな。」

私「?学校だけ?」

兄「だってお前もそろそろ彼氏とか作るだろ?そんなに可愛いいんだから。まず高校のときに付き合ってないこと事態がおかしいぞ。」

私「(しょうがないでしょ?お兄ちゃんのことが好きになってたんだから)お兄ちゃんも大学はいってから付き合ってないやん?」

兄「俺?俺は今を楽しみたい人やから遊んでバイトして寝てみたいな?まぁ、好きな人できたら付き合うかもしれんけど」

私「年上じゃないとダメなんだよね?年下じゃダメ?」

兄「年上のほうが好きってだけで、年下でも問題ない子ならOKやで!タメわなんか無理やけど(笑)」

私「どんな子ならいいの?」

兄「どうした?そんなこと聞いて、お前は昔からほんと変わらんな!」

私「なにが?」

兄「少し天然なとことか、どんどん大人ぽくなって・・」

私「へ?」


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||||||||

2017年12月30日 | カテゴリー:初体験

お母さんのいない内に【妹と】

俺には6つ下の小4の妹がいて俺と妹は仲良くいつも一緒に遊んだりお風呂に入っていた

ある日お母さんが買い物に行き俺と妹が留守番することになった

妹と最初にゲームをして遊んだりしていたが妹が弱く負けて機嫌が悪くなった

妹が「他のことしようよ」

俺は「なにしたい?」

と聞くと「何でも」

俺は考えて冗談で「じゃさぁ~俺のここしゃぶってくれない?」

「どんな味なの?」

「さぁしゃぶったらわかるかな」

「じゃあやってみる」

「エッマジで」

俺は「本当にいいのか?」

念には念を入れて確認した「いいよ」妹の返事は了解だった

俺は早速ズボンとパンツを脱いだ

「いつもお兄ちゃんのアソコ大きいね」


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||

2017年12月30日 | カテゴリー:妹と

妹のケツまくら【妹と】

うちの妹が俺の部屋に遊びに来るたび、いつも妹にケツまくらをしてもらってます。妹がベッドに股を開いてうつ伏せになり、そのケツをまくらにします。ものすごく柔らかく最高のまくらです。中3にもなるとかなり肉付きも良くなるんだなと思いまいした。あとは頭を小刻みに左右に揺らしたり、俺もうつ伏せになり顔を埋めたりしてよく遊びます。妹もその気のようで、ケツを上下に揺らしてきたり、わざとズボンを下げて、

妹「入っていいよん」

俺「何が?」

妹「おチンポでしょ?」

と、今風のセリフでふざけます。

妹はその間、DSや漫画を読んでいます。俺もゲームやDVDを見て過ごします。たまにオナラが出そうと焦らせて来たこともありました。

あの柔らかさは癖になり、やめられません。あそこもカチカチです。本当に最高のケツです。

学校であったエロい話関連タグ

||

2017年12月30日 | カテゴリー:妹と

彼女の家に遊びに行くと留守で彼女の妹を成り行きで【妹と】

俺は大3です

俺には付き合って5年になる彼女がいて久しぶりに彼女の家に遊びに行きました

呼び鈴を鳴らし中から出てきたのは彼女の妹のマーちゃんだった

「やぁお姉さんは?」

「あぁリョウ兄さん久しぶり3年ぶりかな?」

「そうだね」

「今お姉ちゃんは出かけてるよ 私は今一人だけ」

「今帰ってきたの 制服だけど」

「前に帰ってたけど くつろいでいただけ」

「そうか じゃあまた出直してくるな」

「良いよ 入って暇だったからなんか話そうよ」

「うん わかった」

俺は家の中に入れてもらった

「私着替えてくるから 待ってて」

マーちゃんは2階に走って行った


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||||

2017年12月29日 | カテゴリー:妹と

真夏の夜の女性[9]【お姉ちゃんと】

 マサルはすべてを飲み干すとグラスを持って立ち上がり台所へと歩いて行く。

「あれ、マサル、少し背伸びた?」、私は自然を装うためではなく、本当にそう思い言った。

「伸びてないよ。もう、そうやって期待させてさ」

「うそ、伸びたよ。ほら、夏の前の身体測定どうだったのよ?」

「えー、聞いちゃうんだー。うーん、まあ、143だけど……。でもそれ春だからもう少しはあ

ると思うけど……」、マサルはそう言うと照れ臭そうに前髪をいじる。それじゃあ今は145セ

ンチくらいってところか。それでも結構な進歩だ。

「クラスでまだ一番チビなの?」

「おい、チビとか言うなよ。まあ、まだね」、そう言うとマサルは扉の方へ歩いて行く。

「まだね」か。私は訳もなくそれに共感していた。

「ほら、早く寝ちゃいなさいよ」、私は言った。

「はいほー」、マサルはタオルを拾い上げるとそれを来たときと同じように肩に掛け、

部屋をあとにした。

 ミサキがお風呂から上がり居間に入ってきたのはそれから五分もたたないうちのこと

だった。ミサキは居間を一周確認するように眺め、マサルがもういないことを知るとさ


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||||||||||||||||

2017年12月28日 | カテゴリー:お姉ちゃんと

義理の兄との秘密8【お姉ちゃんと】

私の中に出してしまった兄は、ごめん興奮してつい、といい少し後悔した様子だったので、私は嬉しかったよ、お兄ちゃんのがドクンドクンと、私の中に入ってきて、すごく愛されてる感じで、といいながらも、本当はできちゃったらどうしようとも思ったけど、私、お兄ちゃんの赤ちゃん欲しい、一人で育てるから、心配しないで、というと、そんなことさせられないよ、駆け落ちしよう、といってくれたので、さらに嬉しくなりました。

結局一週間後には、生理になってしまい、また兄との秘密の時が続いて行くことになりました。続く

学校であったエロい話関連タグ

||

2017年12月28日 | カテゴリー:お姉ちゃんと
3 / 1,17712345...102030...最後 »

このページの先頭へ