学校であったエロい話 最新更新情報

ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

友達の胸が丸見えに【学校で】

僕はとある大学に通う学生です。

僕の通っている大学はそんなに大きい大学ではないのですが、田舎の医療系の大学です。僕の通う大学の校舎のすぐ裏に、同じ部活の仲のよい女の子が住んでいます。彼女の家は学校から裏の小さな道へぬける出口の目の前みあります。彼女の家には何回か行ったことがあるのですが、家は2階で、学校の裏の路地にむかって大きな窓があり、その窓の前に洗面所があります。その洗面所の隣にお風呂場、そして扉をはさんでむこうに10畳くらいの部屋があります。

女の子はかなちゃんという名前で身長は162センチ、やや細身の女の子で、髪は黒髪の明るい女の子です。顔はかわいいのですが、高校は女子高らしく、大学1年の時は今までは付き合ったことはないといっていました。

大学2年の夏休み、友達とかなちゃんの家の前を歩いていると、友達が「かなちゃんの家の窓のとこに下着ほしてあるの見えるぞ」と言いました。それを聞いてかなちゃん家の窓に目を向けると、いつもは閉まっているカーテンが開いていて、かなちゃんのものと思われる白いブラが2つ干してあるのが見えました。友達とちょっとテンションが上がって「今度から学校帰りチェックだな」と言っていました。

その日からかなちゃんの家の窓には毎日注目していました。

けっこうカーテンが開いている日もあり、下着を見ることができました。下着は白が圧倒的に多く、ときたまピンクの下着も干してありました。

そして、2ヶ月くらいたった日でしょうか…学校が遅くなって帰るのが夜11時くらいになった日がありました。僕はいつも通りかなちゃんの家の前を通って家に帰ろうとしました。するとかなちゃんの家の窓には電気がついています。カーテンはあけっぱなし。珍しいなと思ってみていると、かなちゃんが窓の方へやってくるのが見えます。

そして次の瞬間、予想だにしないことが起こりました。

かなちゃんは洗面所の鏡があると思われる方をむいて何やらやっていましたが、次の瞬間白いTシャツを脱ぎだしました。僕はびっくりして何が起こっているのかわかりませんでしたが、目の前には上半身白いブラだけのかなちゃんがいます。

思わず周りを見回しましたが、誰もいないみたいです。僕はさらに凝視し続けました。

かなちゃんの胸は思っていたよりもかなり大きいみたいです。普段はだぼっとしたTシャツなどをきていることが多いので、胸はないと思っていました。意外とというよりかなりのふくらみに息を呑みました。

かなちゃんは背中に手をまわします。

僕はつばをのみながら固まっていました。

横から見てブラがはずれたのがわかります。

そしてついにかなちゃんの胸があらわになりました。
エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||

2013年3月21日 | カテゴリー:学校で

2:どうみてもMです。本当に(ry 【友達と】

前編:どうみてもMです。本当にありがとうございました。





おなかに白いモノが勢い良く吹きかかった。

ハアハアという2つのリズムが、交わることなく響く。

あたしの下半身は、まだ痙攣・・・ビクビク



冷静に考えると、服を着たままえっちしてるや・・・。

キャミがめくれて、スカートが上にずれて・・・ずれて露出した、へその下の辺りに飛び散ってるのが・・・・

『なるちゃん?だいじょぶ?』ともさんの顔が目の前にいきなり現れた。

急に我に帰って、逃げるように急いでベッドの枕元へ・・・ティッシュをゲット。

『ああ、俺ふいてあげるから』

「いえ、いいんです!いいんです!」

『なるちゃん』

「はい?」
エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||

2013年3月21日 | カテゴリー:友達と

神待ちゲットなう【大学生】

神待ちってあれは家出少女というか

家に帰らずに、遊びたいだけの女だな

この前の話だけど、

夏休み中といっている女子大学生をネットで見つけた

投稿内容は、『神待ち!!』

とってシンプルでゾクゾクきた俺は

写メも乗せていないそのこに早速メールしてみた

そしたらさ、

どこに住んでる、年齢、明日の何時まで家にいてのかとか

もうかなり質問攻め・・・

まあ、ひとつひとつ答えたけどさw

その後に写メまで要求してくる始末・・・最近の学生は肉食化してるぜ

そして写メ交換してびっくりしたのが、

出会い系にこんなかわいい奴がいるのかってくらいの写メがきた。

俺が送った写メをもっといい奴にすればよかったと思うくらいの奴
エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||

2013年3月21日 | カテゴリー:大学生

第一章:異端と盲目 【友達と】

―――解説

この作品は現実で盲目者である主人公が、家族や学校での触れ合いによって少しずつ癒されていく実話を、作品風に改変したものです。表現等に多少の変化はありますが、実際の体験は全て以下の通りになっています。なお、これを記述しているのは、養護学校時代の同級生で、作中でカナキと呼ばれている男のことです。



第一章:異端と盲目



朝日が眩しく感じる事も無い。網膜に直接光が映し出される事もない。



―――世界は、灰色なんだ



幼い時から、無意識にそれを自覚してきた。自分が他者と違うという事を理解し、常に一線を引いて接してきた。盲目というのは、生まれた時からそうだった人間にとっては障害ではない。それが“当然”であるのだ。



―――世界は、灰色なんだ



中学に上がった頃、教師の話を必死に聞いて何とか授業に付いていけた小学校までとは違う、圧倒的なレベル差。英語という日常に存在しない乖離体。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|

2013年3月21日 | カテゴリー:友達と

どうみてもMです。本当にありがとうございました。 【友達と】

都道府県名は言えないけれども、ちょっと田舎から大阪に出てきて一人暮らし中の「なる(仮名)」です。

衝撃的なほどに見た目はドS、中身はどう見てもドMです。本当にありがとうございました。

校正にあたり、自分スペックも書いてみます。159、5○。今まで付き合った男性の人数は両手で納まるくらい。

その歴代の彼氏に必ず言われた言葉は、真性ギャッパー。

ツンデレだけどスイッチが切れた途端に猫になっちゃう。

でも昔から目が悪くて、眼鏡&コンタクトを愛用してるんだけど、数年前からの眼鏡ブームのお陰で、いろんな眼鏡を買い、今一番のは赤い縁の賢そうな眼鏡。愛用しすぎてちょっと歪んでる・・・しょんぼり。

そういうことはどうでもいいねw東京に仕事で出ることがあって、東京に住む友達に連絡してみた。

「今日飲み会あるんだよう〜・・・あ、そうだ!なるもくれば?」

正直あんまり乗り気じゃなかった・・・何故なら気を使ってしまうし。

あと切れ長の目と、眼鏡のせいで第一印象が悪い。そうやって、第一印象を悪くするのが趣味かと言わんばかりに!でも東京の夜が寂しすぎて行っちゃったんですよね〜。



女の子3人に、男性が5人という飲み会。

アタシ以外はものすごく全員が仲良しというキツい仲間飲み。

ああ、こんなことなら一人で過ごせば。。。なんて思いつつ。どうにか終了。気を使って胃がイタスwww

面子といえば、バラバラで、女の子はあたし以外は可愛く、男性も男前のレベルに入るのが3人。フリーターもいれば会社員も、大企業社長秘書なんかもいたんです。その時に、流れのせいか、当然のように一応全員とメアド交換したのでした。
エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||||

2013年3月21日 | カテゴリー:友達と

突然のキス【友達と】

去年の夏の事です。駄文ですが、その辺はご了承下さい。



その日、最高気温は35℃を超えていました。俺(高2)はTシャツにジーパンというラフな格好で、公園のベンチでメールをしていました。普段なら家のクーラーにあたっているところですが、今日に限って壊れてしまい、止む無く外に出てきたのです。



日陰でちょうど良い風が吹いているベンチは、本当に居心地が良かったです。周りの人が汗をダラダラと垂らしているのに、一人だけ心地よい風に吹かれて、何だか勝ち誇ったような気分でした。



「あれ、ユーキじゃん」



涼み始めて三十分ほど経った頃でしたか。俺の前に、クラスメートの香澄が立っていました。膝より少し上程度のミニスカートに、胸が少し見えるくらいのキャミソールを着た彼女の姿は、普段見る制服姿より遥かに扇情的でした。



「香澄か、何してんだ?こんな暑い日に散歩ってわけでもないだろ」

「ユーキの座ってるそのベンチ、お気に入りなんだよね。良い風吹いてくるんだよ」



なるほど、香澄もこのベンチの愛好者なのかと、納得した。席を空け、座るように言うと、素直に座った。


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||

2013年3月21日 | カテゴリー:友達と

友達の家で 前編 【友達と】

俺が高校2年の時の話です。

俺は2年になってもなかなか女子とはなじめてなく毎日面白くない日が続いていました。そしてその日は調理実習の日でした。俺は運よく女の子3人と俺一人という班分けになり今日で一気に仲良くなろうと決心してました。そして思惑通り女子の中心核の子(Sチャン)と仲良くなりました。



帰り道の途中。天気予報とは裏腹にドシャ降り・・

自転車だったので制服はビショビショで髪の毛も濡れて最悪でした。そして信号待ちをしているときSチャンもびしょ濡れで横に止まりました。そこで天気に対して愚痴ったりしてるうちに家にシャワー浴びに来る?という話になりました。でも会話中俺の目はSチャンの透けたブラに夢中でした。童貞だった俺のはビンビンになっており、ポジションに困ってました。



そして、俺はもちろん「行く」と答えさっそく行くことに。

家に着くと誰もおらず絶好のチャンスでした。Sチャンは着替えを取りに二階へ行くと言って玄関を入ってすぐ正面にある階段を上がっていきました。俺はそれを下から覗く?というか丸見えのピンクのパンツを見ずにはいれませんでした。実はSチャンのパンツは何故か学校でもよく見える状況が多々あり一人で興奮してました。



そして二階から戻ってきたSチャン(もちろんパンツ丸見え)は俺にタオルだけ渡し風呂場に連れて行ってくれました。「これうちのスウェットやねんけどいい?ゴメンなぁ、うち5歳の弟しかいないから・・あとパンツは乾燥機にかけるから脱いだらそこに置いててな☆」と「わかった、でも先にSチャンがはいりぃや?俺は後でいいから」と言うと「いいよ、いいよ!先に入り☆・・・あ、一緒に入る?笑」と冗談?を言ってきたので「俺はいいで 笑」と答えました。そして何事も無かったの用にお風呂に入りました。そして数分後・・・「お風呂どー?」とSチャンが。ちょっとドキッとして「いい感じやでー」と答えると「んじゃあたしも入ろっかなぁ〜」という返事が!!風呂の擦りガラスの向こうでSチャンが服を脱ぎだしました。しかしよ〜く見てみると黒の水着着用(ビキニじゃないの)。それはそれで興奮。湯船の中で血流がよくなった俺のチ○ポは今までにないくらいのものに。



そんな間にSチャンは戸を開け入ってきました。お風呂という密室のなかで二人きり。しかも俺は裸でSは水着。この状況にSも緊張したのか沈黙が流れました。俺はSのハイレグに近い食い込んだ水着に目がいっていました。すると「Kくんどこ見てんのよ〜笑」と。「ゴメンゴメン、エッチは水着やなぁ〜って笑」。Sは「もう〜K君のエッチぃ☆でもカワイイでしょ?」と言い、目の前でクルっとまわって見せてくれました。するとSは頭を洗い、体へ。しかしおれは終始Sと話し、洗っているのも見ていました。Sは器用に水着の中に手をいれ胸、アソコ、お尻を洗いました。俺は必死で見ていました。なんせ生で女の子の体を見たことが無かったから。



そして全部洗い終わり「うちも入るからちょっとつめれる〜?」と湯船に乗り出してきました。まさか一緒に入るとは思っていなかったのでSにビンビンになったチ○ポを見られてしまいました。さっきよりも長い沈黙が流れSは「すごいね・・・あたしを見てこんなになったん?」と。おれは「うん。Sの体スタイルいいし胸もあるから 汗」。この会話でお互いスイッチが入り、俺が後ろから抱きしめる格好で二人で湯船に。

俺はSの体にチ○ポを押し付け、両手はおっぱい、口はSの首あたりを舐め回していました。Sは小さい声で「アッ・・ンッ・・・・」と声を漏らしていました。おれは「S・・おれずっとSとしたかってん・・」と言いながら俺の手は水着の中へ。生のオッパイを揉み、乳首をつまんだり・・・Sは乳首をつまんだ途端に「ダメッ・・そこは・・アッ・・・・」と急に声が大きくなりイキそうになっていました。おれは追い討ちをかけるように右手をSのマ○コへ。割れ目にそって指をなぞり、そして中へ。Sはもう声が止まらなくなり「ハァ・・ハァ・・アカン、イッチャう・・K君・・アァン・・」と俺は我慢できなくなり水着を脱がし上半身裸をにさせ、乳首に吸い付きました。Sは
エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

||||||

2013年3月21日 | カテゴリー:友達と

お泊り会 【友達と】

妻も寝たことだし、こっそりと。

小学生の頃、体験したちょっとHな話をば。



うちの斜め前に幼馴染のA子ってのが住んでました。

親同士が仲が良く、物心ついた時から家族づきあい。

A子は俺より年齢が1つ上だけど、小さい頃はいつも一緒にいたものだった。

しかし大きくなるにつれ、お互いに照れが出てきたり、

互いに同性の友達と遊ぶ事の方が多くなり、ちょっと疎遠になった。



俺が小6、A子が中1になったばかりの頃、ある日、

家から出るとA子んちの前で、A子が2人の友達と立ち話していた。

みんな同じ中学のセーラ服。そのうちの1人が俺を見るや否や、

近づいてきて、興味津々といった感じでこう聞いてきた。

「ねえねえ、君がDクン?君、A子とお風呂入った事あるんだって?」


エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||||

2013年3月21日 | カテゴリー:友達と

文化祭に招待されて・・・ 2【学校で】

 昨年の9月初旬、2年前と同じように俺が卒業した高校から「学校へ寄付をした方を文化祭に招待します」という内容の招待状が郵送されてきた。

 2年前、文化祭へ招待されて特別なサービスをしてくれたSから「来年も来てくれますか?」と聞かれて「また来るよ」と答えた俺は招待状が来たら文化祭へ行くことにしていたので仕事があっても「予定が入っている」ということにして文化祭へ行くことにした。

 俺が卒業した高校の文化祭は9月の第3土曜日と日曜日の2日間で、1日目は学校関係者(PTAなど)と招待者だけが出入りできて2日目は一般公開となっていた。

 招待状を持って高校の正門から校内へ入ると前年と同じように受付があり、招待状を受付へいる生徒に見せると「こちらにどうぞ」と言って近くの会議室へ連れて行かれた。

 会議室へ入ると数人の招待者が生徒を話をしていて、少しすると俺のところに生徒が来て「今日は来ていただきありがとうございます。本日は生徒がガイド役になって・・・」と説明を始めた時に俺が「去年も来たから分かっているよ。アルバムがあるんだろ」と言ってアルバムを見せてもらい、Sの写真があることを確認すると俺は生徒へ「この生徒を」と言って呼んでもらうことにした。

 少しするとSが会議室に来て、俺の顔をみると覚えていたようで「お久しぶりです」といってすぐに2人で一緒に校内を歩くことになり、俺はSに「今年も学校を出るまで一緒にいれるの?」と聞くと「はい。去年と一緒です」と答えた。

 俺は卒業生の上に前年にも招待されて文化祭を見ているのでこの年は体育館で吹奏楽の演奏を聴いてから新しい出し物やイベントをSに紹介してもらってから早めに昼食を食べ、食後に「Sちゃん、ちょっと早いけど・・・例のサービスを・・・」と言うとSは「はい。こちらにどうぞ」と言って普段はあまり使われなくなった教室へ行くことになった。

 教室に着いて俺が「サービスは去年と一緒なの」と聞くとSは「少し変りました。時間は3時間で『フェラ&手コキ』は1,000円、『本番(SEX)』は3,000円というのは同じですが5,000円支払うと時間が5時間になって女子生徒2人と本番ができます」と説明した。

 俺が「2人一緒にサービスしてくれるの?おれとも別々?」と聞くと「どちらでもいいですよ」と答え、俺は「2人でサービスをして」と言って5,000円を渡すとSは携帯電話で電話を掛けて少しすると女子生徒が1人教室へ入ってきてSが「今年の4月に入学した私の妹でEちゃんです。一応、サービスのことは説明しています」と言った。

 俺はSと一緒にEから少し離れたところへ行って小さい声で「EちゃんはHの経験はあるの?」と聞くとSは「Eちゃんは処女です。文化祭の準備の時に特別なサービスのことで説明をしたら『お姉さんが一緒で優しい人なら・・・』と言って私と一緒にサービスをすることに・・・」と言った。

 俺とSはEがいるところへ戻り、最初は椅子に座って話をしながら俺はSの太ももを触ったり制服の上から胸を触ったりしてSはズボンの上から俺の股間周辺を触ったりして少しするとSが「Eちゃん、ゆっくりでいいからMさん(俺)を触って」と言ってEは俺の身体を触り始め、俺はSの制服のボタンをはずして制服の中に手を入れてブラの上から胸を触ったりした後にブラのホックをはずして胸を直接触ったりした。

 少しして俺はSの胸を触るのをやめてEの胸を触り始めるとEは「ア・・・」と声を出して逃げるような仕草をしたがSがEのうしろに移動して「Eちゃん・・・このまま動かないで・・・」と言いながら抱きしめて動けないようにした。

 俺はEの制服のボタンをはずしてブラの上から胸を触り、ブラのホックをはずして直接胸を触るとEは「ア・・・ン・・・」と声を出し始め、SはEから離れて俺の身体を触り始め、俺はEの胸がSより小さいような感じがしてEの胸を触りながら「サイズは?」と聞くと「85のD」と言った。

 このごろになると俺のチンチンは大きくなり始めていて、ズボンとトランクスを脱ぐとSが俺のチンチンを触り始め、完全に勃起すると「Eちゃん・・・触ってみて・・・」と言い、Eは俺のチンチンを見た時に「大きい・・・」と言ってビックリしたようだったが触り始め、Sが手を添えたりして手コキのやり方を教えたりしていた。

 Eは手コキに慣れていないせいかチンチンの勃起の勢いが弱まり、Sは俺の耳元で小さい声で「いきそうになったら教えてください」と言って床に座って椅子に座ったままの俺の脚を広げてパイズリは始め、完全に勃起するとパイズリをやめてフェラを始めた。
エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ

|||||||||

2013年3月21日 | カテゴリー:学校で

小5の時のえっち大会 【友達と】

小学校5年の話。

男子と女子が反目しあう年頃なのに何故か男子二人女子二人の仲良しグループの中の一人だった俺。

ある日エロ本を野原で読んだ話からY談になり皆無い知識を総動員して話してた。

グループ内ではエロ知識が豊富な方が偉いような雰囲気となり、野原のエロ本を読んで

多少知識のあった俺は得意顔だった。

もう一人の男子がSEXをやってみたいと言い出し、俺は、じゃあ俺の家(共働きでだれもいない)に行こうとその場の乗りで言った。

女子二人はエェー!!とか言いつつもついて来た。

家に着くと親父が隠しているエロビデオを引っ張り出し

(エロビデの在り処は知っていたがバレたら怖いので見たことがなかった)皆で鑑賞した。

モザイクがそこそこ薄かったせいか大体何してるかは解った。

みんな、ギャー、汚い〜!とか言いつつも目はそらさなかった。

見終わった後に少し沈黙が流れて、仕切り屋だった俺は

「じゃあ、A子は俺とB美はC男とやる事〜。B美とC男はニ階の部屋でやって。」

C男はやりたがってたせいか、B美の手を引っ張ってニ階に上がってった。

A子と二人で部屋に残って照れながら向き合ってるとA子が
エロい話の続きを読む »

学校であったエロい話関連タグ



2013年3月21日 | カテゴリー:友達と

このページの先頭へ